site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 越前クラゲ の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

整いました!!

2011/11/08 (火)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日の晩のことなんですが…。

いつもはヤッチが寝る前に一度は必ずアルツ君を起こして紙パンツを取り替えます。

調子が良い時と悪い時が有って調子が悪い時はどうも本人に排尿感が無いらしく、パンツがビッショリ…。

そもそもどんな時が調子が良い時なのかと聞かれるとこれはアルツ君だけしかわかりません…。

(-_-;)

昨日もパンツを取り替えにアルツ君の寝室に…。

「ちょっと起きて。」

キノコさんが真横で寝ているのでヒソヒソ声でアルツ君に声をかけます。

「あんっ!!」

近所に響き渡るかのような大きな鼻声で返事が返ってきてしまいました。

\(◎o◎)/!

「起きてるならそんなデカい声出すなよ!!」

「出してないよん!!」

またまた大声です。

\(◎o◎)/!

「そんな大声でしゃべるなよ!!」

「俺のは地声が大きんだからしようがないだろっ!」

「それを大声って言うんだよ。奥さんも起きちゃうだろ!?」

「ばあさんかっ!?このばあさんは象が踏んだって起きやしないぞ。」

昔流行った筆箱の宣伝みたいなことを言います。

キノコさんが寝返りを打ちます。

どうやら年下の男の子とローマの休日を過ごしているようです…。

「そんなことよりパンツを取り替えよう。」

「えっ?パンツ!?」

「シィ―――――!!」

「なんでパンツなんて取り替えなきゃならないんだ?」

「なんでって死んだヒイじいさんの遺言だよ。」

「お前ヒイじいさんなんて知ってるのか?」

「知らないけど写真なら見たことあるかも…。」

「俺だってじいさんの顔は覚えていないぞ。」

「そりゃあそうだろう。息子の名前だって覚えてないんだから…。」

「……。」

「どうでもいいからゆっくり立って。一人で立てるかい。」

「三人では立たないぞ。」

寝起きとは思えない反応…。

認知症とは思えないクイックレスポンス…。

とりあえず立ってもらったので紙パンツを交換します。

ひどい時は巨大な越前クラゲと化す紙パンツですが今日は軽い感じ。

「おっ!やるねえ~。ほとんど出てないじゃん!」

「そんなにお前俺の小便が欲しいのか?やろか?」

「いらないよっ!」

アルツ君が自分のブツをヤッチの顔面に近づけようとしたので思わず大声を出してしまいました。

(-_-;)

大丈夫です。

キノコさんはまだトレビの泉でコインを投げています…。

まだ行けそうな感はありましたが、保険をかけて新品に交換します。

せっかく紙パンツに交換し、寝巻を履かせ終わったところなのに

「おい。ちょっとトイレに行きたくなっちゃた。」

「えー!?じゃあ早く行ってきなよ。」

今のところ世話をしないでも自分で始末できるようです。

おしっこにしては長い…???

仕方なくヤッチはトイレに様子伺いに…。

「大丈夫かい?」

「大丈夫って言われれば大丈夫だけど、動いちゃダメなんだな~。」

????

意味不明の言葉です。

「開けてもいいかい?」

「開けてもいいけどびっくりするなよ!」

????

またしても意味不明…。

トイレの戸を恐る恐る開けます。

\(◎o◎)/!

\(◎o◎)/!

\(◎o◎)/!

せっかく…。

せっかく交換したばかりの紙パンツに大量の子猫ちゃんです…。

以前にも同じような経験をしたような…。

(-_-;)

とりあえず思いっきり足口を開いてアルツ君の足をそーっと抜きパンツを脱がせます。

後はおたま競争のようにパンツを平行移動させ安全地帯まで持って行きます。

「検便取らなきゃいけないから大の時は言えよって言っただろう。」

「そんなこと言ったって言う暇なかったんだからしようがないだろう…。」

責めても仕方ないので後始末をしてアルツ君を風呂場に連れて行きます。

検便のためのブツは不幸中の幸いというにはきついものが有りますが紙パンツに確保することが出来ました。

┐(´~`;)┌フー

「こんなに朝早くから風呂に入るのか?」

「まだ夜だよ。それに風呂には入らないよ。」

「そっか…。」

またしても入る気満々。

シャワーでお尻を流し、一応本人の希望もあるので浴槽の中の温度を確かめます。

「まだ温かいから風呂に入ってもいいよ。」

「そっかっ!!」

満面の笑みです。

どうやらキノコさんもローマから帰って来てしまいました。

「なに?どうかしたの?」

「検便の材料が出来たんだよ…。」

「やだぁ~。」

「『やだぁ~』はこっちのセリフだよ…。」

キノコさんと会話している間に温まったのかアルツ君がお風呂から出てきました。

キノコさんが声をかけます。

「またお風呂に入ってるの?今日は二回目よ~。」

「はいはい!整いました~!!」

( ≧▽≦)b Good Job!

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 8 件
ツイートする

キーワード検索 : 紙パンツ 認知症 越前クラゲ トイレ 子猫ちゃん 風呂 検便  

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-158.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/11/08 | コメント (8) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

TPP

2011/11/11 (金)  カテゴリー: お風呂
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

ついに野田首相TPP交渉に参加表明をしちゃいましたね~。

いったいこの先どうなることやら…。

ニュースでも連日この話題ばかり。

否が応でも耳に入ってきます…。

アルツ君は今日はデイサービス。

ちなみにポッキー&プリッツの日でもあります。

アルツ君が帰って来た後の夕方の番組でもどのチャンネルもこの話題ばかりです。

ポッキー&プリッツの日の話題ではありませんよ。

「なんだよ~。チャンバラやってないのかあ?TPP、TPPって…。日本は昔から『鎖国』と決まってるんだぞ。」

アルツ君がテレビを観ながらブツブツ言っています。

いったいいつの時代の話をしてるんでしょう…。

ヤッチがアルツ君に聞きます。

「TPPって何の事だかわかるのか?」

ヤッチは今一つ理解していません。

(^^ゞ

「わかるさよ~!お前知らないのか?」

完璧なドヤ顔の物言いです。

「へー。そんな事よく知ってるね。何だか教えてくれよ?」

「仕方ない…。教えてやるよ。英語だよ。英語。A、B、C、D…。」

「あー。もうわかった!すごい!すごい!」

やはり聞く相手を間違っていたようです。(TPPの事ならここがわかりやすいかな!?)

「そんなTPPやらPPPだかより今日は寒いからお風呂入らなきゃダメだぞ。」

「えっ?今日はデイサービスで入ってきたんじゃないの?」

「入ってくるわけないよ。入らないと死んじゃうぞ。」

最近この『風呂に入っていない』がパターン化してきています。

アルツ君には悪いですがちょいと信用できないのでさっそくヤッチは連絡ノートを見ます。

「なんだよ。やっぱり入ってるじゃん。丸っこい文字で書いてあるから可愛い女の子が入れてくれたんじゃないのかい?」

「入ってないよ。可愛い女の子なんてデイサービスにはいないぞ。じいさんばあさんばっかりだぞ。」

「そのうちの一名だろ?」

「いや。違う!俺はじいさんじゃないぞ。」

「じいさんじゃなければ何なんだよ?」

「御隠居さん!」

「水戸黄門のみすぎだろっ!」

「じゃあ。クソジジイに負けといてやる。」

「あー。それならピッタシだ。よく漏らすもんな?」

「漏らすは失礼だろ!?勝手に出ると言ってくれ。」

「どっちでも同じことだろ。でどうしても入りたいのか?」

「お前ねえ…。俺に風呂に入るなというのは死ねと同じだぞ。」

「わかったよ~。どっちにしても着替えなきゃならないから入るか!?」

「はい。はい。コッコ―コッコー。」

お風呂にお湯を入れている間デイサービスの連絡帳を眺めます。

今日は昼食は残さず食べているようです…。

帰り際に小失禁したようです…。

寒くなってきたからこれからは失禁も増えるのかな!?

今月は紙パンツの注文を増やして正解だったかもしれません…。

……。

「もうお風呂いいんじゃないのか?」

アルツ君の一言でふと我に返りました。

「おー。危ない。危ない。洪水になるところだった…。」

「勘弁してくれよな~。」

何だか今日は立場がちょいちょい逆転します。

(-_-;)

「じゃあ。入るか!トイレは行かなくても大丈夫かい?」

「大丈夫。大丈夫。」

アルツ君が『大丈夫』を連発するときは『大丈夫じゃない』時の方が多いんですが…。

(;一_一)

上着を脱がし、ズボンも剥ぎ取り、紙パンツ一丁にし、最後の一丁に手をかけます。

何だかナイスな越前クラゲを作成しっちゃってます…。

(-_-;)

デイサービスで替えてもらったばかりだというのに…。

「ずいぶん膨らませたな~。紙パンツバレーでもやるか?」

「やだいっ!」

「おしっこが顔にかかった方が負け…。」

「やだいっ!」

けっこう紙パンツがブヨンブヨンなのでゆっくり脱がします。

「ずいぶん濡れっちゃってるな~。まだ出し立てだろ?」

「そうか?じゃあTPPだ…。」

わけのわからない事をときどき言うので聞き返します。

「何それ?」

「ちょっとパンツがピッチャピッチャ~!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 ピッチャピッチャ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : TPP ポッキー&プリッツの日 風呂 紙パンツ 越前クラゲ デイサービス  

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-161.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/11/11 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP