site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 小失禁 の検索結果  6 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。
2   次のページ »

パンツ一丁の職人

2011/07/20 (水)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日のアルツ君は認知症の薬を飲んでくれなくて大変でしたが、今日のアルツ君はすんなり薬を飲んでくれました。

考えてみると自分の飲む薬じゃないのになんで人の飲む薬を「大変だった」とか「すんなり」なんて言って心配しているんでしょうね(笑)

いつの間にかアルツ君のペースに引きずり込まれている感じです。
(あのヤロー…ww)

風呂に入った後は薬を飲み、これもまたすんなり床についたようです。

ヤッチが自分の部屋から階段を降りて茶の間に入ろうとすると洗面所にアルツ君の着替えのパジャマが置いたままです。

??

キノコさんに「じい様は?」と聞くと

「お風呂に入って…。そのあと今日は薬をきちんと飲んで、すんなり寝てくれたわよ。」

「薬飲んだ時はパジャマ着てた?」

「あっ?そう言えば…。パンツ一丁で裸だったわね…。」

「じゃあパンツ一丁のまんま寝ちまったってこと?」

「そういうことになるわねえ…。ちょっとみてきてやって!」

(やっぱりヤッチの任務ですか…)

二階に再び上りアルツ君の寝室へ…。

やっぱりパンツ一丁のまま大の字です。

「そのまんま寝ると風邪ひくよっ!」

なんともすがすがしい親子愛のように描かれていますが、ヤッチの腹ワタは

『なんで俺がこんなことまでやんなくっちゃなんねーんだ…』です。

「風邪ひいたら風邪ひいたでいいんだ…」

「そんなこと言ってパジャマを着るのが面倒臭いだけなんだろっ!?」

「お前ね!そういう口のきき方は良くないぞ!面倒臭いんじゃなくて億劫なんだ。」

(あまり意味は変わらない…)

「そのままじゃあ明け方涼しくなったら大変だぞっ!」

「大変なのはお前じゃなくて俺だからいいんだ…」

屁理屈がバンバン打ち上がってきます。

最近はもうこんな会話も当たり前になっているのでヤッチ本人は慣れっこで軽く流しています。

「こんなパンツ一丁の姿を『明け方さん』に見せたら失礼でしょっ!」

「いや!『明け方』はそんなやつじゃない!俺は90年前から知っている!」

(あんたは83歳でしょwww)

これ以上の会話は時間の無駄です…。
(ー_ー)!!

「まあいいからパジャマ着て寝れば問題ないでしょっ!」

「いやあ〜。それが問題なんだな〜。」

「いいから。着ろよっ!」

「それが大問題なんだな〜。」

???

「起こしてくれよっ!」←(アルツ君のセリフ)

またしても自分で起き上がれないんです……。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


【パンツ一丁について】

アルツ君は最近ではアルツハイマーの症状がひどくなって小失禁の回数が多くなり、紙のパンツ(軽度の小失禁ならパッドが吸収してくれる)を履いています。

履いているというより強制的に履かせています。

我が家ではこの紙のパンツを「紙パンツ」と呼び、オムツと区別しています。

ヤッチの中のパンツの定義は足から通して履くもので、オムツは通さないで骨盤のあたりでマジックテープなりボタンで留められるものです。

この定義って合ってるんですかねえ?

それにしてもこの紙パンツ…。

男からすると「履け」といわれて素直に履けるもんじゃないですね〜。

かなり屈辱的な感じがします。

なんであんなにギャザーが入ってるんですかねえ〜。

なんであんなに女性的な作りなんですかねえ〜。

人に見せるわけではないけれどももう少し男性向けのデザインのものはないんですかねえ〜。

機能性も大事だけどもう少し製造メーカーも考えてくれたら少々値段が高くたって見た目が良い方を買うのに…。

そんなに見てくれを気にしないアルツ君が履きたがらないんだからたいていの人は履きたがらないですよね〜。

男からして嫌なのはあの「ギャザー」そしていかにもの「白い色」です…。


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 認知症の薬 アルツハイマー 小失禁 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-46.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/20 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

ネタ無しの職人

2011/07/24 (日)  カテゴリー: 日々徒然なる話
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日のアルツ君は特に機嫌が悪いわけでもなく、まあ普通でした。
(*^_^*)

何かまたやらかしてくれるのではと思った方もいらっしゃるのかな!?

残念ながら何回かの小失禁は有りましたが今日は平穏無事に終わりました。
\(^o^)/

毎日何かしらやらかしてくれるアルツ君。

今日は肩透かしを食らった感はありますが、そう毎日ではこっちが持ちませ〜ん。

もちろんイベントがないとブログを書けませんが…。


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 小失禁 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-50.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/24 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

夜泣きする職人

2011/08/14 (日)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

メマリー(認知症の薬)の服用を休止してから第5日目のアルツ君。

まったく主観的なものですが、メマリーを休止してからのアルツ君はメマリーを飲んでいた時よりもどうも調子がいいように思えます。

どう表現していいのかわかりませんが、元々やる気のない感じは有ったのですが、それが少なくなってるような…。

「重い腰が持ち上がらない」とよく言いますが、若干腰が軽くなっているような感じがあります。

眠気はまだありますが、どんどん意識が遠のいていくような雰囲気はどうやら無いようです。

医者ではないので何とも言えませんが、認知症そのものが急加速で進行していないなら、無理してメマリーを飲ませずにこのままアリセプトだけの服用で良いのではないかという気さえしてきます。

新薬だからといって決して良薬とは限りませんし…。

そんなアルツ君ですが、ヤッチ的にはアルツ君についてちょっとした発見がありました。

日頃よくアルツ君がひざの痛みを訴えるという話は多分何度かしたと思います。

医者に行っても特に異状なしです。

夜中に足が痛くてトイレに立てなくなったと起こされて介助することなんていうのも我が家では今や当たり前になっていました。

だいたい夜中に傍に寝ているキノコさんを大声で起こして

「おい!足が材木になっちゃって痛いから足を引っ張ってよっ!」

キノコさんにそんな体力はありません。
。゚(PД`q。)゚。

キノコさんが今度はヤッチを起こしにきます。

「おじいちゃんが足が痛いってまた騒いでいるからなんとかして〜。」

ほんとは痛くないんじゃないの?という疑問はあるものの本人が痛がるのでマッサージをしてやります。

その時順番としてはまずアルツ君をトイレに行かせ、紙パンツを新しいものに履き替えてもらい、それからマッサージです。

寝ているときも当然紙パンツは履いています。

トイレに行かせると言いましたが、夜中のアルツ君の紙パンツは大量の小失禁でかなりの重量です。

紙パンツを履きかえたアルツ君はスッキリするのかヤッチのマッサージの腕が良いのかその後は比較的静かに朝まで寝てくれます。

でその時に気が付いたのですが…。

今さらですが…。
m(__)m

ヤッチのマッサージの腕がいいからではないみたいなんです。
(-"-)

そう…。

大量失禁をしてしまった紙パンツの感触が嫌で夜泣きするようなんです…。

つまり「おしっこを漏らした」と素直に言えないから、「足が痛い」と夜泣きするんではということです。

紙パンツは今まで2回分の尿漏れはカバーできるものを使っていました。

自分も使ったことはないのでわかりませんが、軽く漏らしたくらいでは吸収パッドの性能が良いのでサラッとしていてわからないくらいなのかもしれません。

ところが2回目あるいは3回目となるとパッドのキャパシティーをオーバーしてビショビショになり気持ち悪くなってくる…。

そこで失禁したことを素直に言えないアルツ君が「足が痛い」と言ってキノコさんを起こす…。

ヤッチを起こす…。

寝不足…。

の図式です。

男だけなのか女の人もそうなのかは知りませんが、排泄に関しては認知症になって記憶がすぐに飛ぶような状況でもどこかしらで羞恥心が残っているようです。

ましてや子供ではないだけにお漏らししたことを周囲に伝えにくい…。

事実今でも自分がお漏らしした紙パンツを持たせ

「重いから持ってみん!出ちゃってるだろ?」

と言っても

「誰がそんなもん履いてたんだ?俺のじゃない!」

と言い張ります。

それ以上詰問すれば機嫌が悪くなるので追求しませんが、排泄のことだけは話題にされるのが嫌なようです。

このことについては以前からケアマネージャーさんとも相談していてケアマネージャーさんからアドバイスももらっていました。

「夜だけは厚手の5回分吸収できる紙パンツがあるからそれを使ってみては!?」

それでおとといあたりからこの5回分吸収できる紙パンツを履かせています。

pnats00001


履かせるとかなりズングリしています。

パンツ一丁の職人の赤ちゃん姿はなかなかプリティーです。

( *´艸`)クスクス

で結果は…????




夜泣きしません!!

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチも今度紙パンツを履いてみて失禁具合を確認してみま〜す。
\(^o^)/



ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー 紙パンツ 小失禁 マッサージ 認知症 ケアマネージャー 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-72.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/08/14 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

可もなく不可もなく…

2011/08/22 (月)  カテゴリー: 日々徒然なる話
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日は特にこれといった話題はありません。

アルツ君はいつものように何度かの小失禁を繰り返し、

「別に…」

「眠い」

「いやだ!」

「タララタッタ~」

「痛いッ」

ぐらいの単語しか発せず、ほとんど一日中寝ていました。

(*^_^*)

寝てました



今日はヤッチもちとのんびりで~す!!

♪旅館みたいだね~

♪旅館じゃないのよ~

はずれ



ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 小失禁 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-80.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/08/22 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アルツ君行方不明

2011/09/13 (火)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日は無事元気な子猫ちゃんを出産したアルツ君。

昨晩は産後の経過も良好でグッスリ&スッキリ快眠のご様子。

(*^_^*)

深夜になり、ヤッチが2階の自分の部屋から1階の茶の間に降りて行こうと戸を開けた時です。

暗くて最初は良くわからなかったのですが、どうやら脱ぎ捨てられた衣類が無造作に部屋の前の廊下に置かれています。

???

暗闇に目をこらしてみるとどうやらアルツ君の寝巻のズボンのようです。

取り上げてみるとグッショリ濡れています。

このところ小失禁の方はあまりなかったので久々にやらかしたのかな!?

でも小失禁の濡れ方にしてはネッチョリ感はなく、むしろサラッとした湿り気。

重量だけでいうとかなりのものなのでこれだけお漏らししたら、さぞかし「出しきった感」があるんじゃないかと思えるほど重たい感じです。

水ですすいだような重量のある寝巻のズボンが廊下に落ちているということはアルツ君は紙パンツ一丁で寝ていることになります。

1階に降りる予定を変更し、隣のアルツ君の寝室を覗きに行きます。

電気はつけられないので、ここでもじっと暗闇に自分の目が慣れるのを待ちます。

幸い外の月明かりが部屋をうっすら照らしてくれているので容易に部屋の様子はうかがえます。

でもそこにアルツ君の姿はありません…。

静まり返った寝室に疲れ切ったキノコさんの寝息だけか規則正しく反復します…。

寝室に居ないのならトイレ??

我が家には2階にもトイレがあり、しかしそこに灯りはついていません…。

そーっとトイレを開けます。



誰もいません…。

アルツ君がよく汚すトイレなので神様も愛想をつかしているようです。

あとは1階にいるとしか考えられません。

でも2階から階段越しに下を覗いても灯りらしきものは点いていないみたいです。

ちょっと不気味な感じなのでゆっくり階段を降りることにします。

ちょうど階段を半分くらいおりたところでしょうか…。

1階のどこかでピシャーピシャーとゆっくりと何かがうごめくような音が聞こえてきます…。



ピシャーピシャー…

けっしてリズミカルではなく、しかしゆっく~りとなにかが動くような音です…。


ピシャーピシャー…


ちょうど弱った魚が陸に打ち上げられ、一生懸命もがいて身体を地面に打ちつけるような音…。

しかしもう身体を力強く左右に振る力は残っておらず、弱々しく息絶えていくときのような不規則さを感じます。

ヤッチもあまりに不気味なので息を呑みます。

深夜ということもあって自分の呑みこむ唾液が食道に伝わるのが聞こえます。

一段一段階段をゆっくり降ります。

なぜ自分が何も悪いことをしてないのに自分の音をかき消さなくちゃなんないんですかね~??

段々と音源に近づきます。

どうやら音源は台所ではないようです。

キノコさんが料理し忘れた鯛がまな板に載ったままではないようです。

どうやら音源はまたしても昨日オペ室に使用した風呂場からです。

どうりで音源がクリアな響きなわけです。

でもその風呂場には灯りもついていません。

風呂場は月明かりに照らされるのとは逆方向に位置しているので自分の暗反応に頼るしかありません。

あまりの緊張で我を忘れていました。

先にどこかの電気をつければいいんですよね。

玄関のエントランス付近の電灯スイッチオン!

音源がピタリと止まりました…。

…。

昨日の子猫ちゃんの亡霊???

(゚ロ゚#)━!!

風呂場へとゆっくり足を運びます。

ヤッチの踏み出しの第1歩は左と決まっています。

4歩目の右足を床に着ければ風呂場に到着です。

シャワーのひねり忘れでしょうか…??

ときおり水滴がタイルに落ちる音がこだまします。

もう一度息を呑みます。

自分の唾液が呑むには少し物足りない…。

思い切って風呂場の扉を開ける決心を固めます。

風呂場の扉は木製ではなく、すりガラスなので風呂場の暗黒は脱衣所からでも見てわかります。



せーの!





って言ったら開けるからねと自分に言い聞かせます。

もう一度仕切り直して


せーの!!


\(◎o◎)/!


え~!!


何でアルツ君!?


フルチンで紙パンツ洗ってるんですかッ~!!!


しかも暗がりの中…


洗面器に紙パンツを♪ちゃーぷ♪ちゃーぷ。


──o(。´・∀・`。)o──



アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 子猫ちゃん 小失禁 風呂場 紙パンツ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-102.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/09/13 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

2 頁  次のページ »


▲TOP