site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 室外機 の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

室外機をこわがる職人

2014/07/30 (水)  カテゴリー: 特別養護老人ホーム
▲ Page Top
エアコンの室外機_01


こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日の日中、アルツ君のところへ面会に行ってきました。

ノックし、居室に入ると、アルツ君と女性介護士さんがベッドに腰かけ、外を眺めています。

ヤッチ:「お邪魔だったかな?」

女性介護士さん:「あっ、いえ!こんにちは。」

アルツ君:「なんだ、お前かよ…。」

二人が振り返り、そう言います。

女性職員さん:「いえね、今、お父様が、エアコンの室外機をご覧になって、何かの顔に見えるって、おっしゃるもんですから…。『こわい、こわい。』っておっしゃるんですよ。」

以前の記事でも書かせていただいた通り、アルツ君のいる特養では、空調設備が故障し、本格的な空調設備の工事が終わるまでの間、各居室にルームエアコンが設置され、暑さをしのいでいます。

アルツ君:「お前も見てごらんなさいよ。気もちっ悪いんだからっ!あー、こわい、こわい!」

確かに、窓の外からゆるキャラか、ロボットのようなものが、居室の中を覗き込んでいるようにも見えます。

ヤッチ:「なに~?エアコンの室外機じゃん!それに新品のはずなのに、熱交換器のフィンが潰れてるところが有るなぁ…。ひと暴れしたかぁ…???」

アルツ君:「ばか!お前、こんなに気持ち悪いもの見て、何とも思わないのか?どうかしちゃってるんじゃないのか?あー!やだ、やだ…。あー!こわいっ!」

そう言って、アルツ君が自分の腕を高速でさすります。

ヤッチ:「どうかしちゃってるのは、旦那さんのほうじゃないかよ…。そんなにこわがりの性格じゃなかったじゃないかよ。」

アルツ君:「ばか、言ってるよ…。こわいもんはこわいし、気持ち悪いもんは気持ち悪いってんだよ。ねっ?」

アルツ君が介護士さんに同意を求めています。

介護士さんはほほ笑んで返すだけ…。

ヤッチ:「そんなにこわいかなぁ…。」

アルツ君:「あーあ…。いよいよ、お前も末期症状だな…。こんなにおっかないものを見て、何とも思わないんだから…。こんなこわいもん、捨てちゃえよ!」

ヤッチ:「今、『お前も』って言ったよな?誰かほかに末期症状の人間がいるのか?それに、変だな…。いつもなら、美味そうとか言いそうだけどな…。」

アルツ君:「バカだな…。誰がこんな気持ちの悪いもんを食えるって言うんだよ…。だいたい、こっちだってそうだよ。誰がこんなところに十字架を貼りつけたんだよ。」

アルツ君が今度は室内に取りつけられているルームエアコンのほうを指さします。

視線の先は、エアコン本体ではなく、エアコンから延びた電気コードです。

このルームエアコンが設置された日にアルツ君がむき出しになったコードを引き抜いてしまったため、アルツ君がまた同じことをしないようにと、ヤッチが電気コードを粘着テープ(布テープ)で見えないようにしてしまったものです。

後で外す時のことを考え、粘着テープを壁紙に直に貼るのではなく、先に壁紙にマスキングテープを貼り、その上に粘着テープを貼っています。

最初はアルツ君が何を言っているのか、よくわかりませんでしたが、粘着テープの交差している部分がアルツ君には、十字架に見えるようです。

交差している部分は本体コードと延長コードの継ぎ目です、

ヤッチ:「毎日、お祈りできて、いいじゃん。これから高山右近と呼んでやるよ。」

アルツ君:「バカ言っちゃ、いけませんよ。こんなもん、必要ないんだから、捨てちゃえよ。」

ヤッチ:「捨てると、暑くなって、毎日、『涼しくなりますように。』ってお祈りしなくちゃならなくなるぞ?」

女性介護士さんは二人の会話を笑いながら聞いていらっしゃいましたが、しばらくすると、用事が有るのか、居室を出て行ってしまいました。

アルツ君:「お前ね、俺がこんなに寒いおもいをしてるんだから、こんな冷蔵庫、捨てちゃえよ。」

アルツ君の言う冷蔵庫とは、設置されているルームエアコンのことです。

ヤッチ:「俺は捨ててもかまわないけど、俺の持ち物じゃないからな…。旦那さんが弁償してくれるなら、この階から投げ落とすぞ?」

アルツ君:「そうかぁ…。」

ヤッチ:「もう少ししたら、冷蔵庫を外すって言ってたから、あと、ちょっとの辛抱だよ。」

アルツ君:「なら、いいけど、こっち(室外機)のほうをなんとかしろよ~?」

ヤッチ:「カーテンを閉めておけば?」

アルツ君:「バカ!こんなこわくて、気持ちの悪いもんがいることがわかっているんだ。臭いもんにフタをしたって、無駄だ。」

ヤッチ:「そうかぁ…。」

アルツ君:「俺はこんなこわい部屋にいるの嫌だから、あっち(アルツ君のいつもいる廊下の定位置)にいるから、その間に、お前、何とかしろよ!」

アルツ君はそう言って、居室を出て行ってしまいました。

ん…。

考えるのはヤッチの役目じゃないんだが…。

窓ガラスに、何かを貼って、エアコンの室外機が見えないようしてしまうことを最初に思いつきました。

施設の職員さんにお伺いすると、換気等のため、窓を開閉することがあるので、やらないでくれと…。

(-_-;)

じゃあ、やっぱり室外機を投げ落とすか、ぶっ壊す?

いろいろと考えた末、今はアルツ君が室外機の存在を『こわい』と言っていますが、すぐに忘れるだろうと…。

ただ、再び室外機が目に入って、思い出すかもしれません。

結局、室外機そのものがアルツ君の視線に入っても、それが『こわい』、『気持ち悪い』と、アルツ君に思わせなければ良いのですから、室外機を何かで覆ってしまえば良いのかなという結論に落ち着きました。

臭いものにフタをすることにかわりはありませんが…。

材料を持って来ているわけではないので、施設で、リハビリパンツの入っていた段ボールをもらって、それで覆うことに…。

窓ガラスに段ボールを貼りつけるのと大差ないのですが、窓ガラスに貼るのはご法度なので、ちょっと面倒でしたが、施設で借りたカッターを使い、段ボールを切り貼りして、しばしヤッチの工作の時間です。

エアコンの室外機の窓側(居室に向いている側)には、熱交換器のフィンが有ります。

これを段ボールでキッチリ覆ってしまうと、冷房効率が下がるし、故障の原因になります。

なので、すき間を空けました。

あまりベストな方法ではありませんが、コードやドレンの都合上、室外機を窓から離すのもこれでイッパイイッパイ…。

出来上がったところで、『定位置』でくつろいでいるアルツ君を呼びに行きます。

ヤッチ:「ちょいと、部屋に戻って、窓の外を見てくれよ?」

アルツ君:「なんでよ?」

ヤッチ:「『なんでよ?』って、さっき、『誰かいる』って、騒いでたじゃないかよ。」

アルツ君:「そっかぁ…。まあ、いいや、見てあげましょっ!」

アルツ君を居室に連れて行き、窓の外を見せます。

ヤッチ:「どう?まだ誰かいるように見えるかい?」

アルツ君:「ああ、あの事か!?大丈夫じゃないのかぁ…。まあ、いいだろっ!?」

ヤッチ:「何?その他人事のようなセリフ…。それに現場監督みたいな口調だな…。」

アルツ君:「現場監督じゃないけど、大丈夫そうだなぁ…。」

ヤッチ:「こわくないだろ?」

アルツ君:「まあね~。あの(段ボールの)うしろにいるのは隠れキリシタンだよな!?」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : エアコン 室外機 空調 粘着テープ 定位置 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-477.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2014/07/30 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

普通を愛する職人

2014/08/06 (水)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
室外機がない!?

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日、アルツ君のところへ面会に行ってきました。

今年の7月の半ばから空調設備が故障し、一時的にルームエアコンを各居室に設置し、暑さをしのいでいた特養ですが、昨日(たぶん?)ようやく空調設備の工事も終わり、日常を取り戻しつつあります。

とはいえ、外す予定になっていたルームエアコンは取り付けられたままです。

理由は、直したばかりの空調設備がまた故障したときの保険だそうです。

このルームエアコンの室外機に関して、アルツ君が『こわい』と言ったので、ヤッチは部屋の中から室外機が見えないように、段ボールを貼りつけました。

でも、もうその日のうちに、アルツ君が段ボールを外してしまったようです。

(-_-;)

関連記事:室外機をこわがる職人(2014/07/30)

そして、昨日、ヤッチが面会に行った時には、その室外機の姿は有りませんでした。

エアコンの室外機_01 ⇒ 室外機がない!?
画像はクリックで拡大できます。

どうやら、その後もアルツ君が室外機の存在をこわがったり、蹴飛ばしてしまったため、お隣の入所者さんの居室のほうへ、施設の職員さん(?)が移動したようです。

お隣の入所者さんの窓の外には大きな室外機が2機あることになるので、大変申し訳ない限りです。

m(__)m

そんなアルツ君、ヤッチが面会に行ったこの日、朝から随分と不機嫌だったようです。

アルツ君は廊下の『定位置』に腰かけていましたが、近づこうとするヤッチを女性職員さんが呼び止めます。

女性職員さん:「こんにちは。お父様なんですけど、今日は御気分がすぐれないようで…。」

ヤッチ:「なんか有ったのかな?」

女性職員さん:「いえ、特に…。ただ、お昼ご飯も、怒って全部ひっくり返してしまったんですよ…。」

ヤッチはアルツ君に近寄ります。

ヤッチ:「ちゃぶ台返しをやらかしたらしいな?なんか、気にいらないことでも有ったのか?」

アルツ君:「別に…。いつも通りですよ。普通だよ、普通…。」

アルツ君の表情はにこやかで、機嫌が悪かったことを想像できません。

???

ヤッチ:「ボタモチを持って来たんだけど、食うかい?」

アルツ君:「ボタモチ?それは食べてみたいもんですね~。」

ヤッチ:「あっ!入れ歯をしてないじゃないかよ!入れ歯、どうしたの?」

会話を聞いていらした女性職員さんが割って入ります。

女性職員さん:「そうなんですよ~。朝から何回かお声を掛けているんですけど、機嫌が悪くて、つけて下さらないんですよ…。」

アルツ君:「そのうち、(歯が)生えて来るさよ~。」

ヤッチ:「そのうちって、俺の髪の毛が生えるくらい難しい話だな?」

アルツ君:「お前のは、手遅れだ。」

ヤッチ:「うるせーよっ!小保方さんに交際を申し込むんだから、待ってろよ!だいたい、入れ歯してないと、ボタモチを食おうたって、食えないじゃないかよ?」

アルツ君:「飲んじゃえばいい…。」

ヤッチ:「入れ歯をつけて、食った方が美味いと思うけどな…。」

アルツ君:「そうかな…。」

ヤッチは女性職員さんが用意して下さった入れ歯を半ば強制的に、アルツ君に装着します。

そして持って来たボタモチを切り分け、アルツ君に渡します。

ヤッチ:「やっぱり、ボタモチは美味いべ?」

アルツ君:「普通だよ、普通…。」

ヤッチ:「そうか、感動が沸かないか…。じゃあ、これからボタモチは持って来ない方がいいか…。」

アルツ君:「そんなことはないぞ。持ってくりゃ、なんぼでも食うぞ。」

ヤッチ:「結局、ボタモチが好きなんでいらっしゃいますね…。それはそうと、マッサージはどうだった?気持ちよかったか?」

アルツ君、先日、姉が申し込んだマッサージを早速受けたようです。

これから定期的にマッサージ(主に足)を受けられるようです。

アルツ君:「普通だよ、普通…。」

ヤッチ:「あれ?俺がお嬢さん(姉)から聞いた話だと『気持ちよかった、あんまり気持ちが良すぎて、足から羽根が生えてきた。』って、言ったらしいじゃないか?」

アルツ君:「誰?俺がかよ?だいたい、俺は、あいつ(姉のこと)に何十年も会ってないぞ?」

ヤッチ「かっー。それにしても、ばあさん(キノコさん)やお嬢さんが、ここへ来たことを忘れちゃうのに、マッサージのことを覚えてるんだから、大した脳ミソだな?」

アルツ君:「それほどでもないさよ~。普通だよ、普通…。お前にも(脳ミソを)やろうか?」

ヤッチ:「最近、塩分を控えめにしてるから、遠慮しておくよ。」

アルツ君:「ははん!ご愁傷様。」

ヤッチ:「だけど、何でも普通なんだな?」

アルツ君:「当たり前さよ~。なんでも普通が一番なの!あんまり特殊だと、出っ張ったところを引っぱたかれることに、相場が決まってるの。」

ヤッチ:「言わんとしてることは、わからんでもないけど、ボタモチくらいは『うまい』、『おいしい』くらいを言ってやったら?」

アルツ君:「今日はそういうことは言わないの。」

ヤッチ:「『今日は』なんだぁ…???じゃあ、明日は?」

アルツ君:「明日は明日の屁が出る。屁はケツのアクビなり。」

ヤッチ:「あのさ…。もっともらしいことを言ってるつもりだろうけど、下ネタだぞ?」

アルツ君:「それほどでもないよ。普通だよ、普通…。」

ヤッチ:「まあ、いいや。話は変るんだけど、今日は旦那さんにプレゼントを持って来たよ。」

アルツ君:「なんだ?カネか?」

ヤッチ:「違うよ。絵本。」

アルツ君:「ちぇっ。絵本かよ…。そんな子供だましみたいなもん…。」

ヤッチ:「俺も最初はそう思ったんだけど、最近の絵本って、昔読んだのと違って、結末が違ったりするんだぞ?」

アルツ君:「ふん…。」

ヤッチ:「残酷なシーンがなくなってるんだぜ。今日、持って来たのは『はなさかじいさん』で、昔、読んだのと、あまり結末は変わらないようだけどな!?」

アルツ君:「ちぇっ。『はなさかじいさん』かよ…。」

アルツ君、ちょっとつまらなそうにして、口をモグモグしています。

ヤッチ:「あっ?旦那さん!もしかして、入れ歯が合わないのか?」

アルツ君:「いや、別に…。普通だよ、普通…。」

ヤッチ:「痛いのか?」

アルツ君:「痛くもかゆくもないぞ!?」

ヤッチ:「それにしちゃあ、入れ歯が動くな?ガバガバしてるような感じだな?」

アルツ君:「歯がガバガバじいさん(はなさかじいさん)!」

ヤッチ:「その大喜利のセンスを脳の記憶の領域に分けてあげられないかなぁ…。」

アルツ君:「高くつくぞ?」

ヤッチ:「今度、歯医者さんが来た時に、診てもらおう。」

アルツ君:「高くつくぞ?」

ヤッチ:「大丈夫だよ。その場でカネをふんだくるようなことはしないから。旦那さんはカネの心配をしなくても大丈夫。」

アルツ君:「じゃあ、いくらでも口を開けてやるぞ。」

ヤッチ:「その減らず口を歯医者さんに、ついでに削ってもらうように言っておくよ。」

アルツ君:「嫌だっ!」

ヤッチ:「冗談だよ。削ってもらうなら、全身だよ。」

アルツ君:「あーいうことを言ってやがるんだからなぁ…。」

ヤッチ:「話を元に戻すけど、『はなさかじいさん』の話を覚えてるか?」

アルツ君:「当たり前さよ~。」

ヤッチ:「おっ、たいしたもんだな~。俺はこの本を読むまで、思い出せなかったよ…。」

アルツ君:「しようもない奴だなぁ…、お前は…。」

ヤッチ:「どんな話だったっけ?」

アルツ君:「途中はよく覚えてないけど、おじいさんが、灰だか、粉をまくと、枯れた木に花が咲くっていうやつだろ?あれは桜の木だったかなぁ…???」

ヤッチ:「へー、すごいね~。よく覚えてるなぁ…。」

アルツ君:「そうだよ、お前も頭に灰だか、粉をまいてもらったらどうだ?」

ヤッチ:「うるせーよっ!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 空調 エアコン 特養 室外機 ボタモチ 入れ歯 マッサージ 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-479.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2014/08/06 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP