site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 介護用品 の検索結果  1 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

福祉用具と職人の妻

2011/06/13 (月)  カテゴリー: 介護保険
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです

(^_^)/~

お世話になっているケアマネージャーさんから

「先日お届けしたお風呂の椅子の代金の振込用紙をお持ちしたいんですけど、これからお宅へお伺いしてもよろしいですか?」

という電話が来た。

お風呂の椅子というのは以前アルツ君が今のお風呂の椅子では立ち上がる時にしんどいという理由で福祉用具専門相談員の方から介護用品のカタログを見せてもらって、その中から使い勝手のよさそうなものを選んでアルツ君のためにヤッチが注文したものだ。

福祉用具椅子

もう商品は先に届いていて、今はそれをすでに利用させてもらっている。

健康で何不自由のない生活をしていると、お風呂の椅子の使い勝手なんて意識もしたことないし、極端なはなし、座れればいいかぐらいにしか考えていないものだ。

年齢を重ねるとこんなところまで大変になるんだぁ…。

そういいながらも、当然ヤッチ自身も使わせてもらっている。

^_^;

脚の長さを自由に調節できて、座る高さを変えることができる優れものだ。

その代金の一部は介護保険から支払われるようだ。

少々面倒な手続きなのだが、お風呂の椅子の代金8,900円をいったん市区町村に振込用紙で支払って、後日市区町村からは介護保険の本人負担部分の1割が差し引かれ、残りの9割がアルツ君の口座に振り込まれるというものだ。

つまり結果として8,900円のお風呂の椅子が1割の890円で買えるということなのだが、いったん全額を支払って、後でお金を返してくれるというややこしいシステムだ。

(=_=)

最初から890円でいいんじゃない…!?

まあ保険制度なので役所にたてつくわけにもいかないし、もうさんざん利用しているから、返品するわけにもいかない。

私自身はお風呂の椅子が届いた時に、この話は説明を受けて聞いていたので、いつでも支払いが出来るようにとキノコさんに8,900円を先に渡しておいた。

その振込用紙をケアマネージャーさんが持ってくるというのだ。

とくに都合が悪かったわけではないので、その日のうちにケアマネージャーさんが来て、振込用紙を置いていった。

振込用紙といってもコンビニで支払いできるタイプのもので、わざわざ銀行に行かなくてもよさそうだ。

そりゃそうだよなあ…。

銀行に年寄りひとりで振り込みに行かせたらいつ帰って来るかわからない…。

コンビニなら近くにあるし、キノコさんだってコンビニとはいえ、どうせ行くのは嫌がるだろう…!?

しようがない〜俺が支払に行ってくるかっ〜!!

なんて親孝行な息子なんでしょう?

英語に直すと「How 〇×▽ΠД□ Й¶◎‖!」…

キノコさんに
「この間渡しておいたお金出して?俺がコンビニに支払いに行ってくるよ。」

「お金っ?」

キノコさんちょっと挙動不審…
``σ( ̄^` ̄;) エットォ

「お金なら無いわよ…。だって〜生活費に使ちゃった…。」

??????←いつもより多い?マーク

ということは…
また俺の出費?

キノコさん

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ガンバって稼ぎます…

ショボ━(´・ω・`)━ン


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : ケアマネージャー 福祉用具専門相談員 介護用品 介護保険 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-19.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/06/13 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP