site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: docomoショップ の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

携帯が充電できない…

2011/12/07 (水)  カテゴリー: ヤッチ
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

先日携帯を充電中に誤ってコードを足で引っ掛けてしまい、ACアダプターを挿入するところがどうも壊れてしまったようです。

(つд⊂)エーン

ACアダプターのコネクター部分は昔使っていた携帯で試したら接続できるのでこれはやはり携帯本体の方のどこかが壊れてしまったようです…。

(-_-;)

充電しようにもグラグラな状態で手で抑えていないと抜け落ちてしまいます。

「俺に携帯持って寝ろってかあっ!?」

一人でブツブツ言いながら何回か試してみますがやはりダメ…。

(-_-;)

次の日になったら治ってるのではないかともう一度チャレンジしますが結果は同じです。

何だか初めて新車を買ってそれを自損事故で傷つけてしまったときにひょっとしたら次の日治っているのではないかと何度も傷の部分を確かめたときのことを思い出してしまいました。

たいして使う頻度が多いわけではないのですが、やはりないと不便…。

最初から無いものと有るものが使えないのとではモチベーションが違います。

携帯のバッテリーもそろそろタイムリミットです。

使うために持ち歩いているのにこんな時は『メール来るなよ~!』とか『電話掛かって来るなよ~!』と願ってしまうのは何なんでしょう…。

そんな時に限って姉から電話が…。

「もしもし。家電に掛けたんだけど誰も出ないからさあ…。」

「たまたまじゃない!?ちゃんといるよ。」

「あっそう!?パパは元気なの?ふん!?あっそう!?ママもいるのね!?ふん!?」

ブチッ!!…

まだなにも答えてないんですけど…。

(-_-;)

まあ不幸中の幸いとでもいうのでしょうか…。

姉の電話は手短で助かります。

ほとんど一方的ですが…。

(-_-;)

とりあえず携帯の充電だけは何とかしたいので手で抑えるのがダメならテープ留めしようと閃きました。

ところがあまりにグラグラな状態で子供の乳歯が抜け替わるような状態…。

片手で押さえながらコネクタのジョイント部分をテープで留めようと思うのですがどうにもグラグラしてちょっとの振動で外れてしまいます。

ちょっとテープで留めさえすれば何とか充電ランプは光るんですけどね~。

もう一本手が有れば何とかなりそうです…。

これは誰かの手を借りようと自分の部屋から茶の間に降りて行きます。

もう二択しかありません。

当然選ばれし人はキノコさんです。

「悪いんだけどさ。ちょっと手伝ってくれない?」

ヤッチがキノコさんに声をかけます。

「な~に?」

キノコさん台所でちょっと忙しそうにしています。

「携帯が壊れちゃってさ…。ちょっと俺が抑えてるからそこをテープでちょこっと留めてくんないかなあ?」

「私は今忙しいからそこにいる人に手伝ってもらったら?」

『そこにいる人』とは当然アルツ君です。

(。・´_`・。)エ-

「なんじゃ?」

アルツ君が反応します。

イチロー気取りのねずみ男見参!!



「いやさ…。悪いんだけど携帯のここのところをちょっとテープで留めてくれない?」

「そんな簡単なこともお前はできないのか?しようがないな~。」

「いや。やろうと思えばできないこともないんだけど、手伝ってもらった方が手っ取り早いからさ…。」

アルツ君に一応どこをテープ留めしたらいいかとか、どのくらいテープを使ったら良いかとかを説明します。

「要は留まってればいいんだろ!?」

他人の話にあまり耳を傾けないところは姉にクリソツです…。

(-_-;)

ヤッチは携帯とACアダプターを手で抑え、アルツ君にテープを渡します。

「ちょこっと留まってればいいんだからね。」

再度念を押します。

「わかっ~てるよ!!グルグルってやればいいんだろ!?」

なにか不吉な予感が…。






「あの…。すいません…。留めるとこ違うんですけど…。」



これダメでしょ!?

そこ留めてどうする~!?


意味ないでしょ!?…。

結局充電はあきらめ、夕方遅くにdocomoショップに行ってきました。

交換修理ということで5,000円くらいかかるそうです…。

ポイントが残っていたのでポイントで支払うことにしますが、1週間から10日かかるそうです。

代替の端末を借り受けてきました。

それにしても

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追記】
携帯を修理に出し無事治って戻って来ました。

ショップの店員さんによると携帯を充電するアダプター部分はかなりデリケートな部分らしく、アンテナ端子などもあの小さな開口部に含まれているらしいです。

乱暴にコネクターを抜き差ししていると損傷し、小さなピン1個がダメージを受けただけでも充電できなくなることもあるそうです。

キータッチの次に使用頻度が多い箇所なのでこれからは、充電時にも抜き差しは丁寧にやらないといけませんね…。

(-_-;)



ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 携帯 ACアダプター コネクター 充電 バッテリー docomoショップ アイタッチグローブ iPhone用手袋 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-187.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/07 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

認知症の作法

2011/12/12 (月)  カテゴリー: 診察
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日はアルツ君の診察の日なのですが、あいにくキノコさんも整形外科の診察の予約を同じ日に入れているのでアルツ君をキノコさんが連れて行くというわけには行きません。

ということは…

当然…

ハイ〜!!

ヤッチです…。

(。・´_`・。)エ-

キノコさんも数年前に腰の骨を圧迫骨折していてそれ以来定期的に整形外科で診察を受けています。

最近はずいぶん背骨も曲がって身長も縮んできています。

(-_-;)

アルツ君だけでいっぱいいっぱいなのにキノコさんまでも…と考えると…???

まあ今はキノコさんは元気なのであまり考えないことにしましょう。

(^^)/

なわけで今日はアルツ君の診察は午後からなのでキノコさんも家に居る午前中にdocomoショップに行ってきました。

先日修理に出しておいた携帯が治ったというので携帯を受け取りにです。

修理費総額4,900円+消費税。

でもポイントが残っていたので0円でした。

高いのか安いのか微妙なところですが、中の基盤を交換してもらった上に外装も交換してもらいました。

\(^o^)/

修理に出した当初はショップの店員さんが充電端子の交換だけで済まなくて、基盤まで損傷しているような場合は修理をせずに一旦端末をヤッチの手元に返却して改めて修理の見積もりを出すと言っていました。

もし基盤を交換するとなると数万円覚悟と言われていたのでやはりこれはラッキーだったのでしょうか。

しかも外装まで交換されて戻ってきたので新品と何ら変わりが有りません。

逆にスマホに買い換えようと思っていたのに、スマホ購入への道はまた遠のきました。

しばらくはこのガラケーで我慢することにします…。

さて余談はともかく午後からアルツ君と主治医のところに診察です。

早めのお昼を食べていざ出陣と言ったところでしょうか。

今日のお昼はかき揚げそばです。

そばの上にかき揚げをのせて食べるべきか、のせないで別皿で食すのかが悩みどころですが、今日はそばの上にのせて食べることに。

気になったのはアルツ君のそばの食べ方…。

というよりそばの汁の飲み方かな!?

最初はそばの重みでどんぶりも重いのでテーブルの上にどんぶりを置いてそばをすすり、そばが少なくなってくると、どんぶりを手に持ちかえて口に運び、そばの汁を飲むというのがまあ普通の男性の食べ方。

最初から片手でどんぶりを持ってそばをすする派も多いと思います。

女性はどんぶりを両手で持ったり、レンゲを使うなんていう人もいらっしゃると思います。

アルツ君の最近の食べ方は終始テーブルの上に置いたまま…。

そばの汁を飲むときはテーブルの上でどんぶりを傾けて飲みます。

常にどんぶりがテーブルに接触した状態です。

テーブルにチューをする格好で体が前傾するのであまりかっこいい食べ方には見えません。

(-_-;)

そこでアルツ君に何でそんな食べ方をするか聞いてみました。

「どんぶりが重いのか?」

「別に…。」

「じゃあなんで?」

「別に…。」

「前はそんな食べ方しなかったよな?」

「別に…。」

この沢尻エリカばりの返答はちょっとカチンとくる人もいるかもしれませんが、アルツ君の口癖でアルツ君の方が元祖かもしれません。

「その飲み方だと飲みにくいでしょ?」

「別に…。普通だぞ!?」

「いやあ…。前はそんな風なそばの食べ方をしてなかったよ。」

「そんな昔のことまで覚えてちゃ疲れるぞ!?」

確かにおっしゃるとおり…。

(-_-;)

「どんぶり持って汁を飲んでごらんよ?」

「お前ね。簡単に言うけどどんぶり持ったらヤケドするぞ。」

「ちょっとやってごらんよ。」

「めんどくさいな〜。あっちッ!!熱いよお前〜。」

しっかりどんぶりの腹を両手で抱えちゃってます。

普通の持ち方  
そう普通ならどんぶりの上の淵と下の淵を熱い部分に触らないように持ちますよね。


アルツ君の持ち方  
でもアルツ君熱い部分に手のひらを押し付けてしまっています。

しかも両手…。

軍手をして飲むならまだしも素手で飲むとなったら熱くないわけが有りません。

(-_-;)

「それじゃあ。熱いよ。熱くないところを探して上手に持たなくちゃ。」

アルツ君に実際に見本をみせて講義しますが、どうしても上手く持てません。

(´゚д゚`)アチャー

どうやら教えているうちに自分の手が自分の手でなくなってしまうような感覚になるようです。

普通に箸は持てるのですが、どうもこのどんぶりの持ち方が欠落してしまっているようです。

これってやはりかなり認知症が進んでいるのでしょうか…。

「そんな風に持たなくたって食えるんだから心配ないぞ!?死ぬわけじゃないし…。」

どこまでも前のめり…失礼m(__)m

前向きなやつです…。

(^^ゞ

確かに食えればいいんです…。



しっかり『かき揚げ』を『ゴミの固まり』と言いながらも完食したアルツ君。

少し休憩したところで主治医のクリニックの予約時間が近づいてきました。

キノコさんは一足早く家を出ているのでアルツ君と二人で徒歩で出かけます。

「ガラガラは持って行かなくていいのか?」

水を汲みに行く気満々です。

「今日はスーパーに行くんじゃないよ。診察だよ。病院。」

「誰の診察?」

「旦那さんのだよ。」

「俺はどこも悪くないぞ!?」

「いやその口が悪い!!」

「それじゃあ。お前も診察だ!!」

どこまでもくらいついてきます…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

歩くと以前もお話ししましたが、自分では真っ直ぐ歩いているつもりなのに徐々にひだりひだりへと身体が流れて行ってしまいます。

「ほら。身体が斜めってるぞ。横歩きした方がいいんじゃないのか?」

「前世はカニだからな。」

「ほら。腰が曲がって前のめりになってるぞ。もっと胸張って歩いた方がいいんじゃないのか?」

「前世はエビだからな。」

「もう少しゆっくり歩いていいからひざを高く上げて歩いてみなよ。」

急に変な歩き方になっちゃいました…。

(゚∀゚ ;)タラー

「それはひじ!!あげるのはひざ!!」

「そんな難しいこと言うなよ…。」

「歩き方まで講義するとは思わなかったよな…。左足がどうしても引きずるから頭ん中で高く上げるイメージしてみな?」

「イメージって何だ?」

「頭の中にものを思い浮かべるの!!」

「ボタモチか!?」

「違うよ!!頭の中でひざが高く上がってるって思い浮かべるんだよ。」

「ボタモチ以外は無理だな…。」

「左足をキモ〜チ高く上げればズコズコ引きずらないはずだよ。」

「そんなこと言ったって若いから左足が伸びてんだよ〜。仕方ないさ〜。」

「片足だけ伸びるわけないだろ!?しかも若くないし…。」

何度かゆっくり歩いて左足を高く上げる練習をしましたがやっぱり無理なようです。

「やっぱり引きずるね!?靴が左ばかり減ってるもんな…。」

「そんなこと言ったって仕方ないだろ!?歳とって右足がすり減ってるんだから…。」

口だけはいくつになってもすり減りません…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

すこしのんびり歩いたせいかクリニックには予約時間をすこしオーバーしてしまいました。

それでも受付のお姉さんはアルツ君を笑顔で迎えてくれます。

「こんにちは〜。今日は診察ですか〜?」

受付のお姉さんはまだ若いので声に張りが有ります。

アルツ君若い御嬢さんとお話しするのが大好き。

(*^_^*)

「うん。今日はさ〜。左足が長すぎるから先生に少し切ってもらおうと思って!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 認知症 診察 そば どんぶり ボタモチ 沢尻エリカ docomoショップ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-192.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/12 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP