site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
メマリー  クリニック  眠気  アリセプト  物忘れ  認知症  

アリセプトの服用休止から1ヶ月

2011/09/26 (月)  カテゴリー: 認知症の薬の事
smartphone
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はアルツ君のメマリー(認知症の薬)がそろそろなくなる頃なので主治医のクリニックにアルツ君と診察に行ってきました。

アリセプト(認知症の薬)の服用を医師と相談して休止してからもう少しで1ヶ月になるところです。

メマリーの服用量はここ最近は5mgで継続中(夕食後服用)です。

歩いて数分のところにクリニックはありますが、そのクリニックはヤッチの記憶ではまだ10年も経過していないと思います。

開業当初は院長と看護師それに受付のお姉さんの数人でやっているこじんまりしたクリニックでした。

自宅近くに新しいクリニックがオープンしたと誰かから聞いてヤッチが風邪かなにかをひいたときに試しに行ってみるかということで診察を受けたのがお付き合いの始まりです。

真新しい院内はスリッパに履き替える必要もなくバリアフリーを意識した近代的な内装です。

あまり病院病院していない雰囲気で待合室はちょっとホテルのラウンジを思わせるような感じ。

まだ開院して間もないせいか患者の数も少なく、待合室でほとんど待たされることなく、診察室に通されたのをよく憶えています。

『こんなハイカラな造りでこんなちょっとの患者数で採算取れるのかよ!?』と正直クリニックの行く末を案じていたのもよく覚えています。

それが最近はどうでしょう。

院内には何人もの看護師さんがいて受付も二人ではときどき追いつかない場面も…。

曜日によって院長以外の外来医も招くようになり、どこかの大学病院の先生が休日に診察をして下さるくらいまでに診療体制を確立しています。

診察も飛び込みOKですが予約制を基本とするようにまでなりました。

『前の方がよかったな~。』

これがヤッチの正直な感想です。

あわただしい病院や診療所はなんか生理的に受け付けないものがあります。

……▼ヤッチの妄想▼……

アルコール臭の漂う少し薄暗い待合室で看護師だけが一人元気で患者はみなおしゃべりすることなく静かに瞑想している…。

看護師に呼ばれ、診察室に通されると背を向けたやや白髪交じりの医師が万年筆でドイツ語の練習…。

まだ医師がどんな顔をしているのかはわからない…。

もともと家から持ってきた微熱なのか少し顔が火照ってる気がする…。

医師の白衣は少しダメージ加工が施してあるのか不規則なダーツがところどころ散りばめられ、ヨードのシミがデザインチックに後染めされている…。

スチール製のやや淵が錆びかかった白い洗面器に医師は手を浸し何やら考え事をしている様子。

ようやく振り返った医師に笑顔はない。

振り返った医師に「血圧を計りましょうか?」と言われた時には普段とは違う心音がのど元付近からバクバク聞こえてくる…。

聴診器をあてられた瞬間悶え声と共に心臓も飛び出しそうだ。

「おおきく深呼吸して~。」

余計に呼吸がみだれそうだ…。

何も言わずに机の方に身体をひる返し、やや速いタッチでドイツ語の練習を再開する医師…。

再び振り返った医師に「お注射しましょうか~。」の一声にどっちの腕をまくっていいかわからなくなり一瞬挙動不審になり、まくりすぎるくらい腕まくりをする…。

医師にとっては接頭語がつくくらいだから『お注射』は神聖な儀式にしか使われないもののようだ。

ガラス製のアンプルを手際よく温めるジャック…

針先から透明な液が少しにじみ出る。

脱脂綿のアルコールが腕に響いてくる。

チクッ!!

シャープな鈍痛という矛盾した痛みで自分の中で必死に自分を取り戻そうとする。

どうやら生きているようだ…。

「3,4日したらもう一度診察に来てください。」と言われたときは、「治っても?治らなくても?」と聞き返す勇気はない。

診察室を出て薬の処方をしてもらう間またしてもあの陰気な待合室でじっとして「今日はいくら取られるんだろう?金足りるよな?」と自問自答を繰り返す。

受付と処方口が一緒になった小窓から手だけが見える女の人から折り紙みたいなヤクを手渡され密売を完了する。

外に出た時のあの太陽がまぶしいこと…。

ヤクが効いてきたのかあ~???

……▲ヤッチの妄想▲……

もうこんな診療所ってないですよね~。

今思うとあれはあれでよかったなぁと…。

なんてたって今は『くりにっく』ですからね。
(^^ゞ

余談はともかくとして今のクリニックの院長は割と気さくに話せて感じの良い方です。

今日も明るく笑顔で応対してくれます。
(*^_^*)

「その後どうですか~?眠気は少しおさまりましたか~?」

いつもはヤッチが答える所ですがアルツ君が答えます。

「元気!元気!元気すぎて分けてあげたいくらいだよ。」

「うん。ずいぶんしっかりしておられますね~。」

「昔から元気だけがとりえだからね。」

(あんたのとりえはお調子者であることです…byヤッチ)

「こうやってしっかり受け答えができるのもやっぱり僕の薬の処方が多かったからかな~!?」

先生はアルツ君にメマリーやアリセプトを増量してアルツ君が一時意識がもうろうとすることがあったのを自分の処方量が多かったからだと後悔しているようです。

確かにアルツ君はこの1ヶ月を振り返ると日中はほとんど小失禁することはありません。

認知症特有のやる気の無さからくる眠気みたいなものはありますが、意識を消失するほどの眠気については今のところ無いようです。

起きているときは、今まで虚脱感、脱力感みたいなものがあって少し暗い受け答えをするシーンもありましたがこれもほとんど無いようです。

受け答えがはっきりしていてクリアな印象を受けます。

今までのあー言えばこう言うがパワーアップしたかのようにも感じられます。

(これはマシンガントーク病という不治の病です。)

物忘れについては治っているという印象はありませんが、逆に進行しているようにも見受けられません。

「先生に失礼かもしれませんが、やはり薬を飲む絶対量が多かったので朦朧としたり、思い込み症状みたいなものが出ていたような気がします。」

ヤッチがアルツ君の横で口を挟みます。

「そうですね~。メマリーもアリセプトも人によってはかなりきつい薬なのかもしれませんね。」

「その辺は素人なんで何とも言えませんが…。」

「いずれにしても僕の処方量が多かったのは間違いないことですから…。申し訳ないことをしましたね。」

なかなか言える言葉ではありません。

( ゚∀゚ノノ゙パチパチパチ

お医者さんは立場上なかなか謝罪の言葉は言えないと思います。

ヤッチからしてみれば確かに危険と隣り合わせですが増量した結果、処方量が多かったことがわかったわけですから結果オーライです。

チビチビ増やしていたら処方量が多かったことに気づかずにいたかもしれません。

チビチビ増やしていたら量が多いことによる意識の消失などを認知症の症状が悪化していると勘違いしてさらに量を増やしてもらうようにお願いしていたかもしれません。

「先生。そんなに謝らないでくださいよ。今度一緒に飲みにでも行きましょうよ。」

とは言いませんでした。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ちなみに

ヤッチお酒が飲めません…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント




ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 12 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー クリニック 眠気 アリセプト 物忘れ 認知症 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-115.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/09/26 | コメント (12) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : アルツ君ご懐妊
この前の記事(過去) : 自己中な職人

Comment


Re: アリセプトの服用休止から1ヶ月

こんばんわ。小さい頃かかってた病院は、お腹が痛くてものどを必ず見て、焼くんです。(焼くって言葉が通用するのかわかりませんが…薬の名前忘れた)ヤッチさんの妄想の病院みたいでしたね。     薬もいろいろなんですね。どんな薬でも、そばで見てくれる家族がいると、ヤッチさんのように気づくこともできるんですよね。さすがです!

kumaはる |  2011/09/27 (火) 01:02 No.248 -

kumaはるさんへ

こんばんは。

いつもコメントありがとうございます。

> 焼くって言葉が通用するのかわかりませんが…薬の名前忘れた

十分通用しますよ。
未だにアルツ家では『焼く』を使います。
薬の名前は『ルゴール』とかが小さい頃は主流でしたが…。
おそらくこれは市販薬なのでお医者さんが使っていたかはわかりません。

器具の名称はわかりませんがあの喉をみられるときの金属のアイスの棒みたいなものも今は使い捨て。
いいんだか悪いんだかわかりませんが…。
あの「おえっー!」ってなる冷たい感触未だに思い出すと「おえっー!」ってなります。

(追伸)
余計なお世話かもしれませんが改行は文字を確定したらもう一度『Enter』を押せば改行できますよ。
もし事情があってそうなさっているとしたら無礼をお許しください。
m(__)m

ヤッチ |  2011/09/27 (火) 01:25 [ 編集 ] No.249 -

Re: アリセプトの服用休止から1ヶ月

ヤッチさま

今日の妄想…懐かしい(^_^)
子供の頃は、お医者さんが胸と背中をトントンと指で叩くのが好きでした。いい響きなんですよね。
今はあまりやってないような気がしますが。
父や母がおんぶして病院に連れて行ってくれるのも嬉しかった(^_^)


まめこ |  2011/09/27 (火) 04:24 No.250 -

Re: アリセプトの服用休止から1ヶ月

ワタシも違う病気ですが薬飲んでます。
今年6月から1ケ月抗がん剤を服用したんですが
一番暑い時期だったこともあり食欲がなくなりました。
今は やめてて調子はいいのですが
暑かったせいか薬のせいかわかりません・・・。
1ケ月に15000円かかる抗がん剤代を焼酎代に
代えさせていただいてます!(笑)

にじいろ堂 のぞみん |  2011/09/27 (火) 07:11 [ 編集 ] No.251 -

まめこさんへ

おはようございます。

そういえば触診をしてくれるお医者さんも少なくなりましたね。

その場ですぐ判断より検査が優先されて検査待ちの診察が増えたようにも思えます。

子供用の色のついたシロップの飲み薬も懐かしい…。

(*^_^*)

ヤッチ |  2011/09/27 (火) 09:37 [ 編集 ] No.252 -

にじいろ堂 のぞみんさんへ

おはようございます。

コメントありがとうございます。

抗がん剤ですか…。

こやつもかなりつらい副作用があると聞いたことがあります。

医者ではないので軽はずみなことを言いますが

メチルのパワーで病気を克服できるといいですね(笑)

薬の費用より高くつかないように!!

また近況など聞かせて下さい。

(*^_^*)

ヤッチ |  2011/09/27 (火) 09:45 [ 編集 ] No.253 -

ありがとうございます!

みんな上手に改行してるなって思ってました。
パソコンのことを知らないので娘にも変な所をさわるな!と言われています。
この文章も失敗してたら…\-0-/
がんばります!

kumaはる |  2011/09/27 (火) 10:13 No.254 -

kumaはるさんへ

GOOD JOB!!

ъ(゚Д゚)グッジョブ!!

改行されてきれいな文章ですよ。

もちろんこのブログに関しては今まで通りで書きやすい方法で書いていただいて構いませんよ。

もし気になるようならパスワードを設定しておくことをお勧めします。

このコメント欄なら「パスワード:」の欄に自分が覚えやすいパスワードを入力しておくだけです。

パスワードを入力することで後で書き直したくなったら記事に戻って自分の書いたコメント欄の下の方にある「編集」を押すと書き直すことができます。

書き直したらあらかじめ設定したパスワードを再度入力して送信すれば編集完了です。

コメントを消したければ削除することも可能です。

パスワードは後ですぐ思い出せるようにそんなに複雑にしない方が最初はいいかも!?

kumaはるさんの入力したパスワードを知らなければ他人が編集することはできません。

これはヤッチも例外ではなく、kumaはるさんのパスワードを知らなければ、コメントそのものを管理者権限で削除することはできますが、書き換えることはできない仕組みになっています。

また他人が書いたコメントの「編集」を誤ってを押したとしてもパスワードがわからなければ書き換えられたり、削除されたりしないので安心してください。

わからないことがあれば、いつでも聞いてくださいね。

ヤッチ |  2011/09/27 (火) 11:03 [ 編集 ] No.255 -

Re: アリセプトの服用休止から1ヶ月

またまた薬の情報…ありがとうございます。

アリセプトの量が多すぎて、かえって症状の悪化はよくあるみたいですね…

“みず”の進めている、介護事業所関係者の有志の集まる認知症勉強会で、ご参加頂いているある医師からのコメントを転載致します…

>薬を抜く・やめるタイミング→これはDrで決められない。
>明確な基準はない!(Drも葛藤する。Drの立場としてはDrから休薬を言い出すことは「見捨てられた」と絶望されることもあるのでなかなかできないことがある。
>介護側も同じような状況があると思う。

>是非話し合っていきたい内容。(本人が飲みたいのか飲みたくないのか、家族はどう考えているのか、飲ませる意味があるのかないのか、を相談)
>認知症の薬は、やめてはいけないという薬ではない。
>一応、アリセプトは4週間以上休薬をすると、再開しても同等のレベルに戻らないという研究結果がある。
>レミニールは、それ以上休薬しても、効果が持続したという研究結果はある。

>やめた方が良い時、やめることを考える時…
>副作用が出た時。怒りっぽくなった時。不必要となった時。
>薬が飲めなくなった時。費用対効果がないと考えられる時
>生活状況や意見をもらって相談したい内容。

“みず” |  2011/09/27 (火) 20:41 No.256 -

またまたありがとう!

パスワードは、そういう使い方なんですね。
わからないものは、スルーしてましたから…
今日だけで二つのことを覚えた!少し賢くなったかもしれない!気のせい…?
また、何かあったらよろしくお願いします(^-^)

kumaはる |  2011/09/27 (火) 22:06 [ 編集 ] No.257 -

“みず”さんへ

こんばんは。

> またまた薬の情報…ありがとうございます。

こちらこそたくさんの情報感謝です。
\(^o^)/

> 薬を抜く・やめるタイミング→これはDrで決められない。
> 明確な基準はない!(Drも葛藤する。Drの立場としてはDrから休薬を言い出すことは「見捨てられた」と絶望されることもあるのでなかなかできないことがある。
> 介護側も同じような状況があると思う。

「見捨てられる」「見捨てる」っていうことを意識していなかったのでこういう視点もあるのか~と感心させられちゃいました。

> 是非話し合っていきたい内容。(本人が飲みたいのか飲みたくないのか、家族はどう考えているのか、飲ませる意味があるのかないのか、を相談)
> 認知症の薬は、やめてはいけないという薬ではない。

そうなんです。ヤッチが常々気になっているのはここなんです。
これ以上よくならないなら飲まない方がいいんじゃないかと思う反面もしかしたらよくなるかもという期待感とが頭の中で陣取り合戦しています。

> 一応、アリセプトは4週間以上休薬をすると、再開しても同等のレベルに戻らないという研究結果がある。
> レミニールは、それ以上休薬しても、効果が持続したという研究結果はある。

研究している方は研究している方でずいぶんご苦労なさっているんでしょうね。

> やめた方が良い時、やめることを考える時…
> 副作用が出た時。怒りっぽくなった時。不必要となった時。
> 薬が飲めなくなった時。費用対効果がないと考えられる時
> 生活状況や意見をもらって相談したい内容。

明確な判断基準があくまで主観に頼るしかないところが悲しいところですね。

いつも貴重な情報をありがとうございます。

医療(介護保険)サイド、患者(利用者)サイドの両方の視点で物事を考えられる“みず”さんは素晴らしい!!

ヤッチ |  2011/09/27 (火) 22:30 [ 編集 ] No.258 -

kumaはるさんへ

こんばんは。

いえいえ。

お役に立てて光栄です。

ワァ──ヽ(〃v〃)ノ──イ!!

ヤッチ |  2011/09/27 (火) 22:33 [ 編集 ] No.259 -

コメント:を投稿する 記事: アリセプトの服用休止から1ヶ月

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : アルツ君ご懐妊
この前の記事(過去) : 自己中な職人
▲TOP