site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 終末期 の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

終末期の対応~意思確認書

2012/12/17 (月)  カテゴリー: 成年後見制度
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

先日、アルツ君の入所している特別養護老人ホームで、姉、成年後見人である司法書士さん、特別養護老人ホームの職員さんとの間で今後についての話し合いが有りました。

当初は、姉と司法書士さんだけが施設(特別養護老人ホーム)をお借りし、面談する予定だったそうですが、その話を聞いた施設側も是非同席させてくれとのこと…。

ヤッチは司法書士さんとはあいさつ程度の会話をして、一応面識がありましたが、姉はというと、まだ会ったことが有りませんでした。

それで、今後の話もしたいしと言うので、特養をお借りして話し合いの席を設けることになったみたいです。

ヤッチも同席しようかと姉に申しましたが、うるさ型のヤッチが来たのでは、まとまる話しもまとまらなくなるとでも思ったのでしょうか、「私が行くから…。」と軽く往なされてしまいました。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

成年後見人である司法書士さんとの初顔合わせで家族側が一番聞きたかったことは、滞納している家賃などを請求された場合の対応です。

収入のないアルツ君に大きな債務が有る事は事実ですが、これを請求された場合に司法書士さんがどう処理するのかを聞きたかったわけです。

結局、答えは簡単だったようです。

司法書士さん曰く。

司法書士さん:「お父様(アルツ君)と私(成年後見人)はイコールですから、何か有った時は私が代わりにそれを引き受けます。おもに金銭面についてだけですが、面倒なことは私に全部来ますからご心配なさらぬように。裁判所にも逐一報告を上げることになっていますから、不正もできないことになっています。」

実際にその場に居なかったヤッチですから、これは姉から聞いた話になりますが、何とも頼もしいじゃないですか…。

『アルツ君とイコール』の関係…。

まさか司法書士さんがリハパン一丁でボタモチを食べながら、『必殺払わない!!』を敢行するとは思えませんが、アルツ君に火の粉が飛んで来ないのは何よりです。

借りていた家の大家さんに大変申し訳ない話ですが…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

先日もアルツ君の施設に面会に行くちょうど中間地点くらいに、旧借家が有るのですが、たまたまそこを通りかかった時に、すでにその借家は無く、さら地になっていました。

建築計画の大きな看板が立っていて、建築主、施行者の名前にも大家さんの名前はありませんでした。

もしかすると、取れない相手からお金を何年もかけて回収してもらちが明かないというので、大家さんが土地を手放したのかもしれませんねえ…。

今後どうなる事やらわかりませんが、いずれにしても金銭面に関しては成年後見人である司法書士さんが面倒をみてくれるというので、それを信じるしかないようです。

そして、アルツ君に対して、ヤッチの虐待が有るとして、これまで高齢者虐待防止法に基づき、高齢者相談センター(地域包括支援センター)がアルツ家に関与していて、アルツ君宛ての郵便物はすべて高齢者相談センターに転送されていましたが、すでにこの郵便物は司法書士さんの手元に届くように手続きが済んでいるそうな…。

今まではアルツ君のことについて何か特別養護老人ホーム側に話をしたいことが有っても、まずは高齢者相談センターにお伺いをたててからでないと話が進まなかったわけですが、今後は直接話をできることになり、一応は高齢者相談センターは手を引くことになりました。

なにもヤクの密売をやっていたわけではないので、『手を引く』と言うのもおかしな表現ですが、今後も他のことでお世話になることもあるかもしれません。

一応、『高齢者虐待』の文字はアルツ家からは一掃された形です。

まあ、正直スッキリしないのはヤッチだけですかねぇ…。

(-_-;)

いっそムショにでも入っていれば、もっとシャバの空気は美味かったかもしれません…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

成年後見人である司法書士さんとの話は他にも細かなことについて姉がいろいろと話をしたようです。

すべてここでというとちょっと無理なので、折に触れてちょこちょこ書かせていただきたいと思います。

施設側(特別養護老人ホーム)とは、この席で入所に関しての契約書を姉が利用者の代理人という形で契約を交わしています。

アルツ君の入所が今年の5月か6月のはじめくらいの話ですから、ずいぶん間が開いてからの契約ということになります。

まったく、推測ですが、これには高齢者相談センターがアルツ家に介入していたという事実が有るので、もしかすると因果関係が有るのかもしれません。

また、『利用者の代理人』といえば、成年後見人かなとも思うのですが、成年後見人が決まった後に姉の名前で契約書を取り交わすというのも不思議な感じがします。

(・ω`・?ハテナ?

契約書のコピーを姉がヤッチにくれました。

その契約書とは別に『個人情報の取得と利用についての同意書』と『意思確認書』というものが有りました。

『個人情報の取得と利用についての同意書』については最近お馴染みのやつで、第三者に個人情報を提供することはありませんが、やむを得ない場合や法律に基づく場合は情報を提供することもありますが、同意してくれますか?というものです。

姉はその場で署名捺印したようです。

もう一つの『意思確認書』については、まだ特別養護老人ホーム側には提出していません。

A4サイズの用紙一枚だけのものですが、内容はというと、以下のようなものです。
[意思確認書]
  1. 終末期をどこで迎えたいですか?
    • 施設で最期を迎えたい
    • 自宅に戻り、最期を迎えたい
    • 入院を希望する
    • 現段階ではわからない
  2. 終末期の医療として、どのようなものを望みますか?
    • 積極的に受けることを希望する(入院対応)
    • 看取りケアを希望する(施設対応)
    • 現段階ではわからない
  3. 施設利用者が病院に搬送されるような場合、あるいは、家族に連絡が取れない、またはすぐに駆けつけることができない場合の対応について、急変時(心停止・呼吸停止)の蘇生を希望しますか?
    • 延命処置(人工呼吸器装着[挿管]、強心剤、輸血投与等)を希望する
      • ※人口呼吸・心臓マッサージ・AEDの使用は延命措置ではないため、必ず行います
    • 延命処置は希望しない
    • 現段階ではわからない
  4. 献体等の登録についてお聞かせください。
    • 献体等の登録をしている
      • 献体
      • 骨髄バンク
      • アイバンク
      • 臓器提供意思カード
      • その他(    )
    • 献体等の登録はしていない
  5. その他ご希望等があれば、ご記入ください。

【アルツ君の特養の書類を抜粋して引用】

一応、施設側からこの意思確認書についての補足説明の書類も付いていました。

簡単に言ってしまえば、本人(アルツ君)の意思が一番重要になるので、面会を重ねる間に本人の意思の確認をとってくれというものです。

本人の確認が困難な場合は家族で判断し、これを施設側に提出してくれと…。

特に早急に判断し、急いで施設に提出しなくてはならないものではないことも書き添えられています。

また、気が変われば変更も可能のようです。

1の『Q.終末期をどこで迎えたいですか?』の答えの『A.施設で最期を迎えたい』はいわゆる看取り介護、ターミナルケアということになるようです。

御存知のように終末期とは、治療効果が期待できず予測される死への対応が必要となった期間のことです。

亡くなる最後まで施設での介護(本人に苦痛が伴わない状態に限る)を希望することになるわけです。

この看取り介護は、あくまで、医師が看取り介護状態だと判断した時点で行うこととなるようです。

2の『Q.終末期の医療として、どのようなものを望みますか?』に関して『A.積極的に受けることを希望する(入院対応)』は積極的に医療行為を望むという意味です。

『A.看取りケアを希望する(施設対応』はターミナルケアのことで、上記のように医師の判断が必要です。

また、その開始については医師・家族のカンファレンス等が必要になるようです。

3の『延命措置』ですが、最近の救急対応が病院への到着を待たずに延命措置が行われることが主流になっているために、こういった質問が設けられているようです。

つまり、一刻を争うような場合に、ブッ挿すのブッ挿さないの、放置すんの?どうすんの?ってな話です。

4の『献体』というのは、医学、歯学における、解剖学の研究・教育に充てるために、死後の身体を無条件・無報酬で提供する意味らしいです。

まだ、この書類は施設には提出していないと申しましたが、アルツ君にも確認していないし、家族で話し合いの場も設けていません。

何だか難しすぎるというのが印象でしょうかねぇ…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

たとえ認知症でも、年寄りは他人や家族に迷惑はかけたくないと思うだろうし、家族や周囲は少しでも長生きしてほしいと思うのは至極当然なことのようにも思えます。

本人の意思と家族の意思では噛みあわないこともあるのではないのでしょうかねぇ…。

アルツ君にこんな話をどういう雰囲気で話したらよいんでしょうかねぇ…。

ターミナルケアなんて説明したところで、『駅のホームに布団を敷くのか?』とか言われそうだし、『延命措置』なんて言ったところで『ボタモチ食べりゃ元気になるぞ』ぐらいなことを言いそうです。

皆さんはどうお考えになられますかねぇ???

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 意思確認書 終末期 特別養護老人ホーム 成年後見人 看取り介護 ターミナルケア 延命措置 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-365.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/12/17 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

(その2)特養に戻るには『看取り』が条件

2016/09/24 (土)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
バンジージャンプ

アルツ君のことをご心配下さっている方もいらっしゃると思いますので、現在のアルツ君の様子などを書き記したいと思います。

重複した内容ばかりですが、どうか御容赦のほどを…。

さて、前記事で誤嚥性肺炎で入院中のアルツ君の様子を食事摂取や水分摂取などについて、やや不安定であると書かせていただきました。

しかし、前記事で書かせていただいたカンファレンス(会議)の直後から急に回復…。

『回復』という言葉は医師が判断すべきことで、素人のヤッチがしてはいけないそうなのですが、あえてこの言葉を使わせていただきます。

8月後半から現在に至るまで、点滴を受けていません。

同じ病院内の療養病床に今後のことが決まるまでの間部屋を移ってもらう予定でしたが、病院のご配慮なのか、部屋を移動することなく、一般病床で過ごしています。

食事摂取については、ここ2週間くらいは毎食出される食事をほぼ完食。

出される食事は通常出される食事の半分の量なので、全部食べても通常の半分の量になりますが、下降線ではないので家族としては一安心といったところです。

夕食時にはヤッチが食事介助をさせていただいていますが、持参したアボカド(半分に切ったものを手動でペースト状にしています)に黒みつを和えて食前にペロリ。

出された食事をすぐに食べ終わり、食後にオハヨー乳業の焦がしキャラメルプリン(4個入り)一つをさらにペロリ。

画像はオハヨー乳業さんからお借りしたものです

笑顔も出るようになり、入院時に比べると表情も豊かになってきました。

会話も少し長くできるようになってきました。

アルツ君に言わせると、『腹が減っては戦ができぬ』ではなく、『腹が減ってはいい屁はできぬ』で、『武士は食わねど高楊枝』ではなく、『武士は食わねーと死んじゃうよ』だそうです。

また、4年後の東京オリンピックにも出場すると申しております。

9月13日(2016年)に現在アルツ君の入院中の医師からも病状説明があり、『いつ退院していただいても病院はかまわない。今後については受け入れ先になる施設とご相談なさって下さい。』とのお言葉を頂戴しました。

で、この『受け入れ先になる施設』ですが、前記事では特別養護老人ホームの生活相談員さんから延命(治療)を望むなら療養病床を勧めるということを言われました。

医療型の施設(医療保険適用)なのか、介護療養型の施設(介護保険適用)なのかはおっしゃいませんでしたが、延命を希望ならば、医療施設の無い特別養護老人ホームよりは、医療を受けられる療養病床を探してそこに入所(入院)した方が良いというお話でした。

療養病床に移った時点で特養は自動的に退所になります。

繰り返しになりますが、もし特養に戻りたいのなら看取り介護計画の同意書にサインが必要で、その覚悟がない場合は受け入れをできないというお話です。

要は特養に戻るとすれば、アルツ君をこれ以上回復の見込みなしとして、医療効果の期待度は無いので、特養で積極的な医療を受けずに自然流れで死んでもらう覚悟が必要ということです。

基本的には今回のように誤嚥性肺炎になってもまた入院というわけにも行かず、救急搬送のようなこともしないという同意です。

終末期を迎えたアルツ君について、特養では苦痛を取り除くような緩和ケアを行うというものです。

勧めが有ったからというわけではありませんが、まだアルツ君を『看取り期(終末期)』とすることに迷いが有ったので、前回のカンファレンスの後から療養病床を探すことにしました。

特養に戻ることを選ぶか、療養病床を選ぶかの返事は9月の中旬までにしてくれと言われていたので、2~3週間程度しか余裕が有りませんでした。

今アルツ君の入院している病院も療養病床を併設しているので、環境を変えることなくアルツ君を移すことができます。

しかし、費用が高額でとても費用を捻出できません。

現在アルツ君の入院中の病院から何件か療養病床を紹介してもらい、姉が中心となって、問い合わせや見学、面接を行ってきました。

しかし、むずかしい…。

まず東京都内の療養病床はほぼ満床…。

病院の都合で断ることもあるので、実際のところはわかりません。

待機者も相当数いらっしゃるようです。

エリアを広げ検討しましたが、費用面が合わない状態です。

それにたとえば現在の居住区を遠く離れ、比較的安価の療養病床を見つけたとしても、頻繁に面会にはおそらく行けなくなると思います。

『ばあさん命』のアルツ君ですから、母が面会に来ないのではアルツ君が長生きできたとしても、かわいそうな気がします。

また遠方となれば、母も車椅子でなくては無理…。

努力が足りなかったのかもしれませんが、短期間で見合う場所が見つかりませんでした。

一つだけ、比較的母のアパートに近い療養病床を紹介していただき、姉が面接に行ってきましたが、やはり満床で入院するには2~3か月程度、系列の病院に入院してベッドの空きを待たなくては無理でした。

将来閉院が決まっている介護療養型医療施設(介護保険適用)です。

いろいろと家族と相談し、特養に戻ることをお願いしようということになりました。

前述したアルツ君の入院している病院の医師の病状説明を聞いた後、特養にその意思を伝えました。(9月13日 入院中の病院の医療相談員さん経由)

申し入れをしたところ、再度話し合いを持ちましょうということになりましたが、特養の嘱託医の予定が取れないため、1週間ほど間が空いてしまいました。

改めて後日、『今後について話し合いを持ちましょう。』と特養から成年後見人さんに電話が有りました。

日程は昨日の2016年9月23日(金)で、場所は特養の嘱託医のクリニックです。

で、家族側からは姉、成年後見人さん、ヤッチがお伺いし、特養側から、嘱託医、特養の主任看護師さん、生活相談員さん、課長さんです。

話し合いは、1時間程度だったと思います。

すべて書き記すとキーボードが悲鳴を上げるのでご容赦願って、端折って書かせていただきます。

まず、姉が特養の嘱託医からの求めで、現在入院中の病院の医師から聞いた病状説明をそのまま嘱託医に話しました。

『病院側の医師から回復の見込みなしとは聞いていない。普通の退院です。』ということも付け加えました。

それでも嘱託医からは『特養に戻るのではなく、療養型の病院をお勧めします。』というご返事。

『我々家族が考えている介護施設と実際の介護施設では考え方(介護の質)に大きな隔たりが有り、戻って来ても家族が不満を感じるし、不幸に感じるかもしれない。』というのが大きな理由で、『長生きさせたいなら、療養型を勧める。』というものでした。

特養側から『看取りに対するお覚悟が足りていないご様子なので、療養病床をお勧めします。もし、戻られるなら前回のカンファレンスで申し上げたように、同意書にサインをもらわないとお受けすることはできない。』というお話。

姉からは『同意書をみせてもらってから同意するかしないかの判断できないか?』の問いには、『書面上の問題ではなく、看取りに対するお覚悟の問題で、そういう次元の話ではない。』とのご回答。

同意書についてはまだ作成されていないとのことでした。

ヤッチからは、『まだ特養との契約は生きていると思うので、一旦病院からアルツ君を受け入れてもらって、それから同意について考えさせてもらうことはできないでしょうか?』という問いに関しては、『契約上の問題ではなく、そもそも療養型の病院で治療(医療)を受ける必要のある方を医療のない介護施設では受け入れられない。本来受け入れられない人を受け入れるのだから、同意書のサインが必要ですよと申し上げているのです。』

おおむね、こんな内容だったでしょうか。

特養側はっきりとおっしゃったわけではありませんが、『我々家族の看取りに対する覚悟がいまだに足りていない。足りていない以上は療養型の医療を選択することを勧める。』というのが、この場での話し合いの結論ということになるのでしょうか。

療養型を検討した上で特養に戻れないかの打診をした家族としては、どうしてよいのかわからなくなってしまいました。

話し合いの途中で、ヤッチは嘱託医におたずねしました。

ヤッチ:「今の段階で、父は『回復の見込みなし』とご診断されるのでしょうか?」

嘱託医:「いや、それは、まだ(アルツ君のことを)診ていないので、何とも言えません。」

医師の『回復の見込みなし』の診断(判断)が下りておらず、アルツ君がまだ看取り期(終末期)であるということも判明していないのに、それに先行して看取り介護計画に同意しないと特養に帰れないという部分については、正直なところ、どう解釈をしてよいのかわかりません。

10月アタマで特養の退所期限…。

どうする?





ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 看取り 終末期 覚悟 療養病床 特別養護老人ホーム 特養 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-546.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2016/09/24 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP