site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: 下剤 の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

医者泣かせの職人

2011/11/28 (月)  カテゴリー: 診察
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日の記事はカテゴリとしてはどちらかというと『下の話』なので食中前後の方は気持ちを整えてから読んでいただけるとありがたいです。

カテゴリは『診察』にしましたが、記事内容はかなり不快に感じられる内容かもしれませんのであらかじめ申し上げておきますね。

さて今日の午後はアルツ君と診察に行ってきました。

風邪はもう診てもらうほどではないので2週間ごとの定期的な診察です。

やはり風邪ひきさんが多いのでしょうか。

いつもの主治医のクリニックは大入り満員です。

それを察してか補助椅子まで用意してあります。

座るところが無いのでしばらく立って待つことに…。

「立って待ってられるか?」

「あー!大丈夫だよ。まだ若いんだから。」

アルツ君の膝元付近に腰かけていた女性が会話が耳に入ったのかサッと飛びのいてしまいました。

そんなつもりじゃないのに…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

せっかくの御好意に甘えてアルツ君を椅子に座らせました。

「今日はすごい混んでるね!?待たされるかもよ?」

ヤッチがそう言うと

「そりゃあ仕方ないさ。特売でもやってるんだろ!?」

ざわついているとはいえ、アルツ君のボリュームが結構なものだったので注目を浴びてしまいます。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

「俺は安売りはやらないよ。さあむこう向いた!向いた!」

どこからかくすくすと笑う声まで聞こえてきてしまいます。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

「あのさ。ここはお店屋さんじゃないんだからもう少し静かにしようよ。」

「はい。はい。わかりましたよ~。」

これまた大きな声なので一同注目です。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

そんなことは全く我関せずで座るなり瞑想にふけってしまいます。

ほどなくアルツ君の名前が呼ばれました。

「おっ!!ずいぶん早いな!?売り切れか?」

わけのわかるぬ言葉を発しながら診察室に呼ばれます。

診察室に入る前に事前に必ず看護師さんに血圧を計ってもらいます。

いつもいらっしゃる女性の看護師さんですがとても手際良い感じです。

「お父さん。ちょっとその服のままだと血圧計れないかなあ~??」

そう今日もお気に入りのイチローパーカーです。

腕がモコモコして確かに血圧計るのは分厚い感じです。

いったい何日着るつもり?

「でもちょっと計ってみましょうね!?おとうさん。ずいぶんお若い恰好してらっしゃるんですね?」

「それほどでもないよ。あんたに比べればじいさんだよ。」

いったいいくつのつもりなんでしょう?

御嬢さんはどう見ても20代半ばか後半くらいです。

(-_-;)

今の看護師さんの一言でおそらくパーカーを着る期間が延長されたことは間違いありません。

(-_-;)

「うん。大丈夫ですね。血圧も異常なし!脈も異常なし!」

頭は異常ありですが…。

(-_-;)

診察室に通されました。

先生はカチャカチャとパソコンのキーボードを打つ手をやめ、アルツ君の方を向きます。

「いかがですか?何か気になったことあります?」

先生がアルツ君に声をかけます。

「先生さあ。ピアノ弾いてたの?」

「はっ?あっ!?これの事ですかこれはパソコンですからピアノではありませんよ。」

「へー。俺はまたピアノ弾きながらテレビ観てるのかと思っちゃったよ~。」

「あははは。相変わらず面白いお父さんですね~。」

「いや~。それほどでもないよ。普通だよ。普通。」

ヤッチもアルツ君が発した『普通』という言葉であることを思い出しました。

「先生。父なんですが、そう言えばまた便が『不通』なんですけど…??」

「そうですか。でも便秘のお薬は出しているんですけどね~。」

「どうも腹部膨満感があるらしく、お通じが無い時は変なゲップというか嗚咽みたいなものが出て食欲もなくなるようなんですよ~。」

「そうですか~。便秘はあまり良くないですからね。気をつけないとまたこの前のように倒れてしまいますね…。」

「市販のお茶を飲ませるとテキメンにお通じがあるんですけど、自分で処理できればいいんですけれども、なんせ自分で処理できないので何か良い方法はないかと思いまして…。」

「へえー。そんなお茶があるんですか?でもまあ。こればかりは難しい問題ですね…。自分でハッキリと便意がわかればいいんですけどね…。」

「自分でトイレに立つこともあるんですけど、なんせ気まぐれなもので…。」

「そうですか?お父さんにお伺いしますけど便は固いですか?柔らかいですか?」

「俺の?俺のクソは冷たいよ!!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

この後一応下剤を処方してもらいましたが、下剤ならばたまにヤッチが最終兵器として飲ませているお茶でもよかったような…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ




ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 診察 血圧 パーカー パソコン 普通 便秘 お茶 下剤 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-178.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/11/28 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

汗かきな職人

2011/12/14 (水)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日に引き続きで下の話で申し訳ないです…。

主治医の指示で便秘薬(下剤)を増やすことになったアルツ君ですが効果有り過ぎです…。

(~_~;)

アローゼン顆粒0.5g
実際はもっと黄色のパッケージです

このアローゼン顆粒0.5gは今まで1包を夕食後だけに服用していましたが、昨日からもう1包増えて午前にも飲むようになりました。

1包では全然効果が無かったのに2包になった途端にまあ快調なこと…。

ちょっと飛ばし過ぎです。

(゚∀゚ ;)タラー

今日は昨日の余震なのか2回もトイレの中は液状化現象です。

恐るべし!!アローゼン顆粒…。

やられたぜ!!アローゼン顆粒って感じです。

我が家だけがピンポイントで液状化に見舞われるのは何とも不幸というか悲しいというか…。

午前は地盤が緩んでいる兆候は全くなかった(キノコさん談)ようですが、夕方になってからは液状化の嵐です。

まるでヤッチをあざ笑うかのように噴出してくれました。

(つд⊂)エーン

1回目はお風呂に入る前。

そして二回目はお風呂に入りアルツ君が布団に入った後です。

1回目は幸いなのかは、ちと疑問ですが、お尻を汚したとしてもお風呂に入る前なので洗い場で良く流してから入ればまあスッキリします。

でも2回目はお風呂に入った後なのでなんとももったいない感じです。

それでも1回目は紙パンツがナイスキャッチしてくれたので被害が少なくて済みました。

ナイス!!ライフリーちゃん?!!?

公民館に避難することなく、自分でいうのも変ですが、結構手際よく処理できました。

でも2回目は液状化対策本部長のキノコさんとアルツ君の半径1kmを避難区域に設定すべきか協議するほどの甚大な被害です。

しかも二階のトイレ…。

(-_-;)

アルツ君が夕食を食べ、1回目のお風呂を済ませて寝床についたすぐ直後の出来事です。

寝る前にトイレに入るよう促しましたが、本人が『もう出ない』と言うのでちょっと油断してしました。

寝静まったのかな!?と思ったときに悲劇はやって参りました。

(来なくていいのに…)

寝床についてすぐ寝るのかと思ったのにアルツ君二階のトイレに駆け込みます。

アルツ君トイレからなかなか出てきません。

なんとなくヤバそうな気配はしていたのですが、こういう時はやはりマイナスの因子は自分の脳裏から省きたいヤッチです。

(-_-;)

しかし取り払うことのできない現実が待ち受けていました。

「おーい!!」

トイレから悲鳴をともつかぬ変な声が聞こえてきます。

けっしてトイレの神様の声ではありません。

まぎれもなくアルツ君の雄叫びです。

「おーい!!大変だぞ〜!!」

アルツ君がトイレの戸を開けます。

でもその行為が命取りになってしまいました…。

そう防潮堤を自ら壊してしまったのです。

(´゚д゚`)アチャー

液状化した子猫ちゃんの大群が二階の廊下にまで侵食してきます…。

ターミネーターの悪役がシュワちゃんに何度も撃ち殺されて液体と化してもまた元の身体に戻るあの恐ろしさを彷彿させます。

「おー。流れてる〜流れてる〜。」

アルツ君の大声に勇気ある善良な市民が立ち上がりました。

「ウッ!!」

ヤッチはあまりのオイニー(臭い)にいきなりみぞおち辺りをグーで殴られたような衝撃です。

液状化はアルツ君のすね辺りまで侵食しています。

「動くなよっ!!」

ヤッチはアルツ君に声をかけます。

久々にこっちもあまりの惨状にパニックってしまい、自分の中の設定がシュワちゃんなのかジャックバウワーなのかを見失います。

アルツ君は便座に腰かけ、つま先を立ててプルプルしちゃってます。

「いい子だ…。そのまま足を横に移動してカカトをゆっく〜り下ろして…。そう…。いい子だ〜。」

「お前早く何とかしろよ〜。」

なんとかしろと言ってもなかなか子猫ちゃんの大群が押し寄せているので離れ小島には近づけません。

(-_-;)

新聞紙を大量に用意してハシケを作ります。

「よーし。そのままゆっくり立って。」

「たてるかなあ!?」

「ゆっくりね。」

この際なので立ち上がったアルツ君のまみれた足を新聞紙でぬぐってしまいます。

(-_-;)

トップ記事の野田首相の顔は支持率に比例して影を落としていきます。

ようやく救出に成功したヤッチはアルツ君の手を取ります。

うっ!!

ここにも落とし穴が…。

アルツ君は強く手を握り返してきますが、そこにも生温かい柔らかな感触が…。

(-_-;)

二人してまみれて階下に降ります。

お風呂場に直行です。

この際全部洗濯はキノコさんに任せて、まみれた手でアルツ君の寝巻を剥ぎ取り丸裸にします。

「俺今日はまだ風呂に入ってなかったっけ?」

アルツ君の一言にヤッチの動作は一瞬止まりますが、まあそういうことにしておきましょう…。

アルツ君を前かがみにして、お尻あたりからシャワーで流します。

一通り身体を流したところでアルツ君がまたわけのわからぬことを…。

「頭は洗わなくてもいいのか?」

「今日は洗わなくても大丈夫だよ。」

1回目のお風呂でシャンプー済みです。

「じゃあ。お風呂に入っていいんだな?」

「ああ。いいよ。」

「そうか…。今日はまだ風呂に入ってなかったか…。」

湯舟につかりながらアルツ君ぼそぼそ言っています。

「温まって風呂から出る時は身体の水滴をよくぬぐってから出てきなよ。」

ヤッチはそう言ってお風呂場から出てアルツ君がお風呂から上がるのを待ちます。

しばらく経ってアルツ君が風呂から上がってきました。

「なんだよ。ちゃんと拭いてきなよって言ったのに全然拭いて無いじゃん!!」

「ほら。お腹のあたりもビッショリだぞ。」

「そうかあ?若いから汗が出てるんだろ!?」

若けりゃもっとケツの締まりも良いはず…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追伸】
朝の便秘薬(下剤)はしばらく休止してもとに戻して様子を見ることにします…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 便秘薬 下剤 アローゼン顆粒 風呂 紙パンツ トイレ 防潮堤 子猫ちゃん 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-194.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/14 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP