site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 砂糖 の検索結果  3 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

インスタントコーヒー

2011/12/20 (火)  カテゴリー: 食事
▲ Page Top
インスタントコーヒー
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

我が家の朝食はパンとコーヒーなのですが、最近このコーヒーに異変が…。

インスタントコーヒー003
もちろんコーヒーといってもドリップして入れるような本格的なコーヒーではなく、インスタントコーヒーです。

パンは近所のスーパーで買ってくるコッペパン。

アルツ君はジャム&マーガリンを食べ、ヤッチはつぶあん&マーガリン。

2011080821020000_20111220140652.jpg
キノコさんは食パンをトーストして食べます。

アルツ君はこのネスカフェゴールドブレンドに砂糖をたくさん入れて、ミルクは入れません。

なぜか緑茶はキノコさんに入れてもらうのにコーヒーは基本自分で入れます。

ただ放っておくと砂糖をティースプーンに山盛り3杯くらい入れてしまうので目が離せません。

アルツ君が先にコーヒーを作った後、今度はヤッチがコーヒーを作ります。

ヤッチは基本朝はブラックです。

コーヒーをマグカップに入れようとすると…???

この間新品のパッケージを開けたばかりなのにもう瓶の半分くらいは無くなっています。

ヤッチは夕食後にこのコーヒーを入れて飲んだりしますが、そんなに頻度は多くないので消費しているのは3人だけだし、朝に消費しているのがほとんど。

なのにもう100gのインスタントコーヒーが半分も無くなっている…。

自分もちょこちょこ飲むのでコーヒーの減り加減など細かくチェックするようなことはなかったのですが、どうもこのインスタントコーヒー1週間で空になるかならないかの消費量です。

ちょっと減るのが早すぎるような気がします。

(-_-;)

いつもは全員バラバラに朝食をとりますが、今日は全員早起きしたので3人一緒に食卓に着きます。

キノコさんはすでに洗濯機を回し、食事が終わるころには洗濯機が止まるように段取りよく朝から働いています。

「あんまりお砂糖たくさん入れて飲んじゃダメよ。」

キノコさんがアルツ君に釘を刺します。

「わかってるよ!!子供じゃあるまいし。」

そう言いながら今日はティースプーン2杯でしたが、スプーンに積載できるだけ積載してしまえといった感じでゆっくりとスプーンをマグカップに運びます。

「そんなに取ったらこぼれれ…。」

キノコさんがそう言うか言わないかのタイミングで床に砂糖をぶちまけてしまいます。

「そんなに欲張って注ごうとするからよ。」

「そうか~?ちっとだったんだけどな~。」

「うそうそ。山盛りにお砂糖を取ってましたよ。」

「お前がのぞき込んでたから砂糖が恥ずかしがって逃げちゃったんだよ。」

「そんなわけないでしょ。」

今日はアルツ君欲張った分だけ砂糖は少なめになってしまいました。

それでもけっこうな甘さだと思います。

(-_-;)

アルツ君のぶちまけた砂糖を片づけ、ヤッチがコーヒーを入れようとすると…。

ここでコーヒーの異変に気づきます。

「最近コーヒー減るの早くないかあ?」

「そう~!?私はあんまり飲まないから…。」

最初にキノコさんが答えます。

アルツ君は我関せずでジャム&マーガリンに食らいついています。

「もう無いならまだ買い置きが有るわよ。」

「いや。まだ有るんだけど随分減るのが早いと思ってさ…。」

謎は解けぬままヤッチもつぶあん&マーガリンを食します。

アルツ君朝からコーヒーをゴクゴク飲みます。

「よくそんなに朝からコーヒーをゴクゴクと飲めるな?」

「うん!!好きだもん!!」

砂糖がいっぱい入っていて口当たりがいいのでしょうか…。

常人では真似できない飲みっぷりです。

「先にコーヒーばっかり飲んだら、パンが残っちゃうぞ。」

「無くなったら無くなったでいいんだよ。ばあさんのもらうから。」

「まあ!!」

パンとコッペパンの分量を考えてバランスよく食べたり、飲んだりするのではなく、コーヒーを先に飲み干してしまいました。

ヤッチは早食いなのですでにパンは食べ終わり、残りのコーヒーも飲み干します。

そのうち洗濯機が止まりブザーが鳴ります。

ヤッチは先に食べ終わってしまったので、洗濯物を持って行くかどうかをキノコさんにたずねます。

湿った洗濯物を二階のベランダで干すのですが、キノコさんに湿って重くなった洗濯物は二階にはあげられません。

そこでヤッチかアルツ君が二階に持って行くのを手伝います。

「今日はおじいちゃんに持って行ってもらうからいいわよ。ねっ!?おじいちゃん。持て行ってくれるんでしょ?」

今度はキノコさんがアルツ君に問いかけます。

「はいはい。持って行きますよ。持って行かないと夜飯食わしてもらえませんからねえ~。」

こうしてヤッチは自分の二階の部屋に…。

アルツ君は洗濯物を二階まで運んで、再度一階の茶の間へと降ります。

キノコさんはタッチ交代でアルツ君が二階に運んだ洗濯物をベランダで干します。

ヤッチは茶の間に携帯を置き忘れたのに気づき一階の茶の間に戻ります。

img12.gif
茶の間には台所でインスタントコーヒーの粉をマグカップに入れるアルツ君の姿が…。

ヤッチの突然の侵入にアルツ君ドキッとします。

「犯人は旦那さんか~。」

「犯人?犯人ってなんのことだ?」

突然の侵入に動揺を隠しきれません…。

その証拠に砂糖をバカスカとマグカップに放り込んでいます。

「ほら!!そんなに入れたら糖尿病になっちゃうよ!!」

「あ。あぁ…。」

「コーヒーもこんなに入れて…。普通の3倍くらいは粉が入ってるぞ!!」

「大丈夫だよ。余計にお湯をイッパイ入れれば…。」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : パン コーヒー ジャム&マーガリン つぶあん&マーガリン マグカップ 砂糖 スプーン 洗濯機 片岡鶴太郎 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-200.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/20 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

めげない職人

2011/12/21 (水)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日コーヒーを盗み飲みしているのをヤッチに見つかり、それを知ったキノコさんの怒りを買い、キノコさんにコーヒーは隠されてしまいました。

(^_^;)

【BLOIS】 カルピスカルピスギフト昨日のコメントでもちょっと触れましたが、少なからず皆さんも盗み食いや盗み飲みをしたことがあるんじゃないでしょうか!?

ヤッチはカルピスを小さい頃よく盗み飲みしていました。

お中元かお歳暮かは忘れましたが、ギフトでもらったカルピスをキノコさんが居ないすきにラッパ飲み…。

今考えるとゾッとしますが、もちろん原液です。

今みたいにカルピスも紙パックではなく、原液を薄めて作る物は瓶物で、なんか子供が簡単に触ってはいけない高貴な存在だったような気がします。

そんな美味しい、しかも神聖なものが冷蔵庫に入っていると思うと、いても立ってもいられません。

こっそり冷蔵庫を開けてゴクリっと…。

お中元などでカルピスをもらうとそりゃあ嬉しいのなんのって…。

ワァ──ヽ(〃v〃)ノ──イ!!

特にぶどう味のカルピスは格別で、それを持ってきてくれたおじさんやおばさんは、以来ヤッチの中では『いい人』に変身します。

カルピスをグラスの何分目まで入れるかでもよく姉と喧嘩をして泣かされた気がします。

「もう少し入れて?」

「ダメ!!こんくらいにしときなっ!!」

「もうちょっと!!」

「お前はまだちいちゃいから少しでいいのっ!!」

「(つд⊂)エーン」

姉は今考えるとその分ズルして自分のグラスに多く注ぎ、濃いカルピスを飲んでいたような気がします。

アノヤロ━(ノ゚゚Д゚゚)ノ━!!!

話しがだいぶそれてしまいましたが、コーヒーを隠してこれで完璧だと思ったキノコさん。

まだまだ修行が足りません。

今度は温かい緑茶に砂糖を入れるという新技の披露です。

キノコさんが洗濯物を干し終わって下の茶の間に降りて来た時に台所の床に砂糖が飛び散っているを発見。

アルツ君の口元にも砂糖がくっ付いていたそうな…。

アルツ君の湯呑には溶けきらなかった砂糖がワンサカ沈殿していたそうです。

湯呑に割り箸を突っ込んでお茶を飲んでいるアルツ君を不審に思ったキノコさんが湯呑を取り上げたら、まあ砂糖がたくさん入っていること…。

「さすがに怒ったわよ。」とキノコさん…。

お次はは砂糖、お茶の急須や茶筒、湯呑まで隠したらしいです。

でもご存知のようにそんなことでへこたれるアルツ君ではありません。

(^^ゞ

今日はキノコさんがなるべくアルツ君から目を離さないようにし、一日中二人で『だるまさんがころんだ』をやっていたようです。

夕方になり、ヤッチが帰って来るとアルツ君をお風呂に入れます。

服を脱がせようとアルツ君の上着に手をかけると、着ているフリースのポケットが何だかゴワゴワしています。

「なんかポケットに入ってるのか?」

「何にも入ってないよっ!!」

サッと身をかわし、上着に手をかけたヤッチの手を振りほどいてしまいました。

(P因¬q)))→ぁ→ゃ→ι→ぃ!!!

「何が入ってるんだ!!」

ヤッチも昨日の一件が有るだけにやや強い口調です。

「何にも入ってないってら~。」

「じゃあなんで今隠そうとした?」

「隠そうなんてしていないよ!!お前が触ってくすぐったかったんだよっ!!」

「ほんとうか~?」

「本当だよ。何にも入ってなんかいないよ。」

「じゃあ見せてみろっ!!」

アルツ君のフリースのポケットを物色します。

相変わらず使ったティッシュペーパーがいっぱい出てきます。

「なんでこんなにいっぱいティッシュが出てくるんだ?」

「失礼だな~。俺は物持ちがいいんだよ。」

物色しているとその使い古したティッシュの中に他のティッシュとは明らかに重量の違うものが出てきます。

少しずっしりとした感じすらあります。

恐る恐るポケットからそのティッシュを取り出します。

???

「ま~たこんな事してるのか~???」

出てきたのはティシュにくるまったお砂糖です。

角砂糖ではなく普通の粉の砂糖です。

(-_-;)

しかもアルツ君の右手のポケットはティッシュを全部取り出すとこぼれたお砂糖だらけです。

「これ、お砂糖だよな?」

ヤッチはアルツ君に詰め寄ります。

「砂糖?そんなもん入ってないぞ!?」

「じゃあ、これはいったい何なんだって言うの?」

「あー。これっ!?これはお前砂糖じゃないよ。塩だよ。塩。」

「ふーん。じゃあ塩でもいいよ。こんなものポケットに入れてどうするつもりなんだよ?」

「あーあ。さっきナメクジが居たから…、かけたんだよ…。」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : コーヒー 盗み飲み カルピス お中元 お歳暮 紙パック 砂糖 緑茶 ティッシュ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-201.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/21 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

防衛大臣かっ!!

2012/02/07 (火)  カテゴリー: 認知症の症状
▲ Page Top
caffe01.gif

こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

久々に出てしまいました。

アルツ君の深夜の盗み食い。

正確には深夜かどうかわかりませんが…。

深夜の2時を回った辺りでしょうか。

階段を降りる音が聞こえてきます。

ドタドタと階段を降りるのは、この家には、約一名の人間しかいません。

(^_^;)

仕方なく、ヤッチも布団を抜け出し、様子を見に階下へと降ります。

降り続いている雨はまだ止んでいないようです。

かすかな雨音ともに階下からは水道の蛇口をひねる音が聞こえてきます。

やはり、アルツ君です。

深夜だというのに、冷たい水で顔を洗っています。

入れ歯は装着していないようです。

「なに?どうかしたのか?」

ヤッチがアルツ君に声をかけます。

「いや~。仕事に行こうと思ってさ~。」

アルツ君。いつからかはわかりませんが、たびたびこの言葉を口にします。

仕事というのは庭木の剪定の仕事で、アルツ君の植木職人の頃の仕事のことです。

一軒のお宅の庭木の剪定をアルツ君がやっていると、隣のお宅の方がアルツ君に声を掛けて、「家の庭も時間のある時にやってくれないかしら?」と依頼が入り、アルツ君のお得意様が増えていきます。

そういう理由から、アルツ君の職人時代のお客様のお宅は一か所の地域にまとまっていることが多く、あっちこっちに散在しているわけではありません。

そしてアルツ君にどこへ仕事に行くのと聞くと、必ず、「あの肉屋のある角を曲がった郵便局のそばだ。」と返してきます。

確かにそこには昔のアルツ君のお得意様の家は密集しています。

しかも『肉屋』、『郵便局』も今でも存在します。

でもお得意様の名前を聞くと、「名前は覚えていないけれど、そこの家に行けばわかる。」と曖昧な答えになってしまいます。

おそらく、自分が元気だったころの職人の目で、自分が運転する自動車のフロントガラス越しに映像を見ているのだと思います。

「一方通行を入ったところだ。」という表現も時々口にするので、多分自動車を運転している感覚も残っているのでしょう。

しかし、アルツ君、最近自動車の運転はしていませんし、ましてやアルツ君の言う『郵便局のそば』には出かけていません。

お得意さまから、注文をいただいているわけもなく、こちらからお伺いを立てたこともありません。

本人は幻視の中で庭木の剪定の仕事依頼を受けているのは間違いなさそうです。

別の言葉を借りるなら、思い込みというやつです。

「仕事の行くと言っても、だいたい外は雨だぞ!?それに今、何時かわかってる?夜中の2時だぞ。」

「そうか…。雨か…。それじゃあ、仕事には行けないな…。」

「うん。それに今から仕事に行ったら、真っ暗だし、お客さんはまだイビキをかいて寝てるかもしれないよ。」

「そうか…。今何時だっけ!?」

「2時。」

「ウソだあ~!?」

「ウソじゃないよ。時計を見てごらんよ。」

アルツ君を洗面所から茶の間まで連れて行き、時計を見せます。

「なんだ~??この時計壊れてんのかぁ???」

「いや、壊れてるのは入れ歯を外して時計を見ているご老人だよ。」

「俺は壊れてなんかいないぞ。」

「わかったよ。訂正するよ。『狂ってる』でいいんだろ!?」

「ちぇっ!!仕方がないや。また寝るかっ!!」

そう言いながらもインスタントコーヒーの瓶を手に取り、ふたを開けようとしています。

「いやいや。寝るんだろっ!?『寝る』って言っている人が、何でコーヒー飲まなくちゃいけないの?」

「習慣だよ。習慣…。」

「そんな悪い習慣はやめた方がいいよ。ほら!!寝よっ!!」

渋々、アルツ君は階段を登り、ヤッチも後から続き、アルツ君の寝室に入ります。

冬の布団は重く、それを持ち上げられなくなってきているアルツ君にヤッチは布団を掛けます。

アルツ君に、今まで『焼かれているみたいで嫌だ』と言っていた電気敷き毛布をセットしていますが、さすがに最近寒いのか文句は言いません。

アルツ君が寝静まるまで、隣の自分の部屋でヤッチはしばらく目を覚ましていましたが、静まり返っていたので、いつの間にか眠りについてしまいました。

(´vωv)。o ((夢))

目覚ましの音よりも早く、アルツ君が階段をドタドタと登って来る音でヤッチは目を覚まします。

「おい!!ばあさん!!俺のパンはどこに隠した?」

アルツ君が一番最初に起きて、一階に行き、自分のパンが無いことに気づき、再び二階の寝室に上がって来て、自分の隣で寝ていたキノコさんを起こしているようです。

昨日の2時の時点でヤッチはアルツ君のパンがきちんといつもの位置にあるのを確認しています。

キノコさんの声が聞こえてきます。

「パン?パンならいつものところに置いてあるでしょ!?隠したりなんかしていないわよ。」

少しただならぬ状況なので、ヤッチはいち早く一階の茶の間へ降りて確認です。

テーブルの上には、パンくずが散らかっていて、ストロベリージャムの瓶は空になっています。

illust1034_thumb.gif

ジャムの瓶には大さじのスプーンが投げ入れられています。

コーヒーカップの中身は無くなっていますが、コーヒーを飲んだ形跡が有ります。

溶けた砂糖がカップのそこにドロッとしているのが見えます。

いつの時点かはわかりませんが、ヤッチが爆睡している間にアルツ君が、再び階段を降り、茶の間に入って自分のパンを食べたとしか思えません。

それが、深夜だったのか、明け方だったのか、早朝だったのかはわかりません。

キノコさんとアルツ君が少し言い合いをしながら、下に降りてきました。

「どうせお前が食っちゃったんだろっ!!お前は食いしん坊だからな~。」

「私がそんなことするわけないでしょ!!あんたが起こしに来るまでグッスリだったんだから!!」

「ふん。寝坊助がっ!!」

最初に茶の間に入ってきたのはキノコさん。

「あらやだっ!!また、夜中に食べたんでしょ!!どう考えてもあんたしかいないわよ!!」

「なんでよ~?どうして俺だってわかるんだよ~?ふん。」

「だってこれはあんたのマグカップでしょ!?みんな自分で飲むときは専用のものが有るんだから。」

「じゃあ。泥棒が入ったんだ。」

「泥棒のわけないでしょ!?だいたいカップの中にお砂糖がまだ沈殿して残ってるじゃない!!こんなにお砂糖をイッパイ入れてコーヒーを飲むのはあんたぐらいいしかいないわよ。」

「甘党の泥棒かもしれないぞ?」

「甘党の泥棒はあんたでしょっ!!」

あまり冗談の通じないキノコさん。自分が犯人にされたのが腹立たしいのか語彙が強めです。

「やっぱり俺なのかなぁ…。」

「だいたいお砂糖をたくさん入れ過ぎよ。買ってきたってすぐに無くなっちゃうんだから…。

「ふんっ!!わかりましたよっ!!」

アルツ君、ちょびっと半ギレです。

もうとうに気づいていらっしゃいますよね!?

この後のアルツ君のセリフ…。

(*^_^*)

「ふんっ!!わかりましたよっ!!もうコーヒーは飲みませんっ!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 7 件
ツイートする

キーワード検索 : 盗み食い 入れ歯 庭木の剪定 コーヒー パン 砂糖 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-244.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/02/07 | コメント (7) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP