site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
トラックバック  留守番電話  ノートパソコン  WiMAX  携帯電話  

トラックバックとは…

2011/05/31 (火)  カテゴリー: アルツ君
smartphone
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~~

今日はキノコさん(ヤッチの母親)がお出かけのため、アルツ君のお世話はヤッチが引き受けることになりました。

お世話といっても、アルツ君はまだ寝たきりのわけでもなく、トイレの介助が必要なわけでもなく、そこそこのことは何でも自分でできます。

一つだけ家族にとってアルツ君を一人で留守番させられない理由があります。

それは電話がかかってきたときのことです。

アルツ君は電話がかかってくると、その時はきちんと対応し、受け答えもハッキリしています。

ただ電話の受話器を置いてから、しばらく経つといつかかってきたのか、誰からかかってきたのか、どんな用件だったのかをおぼえていないのです。

。゚(゚´Д`゚)゚。うぇぇん

そんなの留守番電話にしておけばいいじゃないかという声が聞こえてきそうですが、なぜか留守番電話にしていても電話に応対してしまいます。

(・ω・d)~~~~(b・ω・)モシモーシ

そんなわけで大したお世話ではないのですが、アルツ君と二人でリビングでお留守番です。

テーブルを挟んでアルツ君と向かい合わせに座り、私はノートパソコンで今この記事をアルツ君の目の前で書いています。

アルツ君はノートパソコンを見るのが初めてだったようです。

私がノートパソコンを開くとアルツ君が
「何だ?お前… 化粧でもするのか?」

アルツ君の息子はまぎれもなく男だし、組合の人間でもありません。

「これはパソコンなんだよ。小っちゃいけど何でもできちゃう優れもんだよ。」

「俺には用のないシロモノだ。そんなのよりテレビのほうが俺にはもっと役に立つね。」

こう言い放ったアルツ君は全く関心のない様子でテレビを観ています。

それよりアルツ君が興味をおぼえたのはWiMAXのルーターだったようです。

「これは何だ?携帯電話か?」

説明しても無駄なので、とりあえず、「そうだ」と答えておきました。

余談ですが、WiMAXのルーター結構ストレスなく、接続しますね!!

私の部屋にはウィンドウズ95がインストールされたCRTのデスクトップパソコンがあるのですが、さすがに使う気にならず、最近は全く使用せず、放置したままでした。

パソコンをまたはじめようと思ったのは外出先でもパソコンがインターネットに接続できるこのWiMAXをネットで知ったからなんです。

自分の部屋以外でも持ち歩いてインターネットができるなんて便利になったものです。

ただ久しぶりにパソコンに向かうと難しい用語がたくさん出てきますね〜

ブログを書いていてもアクセス解析だの、アドオンだのプラグインだのカタカナが多くて困ります。
( ̄へ ̄|||) ウーム

パソコン用語は今に始まった話ではないけど難解用語の説明が難解用語で説明でなされていることが多く、もともとの言葉の意味にたどり着くまでとても時間がかかってしまうような気がします。

そんな中トラックバックなる未知なる用語が出て来ました。

「トラックバックって何だろう…?」

考え込みながら私がこうつぶやくと、テーブルの対面に座っていたアルツ君が

「お前そんなこともわからないのか?何のために学校出たんだか…。自動車の大きいのにトラックっていうのがあるだろう?あれがバックするんだよ!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


【追記】
トラックバックという言葉の意味がよくわからなかったのでいろいろ調べてみました。

すでにご存じの方が大半だろうけど、私自身どうもピンとこなかったので、ネットでいろいろ検索してみました。

どれもやはり難しい用語解説が多く、いまいちよくわからない…。

そんな中
松永英明さんが書かれたブログの記事が一番わかりやすかったので、引用文を載せさせていただきますね。

少々古い記事のようですが、以下が記事のURLと引用文です。

ウェブログって何?
http://www.kotono8.com/weblog/000037_weblogfaq.html

今や「ブログには欠かせない」とされている機能です(が、デフォルトではオフになっていたりしますので、必須ではありません)。
 簡単に言うと「他のブログから、君のブログへのリンクを付けたよ」というお知らせ、逆リンクを自動的に作り出すシステムです。
 まず、Aというブログに記事が載ったとします。その記事をBというブログの著者が見て、おもしろいと思ったので、自分のブログの記事の中からブログAの記事にリンクしました(もしかしたら引用も付けているかもしれません)。ここまでは今までのウェブサイトでもよくあった話です。ところが、トラックバックはここからが違います。Bの運営者は、自分の記事の中で参照したAさんの記事のページに対して「うちのこれこれのページからリンクしたよー。そのページのタイトルはこれこれで、概要なんかもつけちゃうよ」という情報を発信するのです。その情報を受信したAさんのブログでは、「Bさんのブログのこのページから参照されたよ」という情報を表示することができます。
 長くなりましたが、これがトラックバックの仕組みです。人によっては「強制相互リンク機能」という人もいますが、そんなもんです。


けっこうわかりやすいと思いません?


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : トラックバック 留守番電話 ノートパソコン WiMAX 携帯電話 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-13.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/05/31 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 畑仕事に行ってきました
この前の記事(過去) : 長風呂の職人

Comment

コメント:を投稿する 記事: トラックバックとは…

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 畑仕事に行ってきました
この前の記事(過去) : 長風呂の職人
▲TOP