site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
ためしてガッテン  もの忘れ  アルツハイマー型認知症  てんかん  痙攣  失神  脳梗塞  認知症  抗てんかん薬  脳血管障害  

アルツハイマー型認知症以外のもの忘れの病気

2012/01/18 (水)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
smartphone
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日NHKの『ためしてガッテン』というテレビ番組をご覧になられたでしょうか?

新聞のテレビ欄に『もの忘れに効く薬』の文字が有ったのでちょっと面白そうということで早速観てみることに…。

番組の内容はというと、もの忘れの病気にアルツハイマー型認知症が有るが、最近60歳代からの方に認知症とは違う、別の原因でもの忘れの病気になる方がいらっしゃるとか…。

この番組、毎度のことだが、番組の後半にならないと答えを教えてくれない。

気の短いヤッチにはちょっとイラッと来るところだが、何とか最後まで我慢して観ることが出来ました。

ヤッチのように不愉快な想いをしなくて済むように、ご覧になっていなかった方のために先に答えを申し上げちゃいますね。

答えは『てんかん』

脳の神経細胞が過剰に興奮することで、いろいろな発作を起こしますが、代表的なものに失神やけいれんがあげられます。
「てんかんとは、種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見がともなう。」
(WHO(世界保健機関)編:てんかん辞典より)

大脳の神経細胞(ニューロン)は規則正しいリズムでお互いに調和を保ちながら電気的に活動しています。
この穏やかなリズムを持った活動が突然崩れて、激しい電気的な乱れ(ニューロンの過剰発射)が生じることによって起きるのが、てんかん発作です。
このため、てんかん発作はよく「脳の電気的嵐」に例えられます。
また、てんかん発作は繰り返しおこることが特徴です。そのため、1回だけの発作では、ふつうはてんかんという診断はつけられません。

【原因】
てんかんの原因は人によって様々ですが、大きくは症候性てんかんと特発性てんかんに分けれます。
<症候性てんかん>
脳に何らかの障害や傷があることによって起こるてんかん
例)生まれたときの仮死状態や低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷
<特発性てんかん>
様々な検査をしても異常が見つからない原因不明のてんかん

【発症年齢】
乳幼期から高齢期まで幅広く発病しますが、3歳以下の発病が最もおおく、80%は18歳以前に発病すると言われています。
しかし近年、人口の高齢化に伴い、高齢者の脳血管障害などによる発病が増えてきています。

【遺伝】
てんかんのほとんどは遺伝しません。
一部のてんかんには発病に遺伝子が関係していたり、発作の起こりやすさを受け継ぐことが明らかになっていますが、そうしたてんかんの多くは良性であり、治癒しやすいようです。

【てんかんという病名について】
「てんかん(癲癇)」という名称は、欧米諸国で使われている「エピレプシー」よりも起源の古い、古代中国医学に由来する言葉です。


  • 「癲」:紀元前200年、秦の始皇帝の時代に、倒れる・ひっくり返る病という意味で用いられ、「癲」1文字で、てんかんという意味で表された
  • 「癇」:7世紀初頭、隋の煬帝の時代、特に小児のてんかんという意味で用いられる

この、「癲」「癇」という言葉をあわせて、現在の「てんかん(癲癇)」として使われたのが、10世紀の初頭、唐の時代のことです。
つまり、「てんかん」という病名の由来は、てんかん発作の代表とも言うべき大発作である「倒れる病」という意味です。

【分類】
発作は大きく分けると、全般発作と部分発作に分けられます
<全般発作>
発作のはじめから、脳全体が「電気の嵐」に巻き込まれるもので、意識が最初からなくなるという特徴がある
<部分発作>
脳のある部分から始まる発作

