site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
便秘  ミョウガ  茗荷  周梨槃特  釈迦  

Xデー早くも来たる

2011/09/28 (水)  カテゴリー: 下の話
smartphone
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日アルツ君が便秘で1週間ほどお通じが無いという記事を書きましたが、今日の夕方立派な子猫ちゃんを出産しました。

かなりの難産だったとは思われますが、普通分娩での無事出産となりました。

┏O)) アザ━━━ス!

一時はヤッチ自身がオペを敢行しないとダメかとも思われましたが、帝王切開は免れました。

ε-(。・д・。)フー

赤ちゃんはすぐさま市区町村のICUに里子に出されましたが、なかなか流れないとのことだったので、おそらく元気に育っていると思われ、父子共に命に別状は有りません。

とうのアルツ君はスッキリしたのか、はたまた次への出産準備なのか食欲も旺盛でたくさん夕飯を召し上がりました。

ただ一つ気になったのは今日は豆腐とワカメの味噌汁でしたが、その中にミョウガが入っていました。

ヤッチはミョウガが大好物なのですが、アルツ君は大嫌い。

アルツ君の分までキノコさんがサービスしてヤッチの味噌汁に入れてくれました。

それを見てアルツ君が嫌そうな顔をしてぼそりとヤッチにつぶやきます。

「お前そんなにいっぱいミョウガ食ったら頭がバカになるぞ。」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【解説】ミョウガを食べるとバカになる
諸説あるようですが、一説にこんなのがあります。
釈迦の弟子に周梨槃特(すりばんとく)という修行僧がいて、彼は物忘れがひどく、自分の名前もすぐに忘れてしまうほど…。
そこで釈迦が周梨槃特の首に名札を下げるよう命じました。
周梨槃特の死後、彼の墓から得体の知れぬ草が生えてくるのを村人が発見。
周梨槃特が生前自分の名札を荷物のように下げていたということから村人はこの草を「茗荷」(ミョウガ)と名づけたそうな…。
この言い伝えからミョウガを食べると周梨槃特のように物忘れがひどくなるという俗説が生まれたらしいです。




ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 便秘 ミョウガ 茗荷 周梨槃特 釈迦 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-117.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/09/28 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 意味不明
この前の記事(過去) : アルツ君ご懐妊

Comment


おめでとうございます (⌒_⌒)

今回は自然分娩でしたかぁ
大きな赤ちゃんだったんでしょうねぇ(⌒_⌒)

なにはともあれ、
良かった良かった♪

ミョウガをたくさん食べると馬鹿になると
私もよく父から聞いてました。
それともう一つ。
鼻血がでるぞ~ とも言われてました(=^_^=)

ゆうっ♪。 |  2011/09/28 (水) 23:14 [ 編集 ] No.274 -

ゆうっ♪。さんへ

こんばんは。

ありがとうございます。

(^^)/

ミョウガは冷たいお蕎麦なんかを食べる時

気が狂うほど入れたいヤッチです。

\(^o^)/

ヤッチ |  2011/09/28 (水) 23:20 [ 編集 ] No.275 -

コメント:を投稿する 記事: Xデー早くも来たる

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 意味不明
この前の記事(過去) : アルツ君ご懐妊
▲TOP