site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
デイサービス  紙パンツ  トイレ  

パンツがない…

2011/09/17 (土)  カテゴリー: 下の話
smartphone
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日もアルツ君のデイサービスの日です。

アルツ君に靴下1枚履いてもらうにも時間がかかってしまうので、たいてい準備は朝早くからやるように心がけています。

朝は紙パンツも必ず履き替えてもらいます。

今日はこの紙パンツを巡って珍事です。

キノコさんがアルツ君に履き替えてもらおうと新しい紙パンツを出してきました。

「ちょっとこれ履いて。」

「なんだ?こんなもん履くのか?」

「こんなもんって言ったっていつも履いてるじゃない。」

「それはそれは失礼しました。」

毎日同じ会話をしているのでいい加減覚えて欲しいと思うもののやはり無理なようです。

紙パンツを持たされた瞬間アルツ君挙動不審です。

そう。一度にいろいろ言われるともう自分が何をしていいのかわからなくなってしまうんです。

キノコさんに言われてしまいます。

「ほら。まず寝巻のズボンを脱いで!」

「そんなのはアサメシマエだ。あれ!?俺…朝飯食ったっけ?」

「ちゃんと食べましたよ。パンを食べてコーヒーも飲みましたよ。」

「そうだったっけ?お前俺をだましてないだろうな?」

「そんなことでだましてどうするのっ!?」

「お前が俺のパンを食っちゃうかもしれないからな。」

たった1枚寝巻を脱ぐだけなのにおしゃべりが着いて回るものだからどうしても時間がかかります。

アサメシマエと言っている割に朝飯がとうに終わってしまう感じです。

キノコさんも朝は洗濯したり、いろいろとやる用事があるみたいなのでアルツ君に掛かりっきりというわけにもいきません。

「ズボン脱いだら、今履いてるパンツを脱いで今度は手に持ってる新しいパンツに履き替えるのよ!いい?」

「わかってるよ!でもこのパンツ持ってたらズボン脱げないじゃないかよ〜。どうすりゃいいんだ?」

「だから…。持ってるパンツをどっかに置けばいいだけでしょ!」

キノコさんもだんだん口調が荒くなります…。

「置くって言ったってどこに…?」

「どこでもいいじゃない!自分が着替えやすいところに置けばいいのよ。」

アルツ君。それがわかれば苦労はしないよ…と言いたげで少し途方に暮れています。

仕方がないのでヤッチが助け舟を出し、黙ってアルツ君の近くにあった折りたたみ椅子の上に新しい紙パンツを置きます。

「そっか…。」

アルツ君の小さな声が耳に入ります。

キノコさんは他の事で忙しそうにしていてアルツ君のそばから離れてしまっています。

ヤッチもアルツ君の新しい着替え用のパンツを椅子の上に置くのと同時に二階の自分の部屋に上がってしまいました。

あとは着替えをすれば、デイサービスに行く準備は終わったようなものです。

お迎えの車が来るまではまだ時間もたっぷり有ります。

多少時間はかかってもある程度のことは自分でやってもらうようにしています。

そろそろ着替えが終わったのかなという頃に1階で二人がやり合う声が聞こえてきます。

キノコさんが鼻息アライ子ちゃんです…。

「もう!どこにやったの?」

「俺はそんなもん知らないよっ!」

下に降りてヤッチが割って入ります。

「なに?どうかしたの?」

「いや。おじいちゃんに履き替えてもらったパンツが無いのよ。」

キノコさんちょっとお口がとんがっちゃってます。

どうやらアルツ君が紙パンツを脱いで新しいのに取り替えたわけですが脱いだ方の古いパンツが見つからないようです。

「俺は何にも知らないからな!俺をすぐ悪者にするんだから!」

アルツ君もお口がとんがっちゃってます…。

「まあ。まあ。二人ともそんな風にしてたら明石に連れてかれちゃうから…。」

キノコさんと一緒に行方不明のパンツの捜索に入ります。

当のアルツ君は捜索隊には加わらず、茶の間で腰かけバナナを食べてくつろいでいます。

ときどきアルツ君は自分が失禁したパンツを隠すことがあるのでキノコさんはアルツ君に疑惑のまなざしです。

以前は布団の下やトイレのシンクの下、あるいは扉と壁のすき間のちょうどドアを開けた時に死角になるところから発見され、無事保護された経緯があります。

アルツ君には悪いですが二人でアルツ君が隠しそうなところを重点的に探します。

捜索隊の必死の捜索にもかかわらず、ライフリーちゃんと名付けられた紙パンツちゃんは発見に至りません。
(; ̄ー ̄A

捜索隊にも疲労の色が濃くなってきます。

捜索隊長のキノコさんが不快をあらわにします。

「本当にどこにやったか覚えてないの?まさか隠したんじゃないでしょうね?」

「俺がそんなもん隠すわけないだろ!ネコでも咥えて行ったんだろ!」

「ネコなんて飼ってないんだからそんなわけないでしょ。」

キノコさんにユーモアのセンスは残念ながらありません。

「お前が食っちゃったんじゃないのか?」

「もうっ!自分のパンツなんだから探しなさいよ!」

キノコさん朝からMAXです。

余談ですがヤッチはRINAちゃんが好きです…。

アルツ君が反論します。

「お前そんなにカッカしたって無いもんは無いんだからあきらめた方がいいぞ。」

「無いわけないでしょ。私がちゃんと出してきたんだから。」

確かにアルツ君の言うとおりどこを探しても出てきません。

ヤッチが捜索隊長に提案をします。

「そろそろライフリーちゃんの捜索願を警察に出すか…。」

「なにバカなこと言ってるのっ!!」

冗談の通じない隊長の感情を逆なでしてしまいました…。

(けっしてキノコさんはネコではありません。)

ライフリーちゃんの安否も心配ですが、デイサービスのお迎えも時間が迫って来ています。

キノコさんは相変わらずそこら中を探し回って来ています。

「警察犬を借りてくるかあ?」

ヤッチの2度目の提案も却下され、ほとんど無視の状態で捜索を続けるキノコさん…。

ヤッチはアルツ君にそろそろお迎えの準備をしてもらいます。

「そろそろお迎えが来るから先にトイレに行っておこう?」

アルツ君にトイレに行くように促します。

デイサービスに行く前だけは不思議とトイレに行くように言っても嫌がりません。

キノコさんが捜索を続けている横をすり抜け、アルツ君がトイレに入ります。


………………………


「ああーあ!!!」


トイレの中からアルツ君の大きな叫びが聞こえてきます…。

アルツ君がズボンをずらしたままトイレから出てきました。



「おいっ!ばあさん!ちょっと見て!!」

アルツ君が捜索隊長を呼びつけます。


振り返ったキノコさんも叫び声をあげます。




「ああ!!!」





アルツ君

紙パンツ重ね履き!!

やる気満々…。


さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 紙パンツ トイレ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-106.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/09/17 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 挙動不審の理由は?
この前の記事(過去) : 二度落ちする職人

Comment


Re: パンツがない…

渡しただけで履けるなんて、さすがアルツ君です。
うちだったら被ってるだろうなぁ~。(ノ_-;)ハア…

こらいおん |  2011/09/18 (日) 05:50 [ 編集 ] No.194 -

こらいおんさんへ

おはようございます。

> うちだったら被ってるだろうなぁ~。(ノ_-;)ハア…

それはそれでまた素晴らしい感性をお持ちだ…。
(゚∀゚ ;)タラー

要座布団度4ですかね!?(笑)

ヤッチ |  2011/09/18 (日) 09:57 [ 編集 ] No.195 -

Re: パンツがない…

おぉ
素早く2枚履き
これはびっくり安心っていうか
もこもこすぎてあるきにくっw

きみきみ |  2011/09/18 (日) 19:18 No.196 -

きみきみさんへ

毎日イベント盛り沢山で新鮮過ぎです…

ヤッチ |  2011/09/18 (日) 20:16 [ 編集 ] No.197 -

Re: パンツがない…

一番見つかりにくいところへ
隠してましたねぇ(⌒_⌒)

この勝負、アルツ君の勝ち~~~

ゆうっ♪。 |  2011/09/19 (月) 19:31 [ 編集 ] No.199 -

ゆうっ♪。さんへ

完敗です…
。゚(PД`q。)゚。

ヤッチ |  2011/09/19 (月) 23:09 [ 編集 ] No.202 -

コメント:を投稿する 記事: パンツがない…

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 挙動不審の理由は?
この前の記事(過去) : 二度落ちする職人
▲TOP