site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 心原性脳塞栓症 の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

アルツ君の脳梗塞 ~ 再搬送先編

2014/12/02 (火)  カテゴリー: 脳梗塞
▲ Page Top
RADICUT_a RADICUT_b

アルツ君の再搬送先がK病院に決まりました。

すっかり外は真っ暗、冷たい雨も降り続いているようです。

アルツ君に続き、ヤッチは救急救命士さんに救急車に乗り込むように促されます。

席につき、シートベルトつけようとして、救急救命士さんが『閉めますよ~。』と言ったところで、ネクタイ姿の男性が立ちはだかります。

男性:「あの、会計をまだしていただいていないのですが…???」

どうやら会計事務の職員さんだったようです。

ヤッチ:「あ、すいません。ご覧のとおり取込み中なので、後日というわけにはいかないでしょうか?」

男性:「後日ですか…。わかりました…。」

ヤッチ:「後日、なるべく早くにお伺いしますので、申し訳ありません。」

男性:「わかりました。それと、患者様(アルツ君のこと)がこちらの検査着を着ていらっしゃるので、洗濯をしないで結構ですので、ご返却いただけますか?」

ヤッチ:「わかりました。会計に伺う時に、必ず持参してお返しいたします。」

救急車の後部のハッチが閉まり、動き出します。

救急車のドライバー、幹線道路を走行すればよいのに、なぜか裏道ばかりを走りたがります。

救急車はサイレンを回しているので、何も裏道を走る必要はないと思うのですが、何か事情が有ったのでしょうか。

おかげでこっちは強い揺れを感じ、脳を損傷しているアルツ君のことも心配になってしまいました。

アルツ君、時折寝返りを打とうという仕草を見せますが、ベルトで抑制されているので動けません。

諦めたのか、眠ってしまいました。

15分か20分くらいかかったでしょうか、再搬送先のK病院に到着です。

後部ハッチをノックする音が聴こえ、ハッチが開きます。

ヤッチはシートベルトを外し、外に降り立ちます。

おっと。

屋根なし?

冷たい雨の水滴が雨滴感知機能の増しているヤッチの頭頂部にあたります。

救急の入り口は通りに面していますが、屋根がありません。

これ、ゲリラ豪雨の日だったらどうなるんだろう?

ストレッチャーに載せられ、救急車から出てきたアルツ君もさすがに一瞬目を見開き、空を仰ぐような素振りを見せました。

アルツ君に続いて、救急室の中にヤッチも入ります。

大変失礼な話ですが、救急室というよりも、ガレージのようなところです。

屋根付きの車庫と言った方がイメージしやすいかな!?

かろうじてルームエアコンが設置され、空調が確保されていましたが、ちょっと肌寒い…。

しばらくそこで待っていると、手術着にマスク姿の男性が姿を現します。

救急救命士さんがその男性にJ病院で書いてもらった診療情報提供書やCD-ROMを手渡しています。

その男性は立ったまま、ストレッチャーに載ったアルツ君とヤッチにお尻を向け、カウンターテーブルのような所に書類を拡げています。

定かではありませんが、担当してくれる医師ではなく、助手さんのような印象です。

男性が消え、しばらくの間沈黙が流れます。

ヤッチが外の方を見やると、くもりガラス越しにサイレンを回した別の救急車が次の受け入れのために待機しているようです。

ヤッチはすでにこの時、心の中で『ヤバそうだな…。』を連呼しています。

すこし経って、先ほどの手術着姿の男性と一緒に白衣姿の中年男性が姿を現します。

その風貌から医師であることは間違いないようです。

チラリとこちらを見ましたが、すぐにお尻を向け、カウンターテーブルの書類に目を通し始めました。

医師:「脳梗塞だって?」

医師は立ったまま、こちらにお尻を向けています。

ヤッチ:「はい。J病院でベッドの空きが無かったのでこちらへ…。」

医師:「なんか、(J病院で)言ってた?」

ヤッチ:「梗塞から4時間半以内ならTIMだか、TPPをやれると言っていましたが、年齢的にも無理だろうと…。」

医師と手術着姿の男性:「それ、t-PA(血栓溶解療法)だろっ!」

ヤッチ:「はい、すいません…。」

なんで、こんなに横文字を知らないだけで怒られなければいけないのかという印象です…。

グレてやる…。

医師:「なんか、薬は飲んでいるのかな?」

ヤッチ:「J病院でですか?」

医師:「うん。」

ヤッチ:「点滴に何を使っていたかは、よくわかりませんが、J病院の看護師さんが私の目の前でバイアスピリンを2錠、飲ませていました。」

▽引用
バイアスピリン
概説
血液を固まりにくくするお薬です。血栓や塞栓の治療に用います。
働き
血管内で血液が固まり、血流を止めてしまう状態を“血栓”といいます。また、血栓が流れ、その先の血管を塞いでしまうのが“塞栓”です。心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞)がその代表です。血管が詰まってしまうので、その先の組織が障害を受け機能を失ってしまいます。

このお薬の主成分はアスピリンです。アスピリンは少量で「抗血小板薬」として作用します。血小板の働きをおさえ、血液が固まるのを防ぐ作用です。おもに、狭心症や心筋梗塞、脳卒中(脳梗塞)などに用いるほか、川崎病にともなう心血管障害にも適応します。また、経皮経管冠動脈形成術(PTCA、PCI)においては、チエノピリジン系抗血小板薬との併用療法が推奨されています。
△引用

医師:「よく飲めたね?」

ヤッチ:「かなり無理やりでしたが、時間を掛けて…。むせずになんとかその時は飲んでいました。」

医師:「バイアスピリンじゃ、意味ないかもしれないよ!」

だから、俺が飲ませたんじゃないって…。

これからこの医師とフレンドリーになれるかはヤッチ次第だと思いますが、第一印象としては、苦手なタイプ決定です。

ヤッチ:「…。」

仮称K先生としましょうか。

何をおっしゃりたいのかヤッチにはわかりません。

K先生:「ま、ま、わかりした…。あっちで待っていて。」

手術着を着た助手と思しき男性がヤッチを案内します。

助手:「この廊下を歩いて行くと、待合室がありますので、そこでお待ちください。」

アルツ君とは一旦お別れです。

ヤッチは言われた通り、廊下を歩き、待合室にある長椅子に腰を下ろします。

外来の待合室のようです。

もう外来診療は時間的に終わっているのでしょう、人影はまばらです。

たぶん、救急患者のご家族なのでしょう、深刻な表情でひそひそと話しをしている姿も見えます。

この日、特養に行ってから今まで、ずっと水分を補給していなかったヤッチの喉はカラカラです。

飲料の自販機を見つけ、お茶を購入し、一気に飲み干します。

しばし、休憩と言ったところでしょうか。

事前に姉にはアルツ君がK病院に再搬送になったことを伝えてあります。

ここまで、アルツ君の最愛の妻であるキノコさんが登場していないことを不思議に思われた方もいらっしゃると思いますが、実はキノコさんずっと風邪をひいていて、やっとここへ来て治って、本調子ではありません。

なので、無理をさせてはいかんということで、ヤッチと姉がアルツ君のことをまかされているような状態です。

姉からキノコさんには連絡が行っていると思います。

一息ついていると、姉と姉の旦那さんがやってきます。

姉:「パパは?」

ヤッチ:「救急車でこの病院に来て、俺はここで待ってるように言われて、それっきり…。」

姉:「どこに居るの?」

ヤッチ:「さあ…。検査のほうは、J病院で済ませてるわけだから、後は病室だけだと思うんだけどね…。」

姉:「いろいろ大変だったでしょ?ごくろうさま。」

ヤッチ:「ほとんど座ってただけだからね。」

1時間くらい待ったでしょうか。

待合室にいる三人の前をアルツ君を乗せたストレッチャーが通り過ぎます。

いくつかある外来の診察室の一室に運ばれたようです。

姉:「あれ?今のパパだよね?」

ヤッチ:「だね。」

姉:「どこに居たんだろう?」

ヤッチ:「何だかこの病院、バンバン、救急患者を受け入れているみたいだから、ひょっとしたらずっと待たされていたのかもよ!?順番待ちしていたとか…。」

姉:「えっー!」

ヤッチが待っている間、待合室から見える外の大通りでは、引っ切り無しに救急車が出入りしています。

何でこの病院だけ、こんなにベッドが空いているんだろう…?

今度は医療事務をやっている職員さんが三人の前に現れます。

『入院のご案内』と書かれた冊子とこの病院のパンフレット、それに入院のための手続き書類一式を持ってきたようです。

姉が説明を聞き、印鑑が無いので、手続き書類の提出は翌日ヤッチが行うということでOKを貰いました。

ヤッチは後で書類に目を通せばよいことだろうと、姉にまかせてしまっていました。

姉から手続きの書類やパンフレットを預かり、家に持ち帰ると、書類の中には入院料金の記載がありませんでした。

『健康保険法に定める料金にて算定致します。』としか記載がありません。

国の診療報酬の改定が有った場合、案内書を刷りなおさなくて済むよう、コストを削減しているのでしょうか。

『入院保証金(任意):100,000円』はやたら目立つんですけどね…。

いずれにしても、入院してしまうわけですから、高いの安いの今さら言っても仕方がありません。

姉や姉の旦那さんとゴチャゴチャと入院の手続きについて話し合っていると、外来の診察室に呼ばれます。

アルツ君の運ばれた診察室の隣りです。

診察室には姉とヤッチが入ります。

診察室に座ってらっしゃったのは、先ほど救急室にいらしたK先生です。

K先生がいきなり切り出します。

K先生:「前にも脳梗塞をやってるね。はじめてじゃないね。」

ヤッチ:「それはJ病院の先生からも同じことを言われました。」

K先生:「そう。」

ヤッチ:「以前の脳梗塞って、いつぐらいのことなんでしょうか?」

K先生:「それはわからないな。」

ヤッチ:「そうなんですか…。」

K先生:「やったことはわかっても、いつっていうのはわからないな。」

ヤッチ:「…。」

K先生:「さっき、弟さんにちょっとお話ししたんだけど、普段バイアスピリンを飲んでいるらしいんだけど、シンゲンセイの脳梗塞だったら、バイアスピリンじゃダメだよ。」

姉:「シ・ン・ゲ・ン・セ・イ…???」

K先生:「ふふ、わからないようだから、コピーしようか?」

K先生はそうおっしゃって、コピーしたA4サイズ用紙をヤッチと姉に渡します。

一枚の用紙に裏表コピーしたものです。

一応もらった用紙を写メしてアップしましたが、意味をなしていませんね。

m(__)m

片面には脳の動脈の図説です。

もう片面には脳梗塞の種類の図説のようですが、今ひとつよくわかりません。

K先生は脳梗塞の種類の方を拡げて、説明を始めます。

K先生:「脳梗塞といっても、色々種類が有るんだよ。大きく分けると三つ。」

どうやら、『シ・ン・ゲ・ン・セ・イ』は『心原性』と書くようです。

このあと、K先生の説明が続きますが、ヤッチも姉もこの時は何を説明されているのか、全くわかりませんでした。

悔しいので、家に帰ってから、少し脳梗塞について調べました。

この記事をわかりやすくするため、調べたことを予備知識として載せておきます。

名称までおぼえる必要はなく、ヤッチのような素人レベルでは『そんなものがある』くらいでとどめておいた方が頭がかゆくならないで済むと思います。

脳梗塞にはK先生のおっしゃるように、大きく分けて三つあるようです。

▽引用
脳梗塞の成り立ち
「脳梗塞」は、脳の血管が細くなったり、血管に血栓(血のかたまり)が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受ける病気です。

脳梗塞は詰まる血管の太さやその詰まり方によって3つのタイプに分けられます。症状やその程度は障害を受けた脳の場所と範囲によって異なります。

脳梗塞の種類
ラクナ梗塞
脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞【小梗塞】
脳に入った太い血管は、次第に細い血管へと枝分かれしていきます。この細かい血管が狭くなり、詰まるのがラクナ梗塞です。日本人に最も多いタイプの脳梗塞で、主に高血圧によって起こります。ラクナは「小さなくぼみ」という意味です。

アテローム血栓性脳梗塞
脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞【中梗塞】
動脈硬化(アテローム硬化)で狭くなった太い血管に血栓ができ、血管が詰まるタイプの脳梗塞です。動脈硬化を発症・進展させる高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病が主因です。

心原性脳塞栓症
脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞【大梗塞】
心臓にできた血栓が血流に乗って脳まで運ばれ、脳の太い血管を詰まらせるものです。原因として最も多いのは、不整脈の1つである心房細動。ミスターG・長嶋茂雄氏を襲ったのも、このタイプの脳梗塞です。
NO!梗塞.netより引用
△引用

K先生は説明を続けます。

K先生:「お父さんの脳梗塞がもし心原性、つまり心臓から来ていると、バイアスピリンを普段服用しているっていうけど、あまり意味が無いかもしれないよ。お父さん、不整脈が有るっていう話だからさ…。」

ヤッチと姉:「はい…。」

K先生:「バイアスピリンは抗血小板薬だから…。血液をサラサラにする薬でも違う薬を使わなくちゃ。」

ヤッチ:「ワーファリンかなにかということですか?」

K先生:「へー。よく知ってたね?」

ヤッチ:「母がたまたま飲んでいる薬だったものですから…。」

▽引用
ワーファリン
概説
血液を固まりにくくするお薬です。血栓症の治療に用います。
働き
血管内で血液が固まり、血流を止めてしまう状態を“血栓”といいます。また、血塊が流れ、その先の血管を塞いでしまうのが“塞栓”です。心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞)がその代表です。血管が詰まってしまうので、その先の組織が障害を受け機能を失ってしまいます。

このお薬は「抗血栓薬」です。血管内で血液が固まるのを防ぐ強い作用があります。そのため、心筋梗塞や脳卒中の治療に用いられています。とくに、心臓の手術のあとや、心房細動などある種の不整脈により生じる脳卒中‘心原性脳塞栓症’の予防効果が高いことが分かっています。

そのほか、静脈血栓症、肺塞栓症、末梢動脈疾患、腎炎など、血栓や塞栓に起因するいろいろな病気に広く用いられています。ただ、効果発現までに1~2日かかるので、深部静脈血栓症などに対しては、まず低分子ヘパリンの皮下注射をおこない、維持療法としてこの薬を内服するのが一般的です。
特徴
抗凝固療法として用いる代表的な抗血栓薬(抗凝固薬)です。長年にわたり、血栓や塞栓の治療薬として、標準的に用いられてきました。ただし、できてしまった血栓を溶かす作用はありません。血栓の予防あるいは進行の抑制を目的に使用するものです。また、アスピリンなど抗血小板薬とは作用のしかたが違うので、適切に使い分ける必要があります。

とくに心房細動に起因する各種の塞栓症に有用です。上手に用いれば心原性脳塞栓症のリスクを3分の2ほど低減させるといわれています。そのほか、いわゆるエコノミークラス症候群と呼ばれる深部静脈血栓症や肺塞栓症の治療にも適します。

一方で、治療域がたいへん狭く、用量の設定に細心の注意を払わなければなりません。少ないと効きませんし、多すぎると出血を起こしてしまうのです。他の薬剤や食物との相互作用を起こしやすいのも難点です。
△引用

K先生:「バイアスピリンは抗血小板薬、ワーファリンは抗凝固薬。似て非なるものだから。」

あまりにわかりにくいので、ヤッチ的に整理してみました。

整理すると余計にわかりにくいかも…。

まず、名称はともかく脳梗塞には大きく分けて三種類あります。

ひとつは先生のおっしゃっている、心臓から流れ星(血栓)がイッパイ飛んできて、脳の血管を塞いでしまう脳梗塞。

残りの二つは脳の血管の太さによって二分されますが、脳の中の血管を詰まらせたり塞いでしまう脳梗塞で、ザックリ言えば、『脳内だけ』で起こる脳梗塞ということになります。

心臓から流れ星(血栓)が飛んでくる脳梗塞では、作られる血栓の種類が違い、主に心房細動(心臓の心房が細かく動く不整脈の一種)で作られる血栓は赤色血栓というもののようです。

赤色血栓をサラサラにするには、バイアスピリンよりワーファリンの方が適しているという話です。

転んだりして膝小僧などを擦りむくと出血しますが、この出血を止める時、血小板が一生懸命頑張って傷口に堤防を築きます。

作られる血栓の種類としては白色血栓です。

堤防の決壊を防ぐために、傷口付近の血液がネバネバ(赤色血栓)になって、血小板を応援する接着剤になります。

これが凝固作用で対義語は抗凝固作用です。

この二つの作用で出血を止めるわけで、傷を治すという面からは、ありがたい働きですが、血液をサラサラにするにはありがたくないので、病気に応じてこれらの働きを抑制する抗血小板薬のバイアスピリンや抗凝固薬のワーファリンが存在するというわけです。

で、K先生はアルツ君の不整脈が心房細動(心臓の心房が細かく動く不整脈の一種)で、アルツ君の脳梗塞が心臓から飛んでくる流れ星系の脳梗塞ではないかと考え、抗血小板薬のバイアスピリンは適さず、抗凝固薬のワーファリンの方が適しているという風に考えたのではないかと思います。

だからどうなのよっていう話ですが…。

姉:「で、父の脳梗塞は先生がおっしゃっている心臓から来ているものなのでしょうか?」

K先生:「それは、まだわからない。いろいろ検査してみないと。今日検査をするのは無理だから、明日だね、明日。」

姉:「はぁ…。」

K先生:「じゃあ、待合室で待っていて。」

K先生から、アルツ君の病状が回復に向かっているのか、それとも悪くなっているかの説明も無ければ、どんな薬を使って治療をしていくのかの説明も無かったように思えます。

診察室から追い出されるような格好になってしまいました。

ヤッチの頭に『転院』の文字が浮かびましたが、もう受け入れてくれる別の病院は無いわけで、アルツ君をホームレスにすることはできません。

姉も首を傾げていたので、たぶん同じことを考えていたのだと思います。

待合室に戻り、二人ため息をつきます。

それから、さらに1時間くらいして、ようやくアルツ君の病室が決まったようです。

事務の女性職員が姿を見せます。

女性職員:「病室が決まりましたので、ご案内いたします。こちらのエレベーターへどうぞ。」

姉:「何階ですか?」

女性職員:「三階の○○号室です。」

この時、すでに夜の10時近くだったと思います。

三階に上がると、小さなデイルームで待つように言われます。

看護師さんが現われ、そこで看護師さんからアルツ君の日頃についてのことを聞かれます。

看護師さんからはアルツ君が他の入院患者さんの迷惑になるような場合はベッドを移動することもありうることを聞かされます。

暴れないようにベッドに固定されたり、ミトンを着けられ、指先を使えない状態にする抑制もあることも…。

色々な書類にサインをさせられ、今後の看護について聞かされます。

ここでも、『保存的治療』(手術によらない治療)という言葉が出てきます。

流行語大賞にノミネートされた言葉なんですかね~。

一通りの手続きが終わり、ようやくアルツ君の居る病室に案内されます。

案内された病室はナースステーションの目の前。

6人部屋です。

4人部屋を無理やり6人部屋にしたような感じで、ベッドとベッドの感覚が非常に狭い…。

当然、消灯時間(でも部屋は明るいぞ?)は過ぎているので、他の入院患者さんは就寝中です。

全員、ガオ(いびきがうるさい人~ヤッチ用語)です。

アルツ君もガオです。

姉が寝ているアルツ君の顔に近づき、小声でアルツ君に呼びかけると、いびきをかいていたアルツ君が目を開けます。

姉の顔がわかったのか、アルツ君、急に嗚咽し、泣き出します。

姉:「うん、うん、いい子だ、いい子だ。泣かなくてもいいよ。心配しないで…。ゆっくり休みな。」

姉がそっとアルツ君の顔を撫でます。

アルツ君、その声を聞き、安心したのか再び眠ってしまいました。

長居はできないので、三人は病室を後にしました。


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 脳梗塞 バイアスピリン 抗血小板薬 血栓 ラクナ梗塞 アテローム血栓性脳梗塞 心原性脳塞栓症 心房細動 ワーファリン 抗凝固薬 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-491.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2014/12/02 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アルツ君の脳梗塞 ~ 入院7日目から8日目

2014/12/06 (土)  カテゴリー: 脳梗塞
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

今回もアルツ君の様子を二日分まとめて書きたいと思います。

ヤッチ、実はアルツ君の様子をできるだけ細かく記録しておこうと、メモをとっているのですが、毎日面会に訪れていると、メモをとっていても、いつの出来事だったかわからくなってくる事がたくさん出てきます。

早くブログの記事を更新して、ブログにぶちまけてしまえば、ヤッチの頭の中もスッキリするだろうと、ちょっぴり梗塞(焦り)気味です。

・入院7日目 ~ 12月01日(月)

ヤッチが面会に訪れると、ベッドにアルツ君の姿はありません。

ベッドの上に『リハ中』と書かれた札が置いて有ります。

若い人ならすぐにピンとくるでしょうけれども、キノコさんのような年齢の人間が見たら、『リハ中って何中学校?』と質問されそうです。

ヤッチは、デイルームで時間を潰します。

ほとんど待つことも無く、アルツ君の車椅子が目の前に見える廊下を通り過ぎ、病室に入って行きました。

ヤッチも、後に続いて病室に入ります。

車椅子を押していたのは、PTさん(理学療法士)ではなく、OTさん(作業療法士)でした。

▽引用
理学療法士と作業療法士の違いとは?
 理学療法士と作業療法士の違いについてですが、理学療法士は、寝返る、起き上がる、立ちあがる及び歩くなど、日常生活で必要な基本動作ができるように身体の基本的な機能回復をサポートする動作の専門家です。歩行練習などの運動療法や、電気・温熱・光線などを使った物理療法を用いて、身体の機能や動作の回復をうながし、自立した日常生活が送れるようにバックアップします。

 作業療法士は、入浴や食事など日常生活の動作や、手工芸、園芸及びレクリエーションまであらゆる作業活動を通して、身体と心のリハビリテーションを行う専門家です。理学療法士と異なる点として、作業療法士はそううつ病及び摂食障害などの精神障害の患者さんも対象としており、幅広くリハビリテーションの医療現場で活躍しています。

 このようなことが、主な理学療法士と作業療法士の違いです。
△引用

かなり、かなりザックリですが、この病院ではアルツ君が立ったり座ったり、あるいは歩くといった基本的な動作をリハビリによって回復するのがPTさん(理学療法士)の仕事の範囲で、アルツ君が自分でお箸を持ってご飯を食べたり、自分でチンチンをつまむなど、細かな動作をできるまでサポートするのがOTさん(作業療法士)の仕事とヤッチは勝手に考えています。

ヤッチが病室に入ると、OTさんがアルツ君に話し掛けています。

OTさん:「お疲れになりましたか?」

アルツ君:「うぇえに…。」

OTさん:「…???」

ヤッチが割って入ります。

ヤッチ:「たぶん、『別に…。』って言ったのだと思いますよ。あっ、ごめん。俺、息子。」

OTさん:「あ、どうもはじめまして。」

ヤッチ:「たぶん、疲れていると思いますよ。この言葉が出るということは。」

アルツ君がヤッチの存在に気づき、『余計な口出ししやがって。』という顔をします。

OTさん:「あ、そうなんですか?じゃあ、○○さん(アルツ君のこと)、横になりましょうか?」

アルツ君:「うぇえに…。」

OTさんがアルツ君をベッドに寝かせます。

アルツ君、横になった途端、寝息をかいています。

ヤッチ:「リハはどんなことをやったんですか?」

OTさん:「今日は親指と人差し指で物をつかむのをちょっとだけ。」

ヤッチ:「どんな感じですか?」

OTさん:「親指が動くと、人差し指が止まるような感じで、両方の指を一緒に動かすというのはまだちょっと…。」

ヤッチ:「えっ。でも動くんだ?」

OTさん:「はい、ゆっくり時間をかければ、何とか…。」

ヤッチ:「なかなかうれしいことを言ってくれるじゃん。動くとは驚きだぁ~。つかめたの?」

OTさん:「つかんだ物を持ち上げるにはもう少し時間がかかるかと…。今日は触ってもらうといったリハになってしまいました。」

ヤッチ:「いやいや、それだけでも収穫ですよ。明日になれば、お箸と茶碗持てるかな?」

OTさん:「それはちょっと…。」

ヤッチ:「細かい作業じゃなくて、たとえば、『棒を握る』みたいな動作は?」

OTさん:「そうですね…、三回に一回はすっぽ抜けちゃうような感じですかね…。」

ヤッチ:「そいつはすごいや。あと残り三割だけじゃん。」

OTさん:「それはそうなんですけど…。」

ヤッチ:「失礼。別にプレッシャーをかけてるわけじゃないから、気長にやってもらって下さい。」

OTさんが、ちょっと若いお兄ちゃんだったので、ヤッチ、調子にのってしまいました。

m(__)m

この日のアルツ君はお疲れの様子だったので、ヤッチも早目に切り上げました。

夜に姉が面会に行ったそうですが、この日から、昼食だけではなく、夕食もスタートになったようです。

とろみの食事が出されたようですが、アルツ君、『まずい!』と言って、三種出されたうち、一種しか食べなかったそうです。

興奮と悲しみが交互し、今泣いていたかと思うと、急に興奮して怒り出すような状態だったそうです。

食事を拒んだので、看護師さんがそそくさとアルツ君の食事を片づけてしまい、その看護師さんがカーテンのタッセルのフックに自分の背中をぶつけてしまった瞬間、アルツ君が『ざまあみろ!』と言ったそうな…。


・入院8日目 ~ 12月02日(火)

姉がK病院に連絡し、K先生からアルツ君の病状説明と今後の治療についてお伺いすることになっていました。

病室に行くと、アルツ君は眠っていたので、姉とヤッチはデイルームに腰かけ、声が掛かるのを待ちます。

約束の時間になると、看護師さんからナースステーションに来るように言われます。

狭いナースステーションの中に入るように言われたのですが、K先生、K病院のソーシャルワーカー(社会福祉士)さん、PT(理学療法士)さん、姉、ヤッチが中に入ったものですから、立ち飲み屋さんにでも来たような雰囲気です。

看護師さんも数人、中で仕事をしています。

ヤッチと姉は丸椅子を用意され、腰かけるように促されます。

K先生もパソコンのモニターの前に座っています。

K先生:「病状説明ということなのですが、まあ、前回お話ししたことと、あまり変わりはないかな~。」

今回はヤッチも萎えずに先生に食い下がります。

ヤッチ:「父がこちらに入院したときに、先生は『心原性の脳梗塞かもしれない。』というようなことをおっしゃってましたが、やはり、父の脳梗塞は『心原性』なんでしょうか?」

▽引用
脳梗塞の成り立ち
「脳梗塞」は、脳の血管が細くなったり、血管に血栓(血のかたまり)が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受ける病気です。

脳梗塞は詰まる血管の太さやその詰まり方によって3つのタイプに分けられます。症状やその程度は障害を受けた脳の場所と範囲によって異なります。

脳梗塞の種類
ラクナ梗塞
脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞【小梗塞】
脳に入った太い血管は、次第に細い血管へと枝分かれしていきます。この細かい血管が狭くなり、詰まるのがラクナ梗塞です。日本人に最も多いタイプの脳梗塞で、主に高血圧によって起こります。ラクナは「小さなくぼみ」という意味です。

アテローム血栓性脳梗塞
脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞【中梗塞】
動脈硬化(アテローム硬化)で狭くなった太い血管に血栓ができ、血管が詰まるタイプの脳梗塞です。動脈硬化を発症・進展させる高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病が主因です。

心原性脳塞栓症
脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞【大梗塞】
心臓にできた血栓が血流に乗って脳まで運ばれ、脳の太い血管を詰まらせるものです。原因として最も多いのは、不整脈の1つである心房細動。ミスターG・長嶋茂雄氏を襲ったのも、このタイプの脳梗塞です。
NO!梗塞.netより引用
△引用

K先生:「その可能性(心原性脳塞栓症の可能性)も否定できないんだけど、いろいろ精査していくと、ちょっと難しいところかなぁ…。」

ヤッチ:「じゃあ、三つあるうちのどれに当てはまりますか?」

K先生:「まあ、『アテローム』(アテローム血栓性脳梗塞)かなぁ。勘違いしないでね。これは違う、これは違うとやっていった結果だからね。」

ヤッチ:「消去法の結果、『アテローム』ということですか?」

K先生:「まあ、そういうことになるかな~。」

今度は姉が質問します。

姉:「何日か前なんですけど、父が足が痛い痛いと大騒ぎしたときが有ったんですけど、大丈夫なのでしょうか?」

K先生:「それはどっちの足?」

姉:「たぶん、右足だと思うんですけど、本人は『どこが痛いかわからない』と、最後には泣いてしまうくらいでして…。」

K先生:「足といってもいろいろあるけど、どの辺なの?」

姉:「たぶん、右足の太ももの裏辺りだと思うんですけどね…。」

K先生:「右じゃあ、麻痺足(側?)でしょ。リハビリをしているから、そういうこともあるんじゃないかな。筋肉痛っていうこともあるし…。」

K先生は、ヤッチの後ろに立っていたPTさんに話し掛けます。

K先生:「今、リハ、どのくらいやってるの?」

PTさん:「時間ですか?」

K先生:「うん。」

PTさん:「午前と午後に二回やらせていただいてるんですけれども、一回につき、だいたい一時間くらいです。ただ、移動したり、準備が有るので、正味、一回につき、40分程度じゃないでしょうか。」

ヤッチ:「えー。そんなにやってるんだ。それじゃあ、疲れるわけだぁ~。」

K先生:「まあ、足のことについては、僕のほうも頭に入れておくことにします。」

ヤッチ:「で、父の麻痺の程度はどのくらいのものなのでしょうか?」

K先生は再び、PTさんにたずねます。

K先生:「評価は入っているんだろ?」

PTさん:「はい。上肢(肩から指先まで)については、中等度の麻痺で、下肢(股関節から足先まで)については、軽度の麻痺です。」

ヤッチ:「えっーーー。足(脚)にも麻痺が有るんだぁ~?動かしていたから、麻痺していないと思っていたんだけどな…。」

PTさん:「はい、立っていただくと、じゃっかん、傾いてしまうので…。」

ヤッチ:「嚥下(えんげ)はどうなんでしょうか?」

K先生がPTさんにたずねます。

K先生:「ST(言語聴覚士)の評価も入ってるんだろ?」

PTさん:「はい、STはこの場におりませんが、STからは『飲み込みは問題ない』というのだけ聞いています。」

姉:「先生、今、父は、『あわわわ。』と何を言っているかわからないような状態ですけど、段々、しゃべれるようになっていくんでしょうか?」

K先生:「梗塞を起こした脳の部位が部位だけに何とも言えないところだけど、お父さん、こっちの言っていることは、理解してるようだよね。『聞く』、『話す』、『読む』、『書く』が全部できないと、『全失語』といって、重症だけど、お父さんの場合、『聞く』についてはクリアできていると思うよ。『読む』、『書く』については、大変失礼だけど、(認知症だから)あまり得意じゃないでしょ!?」

姉:「残る『話す』が心配なんですよね…。」

K先生:「まあ、診させてもらった限りじゃ、失語症というよりも、『こうご』障害っていう感じかな。」

ヤッチ:「コ・ウ・ゴ…????」

K先生:「そう、『こうご』。『こうご』の『こう』は『構文』の『構』で、それに『語る』って書くんだけど。」

ヤッチ:「『構語障害』ということ???」

K先生:「臨床の世界ではいろいろあるんだけど、早い話が呂律が回らないなんだけど、言いたいことは頭に浮かんだいるんだけど、一つ一つの言葉を整理して上手く組み立てられないというのかなぁ…。」

K先生のおっしゃったことのニュアンスはヤッチもキャッチできましたが、ここで説明しろと言われれば、ヤッチも『構語障害』です。

失語症と構語障害の境界線が見えてこない…。

K先生:「で、脳梗塞の時にはご存知のように、こういうことが起こるんだけど、これは『きゅう麻痺』から来てるんだよ…。」

K先生がこうおっしゃたかどうかは定かではありません。

ちょっと聞き取れなかったし、理解できませんでした。

K先生:「『きゅう麻痺』の『きゅう』は『たま』って書くんだけどさ…。」

ヤッチは『玉』を連想しましたが、『球』のようですね。

つまり、『球麻痺』…。

ちょっと、落ち着いてから調べることにします。

m(__)m

ヤッチ:「…。(むしろ???)」

K先生:「いずれにしても、リハをきちんとやっていけば、その過程で徐々に良くなっていくでしょう。ただ、女性よりも男性の方が、途中であきらめちゃうんだよなあ。特に高齢になると、ますます。女性の方が長生きなのはそのせいじゃないかと思うんだよなあ。」

姉:「リハビリのことはそちらにお任せするしかないので、よろしくお願いいたします。」

ヤッチ:「今後の治療についてお伺いしたいのですが?」

K先生:「入院される時にお話ししたと思いますが、当面は点滴治療かな。」

ヤッチ:「具体的にはどんな薬を使うんですか?この間はラジカットという点滴薬がぶら下がっていたようですけど?」

K先生:「あれは脳保護剤で、もう一つ、グリセレブというのを使います。これは頭蓋内の浮腫をとってあげる薬。」

ヤッチ:「それと、栄養?」

K先生:「そう、今、ヴィーン3Gというのを使ってるんじゃなかったかな!?」

ヤッチ:「点滴治療はどのくらいの期間になりますか?」

K先生:「入院時から2週間やっていきます。その後は経口投与、つまり、飲み薬に切り換えて、二つの薬を飲んでもらいます。お父さん、バイアスピリンを普段服用しているのに脳梗塞になったよね?」

ヤッチ:「まあ、そういうことになりますね…。」

K先生:「だから、バイアスピリンだけじゃ、効かないかもしれない。ダプト(DAPT)っていうんだけど、二剤併用療法で進めていきます。」

アルツ君の救急搬送時にK先生はこのことをおっしゃりたかったのかもしれませんね。

脳梗塞の治療の中で出て来る医療用語を聞くと、どうしても、『刀』、『手裏剣』、『侍』を連想してしまうのはヤッチだけでしょうか。

ヤッチ:「その二刀流の方法で使う薬はワーファリンですか?」

K先生:「いや、ワーファリンは使わないよ~。バイアスピリンは抗血小板薬なんだけど、バイアスピリンともう一つ違う抗血小板薬を使って、二剤にします。」

薬の名前をお伺いするのをわすれました…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

K先生:「それと並行して、スタチンっていうんだけど、コレステロール値下げる薬を飲んでもらいます。」

ヤッチ:「期間は?」

K先生:「概ね二週間といったところかな…。これは様子を見ながらになるからね。短くなる場合も有ります。」

アルツ君の入院期間が3~4週間となるのは確実のようですね。

K先生:「まあ、ご家族としては色々とご心配でしょうが、『老化』には勝てませんよ~。目の前にあるパソコンの画像を見てごらん。お父さんの脳の画像だけど、脳と頭の骨の間隔が1cm以上空いているもの。前頭葉に至っては、1.5cmは有るんじゃないかな。」

ヤッチ:「はい…、私も正直できる事なら、画像を見たくなかったです…。」

ヒアルロン注射ですき間を埋められないのかなぁ…。

この後もK先生から色々とお話を聞きましたが、雑談が多かったので省略します。

ヤッチ:「最後に一つだけお願いがあるんですけど、よろしいでしょうか?」

K先生:「はい、何でしょう?」

ヤッチ:「父にまた何か有った時に、すぐに対応できるよう、父の脳の画像をいただけないでしょうか?」

K先生:「CT?MR?」

ヤッチ:「どちらも。」

K先生:「かまわないけど、印刷したものが欲しいのかな?それともCD-ROM?」

ヤッチ:「それは先生のほうのご都合でどちらでもかまいません。」

K先生からの病状説明は終了です。

病室に戻ると、アルツ君、眠っています。

姉とそっとしておいてあげようということで一致し、帰ることに…。

帰り支度をしていると、看護師さんがCD-ROMを持って来て下さいました。

失敗しました…。

印刷した画像をもらえばよかったです…。

家に持ち帰り、自分のパソコンでCD-ROMの中身を見てみると、フォルダがたくさんあります。

フォルダの中はjpgやgifの拡張子が並んでいると思ったのに拡張子すら付いていません。

windowsに付属の画像閲覧ソフトでは読み込めないようです。

やっと、CD-ROMの中に簡易的な画像閲覧ソフトが入っていることに気づき、実行ファイルをクリック。

読み込んだものの、画像の数がたくさん有り過ぎです。

どれがCTの画像なのか、MRの画像かもよくわかりません。

しばらくPCと格闘し、どうにか閲覧ソフトを使えるようになりました。

CTの画像の場合、頭の骨が白く写ることがわかり、自分的には大発見です。

アルツ君の脳梗塞がわかると思われる画像を以下にアップしました。

梗塞箇所はわからなくても、アルツ君の脳の委縮具合はよくわかると思います。

画面をご覧になって、右側(向かって右)が左脳です。

アルツ君が仰向けに寝ているところを、足元から写真を撮ったと考えると、頭の中がこんがらないかも…。

MRIの画像では白く稲光のように写っているところが梗塞箇所です。

MRAは脳の血管(動脈)の画像で、左脳の血管の影が薄くなっているところが梗塞箇所です。(わかりにくい…。)

興味ある方はご覧になって下さい。

もしかすると、全然見当違いの箇所の画像をアップしているかもしれないので、あしからず…。

素人が簡単に読影できたら、専門の技師さん、必要ないですもんね…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

画像はクリックすると拡大することができます。


MRIの画像(2×2)
MRIの画像(2×2)


MRIの画像(2×1)
MRIの画像(2×1)


MRAの画像(3×3)
MRAの画像(3×3)


CTの画像(4×3)
CTの画像(4×3)


・追記
K先生はアルツ君が今回の脳梗塞ではなく、過去にやったの脳梗塞で右側の目があまりよく見えていないのではないかということをおっしゃっていました。
『お父さん、右側の壁に体をぶつけたりしていなかった?』とおっしゃっていました。

別件で、今回の脳梗塞で、アルツ君が両目を閉じた時、ほんのちょっとですが、うっすら右目だけ開いていて、閉眼しないのが気になります。
顔面神経麻痺も有るかもしれませんね~。


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 作業療法士 心原性脳塞栓症 アテローム血栓性脳梗塞 言語聴覚士 失語 構語障害 球麻痺 グリセレブ DAPT 二剤併用療法 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-494.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2014/12/06 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP