site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (カテゴリー: キノコさん)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。
6   次のページ »

きかんぼうの職人

2011/06/11 (土)  カテゴリー: キノコさん
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです

(^_^)/~

去年の今頃って何してたかなぁ〜なんて考えてたら、

去年は記憶に狂いがなければ確か

サッカーのワールドカップの開幕の日じゃなかったかな?

アルツ君との付き合いが長くなるとついつい自分の記憶が

おかしくなってないか検証してしまいたくなってしまいます。

^_^;

そのアルツ君なんですけど、

すでに自分の歯はほとんどなく、総入れ歯です。

普通の人は入れ歯を外して床に就くと思うんですけど、

なぜか外して寝るのが大っ嫌いっ。

(;ω;)

風呂から上がるとそそくさと二階の自分の寝室に上がろうとして

家族に呼び止められます。

今日もキノコさんに

「また入れ歯外してないでしょう?ちゃんと外して寝なくちゃダメじゃない!」

まるで幼稚園児のようなアルツ君。

階段に一歩足をかけたところでキノコさんに連れ戻されます。

「ちゃんと自分で洗面所で外してから寝ないと入れ歯が長持ちしないでしょ!」

キノコさんにそういわれたアルツ君は洗面所に戻り、ひとりでガサゴソやってる様子。

洗面所から出てきたアルツ君をキノコさんが再び呼び止めます。

「ちゃ〜んと外した?外したかどうだか口を開けてごらんなさい!」

こうなると年齢の壁というのはないかんじですねえ〜

キノコさんにも乙女の時代は有ったはずなんだが…。

「お前に言われなくたってちゃんと取ったよ!!」

と言いながら、アルツ君はアカンべーをするような仕草で舌を出し口を開けます。

まるできかんぼうの三歳児!!

(,,゚Д゚)、ペッ

「あっ!!また!!やっぱり外してないっ!!」

大〜きく開いた口の中を遠目で見る限りは、アルツ君は入れ歯を外しているように見えます。

???

「舌は出さなくていいから、もう一度ゆっく〜り口を開けてごらんなさい!!」

アルツ君は不敵な笑みを浮かべながら、仕方なさそうに口をひらきます。

「ほらっ〜!!上の入れ歯だけ外して下の入れ歯を外してないじゃないっ!!もう一度下の入れ歯外して来なさい!!」

アルツ君

さすがです…。

ついでにキノコさん

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : ワールドカップ 入れ歯 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-18.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/06/11 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

季語のない職人

2011/06/21 (火)  カテゴリー: キノコさん
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです

(^_^)/~

このブログをはじめて読む方のためにときどき登場人物の説明をしますね。

(*^_^*)

もうそんなの知ってるよという方は端折っちゃってかまいません。

・ヤッチ〜これを書いてる作者本人。ホリエモンのモヒカン刈りにちとジェラシー。

・アルツ君〜ヤッチの父親でバリバリのアルツハイマー。現在要介護3で毎週1回デイサービスに通っています。
元植木職人でこのブログの主人公。

・キノコさん〜アルツ君の最愛の妻。本人いわく、いいとこのお嬢様。確かにあまり冗談が通じない。

まあこんなところで、読んでいくうちすぐにどんな人間かわかると思います。

さて、今日の東京は非常に蒸し暑かったですねえ〜。

「節電対策」の文字が頭に浮かび、エアコンのリモコンを握るか握るまいかちょっと考えるほど。

夕方になって少しは厚さがやわらいだかな…!?

アルツ君も今日はさすがに日中は外へ散歩などできなかったみたい…。

ヤッチが帰ってきて、アルツ君に
「今日はどっか出かけたの?」
と聞くと、

「お前なあ。俺をそんなに丸焼きにしたいのか!?そんなに美味くないぞっ。」

キノコさんは茶の間でアルツ君の対面に腰かけ一生懸命もやしの根を一本一本丁寧に手でむしっています。

「根切りもやし売ってるから、それ買ってくればよかったのに…」

「少しでも節約してるの!」

確かに真理だ。

顔をあげたキノコさんの顔にもやしの根の切れ端のようなものがついています。

「ほっぺにもやしがついてるよ。」

キノコさんがそれを振り払おうとした瞬間、そのもやしのような切れ端サッと飛びましたっ!

「あっ!!蚊だっ!」

まぎれもなく、チューチューされたらかゆいボーダー柄の蚊です!

なんであやつボーダーのくせにあんなにスリムなんだろう……?

キノコさんは、まだ刺されているかどうかわからないくせに
「ああっ〜。もう何だかかゆいわ!どこに逃げたのかしら?」

蚊って人間の血を吸うだけで何であんなに目のカタキにされるんですかねえ…?

蚊にしてみれば、いい迷惑な話かもしれません。

「シマの蚊はすばしっこいから、スプレー持ってこなくちゃダメかしら?」

(また暗に俺にに持って来いと…。)

今日は蒸し暑かったせいで、もう蚊が出没してるんですね…。

今季初の蚊との対面アニバーサーリーです。

「1匹くらいほっといてやれよ。」
というヤッチも結構天井見上げたりして、キョロキョロ。

(¨ )( ¨)

そんなやり取りを聞いていたアルツ君が

「俺は蚊に刺されたことなんか一度もないぞっ!!鍛え方が足りないからかゆいんだ!」

ドヤ顔のアルツ君はそういいながら、半袖でむき出しになった腕をさすっています。

「暑いから今日は蚊が多いのね!?やだわ〜。」

キノコさんは蚊が大嫌い。

「暑いたってまだ4月だろ?たまたまだっ!」

???

そう言うアルツ君に一同沈黙…(二人だけですが…)

(-"-)

「今日が4月?4月じゃないよ。6月だよ。」

「いやあ〜。違う!4月は暑いに決まってる。4月といえば、夏だっ!」

アルツ君は譲ろうとしません…。

4月じゃ多分TUBUの前田さんも活動してないはず…(古っ!)

折れようとしない職人にヤッチがたずねました。

「4月が夏なら、8月はどうなるの?」

「真夏だっ!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 節電対策  

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-26.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/06/21 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

コロンボの妻

2011/06/27 (月)  カテゴリー: キノコさん
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです

(^_^)/~

刑事コロンボの主人公を演じたピーターフォークさんがお亡くなりなったそうですね。

彼も晩年はアルツハイマー病をわずらい、自身が刑事コロンボを演じたことも忘れていたとか…。

うちのアルツ君も職人だったことを忘れる日が来るんですかねえ〜?

あっ。そうそう…。うちのカミさんがね…。

とは言っても母なんですけど…。

キノコさん朝から愚痴のオンパレード!!

舞浜に連れてってミッキーと躍らせたいぐらい。

(^_^;)

「もうあのじいさんたらッ。やんなっちゃう!」

「なんかまたやらかした?」

「昨日の夜のうちに今日着る洋服を枕元に置いといてあげたのに、私のことわざわざ起こして、『俺の着る服どこやった?』って朝の4時からひとのこと起こすのよッ!」

「それだけならまだ我慢できるんだけど、今度は下に降りて行ったと思ったら、下から私のこと『オイッーオイッー』って大声で呼びつけるのよ!」

「仕方がないから降りて行ったら、今度はおしっこ失敗したとか言って着替えたばかりのズボンがビッショリ!もうまた洗濯よッ!」

男なら誰しも経験したことのある失敗といえ、アルツ君の場合はちとタイミングが悪すぎた…。

(真っ直ぐ飛ばない日もあるよな…)

「もう今日はこれで洗濯2回目よッ!」

コロンボの妻はカーテンコールにも応える勢い…。

「まあまあ、やらかしちゃったもんしようがないじゃない〜」

大人のヤッチがようやく合いの手を入れる感覚をつかみました。

『郵便屋さんおはいんなさい』で縄に入るより多分難しいバイオリズム。

アルツ君は茶の間でしょんぼりしています…。

(・∩・)ショボン・・・

幼いころ母におねしょをして厳しく叱咤された記憶がよみがえる…。

「おまけに俺のパンどこ隠した?なんて言ってまったく失礼しちゃうんだからッ!」

ヤッチが岩崎宏美の聖母たちのララバイの替え歌をキノコさんに歌ってあげます。

♪さあ〜愚痴りなさい〜…中略…♪
♪この〜家(うち)は〜戦場だから〜♪
♪男はみんな傷を負った戦士〜♪
♪どうぞ〜心の痛みを〜ぬぐ〜って♪
♪小さな子供の昔に帰って♪
♪熱い胸に〜♪

だいたい朝はこんな感じ…。

なんとか平穏に昼は乗り切ったらしく、夜です。

我が家の食卓は当然…



画像の左上の方には湿布の塗り薬が…。(年寄り家族)

けっこうヘビーな量を食べたアルツ君はいつものようにキノコさんのマウスピース(入れ歯)のチェックを受け、薬を飲みます。

今日は入れ歯について反則が見つかり、イエローカードをもらっていました。

涼しいのに例によって上半身裸のままです。

キノコさんに「また寝巻着ないでッ!ちゃんと着てから寝なさいよ!」

「お前に言われなくたってわかてっる!二階で着ようと思ってんだろッ!」

そう言ってアルツ君は「♪タラ〜ラッタタ〜」といつものように意味不明の言葉を発しながら二階に登っていきました。

一階の階段のすぐ横にはアルツ君の寝巻が綺麗にたたんで置いたままです…。

キノコさん「お水ぶっかけてやろうかしらッ…!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ついでに

キノコさん

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 刑事コロンボ ピーターフォーク アルツハイマー 聖母たちのララバイ 入れ歯 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-5.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/06/27 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

早寝の職人

2011/07/11 (月)  カテゴリー: キノコさん
▲ Page Top
こんにちは

>アルツ君の息子ヤッチです

(^_^)/~

今日も暑かったですね〜。

( ≧▼≦;)ゞアチッチチィ

東京も梅雨明けし、夏本番がスタートしました。

アルツ君もこの頃暑いせいか、ちっとも表に出ようとしません。

確かに暑いと外に出る気は失せますが、それにしても引きこもり状態が増えています。

キノコさんのストレスがどんどん貯まっていくようです。

人間歩かなくなると足もどんどん退化していく感じです。

ふくらはぎあたりからつま先にかけてアルツ君の皮膚は固くなっていて、むくみまで見られるようになってしまいました。

「歩かないとこのまま寝たきりなっちゃうわよ!少し表を散歩してきたら?」

キノコさんが問いかけても、

「もう少し涼しくなってからだ。涼しくなったら出かけてきますよっ!」

「暑い暑いって言ったってこれからずっと暑いんだからっ!いつ出かけるのよっ?」

「冬になってから…。」

身体の衰えは日増しに進行していますが、憎まれ口は日増しにエスカレートしています。

キノコさんにしてみれば、ほとんど一日中同じ空間にいて、憎まれ口を叩かれてばかりいれば確かにまともな精神力を維持するのは不可能なようです。

少しでも自分の自由な時間が欲しい、アルツ君と接している時間を少なくしたいというのはわからない話ではありません。

キノコさんも介護認定を受け、要介護にはならなかったものの、要支援2の人間です。

もともと心臓の具合が良くなく、不整脈持ちの人間です。

ただアルツ君のアルツハイマーの進行に伴って逆に元気になっているようにも思われます。

全く素人の発想かもしれませんが、手のかかる人間が出来たことでキノコさんは逆に元気になっている…。

本来的に備わっている母性みたいながものがよみがえって、ますますそれに磨きがかかっている…。

そんな風にヤッチは最近勝手に思っています。

以前テレビで老人ホームかなにかの施設にダメな警察犬だか盲導犬を送り込んだら、そこにいた年寄りがみんな元気になったというのを放送していました。

警察犬なり盲導犬としては役割を果たせない犬で人間側から見ると利用価値のない犬です。

そんなダメ犬を施設に連れて行ったら、年寄りたちが自分が介護されているのも忘れ、今度は自分たちがダメ犬の介護に回り、その年寄りたちがみんな元気になっていったという話です。

犬にしてみればはなはだ迷惑な話かもしれませんが、本来的に人間に備わっている「何か」が人間を元気にさせるのかも…!?

ちょっとそれてしまいましたが、そんな二人のやり取りを聞いていて

「犬でも飼えば?そうすれば散歩連れてかなきゃなんないから、おのずと外に出かけるんじゃない?」

「自分の下の世話もできない人が犬の世話できるわけあるもんですかっ…!?」

あっさりこれはキノコさんに却下されました。

キノコさん大のペット嫌い。

(・・;)

アルツ畑も放置しているくらいだから、確かにペットを飼えばヤッチの仕事が増える危険性は高まります。

「犬ならそこにいるじゃないか?お前の目の前に。噛みつきババア犬!」

アルツ君ドヤ顔。キノコさん顔真っ赤。

ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

「お前たちがうるさいから俺は風呂に早く入って寝ちまおうっ!」

日は傾いてきていますが外では日曜日のせいか小さな子供の遊ぶ声が響き渡っています。

多分アルツ家のはす向かいに住んでいるまだ年中さんくらいのかわいい女の子の声です。

保育園にお父さんが毎朝その子とその子の弟を自転車に乗せて連れて行ってるみたいですが、アルツ君がその時間にちょうど外に出て行ったりすると

「〇〇〇〇さ〜ん!」と駆け寄ってきます。

普通小さな子は大人を見ると「おじさ〜ん」とか「おじいちゃ〜ん」とかいいますが、なぜかその子はアルツ君のことを苗字で呼びます。

女の子なので少しオマセさん…。

たぶんその子がお友達か誰かと家の前の道をかけっこかなにかをしているみたいです。

\(^o^)/

ちいさな子供の声は不思議と騒音にならないもんですね…。

(*^_^*)

キャッキャッキャッと飛び回っているようです。

そのうちアルツ家の前あたりで足音がピタリと止まりました。

ちいさな女の子がお友達に何かを話しているようです。

「あのね。ここは〇〇〇〇さんていうおじいちゃんのおうちなんだよ。でもね。〇〇〇〇さんいつも早く寝ちゃうからもう寝ちゃってるかも!?静かにしてあげましょっ!」

このちいさな女の子声はアルツ君の耳にも届いたようです。

「子供が鳴くから寝〜ましょっと!」
(翻訳)カエルが鳴くから帰ろっと!

………

何であの子がそんな情報持ってんだろう???

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 介護認定 要介護 要支援 アルツハイマー 老人ホーム  

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-36.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/11 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

レスラーになった職人

2011/07/22 (金)  カテゴリー: キノコさん
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はヤッチが夕方帰宅するとキノコさんがなにやらテンパった様子。

「なんかあったの?」

「いや〜!それがさあガス料金の支払い忘れちゃって…。」

「ガス止められるって?」

「いやあそうじゃないのよ〜。」

「じゃあなに?」

ときどき年寄りとの会話はテンポというか波長が合わず、ちょっとイライラするときが有ります。
(・.・;)

「おじいちゃん(アルツ君)にコンビニに支払いに行ってもらおうと思ったんだけど、払い込みの用紙が無いのよ〜。」

「それじゃあどっか探せば出てくるんじゃないの?」

「いやあそうじゃないのよ〜。」

「だから何っ?」

さっきよりあらい口調になってしまいました。
m(__)m

「払い込み用紙を持たせて支払いに行ってもらったんだけどその領収書がないのよ。」

歩くだけでもひと仕事なのにアルツ妻はけっこう無茶なことをします。

買い物に行くのだってせいぜい一品だけアルツ君に注文を出せればよい方です。
(いや!それももう無理かも!?)

それをガス代の支払いとは少し無謀すぎるような…。

「え〜!ずいぶんチャレンジャーだね!?行けるわけないじゃん!?」

「それが用紙をコンビニに持って行って出してハンコついてもらえばそれでおしまいだと思ったから…。」

キノコさんは簡単にそういいますが自分だってコンビニで公共料金の支払いをしたことが無いはず。

なんせ最近になってはじめてコンビニでトイレを貸してくれるのを知ったくらいですから…。

しかも借りた後にわざわざレジに並んで「おいくらですか?」

アルツ君もさすがですがキノコさんも負けてはいません。

「で?ガスのお金そのものは払ったのかな?」

「それが分からないのよ…。」

なんとも心細い返事です。
(-_-)

「お金も旦那さん(アルツ君)に持たせたんでしょ?」

「払い込み用紙とは別に袋に入れてちゃんと持たせたけど…。」

近くにいたアルツ君を立たせてボディチェックです。

「俺は凶器は持ってないぞ!悪役じゃないからなっ!」

多分自分がジャイアント馬場かアントニオ猪木にでもなったつもりなのでしょう。

アルツ君のカーゴパンツの横ポッケから袋に入ったお札と小銭が出てきました。

「これはお前!凶器じゃないからなっ!お金だぞ!わかるか!」

レスラー気取りの職人は無実を主張します。

キノコさんが持たせたお金かどうか確認するとキノコさんは「そうだ」とうなづきます。

ヤッチがレスラー気取りの職人をニュートラルコーナーに連れてゆき

「お金とは別に紙があったでしょ?ハガキみたいなやつ?」

「いやっ。だからこれはオ・カ・ネ!!凶器じゃないぞっ!」

「わかった!わかったから!ワン・ツー・スリー!ハガキみたいな紙はどこにやった?」

完全にヒール役と化してしまったアルツ君は両手を万歳しながら詰め寄られたヤッチに

「赤いのに入れてきた…。赤いのにっ!」

「赤いのに?『赤いの』って何?どこまで行ってきたの?」

少し思い出すのに時間がかかるようです…。

「家を出て角を右に曲がっただろ!?それから…確か真っ直ぐ歩いて行ったなあ〜。」

右に曲がるとコンビニとは真逆の方向です。

「右に曲がったらコンビニには行かないじゃん。どこに行ったか考えてみて?」

とにかく自分が数十分前にどこに行ったか覚えていないので無理かもしれません。
(ー_ー)!!

「そうだ!こんなマークが付いてた!」

アルツ君は近くにあった広告の裏にそのマークとやらをボールペンで書いて見せます。

????

そこに書かれたマークはまぎれもなく

』マーク!

\(◎o◎)/!

郵便ポストに入れて来たってか!?

ガス料金の払い込み用紙はどこに届くんですかねえ?

????

アルツハイマーってス・テ・キ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : アルツハイマー 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-48.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/22 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

6 頁  次のページ »


▲TOP