site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 便秘薬 の検索結果  6 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。
2   次のページ »

アルツ君ご懐妊

2011/09/27 (火)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

先日夜用揉まれるサポーターについての記事を書いたのですが、その効果はいかがなものかというメールを何人かの方からいただきました。(記事はこちらです)

夜用揉まれるサポーター1

夜用揉まれるサポーター2


個別にメールで返信するのも大変なのでこの場を借りてその効果のほどを報告したいと思います。

正直このサポーター購入した当初は少し値段が張るものなので期待したほどの効果が得られるか心配でした。

2,3回履いたら忘れられてタンスの奥に葬られるものとばかり思っていました。

アルツ君ちょっと着心地や履き心地が悪い衣類は一度袖を通したり、履いたりして本人が気に入らないと後は絶対に身に着けたりしない偏屈なところがあります。

でも今回のサポーターは基本夜寝ているときに履いてむくみを取ってくれるというものなのですが、なぜか寝るときだけでなく、日中も履いています。

「それ寝る時だけ履けばいいサポーターらしいよ!?」

「そうか。でも昼間もつけてると結構足が楽だぞ。」

最近は自分で靴下を履くのもままならない時があるのでサポーターを自分で履くというのはアルツ君からしてみるとかなりハードルは高いはずです。

結局夜このサポーターを履いて寝て、朝起きて脱がずに履き、続けて日中も履いているというのが本当のところです。

「めんどくさいから履きっぱなしなんじゃないのか?」

「お前は失礼なやつだな。まだ脱いだり履いたりできるわい。」

そう言いつつも紙パンツをヤッチはよく履き替えさせている記憶があります。

「あんまり履きっぱなしじゃ足がおかしくなっちゃうんじゃないの?」

「いや。別に何ともないぞ。」

「たまには足にも空気入れてやろうぜ。」

そう言ってアルツ君のサポーターをずらしてみます。

一時材木病だといって夜泣きしていたころに比べると足のむくみはすこぶる良くなっています。

まったくむくみが消えたというところまでは行きませんが皮膚がパンパンで指が通らなかった時から比べればはるかにむくみはなくなっています。

「あと一息だな~。針で刺してみるか?」

「やだっ!」

ヤッチの思い込みかもしれませんがこの夜用揉まれるサポーター結構効果があるような気がします。

もちろん個人差はあると思いますが、むくみがだいぶ解消されているようです。

履きっぱなしだとサポーターについている突起が皮膚に食い込んで痛くなったりするのかと思ったらそんなこともないようです。

歳のせいで鈍感になっていることも否めませんが…。

アルツ君のような年寄りだけじゃなく、冷え性でお悩みの方やむくみで苦労してる方にはもしかすると効果があるかもしれませんね。

アルツ君のむくみがだいぶ解消されたのが丸々このサポーターのお蔭なのかは議論を呼ぶことにもなりそうですが、ヤッチにしてみれば、夜な夜なアルツ君の足をマッサージさせられていた寝不足の日々から解放されたので自分自身は満足です。
(^.^)/~~~

アルツ君が夜泣きしない分このサポーターの出費のもとはとれたのかなと勝手にいいように解釈です。

しかしっ!!!

またまた問題発生です!!

そう…。

一難去ってまた一難…。

なになに~!

アルツ君ここ1週間便通がありません…。

(つд⊂)エーン

臨月はとうに過ぎています…。

(-_-;)

昨日主治医のクリニックで便秘薬も処方してもらいました。

その前も市販薬の便秘薬を飲ませているのですがまだ陣痛がありません。

アルツ君にたずねます。

「全然もよおさないの?」

「ぜ~ん。ぜ~ん。」

本人まったくお気楽です。

\(^o^)/

この間のような悪夢はどうしても避けなければなりません。(記事はこちらです)

「出ても出なくてもいいからとりあえずトイレに座ってみん!」

ヤッチがアルツ君にダメもとでトイレに行くように勧めます。

「俺は昔から物持ちがいいからな。多分ダメだと思うぞ。」

「そんなの宝の持ち腐れだよ。とりあえず行ってみて。」

無理やりアルツ君をトイレに押し込みます。

少し静かになったので出たのかなと思ったら…。


トイレの中から鼻歌が聞こえてきます…。


???


♪だるまさん

♪だるまさん

♪出ないとダメよ

♪ウップップー!!



アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 14 件
ツイートする

キーワード検索 : 夜用揉まれるサポーター むくみ 材木病 マッサージ 便秘薬 トイレ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-116.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/09/27 | コメント (14) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

利用者のいないデイサービス

2011/12/13 (火)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日アルツ君と一緒に主治医のクリニックに行きましたが、その診察でやはり便秘が改善されていないということで薬の量を増やされてしまいました。

なんせお通じが1週間に一度だけなのでお茶に頼るにもコスト的に割高になってしまいます。

今までは認知症の薬やら降圧剤、便秘薬を夕食後だけに飲んでいましたが、今回の処方で夕食後に飲んでいる便秘薬を朝食後にも飲むように言われました。

先生が頭を抱えるほど便秘薬を飲んでいるので、これ以上飲むのは先生もどうなのかと思ったのかもしれません。

「もし、出が良すぎるようでしたら薬の服用をやめるなり、量を減らすなりして調節してかまいませんので息子さんの方で様子を見ながら飲ませてあげて下さい。」

そう主治医のお達しです。

●アルツ君の服用する薬
◆朝食後
アローゼン顆粒0.5g(1包)
便秘薬
マグラックス錠500mg
便秘薬
◆夕食後
メマリー錠5mg
認知症の薬
バイアスピリン錠100mg
血液が固まるのを防ぐ薬
アシノン錠150mg
胃腸薬
プルゼニド錠12mg×2
便秘薬
アローゼン顆粒0.5g(1包)
便秘薬
マグラックス錠500mg
便秘薬
アムロジピンOD錠5mg
血圧の薬

※(アルツ君~要介護3)
薬剤情報 ~ お薬110番(PC)


こうしてみると認知症の患者というより便秘症の患者ですね~。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

今日の朝から朝食後の便秘薬の服用です。

今日はデイサービスに行く日でもあったので朝食後に便秘薬を飲んだことをデイサービスの連絡ノートに一筆書き添えておきました。

夕方にデイサービスから戻ったアルツ君毎度毎度のセリフを吐きます。

「今日は風呂に入ってないよ。風呂に入らないと死んじゃうぞ。」

デイサービスから戻ってきた連絡ノートには食事もして風呂にも入っていると記載されています。

(-_-;)

「今日はだ~れも来ていなかったぞ。みんなどうしちゃったんだろう…??」

どうしっちゃったんだろうはアルツ君の方です。

40人くらいは利用者がいるというのにみんな風邪!?

デイサービスの学級閉鎖は前代未聞です…。

「俺は隅っこに腰かけていたから昼飯も食べさせてもらえなかったぞ。」

連絡ノートには『今日はいつもに増して楽しそうに食事を召し上がっていました。』の文字が…。

誰も利用者がいないデイサービスで一人隅っこに座ってニヤニヤしながら食事をしていたのでしょうか!?

♪ニコ(o´・∀・`o)ニコ♪

なぜか今日のデイサービスの連絡ノートにはいろいろなことが事細かに書かれてあります。

『足の爪を切った』とか『ひげそり』、『排便が無かった』まで書いてあります。

いつもはほとんど白紙同然なんですけどね…。

ヤッチがアルツ君に話しかけます。

「誰もいなかったならのんびりお風呂に入れたんじゃないのか?」

「今日は風呂のシャッターが閉まってたぞ。」

「あそこにシャッターなんか付いて無かったぞ。」

「じゃあ。門だ!!」

「余計付いてるわけないじゃん。」

「どうしても俺を狼少年にするつもりか?」

「狼少年にはしないよ。狼老人だよ。」

「チクショ~…。」

ヤッチはアルツ君がデイサービス持って行っているバッグをあさります。

出てきました!!

お風呂セット。

ちゃんと濡れています。

もしアルツ君が言うようにデイサービスのスタッフがお風呂に入れてくれないというのなら、ここまで手拭いやら洗体用のタオルをしめらせるでしょうか!?

