site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 昼夜逆転 の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

三日月

2011/10/23 (日)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

毎日毎日下の話題ばかりでお食事中の方、食前食後の方には大変ご迷惑をおかけしています。

m(__)m

というわけで今日もこの話題です。

(●`w´●)ニァ・・

連日連夜アルツ君の夜の尿失禁に悩まされ続けているキノコさんとヤッチですが、昨日はアルツ君尿失禁をしませんでした。

(-_-;)

せっかく尿取りパッドに切れ込みを入れ、アルツ君の紙パンツに両面テープで固定するというじみ~~な作業を昨日していたヤッチですが、実験の成果を確かめることができません。

。+゚(pωq)゚+。エーン

しかもアルツ君昨日に限って一滴もしてないんです…。

こっちは昼夜逆転してしまい、アルツ君に呼び出しを食らうことはなかったのにあまり熟睡できず…。

キノコさんもどうやら同じだったらしく、三人とも日曜日だというのになぜか早起きです。

ため息をつきながら茶の間に入ってきたキノコさんに向かって一番元気なアルツ君が話しかけます。

「お前はずいぶんばあさんになったなあ~。何だかゲッソリしてるぞ。」

「当たり前じゃない!あんたが寝かしてくれないんだから!」

「俺はお前に寝ちゃいけないなんて一言も言ってないぞ!?」

「はい。はい。そうでしょうね~。」

キノコさん朝からやる気ナッシングです…。

不愛想にアルツ君にコーヒーを注ぎ、ジャム&マーガリンをテーブルの上に置きます。

封がすでに切ってあるのに逆から開けようとするアルツ君。

ようやく開けることが出来ましたが、逆の出口から逃げられてしまいます。

テーブルの上に落ちたパンを拾い上げながらブツブツ言っています。

「チクショー!!お前パンのくせにけっこうすばしっこいな!?」

ヤッチは先に食べ終わってしまったので、さっさと二階の自分の部屋に引っ込みます。

しばらくするとアルツ君の大きな声が下から聞こえてきます。

咳こんだり、くしゃみをしたりすると大音響なので最初はあまり気にもしませんでした。

どうやらまたキノコさんとやり合ってるのかな?

しばらくしても声はやみません。

どうやら咳こんでいるのではない感じ…。

????

部屋の戸を開け、階下の様子を聴こうと耳をすまします。

なんだか嗚咽しているようなアルツ君の大声です。

階段の降りるとすぐ脇にトイレがあります。

トイレの戸を開けっぱなしにしてリーバースしているようです。

キノコさんが後ろで何やら指示してわめいている感じにも聞こえます。

恐る恐る階段を降りていくことに…。

階段の踊り場を廻ると階段の上には洗面器が…。

もう一段降りると洗面器の中に少量の嘔吐物が…。

「ちょっと一回ここに座って休みなさい。」

後からキノコさんに聞いた話ですがパンを一口二口かじったところで急に顔色を変えてトイレに駆け込んだらしいです。

ヤッチが二階に行ってしまった直後のことらしいです。

誰かに毒を盛られたか???

いや。いや。戦国下剋上の世ではないのでいくらヤッチでもそのようなことはやると思います。

えっ~!!

急に『気持ち悪い』と言い出し、トイレで嗚咽を始めたらしいです。

かなり長い時間便器に話しかけていたらしいので、体力の消耗を考え、キノコさんがアルツ君のためにパイプ椅子を出してきたようです。

状況をまだ把握していなかったヤッチは階段の上から二人のやり取りをしばし傍観するしかありません。

「早くここに座っちゃいなさい!!」

キノコさんがアルツ君の上着の背中を引っ張っているようです。

トイレから少し離れた場所に椅子は置いてあります。

アルツ君がトイレから出てきます。

朝一であった時の血の気は全く消え失せています。

トリカブト?

フラフラ~っと出てきてキノコさんの用意したパイプ椅子に身をゆだねます…。

かなりスローなフワーっと力の無い足取りです。

もう魂が抜かれているのかもしれません…。

しかしっ!!!

腰かけたのはいいのですが背もたれのないところ、そう横向きに腰かけてしまいました…。

当然アルツ君の背中を預かってくれるところはありません。

宅配便が来てもご近所さんで預かってくれるところはなく、しぶしぶドライバーは不在票を走り書きしてポストに投函です。

(今どきやんねーよっ!)

背もたれがあると勘違いしているのか、全く意識がないのか遠慮なくアルツ君は背中を空中背もたれに預けていきます。

けっして定期預金ではなく、普通預金です。

キャッッーーーーーッッッッッッッーー!!!!

キノコさんの悲鳴がご近所さんに居留守を使っていることを知らせてしまいます…。

ドッタンッッッッッッッ!!!!

空中を背もたれと勘違いした職人の背中は階段下のフーローリングの床をなんのためらいもなくノックしてしまいます!

受け身をとれなかった元職人の眉間は厳しい下剋上の世に深々とした皺を刻みます。

「うっーーー。」

硬直した表情からは鈍いながらも空気が漏れだします。

「ちょっと!!!」

キノコさんの慌てふためいた悲鳴が再び鳴り響きます。

(ちょっと何なんでしょう?)

「ちょっとしっかりしてっ!!!」

(ちょっとよりイッパイだろっ?)

「いた~いィ……。」

どうやら意識はあったようです…。

ε-(゚д゚`;)フゥ...

だいぶスローに描写していますが、実際には瞬時の出来事です。

ヤッチも階段を慌てて飛び降ります。

けっしてアルツ君にニードロップはくらわせていませんので…。

もうあと30センチ倒れる所がずれていたら玄関のタイルに頭を痛打しているところです。

ε-(゚д゚`;)フゥ...

「頭打ってないか?」

ようやくヤッチの登場です。

返事がありません…。

「目開くか?」

聞こえていたようで、薄目を開けます。

「ちょっと触るぞ!」

そう言ってヤッチはアルツ君の右指を少し小突くような感じで叩きます。

「感じるか?」

かすかに目を閉じ、うなずきます。

「こっちは?」

逆の手の指を同じようにして反応を確かめます…。」

「感覚あるか?」

「あぁー。ちょっと起こしてよ。痛い。」

ようやくアルツ君が口を開きました。

どうやら意識もあるし、頭は幸い打っていなかったようです。

フローリングの固いところに仰向けになっていたのでそっちの痛みの方が本人にとってはつらいようです。

「じゃあ。ゆっくり体起こすからな!痛かったら言えよ!」

ゆっくり仰向けの状態を起こします。

「あー。楽になったあ~。」

ようやくアルツ君にも表情が戻ります。

青ざめていた顔色にも赤味がさしてきました。

(*^_^*)

「どっか痛いところあるか?」

「背中が痛いぞ。」

「じゃあ。生きてるな。よかったよかった。」

「お前そんなセッショウなこと言うなよ。ちょっとあっちに連れて行けよ。」

あっちとは茶の間です。

「じゃあゆっくり起こすけど歩けるか?」

「わからん!」

「まあいいや。じゃあ。起こすぞ!」

我流ですが最近は尻もちをついているアルツ君を簡単に起こす術をマスターしつつあります。

ほとんど力づくですが…。

アルツ君を抱きかかえるようにして茶の間のソファーまで運びます。

キノコさんにはソファーの上に簡単な布団をひいておくようにお願いしてあります。

ようやくアルツ君をソファーに寝かすことが出来ました。

やはり背中を痛打しているので圧迫骨折していないかが心配です。

背中が少し痛むようですが、ほかはいつも通りに戻ってきている様子。

キノコさんもホッとした様子です。

「ちょっと~」

キノコさんがまたしてもこの言葉を発します。

今度はアルツ君ではなく、ヤッチに向けられています。

しかもヤッチの股間あたりを指さしてます。

「何?」

「何ってよく見てごらんなさいよ!」

???

何やら茶色いネチョネチョした物体がヤッチのズボン、そして胸あたりにも点々と付着しています。

????

くさーーーいっ!!!

寝ているアルツ君のお尻あたりに目をやるとキノコさんが用意した布団のシーツににも同じような物体が…。

こっちは粘性は失われ、むしろこすり取られた後のような紋様です。

あっーーーーー!!

やられました…。

ウソ━Σ(-`Д´-;)━ン!!

そう…。

アルツ君の子猫ちゃんの流産です…。

クソ━Σ(-`Д´-;)━ン!!

このままでは子猫ちゃん達はアルツ君のお尻につぶされたままです。

その下の布団からも救出の要請が入りました。

少し元気取り戻したアルツ君を起こすしかありません。

着衣を脱ぎ捨てようと思っていたヤッチはさらなるリスクを避けるため、まみれた着衣のまま任務を決行することに…。

アルツ君に一応お伺いを立てます。

「もう一度起き上がれるか?」

「あん?」

「そこから立てるかい?」

「当たり前だろ!?そんなもん簡単だ!」

流産後なのにスッキリしているのか、流産したからスッキリしているのか…。

とにかく完全にアルツ君復活です。

「じゃあ。ゆっくり状態起こして!ゆっくりだよ!」

上体を自分で起こしたアルツ君にアルツ君に踏みつぶされて押し花と化してしまった子猫ちゃんの残骸を指さします。

もうシーツがかなり水分を吸収しています。

ちょうど身を起こしてお尻の辺りに手をついているアルツ君です。

危うくまた『ねこ糞じゃった』を演奏してしまうところでした。

⊂(^ω^)⊃ セーフ

「ちょっと手元見てみな?」

……

「あっーー!!!」

アルツ君もびっくり。

続けてしゃべります。

「だれだ?こんなところにしたのは?」

「誰って決まっているだろ!?そーっとケツ持ち上げないと大変なことになるからな!」

「うーん。それにしてもこのシミは変な形してるなあー。」

……

「わかった!三日月だ!!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ




ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 8 件
ツイートする

キーワード検索 : 失禁 紙パンツ 昼夜逆転 ジャム&マーガリン リーバース トイレ パイプ椅子 子猫ちゃん 三日月 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-142.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/10/23 | コメント (8) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

猫踏んじゃった!!

2011/12/06 (火)  カテゴリー: デイサービス
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日はアルツ君デイサービスの日です。

デイサービスのある日はあまり早くから起きると玄関の寒いところで長いことお迎えを待ってしまうので今日はキノコさんが少し布団の中でのんびりしていなさいと言ったようです。

もちろんデイサービスのお迎えの車は定刻に迎えに来るのですが、本人がソワソワ落ち着かないんです。

しかし今日は逆に中々二階の寝室から降りてきません。

ギリギリになって降りてきてデイサービスのお迎えもギリギリセーフ。

(*´-д-)フゥ-3

キノコさんに怒られます。

「なんで早く降りてこないのよ!」

「お前が寝てろって言ったから起こしに来てくれるんだと思ってったんだよ。」

変なところは記憶に残るアルツ君です。

まあ。間に合ったので良いではないですか〜。

今日はアルツ君がデイサービスに行ったということはヤッチは夜アルツ君をお風呂に入れなくて済みます。

ワァ──ヽ(〃v〃)ノ──イ!!

お風呂に入れるのと入れないのとではずいぶん夜の長さが違います。



でも…

悲劇はおきました…。

(つд⊂)エーン

デイサービスから帰って来たアルツ君の連絡ノートには入浴マークが付いていません。

(´-ω-`)マジ?

出かける前は別に体調は悪くないし、連絡ノートに書かれている体温も血圧も異常なしです。

なのに何で…????

早速デイサービスに電話です。

電話に出たのは若い女の子の声です。

「午前中は入浴のために声を掛けをさせていただいたのですが…。」

じいさんを逆ナンしちゃダメだろ!?と言いたかったのですが思いとどまり受話器に耳を傾けます。

「ご本人様が『入りたくない』とおっしゃったもので…。」

えっ〜!

入りたくない〜???

アルツ君に限って『入りたくない』なんていうことがあるんでしょうか?

女の子は続けます。

「午前の対応については把握しているのですが、午後の対応については担当の者が送迎に出ていまして…。帰り次第お電話させていただきますが…。」

30分後くらいでしょうか…。

デイサービスから電話が入りました。

今度は若い男性の声です。

「午後の担当をさせてもらった〇〇と申します。午後にも入浴のお声掛けをさせていただいたのですが、『傾眠』がひどくて入浴していただけるような状態ではなかったもので…。」

ケッ!?ケ・イ・ミ・ン?

やはり昼夜逆転の生活リズムを修正する必要が有りそうです…。

しかしあんなに大好きなお風呂に入りたくないなんていったい何が有ったのでしょう…。

本人に聞いてもおぼえているわけないのでいまだに謎のままです…。

(-_-;)

それにしても寝過ぎだろ!?っていうくらい寝てるんですよ…。

仕方なくアルツ君にいつものセリフをぶつけてみることにします。

「今日はお風呂に入った?」

「入ってないよ!!」

今日はウソではないようです。

(-_-;)

「じゃあ。お風呂入る?」

「入りますよん!!入らないと死んじゃいますよん!!」

『傾眠』なんていう言葉を耳にしているだけにいつもより数倍騒いでいるように聞こえます。

(-_-;)

「じゃあ。入るか!!」

「よし!!入ろう!!そうしよう!!」

「いや。いやまだ沸いてないし…。」

少し待ってもらってお風呂に入ることに…。

今日は冷え込んでいるので確かに温まって寝たいところです。

いつもに比べると寒いので少しお湯の温度は高めに設定しました。

「おおwww。早く入らないと死んじゃうぞ。おおwww寒いww。」

洗い場の温度も少しいつもより寒いようです。

軽く流してとりあえず、湯船に入ってもらいます。

「おわッ!!お前熱いよ!!俺の身体溶けちゃうぞ〜。」

「寒いの熱いの難しいやつだな〜。少し入ってれば慣れてくるよ。」

「溶けちゃってからじゃ遅いぞ!?」

「また冷凍庫で固めればいいよ。」

「そっか…。」

少し身体も温まったくらいに浴槽から出てもらい、身体を洗います。

「おww。何だか寒くなってきたぞ。」

「ま〜た〜?急いで洗うからまたお風呂で温まりなッ!」

ほとんどヤッツケ気味に身体を洗い再び浴槽に入ってもらいます。

「熱いんじゃないのか?大丈夫だろうな?」

「さっきも入ってたじゃないか。同じ温度だよ。」

「そっか〜?」

疑い深く浴槽に足を突っ込みます。

「うわッ!!熱いよ〜。溶けるぞ?」

「溶けてみな?」

アルツ君がデイサービスでお風呂に入ってくるものと決め込んでいたヤッチも今日はやる気無しです…。

^_^;

「おー溶〜け〜る〜。」

「溶けても誰も食えないから安心しな。」

そう言いながらしっかり長湯しています…。

(-_-;)

アルツ君がお風呂に入っている間に夕飯の準備もできています。

アルツ君がお風呂から出るとすぐさま夕飯です。

今日はおでんです。

ちくわぶを何口か食べたところでまたしてもカックン病です…。

いわゆる傾眠ていうやつなんですかね〜???

今日はまたすぐに寝床についてもらうと夜中に起きて昼夜逆転リズムが継続してしまうことになりかねません。

ここは少しでも起きていてもらいたいものです…。

(-_-;)

それでももうヘロヘロ…。

仕方なく茶の間で横になってもらいます。

テレビのボリュームなんぞを少し上げたりして抵抗してみたり…。

どうやら深い眠りについてしまったようです…。

(死んだわけではありませんよ!!)

こっちはしばしくつろぎタイムです。

\(^o^)/

永久の眠りについてもらうという願いもむなしくアルツ君がすぐに目を覚ましてしまいました。

ソファの上で仰向けになり大きく目を見開き天井を見つめています。

天井を見つめ微動だにしないアルツ君にヤッチはそっと声をかけます。

「ついにお迎えが来たか?」

「うん。うん…。」

「どうした?」

「なんか踏んづけてる…。」

「誰が?」

「誰がって俺がだよ〜。」

?????

「いよいよ召されるのかぁ?」

「そうじゃないよ!腰のあたりになんか当たってる…。」

「なんか下に挟まってるんじゃないのか?」

ソファをのぞき込みますが特段変化は有りません。

???

「いや!?さっきは居なかった…。」

「居なかったぁ???」

「ああ。さっきまで居なかった!!」

「死神っていうのは床から来るのかなあ…。」

「いやっ!?これは死神じゃないな?」

「閻魔様か?」

「…とも違うなぁ…。」

「じゃあ何?」

「わからん!もっと柔らかい…。」








なんのことない…。

しっかり紙パンツに子猫ちゃんを産んでいました…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 風呂 連絡ノート 傾眠 昼夜逆転 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-186.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/06 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP