site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
アリセプト  メマリー  新薬  認知症  バイアスピリン  ロキソニン  

メマリーってどうなの?~アリセプト休止の途中経過

2011/09/15 (木)  カテゴリー: 認知症の薬の事
smartphone
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はただのつぶやきです。

アルツ君がアリセプト(認知症の薬)を休止してから2週間が経ちました。

認知症の薬だけをピックアップするなら、これまでアリセプト5mgからはじめ、アリセプトとメマリー(認知症の薬)の併用そして今回メマリー5mgだけを服用するのを2週間前からやっています。

まだまだ2週間程度ですからなんとも言えませんが、物忘れに関しては、特にアリセプトを飲んでいるとき、アリセプトとメマリーを飲んでいるとき、メマリーを飲んでいるときそれぞれ比べてみてもあまり変化が無いように思えます。

新薬を飲んだから物忘れが改善されたということもないし、物忘れがひどくなったということもありません。

もちろんひどくなる薬をお医者さんが処方するとは考えにくいですが劇的に効果があらわれ、本人が見違えるような姿になったというところまで薬の効果は出ていないようです。

以前にもお話ししましたが、薬によって物忘れが急激にひどくなるようなことが食い止められているのかもしれませんが、毎日薬を飲んでいる以上薬を飲んでいなかったらどうなのかということは推測しかできないわけです。

先に結論から言ってしまえば、どの薬を飲んでも認知症が劇的に改善されるものではない。

従来からある認知症の薬に比して新薬のメマリーが格段に素晴らしい効果を発揮するものではないというのが率直な感想です。

かなり早急すぎる結論なので後でくつがえる可能性だってあります。

それにこれはアルツ君についてだけ言えるものであって、メマリーやアリセプトあるいは他の認知症の薬を服用されている方の中には効果が上がったという人がいらっしゃるかもしれません。

でもクスリクスリと薬の種類ばかりを気にして服用する量を考えないといけないような気がします。

医者ではないので勝手なことを言わしてもらえば、1回もしくは1日に飲む薬の量が多ければそれだけ副作用の危険が伴います。

事実アルツ君はアリセプトとメマリーの両方を服用しているときは、眠気がひどく、夜間の小失禁が一番ひどい時でもありました。

最初はどうもアリセプトとメマリーの飲み合わせが悪いんじゃないか、メマリーが強すぎるんじゃないかとか薬の種類ばかりに気を取られて薬の服用量をあまり意識していなかった…。

アリセプト単体、メマリー単体でいえばそれほどものすごい眠気を催す成分は含まれていないと思います。

でもこれが少量+少量で実は結構な量で、結果として多量の薬を飲むことになり強い眠気を催すのではないかと最近考えるようになりました。

ましてや高齢者です。

一般的に見れば、若い人に比べれば体力はどうしても劣ります。

そんな体力のない人間がたくさんの薬を飲めばどうしたってめまいやふらつきあるいは胃腸の不調を訴えるのは至極当然なことなのかもしれません。

物忘れの症状が悪化するのを食い止められるからといって薬の服用量を増やし、その結果強いめまいや眠気、ひどい時には幻覚まで見るんだったら、飲まない方がましなのでは!?

薬の副作用で日常生活にまで支障を来たすなら、何のための薬だかわかりません。

アレルギー性鼻炎の薬や風邪薬を飲むときを例に挙げれば話はもっとクリアかもしれません。

鼻水が止まらないから薬を飲む。

この場合眠くなってもいいから鼻水を止めたいという人と眠くなって仕事に差し支えるから薬を飲むのは嫌だという人の二通りが考えられます。

おそらく年間通して毎日風邪薬を常用している人はいないと思います。

たまたま何かの拍子でアレルギーが出たり、風邪になったりするわけですから、普段の自分の調子のいい時を知っています。

だからこそ風邪薬を飲んだら眠くなることも分かるし、仕事中は飲まないようにして寝る前に飲もうなどという加減もできるわけです。

これを再び元に戻して考えると…。

認知症の人だったらおそらく薬は自分ではなく家族などの周囲の人が飲ませます。

服用量についてもお医者さんをはじめ周囲の意見で決まります。

ご自身がどういう病気なのかもわかっていない方もいらっしゃるかもしれません。

持病で従前から服用している薬があるのに認知症のことばかりに気をとられ持病のことを忘れてしまったり…。

これって単純なことだけど見失いがちなことだと思いません!?

「薬さえ飲ましておけば何とかなるだろう…。」

ネットで薬の情報を調べては「今度家のおばあちゃんにも処方してもらおう…。」

「あの症状さえ出なければ、家族はもっと楽になるのに…。」

気がつけば自分中心に物事を考え、判断しているという事はないでしょうか?

すでに情報過多の頭でっかち…。

認知症の人から見れば最近家族や周囲の人の態度が変わったと思ってるかもしれませんねえ~。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【参考】
(アルツ君が服用している薬)
  • 朝食後
    服用なし
  • 夕食後
    メマリー5mg(認知症の薬)
    バイアスピリン100mg(血管内で血液が固まるのを防ぐ薬)
    ロキソニン錠60mg(痛み止めの薬)~足が痛いときだけ服用

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント




ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 9 件
ツイートする

キーワード検索 : アリセプト メマリー 新薬 認知症 バイアスピリン ロキソニン 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-104.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/09/15 | コメント (9) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 二度落ちする職人
この前の記事(過去) : 凹む職人

Comment


Re: メマリーってどうなの?~アリセプト休止の途中経過

薬ってなんのため、誰のために飲ませてるんだっけ?
と思ってしまうことあります。!?(・_・;?

あっ、突然すみません。はじめまして。

まめこ |  2011/09/16 (金) 01:35 No.183 -

まめこさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 薬ってなんのため、誰のために飲ませてるんだっけ?
> と思ってしまうことあります。!?(・_・;?

いろんな種類の薬をのんでるのかな!?
たしかにわけわからなくなる時がありますよね。

ヤッチ |  2011/09/16 (金) 08:57 [ 編集 ] No.184 -

Re: メマリーってどうなの?~アリセプト休止の途中経過

こんにちは。先日はご訪問ありがとうございます。
認知症っていろいろと大変なんですねぇ……
どうか頑張ってください!

HINO |  2011/09/16 (金) 17:52 [ 編集 ] No.185 -

HINOさんへ

は~い。

がんばりま~す!!

ヤッチ |  2011/09/16 (金) 17:58 [ 編集 ] No.186 -

Re: メマリーってどうなの?~アリセプト休止の途中経過

認知症マニア“みず”にとって、非常に参考になるお話、ありがとうございます(>_<)

“みず”の経験上、アリセプトを服用されて改善されたのは、比較的初期…
忘れにちょっと自覚を持て、自らが混乱されておられる状況の方が、服用をはじめて…
でも、劇的に忘れがなくなるようには、なるわけではないですよね(^_^.)

一応メマリーは、老人斑形成を抑える…
進行を抑えるとは言われていますよね。

でもヤッチさんの言われるように
>認知症の人だったらおそらく薬は自分ではなく家族などの周囲の人が飲ませます。
そこが本心です。

製薬社側も、飲ませるのが大変だからOD剤…ゼリー剤…パッチ剤の発想から、そうなんです。

脳の病気だから、病院に行く…
医師は患者に〝何かしてあげなきゃ〟
患者も〝どうにかして〟
…切り札として、効くかわからない薬の処方。

また製薬会社は、効果を謳わないと売れない。

昔むかし、アバンやカランという脳代謝改善薬が、“みず”のいた脳外科病棟でバンバン処方されていました…
でも、効果がないと販売中止になりました。

海外では、やはりアリセプトや新薬の効果については、色々賛否両論あるみたいです。

最終的には、飲ませる周囲の薬に対する価値観かもしれないですね(-_-)

“みず” |  2011/09/16 (金) 21:48 No.187 -

“みず”さんへ

こんばんは。

こちらこそいろいろ教えていただいて

ありがとうございます。

そうなんですよね~。

たとえ根治できない薬でも

それを飲ませて症状がひどくならならなければ

家族や周囲の負担が軽くなるのはわかりますが

果たしてそれが本人にとって幸せなのかというと

また別問題な気がします…。

ヤッチ |  2011/09/16 (金) 22:03 [ 編集 ] No.188 -

Re: メマリーってどうなの?~アリセプト休止の途中経過

また、おじゃまします。
今年の6月に母は認知症と診断されました。
レミニールを処方されて一ヶ月間、薬に慣れるまで嘔気や眠気、だるさで苦しそうでした。
本人には病名を告げていないので、励ましも空回りしたし、苦しそうな母を見ているのは辛かったです。
微かな効果も不確実な薬を飲ませ続けるのは、悪いことをしているような気にさえなりました。
でも、近頃は「頭の中の霧が晴れたみたい」と明るい母です。
少し救われました。
病名を告げていないことや、本人自身が揺らいでいく病気だから、薬に限らずいろんなことで、何のため?誰のため?母さん幸せ?って思い続けるんでしょうか。
母が「いつか、全部の薬を止めてサッパリするわっ!」ってキッパリと言いました。そうしたらどうなるんだろう…?と思いましたし、いずれその言葉が重く思い出されるのかな〜とも。

母は糖尿病、高脂血症、慢性肝炎、狭心症の薬も服用しています。…なんか満身創痍?(苦笑)




まめこ |  2011/09/17 (土) 02:08 [ 編集 ] No.189 -

まめこさんへ

 
おはようございます。
コメントを読ませていただきましたが、御苦労されているご様子ですね。

記事にも書きましたが、認知症の薬は対症療法の薬で認知症そのものを治してくれません。

私自身は認知症の薬を土嚢(どのう)に置き換えて考えることをよくやります。
認知症という洪水を土嚢で防げばとりあえず、家の中にお水は入ってきません。
家は認知症の患者です。

家の中にお水が入って来なければ、外に出られない不自由さはあるものの、とりあえずの日常生活は維持されます。
水かさが増せばさらに土嚢を積み上げます。

でもいくら土嚢を積み上げても洪水の原因となっているお水の量そのものを減らしているわけではないのでいずれ土嚢を積み上げるにも限界が来てしまいます。

土嚢を積み上げることに躍起になって家の強度も忘れてしまう。
土嚢のそのものの自重で家が内部から壊れていく恐ろしさもあります。

家は長年住み慣れたぼろ屋です。
ましてや耐震補強も水害対策も施した最新設計の新築の家ではありません。
今さら引越しもできません。

水かさが減ることがないなら、いずれ床上浸水することになります。
その時にどうこの床上浸水と向き合うのかがテーマとなるわけです。

人によっては最後まであがいてみる人もいると思います。
早い段階であきらめる人もいると思います。

私自身はもちろん土嚢を積み上げることも続けて行こうと思います。
でもそればかりではなく、できれば本人の意志も尊重し、やりたいこともさせてあげて制約のない自由な生活ができれば良いなと考えています。

人それぞれ価値観の違いがあるのでどれが正しいとか正しくないとかを考えることは難しい…。
しかし必要ないようにも思えます。

床上浸水までどのくらいの時間がかかるかはわかりませんが、そう長くない時間をどう過ごすか、どう向き合うかを意識して土嚢を積み上げることを目的にしなければそれでいいんじゃないかと考えています。

現実は考えるよりははるかに複雑です。

いずれお水を吸い取ってくれるレスキュー隊が来てくれたり、洪水の中家を建て替えてくれる大工さんがあらわれるかもしれませんね。


分かりずらいコメントですいません。

文章にすると堅苦しくなってしまいますが、私自身はもっとお気楽です。

少し物覚えが悪くなった人間と同じ屋根の下で過ごし、毎日新しい発見があるのでもしかしたら充実した生活かもしれません。

ヤッチ |  2011/09/17 (土) 10:27 [ 編集 ] No.190 -

Re: メマリーってどうなの?~アリセプト休止の途中経過

ヤッチ様

ほんとうです、充実した毎日です!
[認知症]という厄介な避けようのない大問題が、なぜかみんなを優しく明るくしてくれます!?
母を囲んでの笑いも増えました。
心の中に病という重石があるのに不思議です。
当の母も混乱さえなければ、まあるい、きれいな人です。

私も土のうを積みます。
できれば、それが高分子ポリマー入りで水をたくさん吸収してくれて、その上コンクリートに変化して頑丈な堤防
になってくれるものだと助かります!
そうすれば、母もゆっくりお茶を楽しめるんですけど…d(^_^o)

ヤッチさん、ありがとうございます!
元気でました(⌒▽⌒)
アルツ君、キノコさん、台風ねえさんもありがとうございます!

きれいにまとめちゃいましたが、本心ですっ!(笑)




まめこ |  2011/09/17 (土) 14:09 No.193 -

コメント:を投稿する 記事: メマリーってどうなの?~アリセプト休止の途中経過

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 二度落ちする職人
この前の記事(過去) : 凹む職人
▲TOP