そこまで手間をかけるなら、アルツ君をドボンとお風呂に入れるほうが手っ取り早いはず…。

ヤッチはそのしめった洗体用のタオルをアルツ君に鼻っ面に持って行き見栄を切ります。

「チャチャチャチャ~ン♪えいっ!!控えおろう!!このタオルが目に入らぬか!!このタオルが濡れているのはおぬしが風呂に入った証拠!!これでも『入っていない』と白を切ると申すかあ~?」

「うんっ!!」

凹○コテッ

全然効果がありましぇ~ん…。

(つд⊂)エーン

「じゃあ。今日も家でお風呂に入るのかぁ…?」

「『今日も』ってなんだ?いつものことじゃないか!」

「わかったよ…。じゃあ沸かすから先に夕飯を食べちゃおう。」

それにしても朝に便秘薬を飲んでいるのにまだトイレに呼ばれないのでしょうか…。

恐るべしアルツホルモンです…。

(-_-;)

「今日は昼飯抜きだからな!?ばあさん!今日はイッパイ食べさせてくれよな?」

今日は焼き鮭と豚汁がメインでしょうか。

アルツ君昼飯もしっかり食べているのに夕飯もしっかりいただきました。

(*^_^*)

「おう~。美味かった~。ばあさん。お茶が無いぞ?」

「あの…。ここは旅館じゃないんですけど…。」

キノコさんのきついボディーブローが入りました。

(´゚д゚`)アチャー

キノコさんのきついパンチでアルツ君のホルモンも動いたのでしょうか?

アルツ君慌ててトイレに駆け込みます。



でも…。


ガァ──(_△_;)──ン…


間に合いませんでした…


_| ̄|○

トイレの中は千葉県浦安市を彷彿させる液状化現象…。

衝―∵(*゚∀゚*)∵―撃ッ!!

どっちにしてもお風呂は沸かしておかないといけないいうことですか…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


青いバラ

バラには青色色素を作る能力が無いと言われてきました。

でも、あのお酒で有名なサントリーが長年の研究で青いバラを作りました。

少し以前に青いカーネーションも販売されていて、実際に購入したこともありますが、若干色目が青というより薄紫に近い感じだった記憶が有ります。

ヤッチもまだこの青いバラは見たことがありません。

(^^ゞ



香りはどうなんでしょうか…??

花言葉は「夢 かなう」。

品種名は「APPLAUSE(アプローズ)」。

どうやら 「喝采」という意味らしい…。

ずっと追い続けた夢を、やっとかなえた喜び。

新しい夢を見つけ、向かっていく勇気。

その気持ちへの喝采を多くの人に届けたいとの思いを込めて名付けられたそうな…。

花言葉が随分洒落ていますね!?

(*^_^*)

プリザーブドフラワーもいいけどやっぱり生のお花には勝てませんね~。

キノコさんにクリスマスプレゼントとして検討中です。

(^^ゞ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 便秘 便秘薬 認知症 デイサービス 風呂 液状化現象 青いバラ サントリー 花言葉 アプローズ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-193.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/13 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

汗かきな職人

2011/12/14 (水)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日に引き続きで下の話で申し訳ないです…。

主治医の指示で便秘薬(下剤)を増やすことになったアルツ君ですが効果有り過ぎです…。

(~_~;)

アローゼン顆粒0.5g
実際はもっと黄色のパッケージです

このアローゼン顆粒0.5gは今まで1包を夕食後だけに服用していましたが、昨日からもう1包増えて午前にも飲むようになりました。

1包では全然効果が無かったのに2包になった途端にまあ快調なこと…。

ちょっと飛ばし過ぎです。

(゚∀゚ ;)タラー

今日は昨日の余震なのか2回もトイレの中は液状化現象です。

恐るべし!!アローゼン顆粒…。

やられたぜ!!アローゼン顆粒って感じです。

我が家だけがピンポイントで液状化に見舞われるのは何とも不幸というか悲しいというか…。

午前は地盤が緩んでいる兆候は全くなかった(キノコさん談)ようですが、夕方になってからは液状化の嵐です。

まるでヤッチをあざ笑うかのように噴出してくれました。

(つд⊂)エーン

1回目はお風呂に入る前。

そして二回目はお風呂に入りアルツ君が布団に入った後です。

1回目は幸いなのかは、ちと疑問ですが、お尻を汚したとしてもお風呂に入る前なので洗い場で良く流してから入ればまあスッキリします。

でも2回目はお風呂に入った後なのでなんとももったいない感じです。

それでも1回目は紙パンツがナイスキャッチしてくれたので被害が少なくて済みました。

ナイス!!ライフリーちゃん?!!?

公民館に避難することなく、自分でいうのも変ですが、結構手際よく処理できました。

でも2回目は液状化対策本部長のキノコさんとアルツ君の半径1kmを避難区域に設定すべきか協議するほどの甚大な被害です。

しかも二階のトイレ…。

(-_-;)

アルツ君が夕食を食べ、1回目のお風呂を済ませて寝床についたすぐ直後の出来事です。

寝る前にトイレに入るよう促しましたが、本人が『もう出ない』と言うのでちょっと油断してしました。

寝静まったのかな!?と思ったときに悲劇はやって参りました。

(来なくていいのに…)

寝床についてすぐ寝るのかと思ったのにアルツ君二階のトイレに駆け込みます。

アルツ君トイレからなかなか出てきません。

なんとなくヤバそうな気配はしていたのですが、こういう時はやはりマイナスの因子は自分の脳裏から省きたいヤッチです。

(-_-;)

しかし取り払うことのできない現実が待ち受けていました。

「おーい!!」

トイレから悲鳴をともつかぬ変な声が聞こえてきます。

けっしてトイレの神様の声ではありません。

まぎれもなくアルツ君の雄叫びです。

「おーい!!大変だぞ〜!!」

アルツ君がトイレの戸を開けます。

でもその行為が命取りになってしまいました…。

そう防潮堤を自ら壊してしまったのです。

(´゚д゚`)アチャー

液状化した子猫ちゃんの大群が二階の廊下にまで侵食してきます…。

ターミネーターの悪役がシュワちゃんに何度も撃ち殺されて液体と化してもまた元の身体に戻るあの恐ろしさを彷彿させます。

「おー。流れてる〜流れてる〜。」

アルツ君の大声に勇気ある善良な市民が立ち上がりました。

「ウッ!!」

ヤッチはあまりのオイニー(臭い)にいきなりみぞおち辺りをグーで殴られたような衝撃です。

液状化はアルツ君のすね辺りまで侵食しています。

「動くなよっ!!」

ヤッチはアルツ君に声をかけます。

久々にこっちもあまりの惨状にパニックってしまい、自分の中の設定がシュワちゃんなのかジャックバウワーなのかを見失います。

アルツ君は便座に腰かけ、つま先を立ててプルプルしちゃってます。

「いい子だ…。そのまま足を横に移動してカカトをゆっく〜り下ろして…。そう…。いい子だ〜。」

「お前早く何とかしろよ〜。」

なんとかしろと言ってもなかなか子猫ちゃんの大群が押し寄せているので離れ小島には近づけません。

(-_-;)

新聞紙を大量に用意してハシケを作ります。

「よーし。そのままゆっくり立って。」

「たてるかなあ!?」

「ゆっくりね。」

この際なので立ち上がったアルツ君のまみれた足を新聞紙でぬぐってしまいます。

(-_-;)

トップ記事の野田首相の顔は支持率に比例して影を落としていきます。

ようやく救出に成功したヤッチはアルツ君の手を取ります。

うっ!!

ここにも落とし穴が…。

アルツ君は強く手を握り返してきますが、そこにも生温かい柔らかな感触が…。

(-_-;)

二人してまみれて階下に降ります。

お風呂場に直行です。

この際全部洗濯はキノコさんに任せて、まみれた手でアルツ君の寝巻を剥ぎ取り丸裸にします。

「俺今日はまだ風呂に入ってなかったっけ?」

アルツ君の一言にヤッチの動作は一瞬止まりますが、まあそういうことにしておきましょう…。

アルツ君を前かがみにして、お尻あたりからシャワーで流します。

一通り身体を流したところでアルツ君がまたわけのわからぬことを…。

「頭は洗わなくてもいいのか?」

「今日は洗わなくても大丈夫だよ。」

1回目のお風呂でシャンプー済みです。

「じゃあ。お風呂に入っていいんだな?」

「ああ。いいよ。」

「そうか…。今日はまだ風呂に入ってなかったか…。」

湯舟につかりながらアルツ君ぼそぼそ言っています。

「温まって風呂から出る時は身体の水滴をよくぬぐってから出てきなよ。」

ヤッチはそう言ってお風呂場から出てアルツ君がお風呂から上がるのを待ちます。

しばらく経ってアルツ君が風呂から上がってきました。

「なんだよ。ちゃんと拭いてきなよって言ったのに全然拭いて無いじゃん!!」

「ほら。お腹のあたりもビッショリだぞ。」

「そうかあ?若いから汗が出てるんだろ!?」

若けりゃもっとケツの締まりも良いはず…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追伸】
朝の便秘薬(下剤)はしばらく休止してもとに戻して様子を見ることにします…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 便秘薬 下剤 アローゼン顆粒 風呂 紙パンツ トイレ 防潮堤 子猫ちゃん 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-194.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/14 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

思わぬ落とし穴

2011/12/15 (木)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

このところヘビーな記事ばかり書いているのでちょっと軽めに…。

(^^ゞ

今日の朝は便秘薬を飲ませなかったのでたぶん大丈夫。

(^^)v

ヤッチが夕方明日の朝食のパンを近所のスーパーに買いに行った帰りの事です。

どっかで見かけた老人が向こうからエッチラオッチラ歩いてくるなぁと思ったらアルツ君じゃないですか!?

「なに?どうしたの?」

「ばあさんが水汲んで来いってうるせんだよ〜。」

見ればアルツ君ガラガラを引きづっています。

「もっと明るいうちに行けばよかったのに…。」

「そうだよなあ!!でもうるせんだよ〜。」

「俺が行こうか?」

「いやいいよ。ここまで出てきたんだから俺が行って来るよ。」

なんか久々に素直なのでこっちが拍子抜けです。

┏(゚ェ゚) アレ?

「じゃあ。気をつけて行ってきなよ。」

「あー。お前もな!!」

アルツ君とすれ違う感じでヤッチは家に戻り、アルツ君は近所のスーパーへ。

家に帰ってキノコさんにたずねます。

「旦那さんと今すれ違ったけど、なんでまたこんなに暗くなってから水なんて汲みに行かせたの?」

「そうじゃないのよ。午前中から『行ってきなさい』って言っているのになんだかんだと言って行かなくてようやく今出かけたのよ。」

「な〜んだそうだったのかあ…。随分鬼コーチぶりだな!?と思っちゃったよ。」

「『水なんて風呂の水を飲んでればいい』とか『あと10分したら行く』とか…なかなか重い腰を持ち上げなくて…。」

「だって午前中からだろ?」

「そうよ〜。やっと今頃よ〜。」

「で今日は旦那さんの体調はどうなの?」

「今日は大丈夫みたいね。おしっこも漏らしてないし…。」

「あとはガラガラをスーパーに置き忘れてこないのを願うばかりだな。」

「何回も言い聞かせたから今日はさすがに忘れてこないでしょ!?」

「いや。わからないぞ!?言い聞かせたこと自体を置き忘れてくるんだから…。」

そんな会話をしているうちに玄関の戸が開く音が…。

アルツ君です。

「おっ!!今日はすんなり帰ってきたね?」

ヤッチがアルツ君を冷やかします。

「そうじゃないんだよ…。おーい!!ばあさん!!水汲みに行けないぞ〜!!」

キノコさんが慌てて玄関に出てきます。

「あら?水汲めないってスーパーの機械故障か何かしてたの?」

「いや。故障はしてなかった。この目で見てきたんだから。」

「あら。スーパーには行ったんだ?」

「行きましたよ。」

「でなんで水汲んでこなかったの?」

「汲めるわけないじゃないかよ!!」

何だかアルツ君怒りんぼです。

(`・ω・´)

「あら!?随分怒りんぼね…。」

「当り前さよ〜。」

何だか自分に腹を立てているようにも見えます。

「トイレでも行きたくなって帰って来ちゃったの?」

「違うよ!!」

「じゃあなんで〜?」

「ボトルを持って行ってないんだから汲めるわけないだろっ!!」

入れ物(容器)を持って行かなくては持って帰ることはできません…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


結局アルツ君に代わってヤッチが水を汲みに行く羽目に…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

疲れたよ〜



ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 便秘薬 スーパー ガラガラ ボトル 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-195.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/15 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

抑肝散(よくかんさん)が頻尿の原因!?

2012/02/20 (月)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
illust3032_thumb.gif

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

何日か更新をさぼってしまいました。

(^^ゞ

というのも、ここ数日、アルツ君の夜間の頻尿に付き合っていたため、かなりの睡眠不足。

Zzzz…。

アルツ君がトイレに行くと、便器の前におしっこをこぼし、場ミリを貼って、ようやく少し、これが改善されたという記事を書いたばかりなのに、頻度が多くなってしまっては、場ミリの効果も半減してしてしまいます。

(-_-;)

早寝のアルツ君は夜の8時くらいには寝てしまいます。

寝てしまうというよりは、起きていられないというのが正解かもしれません。

昔からの習慣なので、無理に起こしておくということは、我が家ではやっていません。

そして、ヤッチが寝ようと思った深夜12時くらいから、アルツ君の大頻尿大会が始まります。

ここ数日は今までの頻尿に拍車が掛かって、インターバルも短め、アンド、回数も増えるというサポーターにとってもプレイヤーにとっても過酷な状況です。

( ̄-  ̄ ) ンー

これはあくまでも推測ですが、トイレにおしっこに行くときのアルツ君、多分尿意と本人が感じた時は、すでに紙パンツの中に出している状態なのではと思う時が有ります。

布団の中で、自分の知らないうちにお漏らししてしまい、その時は気づかずに寝ていますが、いくら紙パンツが吸収力が良いといっても、湿り気は残ります。

時間とともに紙パンツの中のおしっこが冷やされ、それを本人が『冷たい』と感じた時にトイレに立ちあがるのではないかという推測です。

その証拠に、アルツ君がトイレに行くときの紙パンツはすでにビッショリ濡れているときが有ります。

もちろん、毎回、紙パンツに出しているわけではなく、漏らす前に、ちゃんと尿意を感じて、トイレに行くときもあるようです。

この辺が、難しいところで、ヤッチを悩ますのは、むしろアルツ君が尿意を感じてトイレに立つときの方なんです。

アルツ君が例により、夜中にトイレに行ったので、定期的に紙パンツの濡れ具合を確認に行きます。

『やっぱりビッショリ』という時は当然紙パンツを取り替えます。

夜間は寒く、寝巻で寝ているアルツ君は素足のままです。

板の間や畳の上で立ったまま、紙パンツを取り替えるのも足が冷たいので、電気敷き毛布の上で取り替えます。

「なんだって、俺が寝る頃になると、運動会を始めるかねえ~???」

ヤッチがアルツ君の紙パンツを取り替えながらつぶやきます。

「そんなの俺が知るかっ。俺のチンボ、お前にやるから、聞いてみたら?」

「そんな使いもんにならないの、もらったって迷惑だよ!!」

「二つある方が便利かもしれないぞ。」

「有ったって、一つは垂れ流しの役立たずだろっ!?」

「ああっ!!ちょっと待ったっ!!またしたくなっちゃった!!」

ちょうどアルツ君の紙パンツを脱がせ、アルツ君はフルチン状態…。

アルツ君は、慌てて、トイレに向かいます。

アルツ君の寝室からは、畳半畳ほどと、2,3メートルの板の間の廊下を経由して、トイレに到着です。

アルツ君、駆け足とは程遠いもではありますが、本人的には全力疾走です。

しかし、アルツ君の歩く音とともに、何か別の音が聞こえてきます。

音が重なってステレオサウンド。

水滴がこぼれるような音です…。

ボタボタボタ…。

トイレの方からアルツ君の声も聞こえてきます。

「あーあっ、やっちゃった~。」

お分かりの通り、やらかしちゃいました。

畳には水滴ならぬ尿滴です…。

(-_-;)

畳のところから尿滴は徐々に大きさを増し、トイレに近づくに連れ、水たまりへと変化していきます。

トイレでは片方の足を爪先立ちして、こっちを振り返るアルツ君。

太ももから足の甲までビッショリです。

「間に合わなかった?」

コクリとアルツ君がうなづきます。

「まだ、出るのかい?」

「いや、もう出ない…。」

「出し惜しみするなよ。出るなら全部出しちゃえよ。」

「いや、もったいないからとって置く…。」

「そんなもん、取って置いたって、二束三文なんだから出しちゃいなよ。」

アルツ君の足を拭く都合も有ったので、アルツ君に便座に座ってもらいます。

トイレットパーパーでアルツ君の足を拭きたいのですが、沖の小島にいるアルツ君に近づくには、潮をの引くのを待つか、自分で床を拭かないと、こっちもまみれてしまいます。

大急ぎで床をトイレットペーパーで拭き、アルツ君の足も拭きます。

このお漏らしをする前にも、何回かトイレに行っているというのに、大量の失禁です。

なるべく、就寝前の水分摂取は控えてもらっているのに、あり得ない量です。

こんなにも体内から水分が放出されるのかという量で、さらのトイレットペーパーを1本使い切ってしまいました。

「なんだって、こんなに出るかねえ~???」

「きっと湧水でもあるんだろ!?」

自分がやらかしてしまったという自覚が有るのか、切り返しの言葉には覇気が有りません。

「でもさ…。『おしっこが出そうだ』ってトイレに駆け込んだけど、トイレに行く前に出ちゃってるのは自分で気づいてた?」

「気づいてない…。」

どうやら、排尿感もあまり無くなってきているようです…。

(-_-;)

「だいたいさあ。寝床についてから何回トイレに行ってると思ってる?」

「いや。これが初めてだぞ!?」

「おいおい。脳ミソもアンモニア漬けじゃないのかあ…。」

記憶の衰えは幸せなのか、不幸なのか…。

(-_-;)

昼間はトイレで便座の前にまき散らすという失敗は有っても、紙パンツに失禁するということはあまりないのに、夜中になると、失禁回数が増えるのは、詳しいことはわかりませんが、自律神経なり、交感神経の働きもかなり悪くなっているのでしょうか…。

また、トイレに行ったり来たりを繰り返すので、夜間はそのことばかりを考え、ちょっとでも尿意と感じ、余計にトイレに行く回数が増えるのかもしれません。(でもそういう記憶も多分無いのかな!?)

ヤッチですら、大頻尿大会の後は、フラフラになるくらいですから、いくら早く寝るアルツ君とはいえ、こんなことを毎日続けていたら、やがて限界が来てしまいます。

こうなると原因と考えられるものは、すべて取り除いていかないと、わけがわかりません。

現在は、アリセプトやメマリーなどといった認知症の薬は、何も飲んでいません。

ここ数日は、血圧もやや低めだったので、降圧剤は飲ませていません。

また、バイアスピリンという血液をサラサラにする薬も、逆にこいつがおしっこもサラサラにするのではないかと考え、服用をストップしています。

残るは、便秘薬と抑肝散という漢方薬、それとフェルガード100。

便秘薬は飲んだり飲まなかったりですが、頻尿がひどい時の直近では飲んでいないはず…。

フェルガード100は新しいドクターからは、飲まないようにと言われていますが、イクセロンパッチを剥がした何日後から、また自己判断で復活させています。
(記事はこちら⇒イクセロンパッチをはがしました!!)

フェルガード100は、朝に1包、夕方前に1包の服用ですが、消去法で行くとこのフェルガード100と抑肝散のどちらかということになります。

もちろん、原因として考えられるのは、薬だけではないはずですが、とりあえずは、薬を疑っています。

で、残るフェルガード100と抑肝散ですが、両方いっぺんに服用をストップしたとして、もしアルツ君の頻尿もストップしたら、どちらが、頻尿の原因かわからなくなってしまいます。

そこで、今回は、先に抑肝散の服用をやめてもらうことに…。
★抑肝散★
【働き】
抑肝散(ヨクカンサン)という方剤です。神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉の『こわばり』や『つっぱり』をゆるめて、心と体の状態をよくします。
具体的な症状としては、イライラ感や不眠などの精神神経症状、あるいは、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに適応します。いわゆる『疳』の強い子供にも好んで用いられます。腹直筋が緊張していることも使用目安です。

【組成】
漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。抑肝散の構成生薬は下記の7種類です。『柴胡』は、熱や炎症をさまし、腹直筋など筋肉の緊張をゆるめる働きをします。『釣藤鈎』には脳循環をよくする作用があるとされ、手足のふるえ・けいれんなどにも効果的と考えられます。『蒼朮』と『茯苓』は、水分循環を改善する漢方の代表的な利尿薬です。『茯苓』には、気分を落ち着けたり、動悸をしずめる作用もあるといわれます。これに、血行をよくして貧血症状を治す『当帰』と『川きゅう』、緩和作用の『甘草』が加わります。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。
  • 柴胡(サイコ)
  • 釣藤鈎(チョウトウコウ)
  • 蒼朮(ソウジュツ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 当帰(トウキ)
  • 川きゅう(センキュウ)
  • 甘草(カンゾウ)

【効能】
虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症。
神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症。

【用法】
通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する(ツムラ)。
※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
漢方薬にも少しは副作用があります。人によっては、服用時にむかついたり、かえって食欲がなくなるかもしれません。しだいに慣れることが多いのですが、つらいときは医師と相談してください。

【副作用】
重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。
そのほか、間質性肺炎と肝障害が報告されています。万一のことですが、咳や息切れ、呼吸困難、発熱、ひどい倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる、といった症状に注意し、そのような場合はすぐ医師に連絡してください。
(重い副作用) ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください。
  • 偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。
  • 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

(その他)
  • 胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢
  • 発疹、発赤、かゆみ
  • 肝機能値の異常

おくすり110番より一部省略して引用

この抑肝散という薬は、アルツ君が頻尿だということで処方してもらった薬です。

頻尿の薬が頻尿を招いているとはとても思えません。

夕食後というよりは、寝しなにこの薬を飲んでもらっていましたが、飲むのをやめた次の日のアルツ君はどうでしょう…。

夜中目覚めてトイレに立ったのは2回か3回。

朝までグッスリというわけには行きませんでしたが、日に2ケタはトイレに行っていたことに比べれば、激減です。

もっとも、寝不足続きだったから、次の日が熟睡だったことも考えられるので、次の日も飲むのをやめてもらいました。

やはり、次の日も極度の頻尿にはならず…。

何だか信じられないことですが、頻尿が止まったというわけには行きませんが、この抑肝散を飲む前の状態に戻ったようです。

またしても薬の奇異反応でしょうか…。

これほどまで、アルツ君はデリケートな身体なのでしょうか…。

あの開けっぴろげの性格からは想像もつかない繊細さ…。

たまたまだったのか、やはりだったのかは、まだ薬をやめてから日が浅いので、何とも言えませんが、薬のせいで頻尿になるとすれば、またしても薬の量を調整するか、休薬するかになってしまいます。

(-_-;)

もともと、抑肝散は、掛かりつけの主治医に紹介状を書いてもらい、紹介されたドクターから処方されたものです。

このドクターから処方された認知症の薬(イクセロンパッチ)も副作用(奇異反応)が出てしまったため、やめてもらっています。

つまり、処方していただいた薬を全部やめてしまうことになります。

このことをキノコさんに伝えると…。

「なんだあ!?全部薬が飲めないなら、紹介状わざわざ書いてもらって、遠くまで診てもらいに行く必要なかったじゃない!?」

母さん…。それを言っちゃあおしまいだよ…。

(-_-;)



さすがに日が昇るころになると、アルツ君のトイレに行ったり来たりは治まってきますが、こっちは寝てしまうと朝起きられないというプレッシャーから眠いけど眠れないという奇妙な睡魔に襲われます。

最終便と思われるアルツ君のおしっこタイムに付き合います。

アルツ君がトイレに立って、用を足しながらのたまいます。

「お前さぁ…。床に足のマークを貼ってるじゃないかあ?」

ヤッチが床に貼り付けた場ミリのことをアルツ君は言っています。

「うん。貼ってるよ。今もその上に載かってるよね!?」

「これさぁ。ショウベンするときは、ここに足を載せるのは、わかるんだけど、クソするときもこの向きで足を載せるのかぁ…?」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

[参考記事]抑肝散で死亡事例を考える

[追記]
その後、もう一度、抑肝散をアルツ君に飲んでもらったところ、変な症状は出ませんでした。
訂正の記事を掲載しましたので、ご参照ください。
記事:抑肝散に再チャレンジの結果

また、現在ご覧の記事のコメントで貴重なアドバイスもいただいております。
記事内のコメントもご覧下さることをお勧め申し上げます。



ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 頻尿 場ミリ 紙パンツ トイレ 認知症の薬 バイアスピリン フェルガード100 便秘薬 抑肝散 イクセロンパッチ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-251.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/02/20 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

2 頁  次のページ »


▲TOP