site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
風呂  ご飯  熱い  

熱がりな職人

2011/10/12 (水)  カテゴリー: お風呂
smartphone
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日のアルツ君はとってもわがままです。
(^_^;)

「先にご飯を食べる」と言ったり、「やっぱり先に風呂に入る」と言ったり…。

キノコさんもしびれを切らします。

「もうつべこべ言わずにお風呂に先入っちゃいなさい。」

「じゃあ。寝る。」

「何で?夕ご飯も食べないで寝るの?」

「寝ちゃうよ…。」

どういう気持ちなのかはわかりませんが人たちを困らせるようなことばかりを言います。

キノコさんも少しあきらめムードです。

「じゃあさっさと寝ちゃいなさいよ。」

「ご飯食べないと寝られないぞ…。」

堂々巡りです。
(-_-;)

ヤッチが割って入ります。

「今風呂沸かすからちょっと待ってれば入れるから…。」

結局夕ご飯の前にお風呂に決定です。

お風呂が沸いたところでアルツ君に声をかけます。

「お~い。風呂沸いたぞ~。」

「あいよ。熱くしてないだろうな?俺は熱い風呂はダメだぞ!」

「わかってるよ。あんまり長く沸かしてないよ。」

だいたい風呂の温度はいつも適当ですが、浴槽に手を突っ込んで少しぬるいんじゃないのかなという程度です。

「熱い風呂はやだよ。死んじゃうからな。」

「わかった。わかった。熱かったら水を入れればいいよ。」

「水を入れたらもったいないからな。」

アルツ君の洋服を全部はぎ取ります。

お風呂場に入ったアルツ君まず湯船の温度を確かめます。

「おっ?これなら大丈夫そうだ。コイコイ。」

「多分ぬるいと思うよ。もう少し沸かした方がいいんじゃない?」

「このくらいがちょうどいいんだよ。水くらいの温度が好きなんだから…。」

「じゃあ。沸かさなきゃよかったか?」

「それじゃあ。ちょっとかわいそうだぞ。」

シャンプーして体を洗い、シャワーのお湯で流します。

「お前!!熱いよ!そんなに熱いのかけたら死んじゃうぞ!?」

「死にゃあしないよ。ほーら!」

「熱い!熱いってっ!!」

お風呂に入ってすぐにシャワーのお湯をかけた時は熱がらなかったのに今頃になって大きな叫び声をあげています。

しかも温度設定はその時と同じです。

「お風呂のお湯よりシャワーのお湯の方がぬるいぞ。っていうことは風呂の中はグラグラだな。」

そうヤッチが言った瞬間アルツ君お風呂に水を入れ始めました。

「そんなにぬるくしたら後に入る人がまた沸かさなくちゃならなくなるぞ。」

「次は誰が入るんだ?」

「俺。」

「じゃあお前が入る時にまた沸かせばいいことだ。」

「おう!なかなかいい挑戦状を叩きつけるね~。」

アルツ君浴槽に片足を突っ込みます。

片足まではどうにか浴槽を跨ぐことができますが、もう片方の足を入れる時は、どこかにつかまらさせて足を持ち上げてあげないと上手く入れません。

片足を入れたところでアルツ君

「ちょっと熱いかな!?でもこのくらいなら気持ちいいかな。」

「いや~。俺からしたら水みたいなもんだぞ。」

「そっか~??俺にはちょうどいいんだけどな~。」

「もっとガンガン沸かして熱くした方がいいんだけどな~。」

「バカ言え。そんなことしたら死んじゃうぞ~。」

「少し熱いくらいでよく煮込んだ方がいい出汁が取れると思うんだけどな~。」

「俺の出汁は高くつくぞ!?」

「あああ。煮込む分だけガス代がかかるからな。」

「ふん。勝手なこと言ってやがる。」

そう吐き捨てながら肩まで体を沈めます。

「あー。いい湯だ。このくらいがちょうどいいんだな…。」

「そうかな…???」

「このくらいの温度なら春まで入っていられるな。」

「春までと言わず永遠に入ってれば?」

「バカ言え!」

「そんなに遠慮しなくていいよ。ずーっと入ってればいいよ。」

「俺が冷たくなったら風呂のお湯まで冷たくなるぞ。」

「大丈夫だよ。ときどき熱いお湯を足しにきてやっから。」

とりあえず風呂場の電気を消してアルツ君が湯船から上がるのを待ちます。

茶の間に行き、キノコさんに報告します。

「ま~た。旦那さんぬるーい風呂に入ってるよ。」

「あら!また~!?」

「俺からしたら水だよ。水。」

そう言いうか言い終わらないかのうちにお風呂の戸が勢いよく開きます。



ガラガラッ!!!

ガラ━(ll゚д゚ll)━ガラ!!



「誰だ!!!こんなにぬるいお湯沸かしたのは?もう少しで風邪ひくところじゃないかっ!!」


アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 風呂 ご飯 熱い 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-131.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/10/12 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : アリセプトからメマリーだけになって
この前の記事(過去) : またしても…

Comment


ヤッチさんも

流石!だといつも思っています。
アルツ君との会話は、羨ましい流れになってる…
私は、ついムキになって言葉もきつくなっちゃうから、いつも反省ばかりです。
ヤッチさんのような、トンチ?で返したいな~

kumaはる |  2011/10/12 (水) 23:02 [ 編集 ] No.351 -

kumaはるさんへ

こんばんは。
私自身けっこう気が短いんですよ。
アチャー(´・ω・`)
逆に自分が気短なのを知ってるからイライラしないように注意しているわけです。
たまに爆発しますが…。
本人には悪いですけど3歳児と喧嘩するのは大人げないですもんね。
m(o´・ω・`o)mペコリン

ヤッチ |  2011/10/12 (水) 23:13 [ 編集 ] No.352 -

Re: 熱がりな職人

いつもナイスな親子の会話の心がけ・・・
日記を拝見していると、ワタシも感じています。

流石なヤッチさん!!

う~ん、ワタシも柔軟な脳で対応出来るようにならなくちゃね・・・修行が足りんもんで腹ばかり立つんよ

myu*myu* |  2011/10/13 (木) 21:05 No.353 -

myu*myu*さんへ

あんまり脳を柔らかくすると
溶けちゃいますよ~。
ャバイョ━<(ll゚◇゚ll)>━!!
適度に手りゅう弾を投げ込みましょっ。
(*^_^*)

ヤッチ |  2011/10/13 (木) 22:11 [ 編集 ] No.354 -

コメント:を投稿する 記事: 熱がりな職人

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : アリセプトからメマリーだけになって
この前の記事(過去) : またしても…
▲TOP