site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: NHK の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

治るタイプの認知症~特発性正常圧水頭症と慢性硬膜下血腫

2012/02/22 (水)  カテゴリー: 認知症の症状
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

きょうも観てしまいました。

NHKの「ためしてガッテン」…。

毎回のことながら、コマーシャルが無いのにもかかわらず、中々先へ進まないストレスの増す番組です。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

新聞のテレビ欄には、「笑顔が戻った! 認知症 治るタイプ大発見SP」と銘打って特集をやっていました。

二部構成で、治るタイプの認知症の答えはズバリ「特発性正常圧水頭症(とくはつせいせいじょうあつすいとうしょう)」と「慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)」でした。

NHKの解説では、認知症の患者数が208万人。

このうち、アルツハイマー型認知症の患者数が約半分。

残る30万人がこの「特発性正常圧水頭症」で、患者さんの脳のMRIでは、脳室が正常な人にくらべて大きく膨らんでいるのが特徴。

年間1,200人しか治療を受けていないのが現状だそうな…。

特発性正常圧水頭症は脳脊髄液の増加が原因で起きる病気で、手術によって、余計になった脳脊髄液を抜き取ることで、症状が大きく改善されるそうです。

実際の手術では身体の中にチューブを通して、脳脊髄液を腹腔に吸収させるものらしいですが、聞いただけでも、ヤッチとしては、握力が少し弱くなってくる気がします。

(-_-;)

また「特発性」とは、「原因がわからないという意味らしく、「突発性」というのは間違い(?)らしいです。

その主な症状は、
  • 歩行障害(歩く速度が遅いなど)
  • 認知障害
  • 尿失禁

番組では、患者さんの背中から注射針のようなもので、脳脊髄液を抜き取り、手術可能かどうかを確かめるシーンを映していましたが、抜き取るのをちょっとやっただけで、歩行障害が改善され、翌日には検査前の2倍の速度で患者さんが歩いていました。

この番組、いつもは早寝のアルツ君がたまたま起きていて、キノコさんと一緒に観ていました。

当然アルツ君に認知症の自覚はありません。

(^^ゞ

最初はまったく他人事の面持ちでこれを観ていたのですが、どうも症状がアルツ君の症状に当てはまってしまいます…。

多少は、自覚が有るのか、だんだんと真剣な顔つきに…。

(●`w´●)ニァ・・

アルツ君がぼそりとつぶやきます。

「おい!!ばあさん!!うちにストローは有るか?」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

本日はこれだけにとどまりません。

次にやっていた「慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)」。

カモイに軽く頭をぶつけたり、タクシーから降りるときに、ドア周りに頭をぶつけたりと、ホントに軽く頭をぶつけただけで、頭蓋骨の内側に血液と脳脊髄液のかたまりができてしまうというもの。

特発性正常圧水頭症は脳室が膨らんだりしていましたが、慢性硬膜下血腫の場合は脳室が小さくなるなどの変形が見られるようになります。

脳が圧迫を受け、最初は、自宅のトイレの場所がわからない程度の物忘れだったものが、やがては周囲の呼びかけにも反応できないほどの症状が出たりします。

なんでも、高齢になると脳が委縮するため、外側にある硬膜とくも膜がゆるゆるになってくるので、軽い刺激が食わっただけで、血腫ができてしまうようです。

これも手術で血液と脳脊髄液のかたまりを除去すれば治るというものでした。

厄介なのは認知症と判別がつきにくいことと、ぶつけてすぐには、CTなどの画像診断では異常が見つからないこと。

そして、ぶつけたことを覚えていないことが有るので発見が遅れるようです。

1ヶ月とか2ヶ月経って急に症状が悪化するので、早目に診察しましょうと番組では呼びかけていました。

こやつの主な症状は、

  • 頭痛
  • 認知障害
  • 手足の麻痺
  • 吐き気

があり、症状には個人差があるようです。

アルツ君、度重なる転倒でしょっちゅう頭をすりむいています。

さすがに、転倒したときのことやその前後の記憶は有りませんが、転倒したことについては自覚はあるようです。

(●`w´●)ニァ・・

それに…。

姉がアルツ君のところへ様子伺いに来てくれる時は、あいさつ代わりによくおでこを軽くピシャリとやられています…。

(●`w´●)ニァ・・

ヤッチがアルツ君にぼそりとつぶやきます。

(●`w´●)ニァ・・

「この間、転んでおでこをすりむいてたよなぁ…。それによく、御嬢さん(姉のこと)が来た時に、『〇〇ちゃ~ん(アルツ君のこと)!!元気っ?』って頭を叩かれてるよな!?」

(●`w´●)ニァ・・

「おい!!ばあさん!!あいつに『今度の休みの日はボタモチいらない』って電話しとけっ!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

意外に洒落にならないかも…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

[関連記事]:アルツハイマー型認知症以外のもの忘れの病気


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : NHK ためしてガッテン 治るタイプの認知症 特発性正常圧水頭症 慢性硬膜下血腫 脳脊髄液 脳室 ボタモチ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-253.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/02/22 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

抑肝散(よくかんさん)に再チャレンジ!!

2012/02/24 (金)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

先日、抑肝散(よくかんさん)を飲んでもらったら、夜中に大頻尿大会になってしまったアルツ君。

(関連記事:抑肝散(よくかんさん)が頻尿の原因!?)

yokukakusan.jpg


この薬、本来は頻尿を治す方に作用する漢方薬なのですが、先日は尿失禁と頻尿のダブルパンチ。

はたして、本当に、この薬が原因なのか、もう一度試してみることにしました。

(^_^;)

就寝前に抑肝散を2.5g飲んでもらい、わざわざこの日のために、いつも夕食後に飲んでもらっている血圧の薬など、他の薬は何も飲まないという周到さです。

もちろん、便秘薬もフェルガードも朝からストップしてもらいました。

これで、大頻尿大会になるのなら、やはりこの薬を疑うしかありません。

果たして、今夜はどうなることやら…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ちなみに明日(2012/02/25)の午後7時30分からNHKの「夜なのにあさイチ」という番組で抑肝散や他の漢方薬についての特集が有るようです。

[追記]
その後、もう一度、抑肝散をアルツ君に飲んでもらったところ、変な症状は出ませんでした。
訂正の記事を掲載しましたので、ご参照ください。
記事:抑肝散に再チャレンジの結果



ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 抑肝散 頻尿 便秘薬 フェルガード 夜なのにあさイチ NHK 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-254.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/02/24 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP