site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
3   次のページ »

アルツ君、またもや救急搬送!!

2013/08/29 (木)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
救急入口

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

久しぶりの更新が標題の通りとなってしまいました。

(-_-;)

きのう(8月28日)の朝の9時過ぎに、姉から電話が掛かってきました。

姉:「さっき、パパの居る特養の生活相談員さんから電話があってさ…。パパが『調子悪い』って言うから、施設で熱を計ったんだって。」

ヤッチ:「あ…。」

姉:「そしたら、相談員さんが、『お父様、お熱が有るようなので、近くのS病院に連れて行きます。』って、連絡が有ったのよ~。」

ヤッチ:「俺が昨日面会に行った時は、ピンピンしてたんだけどなぁ…。風邪でもひいたのか?」

姉:「わからないけど、一応そんな具合だから、また施設から連絡でも有ったら、あんたにも連絡するわ。じゃーね!!」

正午頃になって、再びヤッチの電話が鳴ります。

姉からです。

姉:「今、相談員さんから、電話が有ってさ…。パパなんだけど、連れて行ったS病院で、血を吐いちゃったらしいのよ。」

ヤッチ:「それで?」

姉:「そこの病院では検査の設備がないから、検査ができる病院を探して、救急搬送するって言ってるのよ。」

ヤッチ:「で?」

姉:「病院側か、特養側が言ってるのかは、わからないけど、『至急、S病院に来て欲しい。』って…。悪いけど、あんた行ってくれない?」

ヤッチ:「わかった!!なんか必要なものは?」

姉:「特に聞いてないけど、とにかく急いで行ってみて!!」

ヤッチは自転車に乗り、S病院へと…。

距離がありましたが、東京の残暑も少し和らいで、助かりました。

結構なスピードで自転車を走らせることができます。

S病院に到着すると、処置室で仰向けに寝かされているアルツ君の姿が…。

点滴を受け、鼻にも管が刺さっています。

特養の看護師さんが、ヤッチを出迎えてくれました。

特養の看護師さん:「お父様なんですけど、かなり高熱でして…。それに、こちらに来てから、嘔吐されまして…。その時に一緒に血も…。」

見れば、アルツ君の鼻に刺さっている管の所々が血痕でしょうか、黒くなっています。

特養の看護師さん:「意識は有るので、しゃべられても大丈夫ですよ。」

ヤッチ:「ありがとうございます。お手数をかけて、申し訳ありません。」

ヤッチはアルツ君に話し掛けます。

すいません…。

(-_-;)

ヤッチも人の子…。

(-_-;)

何と言って、アルツ君に話し掛けたか記憶がありません…。

(-_-;)

何か会話を交えたのは確かですが、全く思い出せません。

(-_-;)

しばらくして、S病院の医師からの説明が入ります。

S病院の医師:「出血の箇所を特定したいのですが、こちらには胃カメラや内視鏡の十分な設備がありません。今、検査を受け入れてくれる病院を探しています。受け入れ先が決まり次第、そちらに救急搬送させていただきたいと思います。息子さんに、付き添いで救急車に乗っていただきたいのですが…。」

ヤッチ、よっぽど、余裕が無かったんでしょうね…。

いつもなら、『運転はやだよ。』とか、『先生も一緒に行く?』と申し上げるところですが、ひねりの無い『はい。』という返事だけ…。

(-_-;)

すぐに受け入れ先が決まり、救急搬送となりました。

地元では、比較的有名な救急指定のOG病院です。

余談ですが、ヤッチの友人のNのお父上もこの病院に救急搬送された経緯があります。

後々、詳しく記事にさせていただきたいと思いますが、アルツ君、搬送先での入院になりました。

(-_-;)

OG病院で、アルツ君、検査のため、なかなか病室に戻って来ませんでしたが、夕方遅くになって、担当して下さった医師からの説明がありました。

アルツ君も病室に戻って来ました。

もう外は真っ暗です。

(-_-;)

医師の説明では…。

(-_-;)

やはり、恐れていた誤嚥性肺炎…。

(-_-;)

そして、逆流性食道炎…。

(-_-;)

一時、四十度近くまで上がったアルツ君の熱は誤嚥性肺炎によるもの…。

吐血は、逆流性食道炎によるものとの事です。

(-_-;)

アルツ君、今はOG病院で、ナースステーションから見える位置の個室で、安静にしています。

意識も有り、救急搬送される前のS病院にいる時よりは会話もたくさんできるようになりました。

ヤッチも自宅に戻って来ています。

詳しいことは後日ということで、今日はこの辺でご容赦下さい。

乱文もご容赦…。

m(__)m


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 救急搬送 吐血 高熱 誤嚥性肺炎 逆流性食道炎 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-420.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/08/29 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アルツ君の入院初日(救急搬送された日)

2013/09/01 (日)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

前記事でも、書かせていただいたように、8月28日の水曜日に救急搬送されたアルツ君ですが、詳しく書かせていただいていなかったので、この記事で少し詳しく書かせていただきます。

入院後の様子も書いていないので、これもあわせて書かせていただきたいと思います。

関連記事:

前記事と重複する箇所も多数あると思いますが、どうかご了承ください。

8月28日の水曜日の朝、アルツ君は入所している特養で、朝食後に不調を訴えたようです。

当然、ヤッチはその場にいませんから、以下は施設の看護師さんから聞いた話になりますが、多分、時刻にすると朝の7時半とか、8時頃の話しだと思います。

施設の看護師さんがアルツ君の体温を計ったところ、38.9度…。

半身浴にはなかなかグッドな温度ですが、人間の体温にすると、かなりの高熱です。

アルツ君が『気持ちわるい。』、『吐きたい』といったので、何度か看護師さんが嘔吐させようと試みたようです。

しかし、施設では吐くことができず、スッキリできなかったようです。

普段、施設の利用者(入所者)さんの体調が悪くなったりすると、その方達を連れていくかかり付けの病院が有るので、アルツ君も施設の車で、そこに連れていくことにしたそうです。

この病院が救急搬送される前のS病院で、一応入院設備もある立派な病院です。

付き添って下さったのは、施設の生活相談員さんと施設の看護師さんだったようです。

そして、S病院の寝かされたベッドの上で、アルツ君、とうとう吐いてしまったようです。

『なんじゃーこりゃー!!』とアルツ君が言ったかどうかは定かではありませんが、そこで吐しゃ物と一緒に大量の血を吐いたそうな…。

やはり、血を吐けば誰でもあわてますわな~。

そこで、担当の先生が即座に検査のできる大きな病院に救急搬送することを考えて下さったようです。

救急搬送の際、付添うのは家族でなくては駄目だったのかどうかはわかりませんが、いち早くS病院に駆けつけられるのがヤッチだったため、ヤッチがS病院に呼ばれます。

ここまでは、前記事に書かせてもらった通りです。

前記事では、ここでの会話の内容を記憶していないと書かせていただきましたが、一つだけ記憶していることがありました。

(^^ゞ

S病院のベッドに仰向けで寝ているアルツ君の横にひざまずくような恰好をしたときに、かすかに漂う懐かしい香りが…。

近くに本屋さんは有りません。

明らかに、香りの主はアルツ君です。

生活相談員さんにヤッチはたずねます。

ヤッチ:「リハパンの予備って持って来てます?」

生活相談員さん:「いやー。急いでお連れしたので、余裕がありませんでした。」

仮に、持って来ているとしても、アルツ君のリハパンを交換できるような状況ではないのに、何でこんなことを言ったんでしょうかね~~????

(; ̄ー ̄川 アセアセ

そうこうしているうちに救急車が到着です。

救急救命士の方の一人がたずねます。

救急救命士さん:「ご家族の方はいらっしゃいますか?」

ヤッチ:「はい。私です。」

救急救命士さん:「(アルツ君が)どんな状況ご説明願えますか?」

ヤッチ:「すいません。父は施設に入所していて、施設の方がここに連れて来て下さったので、私は詳しいことがわからないんですよ。」

施設の看護師さんが、代わって答えて下さいます。

今まで書いたことの繰り返しの話です。

施設の看護師さん:「熱は施設では38.9度。一番高い時は39.1度まで行って、その後計ったときは、少し下がって、38.1度です。」

救急救命士さん:「その一番高かった時と言うのは何時頃ですか?」

施設の看護師さん:「10時です。」

他にも問答がいくつかありましたが、さしたるものではなかったと思うので、省略させていただきます。

アルツ君と一緒に救急車に乗り込む直前に、ヤッチはアルツ君の認知症の症状が進行していることを救急救命士さんに伝えます。

救急救命士さん:「わかりました。後でお父様ご本人にご自身のお名前を訊くことがあるかもしれません。」

救急救命士さんがヤッチにアイコンタクトを送って来ます。

おそらく認知能力を試すのに利用するのでしょう…。

アルツ君がストレッチャーで救急車に運ばれます。

ヤッチが後から乗り込み、救急救命士さんにシートベルトをするよう促されます。

搬送先が決まっているせいか、後ろのドアが閉まると、救急車はすぐに走り出します。

ヤッチ、救急車の中で盗撮を試みます。

(●`w´●)ニァ・・

しかし、救急車がことのほか揺れるので、ベストショットを得られません。

(-_-;)

救急車の中
救急車の中


揺られること10分ちょっとでしょうか…。

受け入れ先のOG病院に到着です。

アルツ君のいる特養からは、自動車で20~30分程度のロケーションの救急指定の病院です。

救急の入り口からすぐに処置室のようなところにアルツ君は運ばれ、ヤッチは処置室の外で待つように言われます。

病院の医療事務のお姉さんがヤッチのところに現れ、いろいろと書類を書くように言われます。

施設で『健康保険証』や『おくすり手帳』を預かってきていたので、それも手渡します。

その後も入れ代わり立ち代り、検査技師さんや医師が現われ、書類を持ってきます。

血液検査にあたって、ウィルス感染していないかの同意書、内視鏡検査をしている時にポリープが見つかった場合に切除しても良いのかの同意書、胸部CTの際にアレルギーが無いか等、アルツ君を待っている間にたくさんの書類を書かなくてはならなくてはならないハメに…。

書類に記入していると、最初に処置をして下さった医師が現われます。

医師:「お父様なんですが…。」

ヤッチ:「はい。」

医師:「こちらに救急でいらした時には、すこしぼんやりされていましたが、今は意識もハッキリしてらっしゃいます。」

ヤッチ:「あ、そうですか。」

医師:「まだ、血液検査などの結果が出ていませんが、おそらく炎症反応が有ると思います。多分、しばらくはこちらで入院していただくことになると思います。」

ヤッチ:「それは覚悟の上ですが!?」

医師:「ただ、このことを話したら、とても嫌がっているご様子でして…。『入院するのかよ…。』とおっしゃっています。」

ヤッチ:「あーあ。それなら適当なことを言って、ぶち込んでしまって下さい。方便使って結構ですので、『ちょっとここでお休みしてから帰りましょ?』ぐらいのことをおっしゃっていただけば、落ち着くと思います。」

医師:「わかりました。では、その方向で…。」

この時、ヤッチは何でアルツ君が血を吐いたのかということを知らされていません。

そのことを教えに来て下さったのかと思ったのに、ちょっと拍子抜けです。

(-_-;)

たぶん検査結果が出ないと、ヘタなことを言えないんでしょうね…。

ただこの医師が、『お父様の鼻に通された管のところどころ黒くなっているのは、血液が酸化しているからで、ちょうど使い捨てカイロの酸化鉄を想像してもらえば良いと思います。』などと、わけのわからない説明をして行ったことだけは、よく覚えています。

この後も、いろいろな書類を書かされ、書き終わっても、なかなかご対面と言うわけにはいかない状況…。

これらの書類の中で、ちょっと困ったのは、入院に際し、個室にするか、大部屋にするかの選択です。

大部屋は多分4人部屋だと思いますが、バス、トイレ、洗面所は部屋には有りません。

お風呂は度外視して良い話ですが、特養では個室に居るアルツ君です。

少し、元気になって、自分で歩けるようになってきた時のことを考えると、トイレが近くにないと不安です。

それに、大部屋では他の入院患者さんの迷惑になることは必至です。

やはり、差額のベッド代を払っても個室にしてもらう必要が出てきます。

で、個室はというと?

ランクがA、B、Cと3ランク有ります。

Aランクは室料が一日あたり31,500円。

バス、トイレ、洗面所完備です。

つづいてのBランクは、バスが無くて、トイレ、洗面所付きの一日あたり21,000円の部屋…。

Cランクは、洗面所のみの10,500円の部屋です。

Cランクの部屋が洗面所ではなく、トイレ付きと言うのであれば、これに即決なのですが、そういう部屋は無いとの事…。

姉と電話で相談し、Bランクでトイレと洗面所のついている個室にするしかないとの結論に達したのですが、何のことはない…。

結局、病室は大部屋、個室含め、Cランクの10,500円の個室しか空きがなく、選択の余地がありませんでした。

(-_-;)

『最初から言えよ!!』っていう話ですが、仕方がありません。

(つд⊂)エーン

結局、部屋には、ポータブルトイレを置いてもらうことで、手打ちです。

アメニティーについても、ちょいとヤッチの薄い頭を悩ます羽目に…。

アメニティーと言うのは、タオルや寝巻などの身のまわり品のレンタルのことです…。

普通であれば、自宅から持ってくれば、事足ります。

また、特養の生活相談員さんからも『必要なものがあれば、おっしゃっていただけば、こちらで準備してお持ちします。』とも言われています。

でも、失禁で一日に何枚も寝巻やらズボンを汚してしまうアルツ君です。

(-_-;)

洗濯物を持って帰り、また持参するのも容易なことではありません。

ならば、お金を払ってでも、アメニティーを頼んでしまった方が、そういった手間を省くことができます。

ところが、アメニティーにもランクが有り、一番値段がいいランクのものは、何度寝巻を汚しても、追加料金は発生しないシステム…。

最高ランクのものは、オムツも4枚以上使えて、1日1,880円…。

この下のランクのアメニティーは1日1,280円。

内容を具にみませんでしたが、後であれこれと買い足して持って行く面倒を考えると、一番至れり尽くせりの内容のアメニティーを頼んでおけば、問題なしという姉の判断で、1,880円のものに決定です。

入院手続きについては、書類をいただき、2~3日中に保証金50,000円とともに提出してくれとのことです。

入院料金は月末締めで、保証金の5万円は退院時に相殺され、余りがあれば、却って来るとの事です。

当然、急いで出て来たので、持ち合わせなどなく、後日の手続きとなりました。

お金に関することは、アルツ君には成年後見人が居て、成年後見人さんが金銭の管理をしているので、成年後見人さんの判断も仰がなければならず、これまた厄介な話です。

成年後見人さんとの連絡は姉がやってくれているので、入院の費用面の手続きは、後で姉にまかせてしまいました。




だいぶ、時間が経過して、ようやくヤッチは、OG病院の事務の女性職員さんに病棟の方に案内されます。

女性職員さん:「まだ、お父様は病室に戻られていませんが、病棟の方にご案内しますね。」

ヤッチ:「ありがとうございます。」

女性職員さん:「今、病棟の一部を工事中なので、少し大きな音がすると思いますが、ご了承願います。」

女性職員さんに案内され、エレベーターに乗り込みます。

どうやら、病室は4階のようです。

ヤッチは救急入口からアルツ君とこの病院に入ったので、病院の中で自分がどこに居たのか、わからないでいました。

でもこの職員さんの案内でようやく自分がどこに居たのかがわかり、スッキリします。

女性職員さん:「まだ、お父様は病室に戻られておりませんが、ここがお父様の病室になります。」

アルツ君の病室はナースステーションに一番近くです。

病室の扉を開けておけば、ナースステーションのカウンターからアルツ君のベッドがよく見えます

病棟に案内される前、病院側からの書類の中でアンケート用紙が有り、アルツ君の普段の生活について質問してくるものが有ったので、ヤッチは事前にアルツ君が認知症であり、環境が変るとおそらく不穏になるのでは!?と言うようなことを記入しています。

もしかすると、アルツ君のために病室を空けてくれたのかもしれませんね~。

(^^ゞ

女性職員さん:「お父様がお戻りになるまで、デイルームがこちらにございますので、お待ちください。」

ヤッチ:「わかりました。」

女性職員さん:「あと、お父様が普段お飲みになっている薬はどちらにございますか?」

ヤッチ:「あッ、そっかッ!?特養に入所しているので、特養で管理していると思います。」

女性職員さん:「では、確認していただき、お早目にお薬をお持ちいただけますか?」

ヤッチ:「今日中じゃないと、まずいですか?」

女性職員さん:「おそらく、今日は点滴ですから、今日はお薬を飲むことはないと思いますが、できるだけ早く…。」

ヤッチ:「わかりました。特養に連絡して訊いてみますね。デイルームは電話を使えますか?」

女性職員さん:「はい。ご使用いただけます。」

ヤッチはデイルームに行き、特養に電話します。

生活相談員さんが対応してくれます。

ヤッチ:「今、病院に居るんですけど、病院から普段飲んでいる薬を早めに持って来てくれって言われているんですけど…。用意できますかね?」

生活相談員さん:「今日中ですか?」

ヤッチ:「いえ。ただ、いつから服用になるかわからないので、早目にとだけ言われました。もし、そちらで今日は難しいなら、明日の朝にでも私がそちらに取りに伺いますよ。」

生活相談員さん:「でも、やはり早いに越したことはないですよね。少しだけお時間いただけますか?対応できるか訊いてみます。」

ヤッチ:「待ちくたびれているくらいだから、俺の時間ならいくらでもあげますよ。」

生活相談員さん:「すいません…。折り返させていただきます。」

電話を切ってすぐにヤッチの携帯が鳴ります。

相談員さんからです。

ヤッチ:「持て余してんだから、もっとゆっくりでもよかったのに…。」

生活相談員さん:「いえいえ…。薬の件なんですけど、そっち方面に帰る職員がいるので、その職員に持たせようと思っていますが、よろしいでしょうか?」

ヤッチ:「え?もうそんな時間?途中で全部飲んじゃうような人でなければ、OKですよ!!」

生活相談員さん:「いえいえ、では、今日中にお持ちします。」

ヤッチ:「無理言ってすいません。」

今度はアルツ君を担当して下さる看護師さんがデイルームにいらっしゃいます。

看護師さん:「はじめまして、お父様を担当させていただく○○と申します。」

ヤッチ:「息子の○○と申します。お世話になります。」

看護師さん:「さっそくなんですけど、救急の医師から、お父様の病状について説明がありましたか?」

ヤッチ:「いえ。とくに…。ただ、胸部のCTを撮るっておっしゃっていた時に、推測で私が『誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)ですか?』って訊いた時に、お医者様だか技師の方が『その可能性が高いですね…。』というようなことはおっしゃっていました。」

看護師さん:「そうですか…。」

看護師さんがヤッチの言うことをボールペンでメモしはじめました。

ヤッチ:「『誤嚥(ごえん)』だなんて、よく手書きで書けますね?俺は携帯かパソコンでしか打てないよ?」

看護師さん:「しょっちゅう、書いていますから…。」

ヤッチの場合、パソコンのキーボードを打っても、時々『御遠征肺炎』という文字が出て来るのに…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ:「この『誤嚥(ごえん)』という文字を見ると、高級な中華料理を思い浮かべるのは、俺だけなんですかねえ?」

看護師さん:「…。」

この後、日頃のアルツ君のことを色々訊かれました。

ヤッチ:「ちょっと、心配なのは、元気になって来た時に不穏にならないかですかね…。」

看護師さん:「まあ、その辺はスタッフが大勢いますので…。」

ヤッチ:「『ばあさん』とか『○○(キノコさんの名前)』を父が口にしたときは、私の母のことで父の奥さんのことなんで…。」

看護師さん:「わかりました。奥様のことは覚えてらっしゃるんですね?」

ヤッチ:「微妙ですが、捜そうとするかもしれません。」

看護師さん:「承知しました。もうすぐ、担当させていただく医師もこちらに戻ってくると思います。またお声掛けさせていただきます。」

また、時間が空いてしまいました。

(-_-;)

他に誰も居ないと、外の空気も吸いに行けませんねぇ…。

(-_-;)

しばらく経って、ナースステーションに来るように言われます。

担当して下さる医師がお見えになったようです。

どうやら、女医さんのようです。

女医さん:「お父様を担当させていただく医師の○○です。」

ヤッチ:「息子の○○です。」

女医さん:「さっそくですけど、お父様の病状についてご説明させていただきますね…。」

女医さんは、ご自分の机の前に有るパソコンのモニターを横に座っているヤッチの方向に少し角度を変えて見せます。

女医さん:「吐血についてですが、食道から胃に向かって内視鏡を入れ、検査させていただきました。モニターでご覧になってわかるように、食道から胃に向かってカメラが動いているのですけど、ところどころ出血している箇所がございます。」

ヤッチ:「でも、ただれているっていう感じじゃないですよね?」

女医さん:「そうですね。潰瘍というよりは、ちょっとしたすり傷みたいなものがあるという程度でしょうかね。失礼ですが、ご高齢のわりに綺麗な方だと思いますよ。で、問題になるのは、食道と胃の境目の部分です。今ご覧になられている部分がその部分で、奥の方に広がって見えるのが胃です。」

ヤッチ:「はいはい。わかります。」

女医さん:「これを少し拡大すると、出血している箇所がわかると思います。」

女医さんはマウスのセンターホイールをクルクルと回転させ、画像を拡大させます。

ヤッチ:「あーこれですか!?」

ヤッチがモニターを指さします。

女医さん:「そうです。おそらく吐血の箇所はここだと考えられます。」

ちょうど食道をホース、胃をポンプに例えるなら、ちょうどそのジョイント部分が出血して、輪郭が赤く彩られています。

ヤッチ:「なんで、こんなところが出血したりするんですかね?病名で言うと何と言う病気になるんですか?」

女医さん:「逆流性食道炎というものです。お父様の場合、普段バイアスピリンという血液をサラサラにする薬を飲まれているので、逆に血が止まりにくかったのかもしれませんね…。」

ヤッチ:「逆流性食道炎というのは、最近、テレビのコマーシャルなんかでも流れているやつですよね?また何だって、こんなのところで流行りのものに手を出すかなぁ…。」

女医さん:「ご存知かと思いますが、胃や十二指腸からは胃液、十二指腸液というものが出ています。胃液と言っても、強い酸ですから、これが何かの拍子で、食道の方に飛び出してくると、食道の粘膜を傷つけてしまうんですね。」

ヤッチ:「それが逆流性食道炎っていうやつですかぁ…。自分で自分をぶっ殺しちゃうんですね!?出血までしちゃうんですね?」

女医さん:「そうですね…。どうして出血したのかということは、推測の域を出ませんが、何か大きなものを飲み込んで、吐こうとしたときに胃酸が逆流して、食道を傷つけてしまったのかもしれません。ただ、胃の中は吐かれてしまった後なので、綺麗でした。また、85歳という高齢ですから、飲み込む力、いわゆる嚥下(えんげ)が悪くなっているのかもしれません。」

ヤッチ:「なるほど…。以前、進行性核上性麻痺(PSP)ではないかと言われたこともあるので、もしかすると、こやつだとすると、一番最初に飲み込みが悪くなる嚥下障害(えんげしょうがい)が出るっていう話も聞きましたからね…。」

女医さん:「そうでしたか…。」

ヤッチ:「そう言われちゃうと、キリがありませんが、蕎麦をのどに詰まらせるなんていう事件もありましたからねぇ…。」

女医さん:「いずれにしましても、今すぐに手術をして、どこかを切除しましょうという御病気ではなくて、胃酸を抑えるような薬を使って、徐々に元の状態に戻していくという治療になると思います。」

ヤッチ:「なるほどね…。」

女医さん:「で、お父様のお熱の方なのですが、高熱が長く続いたとか、胸が苦しいとか、おっしゃられたことがございますか?」

ヤッチ:「いいえ。家族の中では一番元気な方で、若い頃は風邪をひいたこともありません。」

女医さん:「そうでしたか…。」

今度は女医さん、アルツ君の胸部のCT画像をヤッチに見せます。

女医さん:「これはお父様の肺の画像ですが、肺の下の方に影あるのがお分かりですか?」

ヤッチ:「影って言うのは、白くなっているということですよね?やっぱり誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)ですか?」

女医さん:「そうですね。しかも、申し上げにくいことですか、過去に誤嚥を繰り返している事がうかがえます。」

ヤッチ:「年齢が年齢ですから、有ってもおかしくないかもしれませんねぇ…。ただ繰り返しているというのはちと、驚きです。」

誤嚥(ごえん)というのは、本来食道を通って胃の中に入らなければいけない食べ物や水分、あるいはツバといったものが、気管の中に入ってしまうことです。

気管の先は、当然の事ながら、肺です。

時々、ヤッチもやっちまう事が有りますが、大きく咳払いをすることでこいつをブロックします。

ただ、年齢とともに、飲み込む力や逆に吐く力、あるいは咳払いをする力が弱くなって、誤嚥のリスクが高くなるわけです。

細菌まみれのものを誤嚥してしまえば、誤嚥性肺炎になるの図式で、さらに肺炎を起こせば高熱が出るの図式です。

女医さん:「画像で見る限りでは白い塊というのではなく、ところどころ、引っ掻き傷のようになっているところが有るのがお分かりになります?特に肺の下の方です。」

アルツ君の肺の上部は影も無くきれいですが、肺の下の方に行くほど、白く濁り、釣り糸の切れ端のようなものが沈殿しているようにも見えます。

ヤッチ:「なんだか、釣り糸が肺の中に入っているみたいですよね?最近は釣りに出かけていないはずですけどねぇ…。」

女医さん:「その白くシュシュとなっているところが過去に誤嚥している箇所だと思います。」

ヤッチ:「へー、過去の誤嚥までわかっちゃうんだ!!」

女医さん:「で、血液検査も同時にさせていただきました。白血球の数がお父様の年齢の基準値よりも多くなっています。2倍とはいかないまでも、それに近い数値を示してます。」

ヤッチ:「それがわかると何がわかるんですか?」

女医さん:「白血球の数が増えると、炎症を起こしている事がわかります。人間の体は白血球の数を増やして炎症を防ごうとするのです。」

ヤッチ:「便利に出来てますね…。」

女医さん:「細菌は熱に弱いので、それが増殖しないように高熱が出たりするわけです。」

ヤッチ:「それで、父の今回の肺炎の程度というのはどの程度になるんですかね?」

女医さん:「過去の誤嚥の跡が一緒に画像に写ってしまっているので、はっきりとした数値は、正直わかりません。」

ヤッチ:「そうですか…。」

女医さん:「いずれにしても、逆流食道炎と同じで、手術をしてどこか悪い所を取ってしまうという治療ではなく、抗生剤で、細菌の増殖を防いでいくという治療になります。それと、これは様子をみながらということになりますが、入院が長引けば、足腰の筋力も衰えてきますから、筋力が大きく落ちないようなリハビリも計画に入れて行こうと思います。あわせて、嚥下(えんげ)についてもリハビリをさせて行こうと…。」

ヤッチ:「それは、ありがたいですね。ぜひ、よろしくお願いします。」

女医さん:「あと、大変失礼かと存じますが、ご高齢な御父様なので、治療の中で、病状が悪い方に向かわれてしまうことも考えられます。その際は、私どもの院としましては、余りお父様に苦痛にならないような治療法を考えていますけれどもよろしいでしょうか?」

要はアルツ君の病状が悪化して、いよいよお迎えが来るといったときに、おしりの穴に棒を突っ込み、グリグリとかきまわして、眠る子を起こすような治療法は選択しないということをこの女医さんはおっしゃりたかったようです。

ヤッチ:「私もその方が良いと考えています。ただし、私がよくても、本人は暴れるかもしれませんが…。」

女医さんは苦笑です…。

女医さん:「だいたい、以上なんですが、何か他にご質問は有りますか?」

ヤッチ:「いえ。特に…。」

失敗しました…。

(-_-;)

アルツ君の入院期間がどのくらいの長さになるのかをお伺いするのを忘れました…。

(-_-;)

リハビリの計画が入っているし、抗生剤の投与があるわけですから、すぐに退院とはならない気配ですがね。

女医さんからの説明が終わり、いよいよアルツ君にご対面です。

アルツ君、目をつぶっていますが起きているようです。

2013082817120001.jpg[ 拡大する ]

2013082817120000.jpg[ 拡大する ]

2013082818010000.jpg[ 拡大する ]

暴れないようにベルトでベッドに拘束されています。

サイドテーブルの上には、まだ封の切られていないミトンも置いてあります。

ヤッチ:「起きてるのか?」

アルツ君が目を開けます。

アルツ君:「起きていますよん!!」

ヤッチ:「でも、寝てていいよ。」

アルツ君:「人を起こしておいて、そんなことを言うやつがあるか。」

喋る声が痰混じりの声です。

やはりいつも通りとはいきませんね。

(-_-;)

話し声に覇気がありません。

顔色も白いというより、熱のせいか、赤ら顔です。

ヤッチ:「悪い悪い…。」

アルツ君:「それより何だって動けないんだ?」

ヤッチ:「気のせいだろ!?」

アルツ君:「うそをつけ。胸に変なバンドみたいながくっ付いてるぞ?」

ヤッチ:「あー、それか!?旦那さんの腰が曲がってるから、真っ直ぐにするために矯正してるんだよ。」

ヤッチ:「そっか…。それに腕にも変なもんが付いてるぞ。」

アルツ君が仰向けの姿勢のまま、点滴の針の刺さった腕を軽く叩きます。

2013082818020000.jpg[ 拡大する ]

もう、すでに点滴の針を固定しているサージカルテープのめくれかかっている部分があります。

(-_-;)

ヤッチ:「今日は自分の入れ歯は口の中に入っているか?」

アルツ君:「そういえば、無いみたいだな!?」

ヤッチ:「だろ?入れ歯が無いとメシが食えないから、そこの腕から栄養を放り込んでもらってるんだよ。」

アルツ君:「こんなところからエサを食ったって美味くないぞ!?」

ヤッチ:「大丈夫だよ。ボタモチ100個分の栄養を入れてくれって頼んであるんだから。」

アルツ君:「お前ね、ものには限度っていうのがあるぞ。そんなに食えるわけないだろ。」

くだらない会話をしていると、看護師さんの登場です。

看護師さん:「今日担当させていただく○○です。よろしくお願いします。」

ヤッチ:「こちらこそよろしくお願いします。」

看護師さんがアルツ君の痰吸引の準備を始めます。

看護師さん:「お父さん!!口を開けられますか?」

アルツ君:「開けられるけど、入れ歯は無いよ!?」

看護師さん:「もっと大きく開けられますか?」

アルツ君:「あーん。」

看護師さん:「『あーん』じゃ閉じちゃうから、『あー』のままでいて?」

アルツ君:「そんな難しいことわかんないよ。」

看護師さん:「ダメだなこりゃ。鼻からだ。」

看護師さんが痰吸引のためのチューブを鼻から挿しこもうとします。

アルツ君が大声を上げて首を振ります。

アルツ君:「わーっ!!!」

すごい力でアルツ君が抵抗するので、ヤッチもアルツ君の腕を抑えつけます。

拘束については、同意書にサイン済みなので、多分虐待にはならないでしょう…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

代筆したのはヤッチですが…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ミッション完了です…。

アルツ君もグッタリしています。

看護師さん:「ほーらこんなにたくさん出た。ありがとうございました。」

看護師さんがヤッチに軽く会釈します。

アルツ君がブツブツ言っています。

アルツ君:「あーあ。殺されちゃった…。」

ヤッチ:「そうだよ。旦那さんを生かすも殺すも看護師さん次第だぞ~。」

看護師さん:「いえいいえ、私はそんなことはしませんから、ご安心下さい。」

ヤッチは看護師さんに話し掛けます。

ヤッチ:「これじゃあ、夜中に点滴の針を抜いちゃうかもしれませんね~。」

看護師さん:「大丈夫、大丈夫、わかってますから!!」

なかなか頼もしい看護師さんです。

そんなことをしていると、同じような人物登場です。

アルツ君の一人娘の姉です。

姉:「パパ、どう?」

アルツ君:「どうって、メシを食わしてくれないんだよ…。」

姉:「お腹がすいた?」

アルツ君:「そういうわけじゃないけど、食わしてくれないんだよ…。」

姉:「早く元気になったら、食べられるさ!!」

アルツ君:「それに何だか今殺されかけたんだぞ?」

姉:「ん?」

ヤッチ:「今、痰吸引してもらったんだよ。」

アルツ君:「あんな苦しいなら死んだ方がましだぞ…。」

看護師さん:「そういうことを言う人に限ってそうならないんだな~。」

姉:「だって!!早く元気なりな!!肺炎だって聞いたからさあ…。がんばって早く治しな!!」

アルツ君:「肺炎?俺がかよ?」

姉:「そうだよ~。」

アルツ君:「そうか…。俺は肺炎なのか…。」

ヤッチは姉に目くばせをして、制止します。

アルツ君には病識がありません。

今回は救急搬送されたことも、吐血したことも記憶にないようです。

姉:「とにかく、今日はゆっくり休みな!!」

今度は看護師さんがネフライザー(呼吸を楽にする吸入器)を準備しています。

ガスマスクを小さくしたようなものを想像してもらえば良いと思います。

おめんのようにゴムひもが付いていて、顔の後ろにゴムひもを回せば、装着完了です。

看護師さんが首を傾げています。

看護師さん:「多分ゴムだと嫌がるだろうな…。手で持っててもらった方がいいかな!?」

ネフライザーから蒸気が出始めます。

看護師さん:「これを口に当てて下さい。できます?」

アルツ君、全然手で持とうとしません。

(-_-;)

仕方なく、ヤッチがアルツ君の口にネフライザーを当てます。

看護師さんはこれを確認すると、アルツ君の病室から出て行ってしまいました。

ヤッチ:「ひょっとして、俺、ずっとこの姿勢?」

中腰の姿勢のままでは辛いので、無理やりアルツ君の顔の後ろにゴムひもを回します。

意外に大人しくさせてもらえました。

痰吸引で楽になったのか、ネフライザーで楽になったのかはわかりませんが、アルツ君がどうやらオネムになったようです。

それでも、目を閉じながら何かを言っています。

アルツ君:「腰が痛いんだよな…。」

ヤッチ:「ほとんど丸一日寝てたんだから、腰が腐ってるのかもな!?」

アルツ君:「腐ってるところを切ってくれよ…。」

拘束されて仰向けの姿勢をずっと続けているので、床ずれ気味になるのも無理はありません。

ヤッチはベッドとアルツ君の体の間に手をすべり込ませます。

姉:「タオルでも挟んであげたら?」

ヤッチ:「そうだね。そこにあるから取ってくれる?」

そう言いながら、アルツ君の体の中央付近に手をすべり込ませた時です。

何か固い感触が伝わります。

ん?

心電図計の端末(?)のようなものをアルツ君が体に轢いていたようです。

これじゃあ、痛いわけです。

おそらく携帯電話を持って寝落ちしたときの感覚です。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

そして今度はアルツ君が起き上がろうとする仕草を見せます。

拘束されているので、起き上がることはできません。

ヤッチ:「何?どうした?」

アルツ君:「ちょっと、起こせよ。」

ヤッチ:「今日は安静にしていないとだから、寝てなよ。」

アルツ君:「いいから、起こせよ。」

ヤッチ:「ベッドごとは俺の力じゃ無理だな…。」

アルツ君:「ダメだ、トイレに行きたくなっちゃった。」

ヤッチ:「そんなこと言ったって、いろんなものが体にくっ付いているから無理だよ。オムツの中で出しちゃえよ。」

アルツ君:「そんなことできるかよ。」

ヤッチ:「全神経をチンチンに集中させて…。」

アルツ君:「いやだーっ!!」

普段はヤッチの方が『トイレに行こう』と言っても『いやだーっ!!』と言うのに…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 誤嚥性肺炎 誤嚥 点滴 吐血 逆流性食道炎 進行性核上性麻痺 嚥下 嚥下障害 バイアスピリン 抗生剤 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-421.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/09/01 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

逆流性食道炎の原因は?

2013/09/03 (火)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日、アルツ君のいる特養に面会に行ってきました。

先週の金曜日に入院先のOG病院を退院して、特養に戻ってきたわけですが、それ以来、ヤッチはアルツ君のいる特養には面会に行っていませんでした。

過去の記事をご覧いただけばお分かりのように、アルツ君は、逆流性食道炎と誤嚥性(ごえんせい)肺炎での入院でした。

この逆流性食道炎ですが、いろいろと調べてみると、胃酸が何かしらの原因で食道に逆流し、胃酸の強い酸性で食道を荒らしてしまうということが書かれています。

この辺りは、みなさんも良く御存知なことかもしれません。

程度ひどければ、アルツ君のように出血するようなこともあるようです。

そして、食べてすぐに横になると、腹圧が変化するために、胃酸が逆流するとか、肥満の人がなりやすいということも調べると、出てきます。

高齢者も腰が曲がると、腹圧の変化で胃に圧が掛かり、逆流しやすくなるというようなことも出てきます。

脂っぽいものを食べちゃいかんとか…。

喫煙やアルコールはアウト…。

でも、何で本来、胃の中で機能してもらわなくていけない胃酸が、保護されていない食道の方へと逆流して来るんですかね?

どうも、この辺りの詳しいメカニズム詳しく書いている文献なり、サイトは少ないように思えます。

さらに、治療法としては、胃酸を抑えるような薬が使われるようですが、どこまで胃酸を抑えれば良いというのもあまり明確ではありません。

いつまでも薬を飲んでいたら、胃酸が少なくなってしまいそうですもんね!?

誤嚥性肺炎についても、同じような事が言えると思います。

どうして誤嚥するのか?

機能が弱まってくるから…。

でも、どうしてその機能が弱まってくるのか…。

(●`w´●)ニァ・・

歳をとるから…。

どうして歳をとるのか…???

眠れなくなるのでやめましょうかね!?


さて、特養に着くと、いつもお世話になっている生活相談員さんに玄関ロビーのところで呼び止められます。

生活相談員さん:「あ、ちょうどよかった。お父様なんですが、どうもお元気が無いようでして…??」

ヤッチ:「また、具合が悪くなっちゃいましたか?」

生活相談員さん:「そこまでではないご様子ですが、あまり元気が無いようなので、今、上(3階)でうちの看護師にみさせています。」

ヤッチ:「そうですか。ありがとうございます。さっそく、3階に行ってみます。」

生活相談員さん:「それと、すいません。お父様のお食事のことなんですが…?」

ヤッチ:「はい…。」

生活相談員さん:「先日、お姉さまから『きざみ食』に戻しても良いのでは?というご相談を受けたのですが…?」

ヤッチ:「今はまだ父は『きざみ食』ではなくて、『ペースト食』を出されているんですよね?」

生活相談員さん:「はい、そうです。」

ヤッチ:「たぶん、『噛み応えがない』のへったくれのって、父は不機嫌になるかもしれませんが、『きざみ食』にするには、まだ早いような気がするんですけどね…。どう思いますか?」

生活相談員さん:「私もそう思います。」

ヤッチ:「まだ、抗生物質もOG病院から処方されて服用しているわけだから、せめて薬を飲んでいる間は、『ペースト食』でいいんじゃないですかね!?誤嚥性肺炎の方は、再発しやすいとも聞きますし、様子を見て、『きざみ食』に切り替えてもらえませんか?姉には私から連絡しておきますから…。」

生活相談員さん:「わかりました。もし、私の方でお姉さんとお会いことがあれば、私からもお話しさせていただきます。」

ヤッチ:「だいたい、あの人(姉のこと)…、親父様と同じでせっかちなんだよな…。退院イコール元気みたいな考えですからね…。昨日も車椅子でコンビニに連れ出したらしいじゃないですか…。」

生活相談員さん:「…。」

ヤッチ:「とりあえず、3階に行ってみますよ。いつもいろいろとありがとうございます。」

居室のある3階に行くと、アルツ君、廊下に設けられたデイルームのソファに一人腰かけています。

ヤッチはアルツ君のところに行く前に、カウンターに居たアルツ君をお世話して下さっている介護士さんに小声で呼び止められます。

介護士さん:「お父様なんですけど、今朝からどうも様子がおかしいんですよ…。」

ヤッチ:「下で○○さん(生活相談員さん)からも聞きました。どんな風におかしいんですか?」

介護士さん:「いつもなら、明るく他の利用者さんとお話しして陽気に振る舞っていますが、今日はほとんどそういうこともなく、おひとりでポツンと腰かけている時間の方が多いようでして…。それに食事の後も、すぐに居室に戻られてしまうことの方が多いようにお見受けします。」

ヤッチ:「食欲はどうなんですが?」

介護士さん:「食事の方はいつも通りきちんと食べられました。先ほどお熱も計らせていただきましたが、平熱です。」

ヤッチ:「よくわかりませんが、そうとう疲れているのかもしれませんね…!?皆さんに心配していただいて、申し訳ないです。注意深く観察してやってください。」

ヤッチはアルツ君のところに行き、アルツ君の横に腰かけます。

ヤッチ:「ここの看護師さん、旦那さんのところに来たか?」

アルツ君:「どうだったかな…。来たような気もするな…。」

ヤッチ:「その『気もする』人は何か言ってたか?」

アルツ君:「わかんないよ~。でも大丈夫だ、治ってきた。」

アルツ君、何回か書かせていただいたように、救急車で運ばれたことも、入院したことも覚えていません。

病識も欠如しています。

でも、『治ってきた。』と口にするということは、どこか断片的に記憶があるのかもしれません。

また、『大丈夫な人』は、『大丈夫だ。』とは言わないはずなので、やはり本調子ではないのかもしれません。

ヤッチ:「胸が苦しいとか、お腹が痛いとか、体がだるいとか、気持ち悪いとか、寒いとか、フラフラするとか、ハゲてきたとか、金が無いとか、やってられないとか、ケツが痛いとか、そういうことは無いのか~???」

アルツ君:「お前ね、そんなにイッパイ言われても、わかるわけないだろう?」

ヤッチ:「『イッパイ』がわかれば、意識はあるから大丈夫だ!!それより、ズボンが濡れているから、ズボンを履き換えようぜ?」

アルツ君:「濡れてなんかいないぞ。」

ヤッチ:「じゃあ、さわってみん?」

アルツ君:「あっ、ホントだ!?なんでだろう?」

ヤッチ:「どっか、濡れているところに座っちゃったんだろう!?取り替えればいい話さ。部屋に戻るべ!!」

アルツ君の居室に戻り、アルツ君をベッドに腰かけさせます。

アルツ君:「何だって、こんなになっちゃったんだろう?」

アルツ君、自分の両手の甲を見ながら、ブツブツ言っています。

ズボンが濡れていることを気にしているのではないようです。

アルツ君の手の甲

OG病院に入院しているときに、暴れてできたアザです。

片方だけではなく、両手の甲に小さなアザがたくさんあります。

アルツ君の入院時、病室には、ビニール袋に入ったミトンが置かれていました。

まだその封は切られていませんでした。

しかし、退院だといって、ヤッチがアルツ君を迎えに行った時は、ミトンの入ったビニール袋の封は切られていました。

ミトンを着けられて、このアザですから、そうとう大暴れしたことが推測されます。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ:「キスマークじゃないのか?旦那さんモテモテだから、入れ歯をしてないおばあちゃん達が旦那さんの寝ている間に、チューチューしたとか…。」

アルツ君:「そんなことあるかいっ!!」

ヤッチ:「わかんないぞ~。車椅子で忍び寄れば、意外に気づかないかも…。」

アルツ君:「勝手にしろっ。」

ヤッチ:「でなければ、腐って来てるんだろ!?全部腐っちゃえば、ドロッと落ちるさ!!」

ヤッチはアルツ君のリハパンの交換を終えます。

パッドまでしているのに、ズボンまでしみ出していました。

(-_-;)

ちょうど、さっきまでカウンターにいらした介護士さんが居室をノックします。

介護士さん:「お父様のリハパン、大丈夫ですかね?」

ヤッチ:「今、換えました。」

介護士さん:「あ、それは申し訳ありませんでした。お昼に換えさせていただいたんですけどね…。」

そうおっしゃりながら、介護士さんは汚物入れにあるアルツ君のリハパンと、カゴに入ったズボンを抱えています。

ヤッチ:「2時間足らずで、その重さじゃ、相当ゲリラ豪雨だよね?」

ちょっと、ヤッチ、ブラックスワン…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

介護士さん:「すいませんでした…。」

介護士さんは、そそくさと居室を出て行ってしまいました。

振り返ると、アルツ君、介護士さんと会話している間にベッドに横たわっています。

居室で昼寝することは、当然ありますが、自分が昼寝したいときは、必ず『眠くなった。』とか、『お前、早く帰った方がいいぞ。』というはずなんですけどね…。

(-_-;)

介護士さんと入れ替わるように、生活相談員さんが居室をノックします。

生活相談員さん:「やはり、うちの看護師とも相談して、お父様の食事を『ペースト食』ということで継続させていただきます。」

すでに、アルツ君は寝息を立てています。

ヤッチはアルツ君を指さしながら、しゃべります。

ヤッチ:「この調子だもん…。」

生活相談員さん:「寝てらっしゃるんですか?」

ヤッチがゆっくりうなずきます。

生活相談員さん:「めずらしいなぁ…。お父様が昼間から、こんなに熟睡するなんて…。」

ヤッチ:「普段だと、寝ていても浅い眠りですぐ起きちゃうけど、スヤスヤだもんね!?」

生活相談員さん:「そうですね…。オペをした後は、お疲れになるのは当然ですからね…。抜歯しただけでも、しばらく体調がすぐれない方もいらっしゃいますからね…。」

ヤッチ:「でも、オペはしてないよ。どっかを切ったわけじゃないから…。」

生活相談員さん:「いえいえ、オペと言っても、血液検査や胃カメラ、CT、それに造影剤を飲んだりするだけでも、お父様にとっては、負担になっているんじゃないでしょうかね…。」

ヤッチ:「そっか、そっか…。ところで、OG病院から退院の手続きを進めたいって、言ってきたとき、病院の方からそちらへは、どんな風に言ってきたんですか?看護師さんが、三人で抑えつけてもダメだったというのは、先日お伺いした通りなんですが…?俺にはOG病院の先生は丁寧な口調でやんわり『出て行ってくれ』の意思表示しか、しなかったもんだから…。」

生活相談員さん:「『三人』というのは、先日申し上げた通りですが、どんな状況だったかは、詳しくは聞いていませんね~。」

ヤッチ:「点滴をする時に嫌がったんですかね?それとも夜中にベッドから起き出そうとしたとか…?」

生活相談員さん:「お父様の場合、施設でも普段は穏やかですから、何か特別なことがないと、暴れたりするようなことは無いと思いますけど、環境の変化も有ったのですかね…。ちょっとその辺のところは病院の方からも聞いていませんね…。」

ヤッチ:「病院の建物の造りがここ(特養)と同じようだったから、親父のやつ、ここと勘違いしてるようだったけどね…。」

生活相談員さん:「すいません、お役に立てなくて…。」

ヤッチ:「いえいえ…。」

生活相談員さん:「そうだ、入院先の病院で看護師さんの一人を蹴り飛ばしたっていうのは聞いていますよ。」

ヤッチ:「えっ?普段、ヨロヨロしているのに!?火事場の○○力だったのかなぁ…。相当な体力の消耗だなぁ…。」

アルツ君、せっかく、短期間にハーレムを築いたというのに、すぐさま一人を追放したというのいうのでしょうか…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ




ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 9 件
ツイートする

キーワード検索 : 逆流性食道炎 誤嚥性肺炎 きざみ食 ペースト食 ミトン 看護師 点滴 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-424.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/09/03 | コメント (9) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

肺炎予防と肺炎球菌ワクチン

2013/09/28 (土)  カテゴリー: 特別養護老人ホーム
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

前回の記事で書かせていただいたように、お尻の痛みを訴えていたアルツ君ですが、施設近くの病院で、病院の先生から、『お尻にできた脂肪腫が歩くときの妨げになって、痛いのでは!?』と言われ特養に帰ってきました。

でも、なぜか、数日もしないうちに、お尻に有ったしこりのようなものは消失してしまいました。

痛みも感じないようです。

いったい、お尻のしこりは何だったでしょうか…???

アルツ君本人に言わせれば、『クソででも詰まっていたんだろッ!?』ですが、できていたしこりはお尻のほっぺですからねぇ…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

さて、そんなアルツ君、先日施設の生活相談員さんからの勧めも有って、肺炎球菌ワクチンの接種を受けました。

肺炎予防のための予防接種です。

もちろんこれは、アルツ君が誤嚥性肺炎で入院騒ぎになったことがきっかけです。

施設の嘱託医(2階の先生)が施設に診察にいらした時に、施設内で接種してくれることになりました。

肺炎球菌ワクチンについての詳しい説明は省略させていただきますが、リンクを貼らしていただきますので、そちらを参考にしてください。



話しは遡りますが、生活相談員さんと、このワクチンをアルツ君が受ける事前の話し合いの中で、ヤッチはたずねました。

ヤッチ:「このワクチンを打ったからって、誤嚥性肺炎を防げるわけではないんですよね?」

生活相談員さん:「もちろんです。ワクチンを打つことで、誤嚥そのものを防げるわけではないので…。」

ヤッチ:「気休めかね~???」

生活相談員さん:「でも、予防接種を受けておけば、肺炎にかかりにくくなるのは確かですし…。」

ヤッチ:「それでは、お願いしておこうかな~。」

生活相談員さん:「わかりました。」

ヤッチ:「こちら(施設)で、受けられるんですよね?」

生活相談員さん:「たぶん、うちの嘱託医経由で受けられると思います。確認が取れましたら、お姉さまの方にでもご連絡差し上げます。」

ヤッチ:「私からも姉に連絡しておきます。」

生活相談員さん:「それとですね…。」

ヤッチ:「ん?」

生活相談員さん:「実はお父様なんですが…。」

ヤッチ:「また、何かやらかしましたか?」

生活相談員さん:「お尻の方の痛みは無くなって、良かったんですが…。実は夜間、興奮することが多くてですね…。」

施設で穏やかに過ごしているように思っていたのですが、生活相談員さんの話によれば、アルツ君、夜間になると、不穏な行動をとるらしく、施設の職員さんを困らせているようです。

夜中、幾度となくベッドから起き出し、見回りに来た夜勤の職員さんを部屋の中に入れさせようとしなかったり、大声で怒鳴ったりするようです。

(-_-;)

ヤッチが昼間に、面会に行っても、アルツ君はにこやかな笑顔で、くだらない話に花を咲かせ、時には大笑いも見せるのに、夜中になるとどうもオオカミ男に変貌するようです。

(-_-;)

ヤッチは実際にその場に居合わせたことがないので、どんな様子かわかりませんが、生活相談員さんが、もし、オオカミ少年でなければ、事実なのでしょう…。

ヤッチ:「俺がここに来ると、そんな片鱗はまったく見せないけどね!?」

生活相談員さん:「それは、やはりご家族だからですよ。」

ヤッチ:「うーん…。(ズルい…。)」

生活相談員さん:「できれば、薬を使いたくないですからね…。」

ヤッチ:「それはもちろん勘弁だね!?それで、運動会は夜だけ?」

生活相談員さん:「はい、朝も昼も穏やかで、時折夕食前に不機嫌になられることがあることくらいですかね…。ただ夜になると…。」

ヤッチ:「夜中の2時とか?」

生活相談員さん:「どうも、日によってまちまちみたいです。」

ヤッチ:「うん~。どうしてかね…。」

アルツ君にこのことを聞いても、全く記憶がないらしくノーコメントです…。

(-_-;)

ここ、何日かは、夜間、ベッド脇の床にセンサーマット(コールマット)を敷かれてしまっています。

コールマット 徘徊コール3 HC-3 MS1200 標準2P STD2

アルツ君がベッドから降り、このマットを踏むと、ナースステーションにいる施設の職員さんにわかる仕組みです。

足腰が最近だいぶ弱ってきているアルツ君なので、夜間に転倒し、怪我でもされると大変という配慮から、このマットを設置してくれているのだろうと…。

アルツ君のエキサイトぶりを示す証拠として、介護用ベッドのリクライニングのスイッチのフックが引き千切られています。

reclining001
[ 拡大する ]


reclining002
[ 拡大する ]


おそらく、女性の力ではこういうことはできないでしょうね…。

(-_-;)

話しは元に戻り、生活相談員さんとは、上手い解決法が見つからないまま、アルツ君の肺炎球菌ワクチンの接種日を迎えます。

事前に同意書にサインが必要ということで、この日ヤッチも施設に行き、アルツ君に代わって同意書にサイン(代筆)をします。

廊下に設けられたテーブルに陣取り、アルツ君と雑談をしていると、嘱託医(2階の先生)が施設の看護師さんと一緒にアルツ君のところに近づいてきます。

ヤッチは席を立ち、先生に向かって挨拶をします。

ヤッチ:「いつもお世話になっています。」

嘱託医はチラリとヤッチを見やり、すぐさまアルツ君に話し掛けます。

嘱託医:「○○さん(アルツ君のこと)、今日は注射をしますよ。痛いのは大丈夫ですか?」

アルツ君:「すこしくらいならね…。」

嘱託医:「肩に注射しますよ。自分で腕をまくってください。」

アルツ君が長袖のシャツを肘の辺りまでまくります。

アルツ君:「どう?こう?」

嘱託医:「肩ですから、もっとまくってください。」

アルツ君:「かー!!それじゃあ、裸になっちゃうじゃん。」

アルツ君が肩をあらわにします。

嘱託医:「じゃあ、チクっとしますよ。」

アルツ君:「チクっとよりもドバっと美味いもんを食いたいなぁ…。」

あっという間にワクチンは終了です。

袖を元通りにしているアルツ君に嘱託医が質問をします。

嘱託医:「なんで、普段はこんなににこやかで、穏やかな人が夜になると変貌しちゃうの?」

どうやら、嘱託医にもアルツ君の夜中の行動が耳に入っているようです。

一方、アルツ君は『だれの話をしてるんだ?』という顔で、ニヤニヤしています。

嘱託医:「今だって、こんなにほがらかじゃないですか!?」

アルツ君:「…。」

嘱託医:「どうだろうなぁ…。今、お父さんは、漢方の薬を飲んでいるんでしたっけ?」

嘱託医はヤッチに今度は質問してきます。

ヤッチ:「『抑肝散(よくかんさん)』の事ですか?」

『抑肝散(よくかんさん)』というのは、神経の高ぶりを抑える漢方薬で、いわゆる子どもの疳の虫(かんのむし)を止めるのに主に用いられる薬です。

yokukakusan.jpg

最近では認知症の人をはじめ、精神疾患、神経疾患などいろいろな病気に対して処方されているようです。

[詳しくはこちらで:抑肝散(おくすり110番~ハイパー薬事典~)

嘱託医:「そうそう。抑肝散は1日何回飲んでいるんでしたっけ?」

今度は施設の看護師さんが答えます。

看護師さん:「夕食後に1包です。」

嘱託医:「そうしたら、あれ(抑肝散)を毎食後に飲んでもらおうかな~。お父さん。お薬を増やしますよ?」

アルツ君:「なんでもいいけど、美味いもんにしてくれよな。」

なんだかなぁ…。

(-_-;)

薬を否定するつもりはないんですけど、アルツ君がどうして夜になると、おかしくなるかを探る事が先なような気がするんですけどね…。

ドラキュラに血を吸われると、血を吸われた人間もドラキュラに変貌するって言いますからね…。

家族が面会に来ない日のアルツ君は、屋外にも出ず、施設にこもりっきり…。

勝手に外には出られないし、その術もアルツ君には有りません。

しかも、まともに会話が成立する利用者(入所者)さんはアルツ君の周りに一人もいません。

唯一、会話の成立する職員さんは、忙しそうに業務に専念しています…。

そんな環境下だったら、健常な人間だってストレスは当然溜まります。

いや、溜まる方がむしろ健常なのかもしれません。

アルツ君と生活を共にしている時は、寝ぼけるようなことはあっても、夜中に大声を上げることはありませんでした。

認知症が進行しているからだといえば、それまでかもしれません…。

薬で症状を抑えるのも確かに重要かもしれないけど、それは本来の目的ではないはず…。

薬を使う前に、何でその症状が出るのかをもっともっと、探っていくことの方が重要だと思うのはヤッチだけでしょうか…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

レイクちゃーーーーーーーーーーーん


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 肺炎球菌ワクチン 肺炎予防 脂肪腫 予防接種 誤嚥性肺炎 誤嚥 コールマット センサーマット 嘱託医 抑肝散 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-428.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/09/28 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アルツ君の脳梗塞 ~ 認知症患者同士の相部屋

2014/12/18 (木)  カテゴリー: 脳梗塞
▲ Page Top
・入院22日目 ~ 12月16日(火)

四天王寺東大門の仁王像

午後からどしゃ降りの雨です。

いつもは自転車で40~50分かけて病院まで行っていますが、この日はさすがに気温も低く、自転車で出かけるわけにいきません。

バスを利用することにしました。

自宅からバス停まで、距離が有るし、バスを降りた終点の駅から病院までの距離も結構有るので、早目に出かけることにしました。

直線距離にしたら、そう大した距離でもないのに、病院までかれこれ1時間半近くかかってしまいました。

早く出てきてよかった…。

前日からアルツ君の病室はナースステーションの前の○○号室から××号室に移動になっています。

ナースステーションを横切り、廊下を歩いていると、アルツ君の病室の方から、大きな声が聴こえて来ます。

なにかを言い争っているような男性の声です。

ヤッチはアルツ君の病室に入ります。

やはり大声を発しているのはアルツ君でした。

どうやら、昨日の『先生、助けてください。』おじさんと口論になっているようです。

アルツ君:「うるさいって言ってるんだよっ!!」

助けておじさん:「うるさいのはどっちだっ!!」

アルツ君:「いいからこっちに来いよ!!えっ?来られないのか?こっち来いって言ってんだよっ!!」

まるで渡部篤郎さん張りの挑発行為です。

助けておじさん:「なんで、私がそっちに行かなきゃならないんですか?教えてくださいよ。」

アルツ君:「うるさいっ!!テメぇ、ぶん殴ってやるから、こっち来いって言ってんだよっ!!」

助けておじさん:「お断りします!そっちからこっちへ来て下さいよ。」

アルツ君:「よーし、わかった!!待ってろよっ!!」

アルツ君、布団を全部はだけちゃっています。

顔は真っ赤で、左足はベッドの手すりに乗っかった状態…。

寝巻も肩が飛び出しそうになっています。

身体が思うように動かないくせに、半身を自ら起こそうとしているではありませんか。

そして必死に助けておじさんとの境界線になっているカーテンを左手でこじ開けようとしています。

かつて、モハメド・アリ(元プロボクサー)との異種格闘技戦で、ルール上、チョップ、関節技、投げ技など、ほとんどのプロレス技を禁止されたアントニオ猪木が、リングに寝転がり、アリの足元にキックの集中砲火を浴びせようとしたときのグラウンドポジションです。

ヤッチは只ならぬ展開に、この時、この状況を写メろうなどとは、これっぽっちも思い浮かびませんでした。

当たり前か?

急いでナースステーションに看護師さんを呼びに行きます。

ヤッチ:「××号室で、患者同士がトラぶっているんですけど…。」

あえて、『父が』とは言わず、『患者同士が』です。

慌てて看護師さんが病室に入って来ます。

看護師さん:「○○さん(アルツ君のこと)、ちょっと深呼吸しましょ!!」

アルツ君:「うるさいよっ!どいつもこいつも、人のことをバカにしやがってっ!!」

看護師さんは『助けておじさん』を落ち着かせます。

ヤッチは看護師さんに聞こえるように、しかもアルツ君に聞こえないようにつぶやきます。

ヤッチ:「このままじゃ、治るもんも治らなくなるよなぁ…。」

ヤッチは、アルツ君の布団を掛けなおします。

ヤッチ:「旦那さんの気持ちはよくわかるから、ちょっとだけ俺に任せてくんないかな…???」

アルツ君:「…。」

アルツ君はくやしそうな顔をし、目を閉じ、うなずきます。

看護師さんは急ぎ足で病室を出て行きました。

ふたたび看護師さんがもう一人看護師さんを連れて戻ってきます。

病室内でなにかひそひそ話をしています。

ヤッチ:「せっかく静かな部屋へと、ご配慮いただいたみたいだけど、ちょっとというか、おおいによろしくないよね…???」

看護師さん:「そうですね…。」

ヤッチ:「おそらく、どっちもどっちなんだろうけど、このまま一緒の病室に寝かせておくのは、客観的にみてもどうかと思うんですよね…。」

看護師さん:「今日、元にいらした○○号室のベッドが一つ空いたので、また元の場所で少しうるさくなってしまいますが、いかがでしょうか?」

ヤッチ:「今の状況よりマシなら、多少の音が有っても、元の部屋の方が感覚的に本人のリズムできていると思うので…。」

看護師さん:「こちらより狭くなってしまいますが、構わないですか?」

ヤッチ:「お手数かけて申し訳ありませんが、お願いできますか?」

看護師さん:「わかりました。それでは、元のお部屋を片付けて参りますので、もうしばらくお待ち願いますか?」

ヤッチ:「わがまま言って申し訳ありません。」

『助けておじさん』は眠りについたようです。

静けさを取り戻した病室で、ヤッチはアルツ君に声を掛けます。

ヤッチ:「ホント、申し訳ない。今、ここの人にお願いして、部屋をかえてもらうから。『助けておじさん』のそばにいるよりはいいだろ?」

アルツ君:「ああ、いいよ。うるせー野郎だから、ぶっ殺してやりたいよっ。」

まだ、少し興奮気味ですが、少し余裕が出て来たようです。

ヤッチ:「代わりに俺が『助けておじさん』の首を絞めておいたから…。」

アルツ君の耳元で囁きます。

もちろん、ウソですよ。

アルツ君、ニンマリ…。

ヤッチ:「もちろん、殺さない程度だからな。しばらくしゃべれない程度に絞めておいたよ。」

これまた、ひそひそ話で耳打ちします。

アルツ君:「お前は乱暴だなぁ…。」

ヤッチ:「誰の息子だよ?」

アルツ君:「ふん、どっかで拾って来たんだろっ!?」

ヤッチ:「はあ?もう一人…。命を落とす人間が出るかもしれないけど…。どうする?」

アルツ君:「ばかっ。」

しばらくすると、大勢の看護師さんやら看護助手さんが病室に入ってきます。

アルツ君のベッドや荷物を運ぶためです。

ヤッチ:「院内履きだけでも、俺が持って行きましょうか?」

看護師さん:「恐れ入ります。」

ヤッチ:「旦那さん、大勢の女性に囲まれてるぞ。いいな~。そんなに彼女作ってどうするんだ?」

アルツ君:「うるさい。黙ってろっ。」

アルツ君の顔に笑顔が戻ります。

看護師さん:「あっ、○○さん(アルツ君)、笑ってる…。」

ヤッチ:「そんなに彼女、必要ないだろ?二人ほど分けてくんないかな?」

アルツ君:「余計なこと、言うなっ!」

アルツ君にこの言葉が出るということは機嫌が戻った証拠です。

古巣にアルツ君のベッドが戻されました。

病室は前回と同じですが、ベッドの位置は前回寝ていた場所の対面です。

こちらも、絶えずナースステーションから看護師さんの声が聴こえますし、ナースコールの呼び出し音も病室の中に入って来るので、決して静かとは言えません。

それでも、アルツ君、少し落ち着いたのか、眠ってしまいました。

おいおい、まだ夕食を食べていないぞ?

ちょうど、そこへ姉が病室に入ってきます。

ヤッチは姉に事情を話します。

姉:「あんたが直接言ったら角が立つけど、逆にパパが大声出してくれてよかったよ~。結果オーライだよ。」

ヤッチ:「なんだか、怒鳴ってる時の旦那さんは、いつもの旦那さんに戻ってたぞ?呂律も回ってたし。」

姉:「逆に元気になっちゃったか?」

ヤッチ:「いや、相当体力消耗してると思うよ。腹筋でもするのかと思うような姿勢で怒鳴ってたから。」

姉:「あっそう…。」

ヤッチ:「たぶん、血管が何本か逝っちゃってるだろうな…。」

姉とヤッチはひそひそ話をしているつもりでしたが、アルツ君が目を覚ましてしまいました。

姉:「パパちゃん!元気!」

アルツ君:「元気じゃないよっ。うるさかったんだから…。」

ヤッチ:「旦那さん、MRIの機械、あのキンコンカンコンうるせー機械に何回か入っただろ?」

アルツ君:「あー、あのうるせーバカみたいな機械か?」

ヤッチ:「そう。あの機械の中で寝るのと、さっきの『助けておじさん』のそばで寝るのはどっちがいい?」

アルツ君:「どっちもヤダ。」

ヤッチ:「じゃあ、電車の通る踏切に縛りつけられて寝るのと、『助けておじさん』のそばは?」

アルツ君:「どっちもヤダ。」

姉:「ママと一緒に寝るのは?」

アルツ君:「余計なこと、言わんでもいい、バカっ!!」

認知症の人は、遠い過去の長期記憶より、短期記憶、つまりついさっきまでのことを忘れてしまう傾向にあるといますが、アルツ君の場合、音のうるさかったエピソードは、短期、長期に関わらず、はっきりと覚えているようです。

母キノコさんの記憶はすぐに忘れてしまうのに、MRIの機械の中に入った記憶は有るのですから、面白いもんです。

『助けておじさん』には、大変失礼なことをしてしまいましたが、おかげでアルツ君、カロリーを消費したせいか、この日の夕食は完食です。

・入院23日目 ~ 12月17日(水)

再びナースステーション前の病室に戻ったアルツ君、前日は『助けておじさん』とのトラブルがありましたが、最終的にはゆっくり(?)と休めたようです。

明けて17日(水)、いつものようにヤッチが病室を訪ねると、アルツ君、ベッドで仰向けになり、目を閉じています。

いつもは眠っていることが多いのですが、何か一人でしゃべっています。

最初は寝言が独り言かと、気に留めず、傍らでそっと様子を見つめていましたが、どうも違うようです。

アルツ君の耳に入って来る様々な音に対してアルツ君がいちいち反応しているようなのです。

例えば、看護師さんはPHSを持ち歩き、ナースコールが入ると、これで『どうされました?』などと応答し、患者のベッドに向かいます。

そのPHSの呼び出し音にアルツ君が反応しているのです。

アルツ君:「はいはい、だれも居ませんよ。ばあさんはどっか行っちゃいましたよ~。」

また、別のケースでは、他の患者さんの面会者がいらして、患者さんに声を掛けています。

面会者:「はい、これ着替え。何か他に用は有る?」

アルツ君:「用なんて有りませんよ~。どうせ死んじゃうんですから…。」

あるいは看護師さんが他の患者さんに…。

看護師さん:「顔が赤いようですね。念のためにお熱を計りましょうか?」

アルツ君:「赤いのは、酔っぱらったせいですよ。もう長いことありませんよ~。」

…と、小声でブツブツ言っているのです。

アルツ君の表情は固いわけではなく、どちらかといえば、明るい表情なので最初は、アルツ君が自分の耳に入って来る情報に対して、自分なりに楽しんでいるのかと思っていました。

でも、後でよくよく考えると、これ、アルツ君が周囲の喧騒に対してのアルツ君なりの防御というか抵抗だったようです。

そんなことも気づかないヤッチは、しばらくアルツ君の落語を聞いていましたが、アルツ君にいつもの調子で話し掛けます。

ヤッチ:「旦那さん、ずいぶんと友達が増えたみたいだな?ちょっくら頭を上げるぞ?」

ヤッチはベッドのリクライニング(背もたれ)を上げ、アルツ君が病室全体を見渡せる位置まで持ってきます。

アルツ君:「旦那さんはいませんよ~。死にましたよ…。」

ヤッチ:「ずいぶん、ご挨拶じゃねーかよ。ばあさんの声じゃないから残念だったか?」

アルツ君:「ばあさん?ばあさんってだれだ?」

ヤッチ:「うちのば・あ・さ・ん。キノコ。」

アルツ君:「ふん、どうかしてるよ。うちのばあさんなんかいるわけないじゃないかよ。とっくの昔に死んじゃったよ。」

ヤッチ:「なんで、勝手に殺すんだよ。」

アルツ君:「こないだ、言ってたもん。」

ヤッチ:「ばあさん、いるよ。」

アルツ君:「イイばあさんだけどね…。」

ヤッチ:「コンサートのチケットが福引で当たったんだって。」

キノコさんですが、近所のスーパーマーケットで買い物をした際、そこで福引が有り、特等を当てたそうです。

『福田こうへい』さんという方のコンサートチケットが2枚当たったそうです。

前日にこのことをアルツ君に話していて、『一緒にコンサートに行くのは旦那さんしかいない。』と言うと、これまた『ケンケン泣き』でした。

アルツ君:「あ、そんな事を聞いたな…。」

覚えていた????

ヤッチ:「それもね、特等だって。」

アルツ君:「へー。儲けやがったな。チクショー!」

ヤッチ:「で、2枚も当たったから、一人はばあさんが行くでしょ?そうするとあと一人は誰よ?」

アルツ君:「〇×△□#$…。」

ヤッチ:「旦那さんしかいないじゃん。」

アルツ君:「どこの旦那?となりの?」

ヤッチ:「うちのダ・ン・ナ・サ・マです…。お宅です…。」

アルツ君:「ちぇ、旦那なんていやしないよ。」

ヤッチ:「いやしないっていうのはなに?ここにいるのは幽霊?」

アルツ君:「いないって…。」

ヤッチ:「幽霊って言ったって、足が付いてるぞ?」

アルツ君:「知らないよ。俺は!」

ヤッチ:「足が付いてる幽霊、聞いたことがないぞ?」

アルツ君:「…。」

ヤッチ:「足切るか?じゃあ、今から…。」

アルツ君:「切ったら痛いよ…。」

ヤッチ:「何でいく?チェンソーでいく?」

アルツ君:「困ったなぁ…。」

ヤッチ:「で、切ったところに俺が材木突っ込んでおいてやるよ?」

アルツ君:「俺は、途中下車するよ…。」

ヤッチ:「そっか…。わかった。」

今までのアルツ君なら、もっと気の利いた返しをしてくれるんですけど、やはりまだ本調子ではないんでしょうね…。

ヤッチも消化不良気味です…。



動画をご覧いただくと、お分かりになると思いますが、アルツ君、そんなに機嫌の悪い雰囲気ではありません。

できれば、周囲の音というものにも注意してご覧になって下さい。

絶えず、何かしらの音がして、決して静かではありません。

この後、事態は急変します。

アルツ君のベッドの向かい側に足を骨折して入院しているおばあちゃんがいらっしゃいます。

寝ているアルツ君のところからも、おばあちゃんのベッドは視界に入ります。

この、おばあちゃん、アルツ君が『助けておじさん』と同じ病室に移動になった頃に入院してきたようです。

病室を移動する前はこのおばあちゃんの場所には男性の患者さんが入院していましたから…。

前日、アルツ君が古巣のこの病室に戻って来た時にもいらして、『明るいおじいちゃんね~。すごく楽しそうな方だわ~。』などと、アルツ君を褒めちぎっていらっしゃいました。

おばあちゃんの様子も実にほがらかで温厚そう…。

かわいいおばあちゃんの印象です。

しかし、このおばあちゃん、この日は輸血を病室で受けていました。

両手にはミトンをはめられ、抑制されています。

枕元にある白熱灯のライトが点灯し、おばあちゃんの顔を照らしています。

看護師さんがやって来ます。

看護師さんがおばあちゃんに少し大きな声で呼びかけます。

看護師さん:「○○さん(おばあちゃんの名前)、今ね、輸血してるんだから、そんなに暴れちゃダメ。輸血のチューブが外れちゃうでしょ?」

おばあちゃん:「でも、今日は洗濯をしなくちゃならないのよ~。」

看護師さん:「あのね、骨折しているんだから、歩けるわけないでしょ?今日お洗濯しなくても、治ってからでもできるでしょ?」

おばあちゃん:「でも、この手袋(ミトン)が邪魔なのよ。取ってちょうだい。それに頭も熱いのよ…。」

看護師さん:「今ね、輸血中だから、それが終わってから取ってあげる。」

おばあちゃん:「でも、今外さないとダメなのよ。取ってちょうだいっ!」

もう、お分かりだと思いますが、アルツ君の表情が段々険しくなります。

看護師さん:「わがまま言わないの。もう少しの辛抱だから我慢してね?」

この声にアルツ君が反応してしまいます。

アルツ君:「我慢なんてできるかいっ!!」

看護師さんとおばあちゃんとのやり取りは、実際にはもっと長いものでしたが、素人判断でも、少なからずこのおばあちゃんに認知症の症状が有る事は明らかです。

ヤッチは、アルツ君のベッド近くのカーテンを閉め、周囲が見えないまでにベッドを覆います。

ヤッチが病室に来た時、アルツ君のベッドのリクライニング(背もたれ)はフラット(水平)になっていました。

逆流性食道炎や誤嚥性肺炎の既往歴があるアルツ君なので、看護師さんもいつもは、少し枕が高くなるように、リクライニングを上げてくれています。

そうか?

ヤッチが来る前にもこのおばあちゃんと何か有ったんだ?

それで看護師さんがアルツ君のリクライニングを下げ、アルツ君の視界になるべくおばあちゃんが入らないようにしてくれていたんだ!

ヤッチ:「旦那さんのことを怒ってるわけじゃないよ。」

アルツ君:「うるさいっ!やかましい奴ばかり、ここにはいやがるっ!」

『うるさいのは君も一緒だよ。』と言いたいところですが、もうこうなると、アルツ君の逆流性食道炎による呑酸は治まりません。

『寄って集って俺を殺そうとしている…。』、『寝かせないつもりだ…。』、『毒を盛ろうとしている。』、『こうるせいババア、ぶっ殺してやる。』、『俺が死んじまえばそれで済む話だ…。』、『帰れ。』、『メシなんて食ってやるもんか。』等々…。

数えたら、キリの無いマイナストークの連発です。

さすがにアルツ君だけのために、もう一度病室を変えてくれとは言えない状況です…。

ならば、『個室』に変えてもらえばいいじゃんと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、『個室』も空きが無いそうです…。

それにアルツ君の場合、仮に『個室』に空きが有ったとしても、『個室』で過ごしてもらえない事情があります。

ご存知の方も多いかもしれませんが、アルツ君のように特別養護老人ホームに入所している人が入院した場合、居室を空けている入院期間中も特別養護老人ホームの料金が発生してしまいます。

つまり、入院期間中は、入院料金と特別養護老人ホームの料金、ダブルで発生してしまうのです。

この辺のところを姉がアルツ君の成年後見人さんにお尋ねしたところ、今回のアルツ君の入院でアルツ君のフトコロは相当キツキツらしいです。

この先入院が延びるようなことが有ると、『逆に相談したい。』とまで言われたそうな…。

ん…。

難しい問題ですね…。

病院側もいろいろと配慮して下さっているのもわかるし…。

結局、この日、アルツ君は夕食を一口も食べてくれませんでした。

ボタモチ好きのアルツ君のために、スーパーマーケットで、『こしあん』だけの袋入りのものを発見したので、購入し、持って行きました。

これをアルツ君の口に運びましたが、『こんなまずいもん食えるかっ!』と吐き出されてしまいました。

気分で味覚まで変わってしまうものなんでしょうかね…。

プロファイルするなら、この日、朝食もゼロ、昼食も4割程度しか食べていませんから、朝から何かしらの事件があった事が推測されます。

介護施設においても、色々な問題が出て来るし、病院においてもいろいろ問題が出て来るものですね…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

先生、助けてください!

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 脳梗塞 ナースステーション 看護師 MRI 認知症 短期記憶 逆流性食道炎 誤嚥性肺炎 特別養護老人ホーム 成年後見人 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-502.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2014/12/18 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

3 頁  次のページ »


▲TOP