site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 救急車 の検索結果  3 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

試写会に行った職人

2011/07/29 (金)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

我が家は東京23区のはずれにある高級住宅街にあります。

ヤッチ自身はどこに住んでるの?と聞かれるとビバリーヒルズと答えていますが、だれも相手にしてくれません。
(^_^;)

まだキャベツ畑なんかもあってなかなかのどかな田園風景も残っています。

そんな我が家の洗濯物を干す場所は2階にあるベランダです。

断っておきますが、狭いからなわけではなく、自家用車の駐車スペースを広くとるための合理的な設計上の問題からです。
(同じことじゃんっ!)

洗濯は普段キノコさんがやるのですが、キノコさんもご高齢のため湿った洗濯物を二階に持って行くだけの力がありません。

したがって洗濯カゴを二階のベランダに持って行けるのはアルツ君かヤッチということになります。

いつもの役割分担はアルツ君です。

学級委員のキノコさんがアルツ君の体力維持のためにやらせていることです。

時間はかかりますがアルツ君が階段を一段ずつ登り二階まで持って行きます。

今日は普段当番のはずのアルツ君は体調不良を訴え、これをボイコット…。

消去法の末、任務はヤッチとなりました。

もちろんヤッチがやれば片足ケンケンでも10秒で終了です。
(^^)/

キノコさんは洗濯物を干すために二階に登り、ヤッチはモーニングエスプレッソ(いなげや1パック118円)を飲むために下へ降ります。

茶の間への階段を降りていくとアルツ君が階段の一番下に腰かけています。

身体の固くなってきているアルツ君はよくこの場所で靴下を履いています。

本人からすると身体の曲げ具合がここに座るとちょうど良いのでしょう。

最近かなりお気に入りの場所になっています。

二階から降りてくる人間からするとかなり邪魔になります。

今日も苦労して靴下を履いているのかな?

「うまく履けた?」
(^.^)/~~~

???

返事が返ってきません。

いつもなら

「当たり前だろっ!子供じゃあるまいしっ!」

と返ってきます。

アルツ君のお気に入りの横ポッケ付のカーゴパンツはなんだかずり落ちているように見えます。

トイレにでも行ったのかな?

アルツ君のお尻は半ケツ状態です。

「半ケツになってるよ!紙パンツ丸見えだぞ!」

返事が返ってきません…

???

アルツ君が腰かけている階段に少しスペースがあるのでそこに足をかけてアルツ君の横を通り抜けアルツ君の正面に回ります。

息はしていますがまったく血の気がありません…!

「具合悪いのっ?返事してっ!」

アルツ君の肩に手をかけるとTシャツがビッショリ!!

よく見ると額には大量のあぶら汗!!

ビックリするくらいの汗を流しています。

今日の東京は蒸し暑かったとはいえまだ朝ですからそんなに汗が出るほど気温は上がっていません!

近づくとかなり肩で息をし、呼吸もあらい状態です!

さすがにいつも冷静巾着、クール&ダーティーのヤッチもあわてますwww!!

「お~い!声聞こえるかっ!?しっかりして!!」

脳に関して重篤の場合は下手に動かしてはいけないというどっかで聞いた言葉がヤッチの頭をよぎったのでアルツ君の肩に置いた手を動かすのをとどまりました。

代わりにほっぺをつねります。

「お~い!これ感じるかっ?」

まったく反応がありません…。

職人の半ケツになったお尻がどんどんづり落ちてとうとう階段下のフロアに…。

「お~い!しっかりしろっ!!」

人間テンパると近くにいるのに「お~い!」という言葉が増えるもんだなと変な関心をしつつ、

「お~い!お~い!!」

職人の額の汗を近くにあったタオルでぬぐうと今度はどんどん体が冷たくなっていきます。

\(◎o◎)/!

手足が尋常じゃないほど急速に冷えていく感じです…。

自分の方がエキサイトして体温が上昇して相対的にアルツ君の身体が冷えているように感じるのかもしれませんが…

その時は夏の暑い時期のスーパーでトマトを品定めするときに手に取ってみる時のあのトマトの感触に近いものがありました。
(頬にあてたら気持ちいい…)

これはヤバい…。

二階にいるキノコさんを呼びます!!

「お~い!!ちょっと降りてきて!!」

こんな時も「お~い!」です…。
(・_・;)

お~い日も安心どころの騒ぎではありません。
m(__)m

ヤッチの脳裏に救急車が浮かびます…!

キノコさんが二階から降りてきます。

「ちょっと旦那さん(アルツ君)の調子が変だから救急車呼ぼうっ!!」

キノコさんは降りてきたばかりなので状況がまだ理解できていない様子。

「洗濯が忙しいのよ…。なんなの?」

「洗濯なんて言ってる場合じゃないよっ!!旦那さんがどんどん冷たくなってるよっ!」

キノコさんも尋常じゃない状況に気づいたのでしょう…。

「ちょっとおじいちゃん!しっかりして!!」

今度はアルツ君の閉じている眼から大量の涙が溢れ出しました。

優しい家族の愛情に感動している涙とは違うようです。

「涙がすごいよ!早いとこ救急車呼ぼう!!」

ヤッチがキノコさんをせかします。

キノコさんもかなり動揺しているのか

「そうは言うけど歯医者さん断ってないし…」

そう今日はアルツ君の入れ歯が合わなくなってきていたので歯医者さんに予約を入れていたんです。

「なにわけのわからないこと言ってんだよ!こんな状況で行けるわけないしょっ!?」

「それもそうだけど…」

今考えるとキノコさん自分で何をしていいのかわからなかったんでしょうね。
(*^_^*)

「いいから救急車呼ぶよ!!」

ヤッチがこう叫ぶとキノコさんは反応の無いアルツ君に

「救急車呼ぶわよ?いい?」

「聞いたって答えるわけないだろっ!いいから呼ぶよっ!」

ヤッチは携帯電話をポケットから取り出します。

「ちょっと待って!」
(ねるとん紅鯨団はとうの昔です!!)

「なに?」

「ちよっとだけ待ってよっ!おじいちゃんあっちの部屋にまず連れて行きましょっ!」

いつもならもう119番しているところです。

キノコさんのために何回この携帯で救急車を呼んだかわかりません。
(キノコさんも結構病弱…)

携帯で119番通報すると必ず自分の携帯の番号を聞かれるので、すでに自分の携帯の番号を復唱し、シュミレーションはできています。

「火事ですか?救急ですか?」もOKです。

でもなぜかこの時キノコさんの一言に従ってしまったんですね…。

今考えてもその理由が見つかりません…。

???…(=_=)

キノコさんが茶の間へアルツ君を運ぼうと言ったとき、「うん。そうしよう。」

そう思ってしまいました…???。
(-_-)

へたり込んでまったく力のないアルツ君を3メートル運ぶのは容易なことではありませんでした。

酔いつぶれて動けなくなった女の子を何回か運んだことはありますが、自分の父親とこんだけ密着プレーするのは40年以上ぶりかもしれません。

しかもやっぱり男だけにゴッツイです。
(・・;)

ベアハッグないしはフロントス―プレックスの形をとり、職人の両脇の下にヤッチの両手を通して職人の背中で自分の手を結びます。

キノコさんにはヤッチの肩にアルツ君のあごが乗るように促します。

「『せ~の!』で持ち上げて動かすからなるべくのけぞらないように支えてて!」

たぶんキノコさんには設計図はできていないと思います。

「とにかくじいさま(アルツ君)のあごが俺の肩に乗るようにだけ注意してて!」

せーのっ!!!

なるべく自分の腰を痛めないようアントニオ猪木の『風車の理論』をイメージしてアルツ君と一緒に立ち上がります。

というか無理やりアルツ君を抱き上げます!

アルツ君のひげがヤッチの肩に食い込みます…。

「じいいさまは舌噛んでない?大丈夫?」

「大丈夫!」

キノコさんの頼りない返事が返ってきます。
(キノコさんは自分の口をモゾモゾ…)

「そのまま一気に連れてっちゃうよ!」

ガブリ寄りの態勢です。

まわしをとれない分負担がかかります。

一気に土俵際までアルツ君を持って行き茶の間のソファに寝かします。

ヤッチの完全勝利です。
\(^o^)/

この体の取り方で本当によかったのかは疑問が残りますが、とにかく思いついた方法がこれしかありませんでした。

祝杯ムードに酔いしれるまもなく、半ケツ状態のまま運んで一緒について来てしまったカーゴパンツ君をアルツ君の膝元からはぎとります。

キノコさんがアルツ君に声をかけます。

「おじいちゃん!!大丈夫?起きて!!」

正直に言います…。

ヤッチはこの時アルツ君はもう起きないのではないか!?…

あの冷たくなった職人の腕の感触は今でも焼きついています。

ずいぶん細くなっちゃたなあ~。




ところが…。




アルツ君…。




意識を取り戻しちゃいました。
(^.^)/~~~


「だいじょうぶだよ~」

頼りない細い声ですがそう言って目を開け我に返ったようです。

この後アルツ君はずっとソファに横たわり熟睡状態…。






昼過ぎに再びやっと目をさまし最初に吐いたセリフが

「何だか大勢来てな~。何だかボタモチ食いたくなっちゃった。」

意味不明の言葉ですが、ヤッチがアルツ君に声をかけます。

「やっと目が覚めたね!誰か川の向こうで呼んでなかった?」

「呼んでたような気もするな~。」

「じゃあ試写会でよかったじゃん!」

この後のアルツ君はいつもの自分を取り戻し、夕食についても普通に食べていました。

でもやっぱり救急車呼ぶのが正解なんじゃないかなあ…。

はたしてこれでよかったのか~

どう思います…???


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 紙パンツ 洗濯 救急車 試写会 ボタモチ 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-54.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/29 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

幽霊になった職人

2011/10/18 (火)  カテゴリー: デイサービス
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はアルツ君のデイサービスの日でしたが、リハビリを兼ねたリクリエーションをやったと連絡帳に書いてあります。

そのせいなのか今日はバテバテで帰ってきました。

ほとんど倒れ込むかのように茶の間に入ってきました。

椅子に腰かけるなり、自分の肩を指さします。

どうやらキノコさんに肩を揉めと催促しているようです。

「なんで?デイサービスに行ってさぞかし元気になって帰って来るかと思ったのに…。」

「死んじゃった…。肩揉まないともっと死んじゃう…。」

「まあ?もっと死んじゃうってどういうことなの?」

「死んでみないとわからない…。」

支離滅裂です。

キノコさんが仕方なく肩を揉みます。

「あたっ!あたたたたっ!」

最近大げさなのはわかりますが、オバーアクションがすぎるような…。

(-_-;)

「お前!痛いよ。ああ死んじゃった…。」

「ほ~ら。死んでないじゃない。死人にく・ち・な・し!!死んでたらしゃべれるわけないでしょ!」

キノコさんに耳を引っ張られます。

「あたっ!あたたたたっ!」

「また~!?」

「何回お前は俺を殺せば気が済むんだ~。」

もう疲れすぎていてヨレヨレです…。

アイロンかけても多分ダメそうです。

ヤッチがアルツ君に言います。

「もう死んじゃってるんだから横になったら?」

「疲れてなんかいないからな!」

「誰も『疲れてる』なんて言ってないよ。いいから少し横になって休みな。」

「じゃあそうするか~。」

茶の間のソファに横にします。

「今日は足がものすごい痛いんだよ。クウッー痛いっ!」

どうしても足が痛いことをアピールしたいようです。

「また材木病か?どこが痛いんだよ?太もも?」

「ケツから下が全部重ったるいんだよ~。」

「たまに動いたからだよ。材木病じゃなさそうだな!?」

おそらくデイサービスで普段使わない筋肉を使って疲れているのだと思います。

「ここじゃ寝返りもうてないから自分の部屋に行って寝たら?」

「いやだっ!足が無くなっちゃったから歩けない…。」

しばらく放っておいてソファに寝かすことにします…。

仰向けになって寝ているアルツ君に二階から持ってきた布団を掛けます。

「ほ~ら。ちゃんと自分の胸あたりで手を結んで!」

「なんでそんなことしなくちゃならないんだ~?」

「いや。死んでるって言うから…。」

「みんなして俺を殺そうとしてるな?」

「そんなにギャラリーはいないよ。二人だけ。」

しばらくして眠りについたようです。

ヤッチは二階の自分の部屋に上がります。

キノコさんは茶の間でしばし休憩です。

30分くらい経ったときでしょうか!?

茶の間からものすごい叫び声が聞こえます。

「痛いっーーーーーー!!!!うっーーーー!!!」

あわててヤッチは階段を降ります。

「痛いっーーーーーー!!!!うっーーーー!!!」

ソファでアルツ君がもんどり打っています。

というよりもんどり打つにももんどり打てないというのが正しい表現でしょうか。

叫び声をあげるだけで固まっています。

「どうした?」

「足が…。足が無くなっちゃった…。うー痛いっ!!!」

キノコさんもぼう然としています。

「救急車呼ぼうか?」

キノコさんがぼそりとつぶやきます。

「救急車は嫌だっー!!」

アルツ君が反論します。

「でもどうにもならないじゃない…。」

キノコさんが頼りなさそうにぼそりと…。

「痛いっ!!黙ってないで何とかしろよ~!!」

アルツ君はかすかに涙まで浮かべっちゃっています。

しばし様子をうかがっていたヤッチが口を開きます。

「どんな風に痛いんだ?」

「何だかわからないが太ももの辺りがピリピリするぅっ~!!」

「やっぱり救急車呼んだ方がいいわよ!!」

キノコさんはどうしても救急車を呼びたいようです。

ヤッチがそれを制します。

「どっちの足?」

「ひだ左っ!くーッ!!」

「やっぱり救急車…。」

キノコさんこそやっぱり救急車を呼びたいようです…。

「救急車より霊柩車のほうがいいんじゃないのかな?」

「違うわよ。救急車!!」

アルツ君の叫びは続きます。

アルツ君の仰向けになった身体にまたがり、痛いと言っている足を持ち上げます。

「痛いっーーー!!死んじゃうよっ!!」

「お前はすでに死んでいる…。」

さらに足首のかかとの方を持って天高く持ち上げます。

「ダメだってっ!!うっーーー!!」

持ち上げたかかとに手を添え、もう片方の手でアルツ君のつま先をグイッとそり返します。

「うっー!」

鈍い悲鳴に変わりました。

さらに体重をかけ、つま先をアルツ君の身体の方に押し込みます。

「うーーーーーっ。」



もうお分かりですよね…。

??

アルツ君ただ足を攣っていただけなんです…。

「楽になったべ?」

「楽になったっていうよりお前俺の足をどこに隠した?」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス ソファ 材木病 救急車 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-137.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/10/18 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

歩けない体操

2013/01/04 (金)  カテゴリー: 進行性核上性麻痺
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

大晦日に救急搬送されたアルツ君ですが、そんな出来事が有ったのかというほど絶好調(口だけ)であります。

(^_^;)

今日もちょいと面会に行って参りました。

アルツ君の居室に入ると、居室の床が散らかっています。

P20130104.jpg

ヤッチ:「何だって、こんなところに紙パンツを脱ぎ捨ててるんだぁ?」

アルツ君:「脱ぎ捨てたんじゃなくて、勝手に脱げたんだろっ!?」

ヤッチ:「まるで生き物だな!?記念に写真を取っておいてやるよ。」

アルツ君:「記念写真にするくらいなら、お前にやるぞ?欲しいのか?」

ヤッチ:「いらねーよっ!!こんな湿ってちゃ薪にもならないよっ!!」

短期間にやらかしてしまったのでしょうか…。

アルツ君が施設の職員さんに恥ずかしさのあまり、入室を遠慮願ったのだろうということは、予想が付きますが、もし、これが長時間放置されたままだとすれば、やはり今後、施設介護の在り方に課題を残すところでしょうか…。

原因は謎のままですが、多分必死に隠すつもりだったのでしょう…。

椅子の下にも、もう一枚脱ぎ捨ててありました。

(-_-;)

アルツ君が今履いている紙パンツもグッショリだったので、これをアルツ君に取り替えてもらうと、クローゼットの中の紙パンツのストックがゼロに…。

(-_-;)

職員さんにストックを置いてもらうようにお願いしておきました。

施設での序盤戦を終え、ヤッチは居室の椅子に腰をおろし、アルツ君もベッドに腰かけます。

施設に面会に行くと、最近は必ずアルツ君に『ちょこっと日記』に記入してもらうことにしています。

[記事はこちら → ちょこっと日記

一番下には目標を書く欄を設けていますが、たいていはアルツ君、『ボタモチを腹いっぱい食べたい』とか、『棚からボタモチをナイスキャッチ』、『ボタモチと心中したい』とすべてボタモチがらみのコメントしかもらえないのですが、今日はどういう風の吹きまわしなんでしょう…。

『体操をします。』だなんて、全くひねりの無い、在り来たりな目標を掲げています。

ヤッチ:「なに?今日はボタモチを云々って書かないのか?」

アルツ君:「まあね。新年早々、ボタモチのことを書いたらボタモチに失礼だからな!?」

どういう方程式の上に、この言葉が出て来るのかはわかりませんが、新年を認識していることにちょっと驚き…。

ヮ(゚д゚)ォ!

とりあえず、どういう体操なのかをたずねてみました。

ヤッチ:「体操ってどんな体操をするんだ?」

アルツ君:「体操は体操さ~。」

あまり、深く突っ込んでも無駄だったようです…。

(-_-;)

ヤッチ:「まあ、いいや。そんなに体操したいんなら、体操するか?」

アルツ君:「別にかまいませんよん!!」

屋外は快晴でしたが、風が冷たく、屋外で散歩というわけにはいきません。

ヤッチ:「じゃあこの中(施設の中)でも少し歩いて身体を動かすか?」

アルツ君:「別にかまいませんよん!!」

このところ、ずっと歩いていないアルツ君…。

かといって、救急搬送された直後ですから無理はさせられません。

施設の渡り廊下を通って別棟へ行く100m有るか無いかの極々短い距離を二人でゆっくり歩くことに…。

ヤッチはアルツ君と一緒にゆっくり施設の廊下を歩きはじめます。

ヤッチ:「ところで、この間病院に行ったのを覚えているか?」

アルツ君:「病院?行ったような気もするし、行かなかったような気もするし…。」

ヤッチ:「じゃあ、救急車に乗ったのは?」

アルツ君:「バカっ!!覚えてるに決まってるっ!!あんな乗り心地の悪いのに乗せやがって!!」

アルツ君、救急車に乗った時の記憶はどうやら鮮明のようです。

興奮気味にしゃべり出します。

アルツ君:「お前ね、人が寝ている目の前にいろんな道具を置いてやがるんだから!!」

ヤッチもキノコさんが飲薬の個包装のフィルムを薬と一緒に飲んでしまったときに、救急車に乗ったことが有りますが、確かにアルツ君の言う通り、救急車の天井付近にはたくさんの機材が有ったと記憶しています。

ヤッチ:「いろんな人が乗るわけだから、いろんな機材を揃えて置かないと、すぐに取り出せないからじゃないのか?」

アルツ君:「バカ言っちゃいけないよ~。自分ですぐに使う道具なら、すぐに使えるように腰に道具はぶら下げておけって言うんだよ!!」

確かに、元植木職人さん、すぐに使う剪定ばさみとのこぎりは腰からぶら下げていましたが…。

(-_-;)

ヤッチ:「今度、救急車に乗るようなことがあったら、ちゃんとしておくように言っておくよ。」

アルツ君:「ああ、そうしろ!!怒鳴りつけてやれっ!!」

ヤッチ:「それはそうと、口とは反対に、あんまり足が上がらないね?」

やはり、ちょっとでも歩行訓練を怠ると、歩行がおぼつかなくなってしまうのでしょうか…。

ヤッチがアルツ君の腕を持って支えていないと、身体が前のめりになって、廊下にヘッドバッドを喰らわせそうになってしまいます。

(-_-;)

アルツ君:「どうも、今日は足の奴がやる気がないみたいだ。」

ヤッチ:「俺が歌ってやろうか?さあ みんな! あたりまえ体操の時間だよ!! あたりまえ体操とはあたりまえのことを体操にした新しい体操だよ!♪右足を出して~、♪左足を出すと~、♪歩けるっ!!」

アルツ君:「♪やる気がないと~、♪歩けないっ!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 救急搬送 紙パンツ ちょこっと日記 ボタモチ 救急車 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-373.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/01/04 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP