site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
デイサービス  連絡ノート  入浴  トイレ  紙パンツ  子猫ちゃん  ジャックバウアー  風呂  

そんなにいじめるなよ…

2011/10/07 (金)  カテゴリー: 下の話
smartphone
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日は新しく通うことになったデイサービスの第二回目の登板です。

朝は相変わらず早く出かけたい様子で落ち着きが有りません。

相変わらずの状況なので今日は朝の風景は省略させていただきます。

問題は今日アルツ君がデイサービスから帰ってきてからです。

今度のデイサービスは通所リハビリと入浴介助があるということで従来通っていたところからケアマネージャーさんの勧めもあってこちらに替えていただいたわけなんですが…。

アルツ君が帰って来てデイサービスからの連絡ノートを見ると「入浴」の欄のところに『中止』と記入されています。

どうやらお風呂に入ってきていないようなんです。

???

本人にこのことを聞くと「入れとも何にも言われなかったぞ。」と答えが返ってくるだけです。

せっかく入浴施設があり、しかも本人は『温泉』と勘違いまでしているくらいですから、入って来ない手はありません。

デイサービスの方で血圧と体温を測定してくれていてその欄をみても若干血圧が高めではありますが、絶対入っちゃダメというほどは高くありません。

もう一度本人に確認します。

「今日は向こうの都合か何かでお風呂入れなかったのかい?」

「俺は何にも知らないぞ。入れとも言われた覚えがないぞ!?」

どうやらアルツ君に確認するのは無駄なようです…。

思い切ってデイサービスに電話をかけてみることにします。

ヤッチ:「あの今週からそちらでお世話になっている〇〇の息子なんですが…。」

スタッフ:「お世話になっています。」
(あなたをお世話した覚えはないんだが…)

ヤッチ:>「実は今日の連絡ノートを拝見して、『入浴』の欄が『中止』になっていたもので電話させてもらったんですが…。これはそちらのご都合なんでしょうか?それとも本人が『入りたくない』と言って入らなかったんでしょうか?」

スタッフ:「わかりました。確認して参りますので少々お待ちください。」

……しばらく保留音……

スタッフ:「お待たせしました。うちの者が午前と午後に3回ほど声かけをさせてもらったのですがご本人様がお断りになられたものですから…。まだこちらにいらしてから日が浅いということでこちらの方も強制はしなかったんですが。ご本人様は笑顔でしたよ。」

この最後の『笑顔でしたよ』がどうも引っかかるところではありますが、やはり本人の意志で入らなかったことは確定です。

ヤレヤレ┐(´д`)┌

「やっぱり『入れ』っていわれてんじゃん!?せっかくお風呂に入ってくると思ったから今日はお風呂まだ洗ってないぞ。」

「そんなにいじめるなよ…。言われた覚えがないんだから…。」

確かに覚えていろという方が無理な話です。
^_^;

アルツ君そう言いながら『お腹が空いた』と言って金時豆をレンゲですくっています。

それにしてもおかしな話です。

あれだけデイサービスには温泉があると言って楽しみにしていたはずなのに、その楽しみにしていた温泉に入って来ないとは…。

ヤッチは仕方なく風呂洗いに着手します。

ヤッチが風呂を洗っている間にアルツ君はトイレに入ったようです。

お風呂を洗い流す音に最初は気づかなかったのですが、どうやらアルツ君がトイレで大声を上げているようです。

「お〜い!ちょっと大変だ!ちょっと来てくれよ!!」

お風呂の浴槽の栓をしてお湯を出し始めたところでアルツ君の声に気付いて大慌てでトイレに向かいます。

「なに?どうした?」

「ちょっとみてくれよ〜。ふ〜ん。」

アルツ君は便座の前で紙パンツをひざ上くらいまでおろして立ちすくんでいます。

???

えっ〜!!!

紙パンツの中には大量の子猫ちゃんです…。

\(◎o◎)/!

「これじゃパンツおろせないよ。お前どうにかしろよ!」

アルツ君紙パンツをおろしてみたものの子猫ちゃん達が脱走しそうになるので身動きが取れないようです。

「動くな!!」

ジャックバウアーが緊張モードに突入です。

「そのまま上着の裾を上にあげて!!」

「そんなにいじめるなよ…。うまく上げられるかな…。」

ジャックは子猫ちゃん達の造反によってアルツ君の上着に被害が及ぶのを極力防ごうと必死です。

茶の間からハサミを用意します。

「はい。そのまま。ゆっくり〜股をひろげて!」

「お前そんなにいろいろ言うなよ…。」

「すまないと思ってる…。だけどもう少し頑張って!はい。なるべくゆっくり…。」

ジャックはアルツ君の紙パンツを自発的に脱がすのを断念して横からハサミで切り裂き子猫ちゃん達を救出する考えのようです。

「お前。何するつもりなんだ。俺のチンチン切るつもりか?」

「動くなっ!チクショウ!あともう少しだ!」

片側を切り裂き、股間に手を廻して子猫ちゃん達を落とさないようにもう片方の手で支えます。

子猫ちゃんを落としてしまっては任務は遂行できません。

片手で上手く子猫ちゃん達を包み込むようにしてもう片方の手でアルツ君のもう片方の太ももにハサミを入れます。

「あうっ!冷たい!!お前冷たいよ〜。」

「黙って!!あともう少しだ!!」

今日は寒いくらいなので汗は出ませんが何だか額にジンワリ来ているイメージだけは沸いてきます。

「大丈夫か〜?」

「よしっ!上手くいったっ!」

ε-(。・д・。)フー

お尻を拭いていないのでそのままアルツ君を風呂場に連れて行きお尻をシャワーで流します。

ε-(。・д・。)フー


どうやら子猫ちゃん達の成長ぶりというか鮮度というか干からび具合からみて産み落とされたのは結構前のようです…。

朝デイサービスに到着した直後、もしかしたら行く前から産んでいた可能性もあります。

本人は排便感がなくなっているとはいえ、何とはなしにそのことに気づいていたのかもしれません。

それでデイサービスのスタッフからの『お風呂に入りましょう?』の声かけに『笑顔』でお断りしたのかもしれません。

なぜ故素直に『漏らしっちゃった』と言えないかは議論を呼ぶところですが、何とはなしにわからんではない部分もあるわけで…。

それにしてもやはり謎は子猫ちゃん達を救出したときにアルツ君のお尻に着いていた10センチほどのトイレットペーパーの切れ端です。

今やそれも便器という鑑識に廻してしまいましたが…。

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 8 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 連絡ノート 入浴 トイレ 紙パンツ 子猫ちゃん ジャックバウアー 風呂 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-126.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/10/07 | コメント (8) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : ぽっこりおなか
この前の記事(過去) : 長谷川式簡易知能評価スケール

Comment


Re: そんなにいじめるなよ…

こんばんは。
何となくお父様の気持ち分かるような気がします。
言葉にできず、思い当たる節もないけれど
なぜか不快な感触があったんでしょうね。

この次はお風呂であったまって帰ってきてくれると良いですね。

ところで、
多分どのメーカーもそうですが、リハビリパンツは両脇とも、
手で裂けるようになっているんですよ。
ハサミで切らなくても大丈夫です。
両脇の継ぎ目のところをピッと引っ張るとビリビリ破けます。
次回お試し下さい。

もちろん、次回はない方がありがたいですけど…。

mikomona |  2011/10/07 (金) 23:28 [ 編集 ] No.318 -

mikomonaさんへ

こんばんは。

> 言葉にできず、思い当たる節もないけれど
> なぜか不快な感触があったんでしょうね。

こういうところだけは男を捨てられないんですよね~。

> この次はお風呂であったまって帰ってきてくれると良いですね。

今日はヤッチの入浴介助になってしまいました…。

> 多分どのメーカーもそうですが、リハビリパンツは両脇とも、
> 手で裂けるようになっているんですよ。
> ハサミで切らなくても大丈夫です。

御親切にありがとうございます。
私の言葉が足りなかったですね!?
実は破けるのを知っていたのですが、
破く振動で子猫ちゃん達が逃げ出しそうな気がしたものですから…。
ここを描写してしまうとあまりにリアルかなと思い割愛してしまいました。
もちろんもし破くにしてもこの辺は不慣れでおっかなびっくりです…。

> もちろん、次回はない方がありがたいですけど…。

いえいえ。あるでしょう。
イベント事だと割り切っていますから。

いつもいろいろアドバイスしていただいてありがとうございます。
他にこのブログを読んでくださってる方にもmikomonaさんのアドバイスは
いつも有益だと感じてるんですよ。

これからも応援お願いしますね。

ヤッチ |  2011/10/07 (金) 23:58 [ 編集 ] No.320 -

もしかして・・・

アルツ君、一人で子猫ちゃん救助に向かったけど、
途中であきらめちゃったのかもしれませんねぇ・・・

我が家には、小っちゃな男の子が二人、
毎日やってきてますが、
同じ場面に遭遇したことが何度もあります(⌒_⌒)

まっ、こちらはミニサイズだから
ヤッチさんに比べたら楽なもんですけどね(=^_^=)

ゆうっ♪。 |  2011/10/08 (土) 00:08 [ 編集 ] No.321 -

ゆうっ♪。さんへ

こんばんは。

> アルツ君、一人で子猫ちゃん救助に向かったけど、
> 途中であきらめちゃったのかもしれませんねぇ・・・

その通りだと思います。
おかしいのはその子猫ちゃんを見て「誰がこんなところにしていったんだ!?」です。
自分しかいないのに…。

男はトイレに入ると『座る』=『大』というのが
自分の中でもインプットされていて
なぜかこの『座る』という行為に『恥ずかしい』という気持ちをおぼえます。
もちろんこのことは女性にも言えることだと思いますが、
この『恥ずかしい』が『大』=『恥ずかしい』=『男らしくない』に変わり、
隠したりするんだと思います。

> まっ、こちらはミニサイズだから
> ヤッチさんに比べたら楽なもんですけどね(=^_^=)

いえいえ。
子育てしていらっしゃる女性には頭が上がりません。
m(__)m

ヤッチ |  2011/10/08 (土) 00:28 [ 編集 ] No.322 -

Re: そんなにいじめるなよ…

そっかぁ
トイレへの誘導もなかなか難しかったんだろうか?
次は気持ちよくお風呂にはいれたらいいなぁ♪

きみきみ |  2011/10/08 (土) 11:40 No.323 -

きみきみさんへ

こんにちは。
今日はこちらは良いお天気。
絶好の行楽日よりですね~。

> トイレへの誘導もなかなか難しかったんだろうか?

家に居る時もトイレに行くように勧めるのが一番難しいです。
機嫌が悪いと「俺はもう10年はトイレに行っていない。」と言う始末。
^_^;
デイサービスのスタッフさんたちの悩みの種にならないといいのですが…。

ヤッチ |  2011/10/08 (土) 12:45 [ 編集 ] No.324 -

Re: そんなにいじめるなよ…

こんにちわ、義父も始めお風呂拒否があって本人に聞いても分からなかったのですが、ある時の会話で「若い娘があんなところで働かされて可哀そうなんだよ」って言ったんです。何のことなのかな?と思ったらディサービスで入浴介助をするのは女のひとらしく、どうも昔の吉原と勘違いをしたらしいです。今も半信半疑で入浴しているようです。

sugarY |  2011/10/08 (土) 14:54 No.325 -

sugarYさんへ

こんにちは。
人によっていろいろ思い込みが違うようですね。
ちなみに父の場合は息子である私が風呂に入れても
風呂に自分一人で入っていると言い切ります。
^_^;

ヤッチ |  2011/10/08 (土) 15:16 [ 編集 ] No.326 -

コメント:を投稿する 記事: そんなにいじめるなよ…

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : ぽっこりおなか
この前の記事(過去) : 長谷川式簡易知能評価スケール
▲TOP