引用:社団法人 日本てんかん協会ホームページより

なんでも子供のころになるてんかんとは違い、60歳辺りから後天的に発症するてんかんだとか…。

医学的なことはよくわかりませんが、脳の電気信号には興奮系のものと抑制系のものがあり、両者のバランスが保たれています。

小児期に起こるてんかんの多くはこの興奮系の神経細胞が過剰な興奮を起こして、痙攣したり、失神したりするのが主らしい。

小児期のてんかんは成人になるころまでには、消失するものも多いらしいが、高齢者のてんかんは同じてんかんでも抑制系の神経細胞が働かくなって起こるものらしい。

相対的に抑制系の細胞の働きが弱るために、興奮系の細胞に歯止めが効かなくなってしまう…。

脳全体がショートしたような状態ではなく、興奮は部分的にしか起きないのもポイントのようです。

小児期に起こるてんかんは体質などで起きることが多いのですが、高齢者場合は脳梗塞などの脳血管障害が主な原因ということです。

アルツハイマー型認知症と総じて同じような症状のため、誤診されることも多いそうですが、当然別の病気のため、認知症の薬を飲んでも症状が改善されることはありません。

アルツハイマー=もの忘れ、もの忘れ=認知症みたいなNHKの解説の仕方にちょっと疑問を感じましたが、主な症状はというと?

  • 60歳代からの発症
  • 突然のもの忘れ
  • 記憶がまだら状に抜け落ちる
    (去年の旅行の記憶は抜けているが、一昨年の旅行の記憶はちゃんと憶えているなど)

  • 短時間ボーっとする(意識が途切れる)ことがある
  • 衣服をまさぐるなどの無意識の動作・反復
  • 睡眠中の痙攣

などがあげられるようです。

てんかん治療は薬で改善されるケースが多いので、もの忘れが『てんかん』によるものであるとわかれば、抗てんかん薬を服用することで劇的に症状が改善されるというのが番組の答えでした。

でもこの報道の仕方どんなもんなんでしょうか?

てんかんによる発作の型はたくさん有るし、抗てんかん薬の種類だってたくさんあります。

てんかんを発症し、自分の発作の型に合った抗てんかん薬がすぐに見つかれば良いのですが、なかなか発作の型に合った薬が見つかるまで、発作を繰り返してしまう方も多いと聞きます。

薬さえ飲めば、もの忘れは治るみたいな報道にちょっと?マークです。

知っていることで早期治療につながるのは確かなことですが…。

(-_-;)


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : ためしてガッテン もの忘れ アルツハイマー型認知症 てんかん 痙攣 失神 脳梗塞 認知症 抗てんかん薬 脳血管障害 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-226.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/01/18 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : あなたはしょう油派?ソース派?
この前の記事(過去) : 天気のせいにする職人

Comment


ためしてガッテン、いつも引っ張りますよね

そうなんですよね。いつもじれったいなあなんて思います。初めの15分いらないぞなんてね。それに、ちょっと肝心なところが省略されてしまって、端的に言い過ぎるところがありますね。今回のはヤッチさんの記事でやっとわかった事があります。それは、オット父が「硬膜下出血に伴う、一過性の言語障害」と診断された時のことなんですが、急に言葉が出なくなったオット父を緊急に病院に連れて行き、検査で、脳梗塞や、首の血管のつまりもない、硬膜下出血も小さくなっているから、てんかんの検査をしましょうと言われて、なんでてんかんの検査をするのかわからなかったんです。結果もただ、異常ありませんだしたしか、説明がなかったものですから。ヤッチさんの記事でやっとわかりました。その時も調べてみたんですけど、よくわからなかったのです。ありがとうございます。
短い時間で、しかも引っ張りながらの番組なので、つい、=(イコール)で結論が出てしまうんでしょうけれど、最近では長年の頭痛が劇的に解決、原因は●●にあったってやつ、最後までみてがっくりでしたわ。なんにも解決してないです。その元あった原因の解決が出来ないんですからね~~~。しかも、何人かの人には副作用と言うか最初の症状が現れるに至っては、それって何にも解決じゃないでしょ。って突っ込んでましたわ。

よしこ |  2012/01/19 (木) 10:17 [ 編集 ] No.821 -

医学的に物忘れ(=短期記憶障害)は、健忘症と言います。
アルツハイマーの主要な症状ですが、レビー小体型認知症やピックでは、初期にはほとんど無いことも多いです。
今の認知症の定義に、必須条項として短期記憶障害がありますので、致し方ない面があると思います。、ただ最近認知症の定義から短期記憶障害が必須で無くなるという話が出ているようです。
私の知っている範囲では、若い方の健忘症が増えているという報道が、数年以上前?NHKで報道されていました。その後この件についての情報は無いのですが、NHKだけはセンセーショナリズムに陥ることなく、必要な情報を継続的に発信して欲しいですね。
若い方の健忘症の方は、他の企業に営業に行くのに、電車の切符に降りる駅を書き込まないと、どこに行くか判らなくなる。とか
業務の手順をメモにしないと出来ない。そのうち同じ事を繰り返し上司に確認している姿などがあり、そこまで記憶力が落ちるのかと唖然とした覚えがあります。電子計算機や電話のメモリー発信機能などが発達し、記憶して作業を行うという機会が著明に減少したためとその番組では行っていましたが・・。

hokehoke |  2012/01/19 (木) 16:09 [ 編集 ] No.822 -

Re: ためしてガッテン、いつも引っ張りますよね

よしこさんへ

じれったいと思っているのは私だけではなかったんですね。
あの番組民放だったら2時間の特番が組めますよ。
余計な枝葉が多いところに持ってきて主要な内容を詰め込まなくてはならないので、ある意味番組製作者は凄腕なのかもしれませんね。
でも結局のところもの忘れの原因にはいろいろあり、その原因の一つにてんかんによるものがある。
てんかんによるものであれば、早期に発見すれば、薬の治療で改善できるという結論であって、もの忘れにはこれを飲めば治るんですという、あたかもすべての物忘れに対して秘薬が有るみたいな持って行き方にはちょっと憤りを覚えました。

ヤッチ |  2012/01/19 (木) 19:17 [ 編集 ] No.823 -

hokehoke先生へ

コメントありがとうございます。

> 医学的に物忘れ(=短期記憶障害)は、健忘症と言います。
> アルツハイマーの主要な症状ですが、レビー小体型認知症やピックでは、初期にはほとんど無いことも多いです。
> 今の認知症の定義に、必須条項として短期記憶障害がありますので、致し方ない面があると思います。、ただ最近認知症の定義から短期記憶障害が必須で無くなるという話が出ているようです。


なるほど…。
興味深いお話ですね。
最近になってようやくこのことがわかってきたような気がします。
時々父がこの人認知症ではないのかも!?と自分が思っていたのは、実は認知症=もの忘れでどこかで関連づけしようとしていたからなのかもしれません。
言葉で表現するのが難しいのですが、父が時々立ち方を忘れたりするのも立ち方そのものを忘れているのではなく、一連の動作を上手くまとめる能力が低下することによって起こるのではないか、また先生のおっしゃるようにパーキンソン症状の顕在化であって、必ずしももの忘れだけで認知症を理解しようとすると自分自身にも?マークがたくさん出てきます。

> 業務の手順をメモにしないと出来ない。そのうち同じ事を繰り返し上司に確認している姿などがあり、そこまで記憶力が落ちるのかと唖然とした覚えがあります。電子計算機や電話のメモリー発信機能などが発達し、記憶して作業を行うという機会が著明に減少したためとその番組では行っていましたが・・。

私もこれほどひどくはありませんが、簡単な漢字が出てこない時があり、携帯やPCのワープロ変換のお世話になることが多くなってきているので、大きな口を叩けないところが有ります。
(^_^;)

ヤッチ |  2012/01/19 (木) 19:47 [ 編集 ] No.824 -

コメント:を投稿する 記事: アルツハイマー型認知症以外のもの忘れの病気

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : あなたはしょう油派?ソース派?
この前の記事(過去) : 天気のせいにする職人
▲TOP