site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
デイサービス  風呂  連絡帳  リハビリ  表裏  YAHYAHYAH  

YAH YAH YAH

2011/11/01 (火)  カテゴリー: デイサービス
smartphone
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はアルツ君デイサービスの日でしたが相当疲れている様子。

茶の間に入り一旦ソファに腰かけてしまったら中々上体を起こすことができません。

キノコさんの問いかけにも何とも力のないヨレヨレの返事です。

「今日はお風呂は入ってきたんですか?」

「入ってないよ…。」

「お昼ご飯は?」

「食べてない…。」

「運動(リハビリ)は?」

「やってない…。」

「じゃあ何をしに行ってきたの?」

「何にもしてこない…。」

「何にもしないでこんなに疲れちゃうの?」

「疲れてない…。」

気のない返事というか力のない返事しか返ってきません。

デイサービスの連絡帳には当然お風呂にも入ったと書かれているし、食事もリハビリもしています。

「『お風呂には入っている』って連絡帳には書いてあるわよ。」

「俺が入っていないと言ってるんだから入っていない!」

この時ばかりは声を荒げます。

「じゃあ。もう一度家でお風呂に入る?」

「もう一度って何だ?今日はまだ風呂に入っていないぞ。」

「ああ。ごめんごめん。お風呂は入りますか?」

「入るに決まってるだろ!」

当然デイサービスでお風呂に入ってくるだろうと思っていたヤッチは大慌てです。

まだ準備をしていません。

急いでお風呂にお湯を注ぎます。

「やっぱり風呂に入って温まってから寝ないとな。」

せっかく今度のデイサービスは入浴をさせてくれるというので契約したのにこれじゃあヤッチの負担は変わりません。

。+゚(pωq)゚+。エーン

しかもアルツ君の気まぐれで『入る』、『入らない』が決まるのでどっち道準備だけは済ませておかないといけないことになります。

お風呂のお湯がいっぱいになりました。

アルツ君に立ちあがって風呂場まで行くように促します。

リハビリでずいぶん体力を使ってきたのでしょうか足取りが相当重いようです。

「なんで足がこんなに重いんだろう?痛いなーチクショー!」

ちょっとした段差でさえも足を着くと響いているような感じです。

「なんでこんなに足が痛いんだろう?」

多分リハビリをしてきたことは覚えていないんでしょう。

リハビリをしたからだと言っても感情を逆なでするだけです。

「あー痛いなー。」

「どうせもうすぐお迎えが来て、足が無くなるんだからそれまでの辛抱だよ。」

「そうは言うけどお前。いつ迎えが来るかわからないぞ。」

「じゃあ。もう少し風呂の温度を上げるか?」

「やだいっ!!」

どうにか上着を脱がせ、下半身を脱がしにかかります。

少し寒くなって着ているものが増えてきたのでどうしても服を脱がすだけでも時間がかかります。

下もズボン、股下、サポーター、靴下、紙パンツですからかなりのアイテム数。

今日は自分で脱ぐ体力も残っていないようなのでほとんどをヤッチが手伝います。

ズボンを脱いだところでちょっとおかしなことに気づきます。

ユニクロのヒートテックのタイツ(股下)を履かせているのですが…。

ヤッチはアルツ君の後ろからズボンをおろしました。

やけに縫い目が多いような…???

全部下までおろした時にその全容が明らかになりました。

そう…。

後ろ前にタイツを履いています。

しかも表裏が逆です…。

(-_-;)

「おい。おい。股下後ろ前じゃないかよ!」

アルツ君の股下を脱がせながらヤッチは文句を言います。

「そうかぁ?途中で体をひねったのかなあ??」

「じゃあ。裏返しなのはどう説明つける?」

「それを解いたらノーベル賞だ!」

「後ろ前に股下履いてる奴にノーベル賞を語って欲しくないね~。」

「じゃあ皐月賞くらいにしておくか?」

「それも競馬ファンに失礼だろ。」

「じゃあ。どうでもいいで賞だっ!」

「その言葉は古すぎるから封印しておいた方が身のためだぞ。」

ようやく全裸にして風呂に入れます。

今日はデイサービスで風呂に入ってきているので身体を洗うのとシャンプーは省略(手抜き)です。

「今日は髪の毛洗わなくていいのか?」

鋭いところを突いてくる奴です…。

Σ(ノ)゚д゚(ヾ)ドキッ!!

「髪の毛はもうほとんど無いから洗わなくてもいいだろ。洗うなら頭だよ。」

「お前に同じ言葉を返してやるっ!!」

Σ(ノ)゚д゚(ヾ)ドキッ!!

鋭いところを突いてくる奴です…。

またこれでヤッチの髪が少なくなります…。

シャワーでザッと身体を流し浴槽に入ってもらおうと思ったのですがこれまた一苦労…。

思うように曲がらない職人の足を我が家の小さな浴槽に折りたたむのは至難の業です。

あまり曲げすぎるとバランスを崩し転んでしまう危険があるので慎重にならざるを得ません。

「こうやって棺桶に入るのも嫌がるんだろうなあ~。」

「お前。縁起でもない事言うなよ。まだ死んでもいないぞ!」

「時間の問題だろ!?時間の…。」

「化けて出てやるからなっ!!」

どうにかアルツ君の身体を折りたたみ浴槽に沈めます。

つい何年か前は地下足袋で梯子をひょいっと登っていたのに何とも哀れな姿です…。

(ノД`)シクシク

「あんまり長湯すると風呂の中でホルマリン漬けになっちゃうから早めに出なね!」

「紀州の南高梅になって出てやる!」

「シワシワになるぞ~。」

今日は長湯をされると困るので電気は消しません。

それでもヤッチからすると『長湯だろ』というくらいお湯に浸かったアルツ君。

今日は早めに寝てもらいます。

二階への寝室までの難関が待ち受けています。

「一人で登れるか?」

「やってみないとわからん!」

一段一段ゆっくり登ってもらい、ヤッチは後ろからサポートします。

アルツ君は一段一段フーフー言いながら登り、足が揃ってはため息をつきます。

ε-(。・д・。)フー

「1歩、2歩、…、…11歩…。」

声を出さないと登れないといった感じです…。

「だいぶフーフー言ってるな?少し休憩すれば?」

あと少しで二階までたどり着きますが、アルツ君に声をかけます。

「あーあ。だいぶ上まで来たからフーフーなるんだな?」

「はあ?」

「だってそうだろう!?上の方が空気が薄いぞ。」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


それにしてもなぜ故アルツ君が股下を後ろ前しかも裏返しに履いているのか謎です…。

先日も上の下着を遠山桜にして帰って来たばかりです…。(記事はこちらです)

アルツ君が自分で脱ぎ履きするといっても場所はデイサービスです。

少なくとも最低限の見守りは必要なように思えます。

アルツ君に持たせたお風呂セットはキノコさんがバックに詰めます。

後で気づいたのですが、そのお風呂セットは全く使われている形跡がありません。

タオルも濡れていないし、洗体用のタオルも乾いたままです…。

しかもアルツ君がいつも持ち歩いている顔拭き用のタオル(ハンカチ代わり)がビッショリ濡れた状態でズボンのポケットから出てきました。

デイサービスでいう『入浴』というのは普通の銭湯と一緒で野放し状態なんですかねえ~。

久々に腹立たしい気持ちになりました。

(`・ω・´)シャキーン

仮にアルツ君が職員の制止を振り切って勝手な行動を取ったしてもその旨を連絡帳なりに記載するなど何らかの方法で家族に知らせても良い気がするんですけど…。

今となってはもうデイサービスの職員も帰ってしまっていると思います。

明日の朝一にでもYAH YAH YAH…?????

♪今から一緒に… ♪これから一緒に…

♪今からそいつを… ♪これからそいつを…


この曲CHAGE&ASKAの楽曲を聴いたどこぞのプロデューサーが彼らの楽曲を『演歌』と言ったことに激怒し、書いた曲だと聞いたことがあるのですが真意のほどはどうなんでしょう…。


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 9 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 風呂 連絡帳 リハビリ 表裏 YAHYAHYAH 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-151.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/11/01 | コメント (9) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : デイサービスに殴り込み
この前の記事(過去) : 老人健診

Comment


Re: YAH YAH YAH

真偽のほどはわかりませんが、確かめなければなりませんね。
デイサービスは銭湯じゃありませんもん。
介護サービスを提供する所です。
そこんとこ、一発ぶちかましてやってください。

こらいおん |  2011/11/02 (水) 04:31 [ 編集 ] No.467 -

一度…

ちゃんと聞いてみたら良いと思います。
意外にケアマネさんは現場を知らなかったりします。ケアマネさんに嫌われると利用者を紹介してもらえなくなるから、施設側は良い格好したりします…
気になることはヤッチさんが直接聞いてみたほうがいいと思います(^ー^)
私は食事の件と水分過剰摂取疑惑もついでに聞いてみて欲しいです(笑)

さくら |  2011/11/02 (水) 10:11 No.468 -

Re: YAH YAH YAH

初めまして!いつも軽妙な語り口に、ついつい引き込まれています。
昨年、認知症だった母を90歳で送りました。
独り暮らしだったので、在宅介護が困難となり7年程老健施設と入院を繰り返し、
感じたのは施設によって、処遇に随分差がある事です。
ヤッチさんのお父様のデイ施設での生活を拝見して、少なからず疑問が残り、思わずコメしました。
下着の件や、疲れすぎることも???です。
前の方も書いておられますが、ケアマネさんは沢山を担当していて書類重視なので、
名前と本人が一致しないことなど当り前のようにありますし、
施設の体質にも左右されますので、上手に施設側と関わりをもって疑問は早めに対処出来ればいいですね。

暘 |  2011/11/02 (水) 12:20 [ 編集 ] No.469 -

こらいおんさんへ

こんばんは。
今日そのことについてさっそくケアマネージャーに連絡しました。
結果ないし経過については記事にさせていただきますね。

アドバイスありがとうございます。

ヤッチ |  2011/11/02 (水) 19:37 [ 編集 ] No.470 -

さくらさんへ

こんばんは。
今日そのことについてさっそくケアマネージャーに聞いてみました。
結論はまだ出ていませんが、このことについては記事にさせていただきますね。

アドバイス感謝です。

ヤッチ |  2011/11/02 (水) 19:40 [ 編集 ] No.471 -

暘さんへ

はじめまして。
コメントありがとうござます。
いつも勝手なことばかりを書いて失礼しています。

そうですか…。
お母様お亡くなりになられたのですか…。
まだ日も浅く御辛い気持ちもさぞ残っていらっしゃるのでしょうね…。

父のことについては今日アドバイス通りケアマネージャーに連絡しました。
詳しくは記事にするつもりなのでそちらをお読みになってくださいね。

お気楽なブログなので気になったことはどしどしコメントくださいね。
クレーム、批判なんでも構わないのでコメントいただけるとありがたいです。

これからも「アルツ君は職人」をよろしく!!

ヤッチ |  2011/11/02 (水) 19:50 [ 編集 ] No.472 -

Re: YAH YAH YAH

こんばんは^^
相変わらずヤッチさんとアルツ君の絶妙な会話ですね^m^

あややはデイケアサービスについては無知と言っていいほど知識がありません・・・
すみません
次回のブログで今回の事を書かれるようなので
今回の件は一体どういう事なのか
また拝読させていただきますね^^


ayaya |  2011/11/03 (木) 01:19 [ 編集 ] No.473 -

ayayaさんへ

こんばんは。
そうでしたね。
言葉が足りませんでしたね。
^_^;

デイサービスというのは噛み砕いて言ってしまうと
介護を受けなくてはならない人が行く保育園のようなものかな!?
資格を持った職員さんが居て、そこで体操をしたり、リハビリをしたり、お風呂に入ったり、お昼ご飯を食べたり、リクリエーションをしたり…。
たくさんの人が集う場所で送り迎えも施設でしてくれます。
もちろんみんながみんな同じことをするのではなく、ケアマネージャーという人がいてあらかじめその人に合ったメニューを作ってくれるんです。
ケアマネージャーは施設と家族の真ん中のポジションで仲介役。
レフリーみたいに考えておけばよいのかな!?
そのケアマネージャーが作ったメニューにしたがってアルツ君のような人が一日のメニューをこなして一日を過ごします。
デイサービスに行く目的は世話を受けないでも自分で何でもできるようになってもらうことが基本ですかね。
施設の職員さんたちがなるべくそういう状態になってもらうようにいろいろ工夫をしてくれるわけです。
たとえば自分で立ち上がれない人がなるべく人の手を借りなくても立ち上がれるようにするとか…。
もちろん無理のない範囲ですよ。
家族側にメリットがあるとすれば、施設に通っている間のお世話はデイサービスでやってくれるので空いた時間をお世話の時間ではなく、他の時間に充てることができることですかね。
かなり噛み砕いているので正確な表現ではありませんが少しニュアンスが伝われば幸いです。

ヤッチ |  2011/11/03 (木) 02:01 [ 編集 ] No.474 -

To Alexis(No.1988)

I am sorry.
It is not in English, please leave a comment in Japanese.
Also, please do not use html tag.

Excuse me for asking, but,
I will delete the post.

申し訳ありません。
英語ではなく、日本語でコメントを残して下さい。
また、HTMLタグは使用しないでください。

失礼ですが、投稿は削除させていただきます。

ヤッチ |  2014/04/11 (金) 11:35 [ 編集 ] No.1989 -

コメント:を投稿する 記事: YAH YAH YAH

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : デイサービスに殴り込み
この前の記事(過去) : 老人健診
▲TOP