site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: ヨットパーカー の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

久しぶりのボタモチ

2011/11/26 (土)  カテゴリー: 姉&ボタモチ
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

久々に台風姉さん(ヤッチの実の姉)登場です。

実はちょこちょこ様子伺いに来てくれているのですが、アルツ君が早く寝てしまっていたり、具合が悪かったりで、このところどうも会うタイミングを逸していました。

今日はアルツ君の風邪もまあ完全によくなったとは言い切れませんが、寝込んでしまうような状況ではありません。

「〇〇ちゃ~ん(アルツ君のこと)元気になった~?」

玄関先で大きな声が鳴り響きます。

「おう!!いるよ~!!」

アルツ君が姉の言葉に反応します。

姉が茶の間に入ってきます。

犬の顔をなでるかのように両手でアルツ君の顔を挟み込み顔を揉みクシャにします。

「あわあわぁぁぁぁ…。」

アルツ君の声が姉の手のゆさぶりで振動します。

「元気になったの?熱はない?ママの言う事聞いてる?」

姉にかかるとアルツ君もまるで子犬(ブルドッグ!?)のようです。

「お前の手は冷たいな~。死人の手みたいだ~。」

「だって自転車漕いできたから…。おー寒っ!!」

そう言いながら再びアルツ君の顔を揉みクシャにします。

「あわあわぁぁぁぁ…。もうやめろよ~。」

そう言いながらもシッポを振っちゃってます。

(*^_^*)

「ボタモチ買いに行く?」

「行かない。」

「あっ!!何で?」

「行きたくないから。」

「じゃあ行くよ!!」

どっちみち連れて行かれる運命です。

(^^ゞ

今日は姉が寝巻用にとスエットの上下をたくさん持ってきてくれました。

中にはプルオーバータイプの暖かそうなヨットパーカーもあります。

そのヨットパーカーを姉が手に取り、

「パパこれ着てごらん!裏が起毛だから暖かいよ!これ着て上にフリース着ればかっこいいよ!」

「プリーズだかシリーズだか知らないけど俺がそれ着るのか?」

「そう!若返るよ!!」

そう言ったか言わないかのうちにサッとアルツ君の顔に被せます。

「お前…俺の首折れちゃうじゃんかよ。」

「やったあ!!似合う!似合う!野球選手みたいだよ!」

アルツ君まんざらでもない様子…。

「それじゃあバットでも持って出かけるようだな!?おい!ばあさん!野球選手だってよ!?」

「うん。うん。似合う。似合う。イチロー選手みたいよ。」

一応キノコさんも乗っかります。

「イチローだかジローだかわからんがこれ俺のか?」

「パパが着ていいんだよ!!じゃあ行くかっ!!」

いつものごとく連れ去られます。

^_^;

やはりスーパーの帰りはアルツ君がボタモチだけ持って先に茶の間に入ってくるというフォーメーション。

「おい!ばあさん!お茶が無いぞ!」

「そんなにあわてなくてもだれも取ったりしませんよ。」

姉が続けて入ってきます。

「あっ!!ま~た手を洗ってないんでしょ!?風邪ひいてんでしょ!!」

「はい。はい。洗いますよ。」

飼い主に『待て!!』と言われた犬は従順です。

洗面所でかなりいい加減な手洗いを…。

茶の間に戻ってくるなり

「あっ?俺のボタモチ無くなってないだろうな?」

ものすごい用心深さ…。

SUGOOOO(゚Д゚)OOOOOO!!

「誰も取ったりしないわよ!!ちゃんとよく噛んで食べなさい!!」

「はい。はい。わかってますよ。」

そう言いながら大口開けて頬張ります。

2、3口噛みしめたあたりでしょうか…。

アルツ君の口の動きが止まります…。

「あぐっ…。」

なにか異物でも…????

「何?パパ?なんか入ってるのか?うん?」

アルツ君ボタモチを小皿に吐きだしてしまいました。

「このボタモチは石が入ってるんじゃないのか?」

「そんなバカなことないでしょ?どらどら?」

アルツ君が小皿に出してしまったボタモチを姉が小さなフォークでかき分けます。

「何にも入ってないよ!いっぺんに食べないで少しずつ食べてごらん!!」

そう言いながら姉は再びアルツ君の口元にボタモチを持って行きます。

『少しずつ』と言いながら結構な量です…。

(-_-;)

2、3口噛みしめたところで再び

「あぐっ…。」

????

「あっ!?わかった!!入れ歯でしょ!?入れ歯が合わないんでしょ!?」

最初に気づいたのはアルツ犬の飼い主である姉です。

どうやら入れ歯が少しずれていた模様…。

「ちゃんと掃除してないんでしょ!?ほら!!入れ歯出してごらん!!洗ってきてあげるから!!」

そう言って姉はアルツ君に入れ歯を外させ洗面所へ…。

アルツ君も洗面所で口の名中を綺麗にしてもらいます。

二人で再び茶の間に戻り、アルツ君はボタモチにリベンジです。

「どう?今度は大丈夫?痛くない?」

mogumogumogu…

「今度は大丈夫だ。石は入ってないみたいだ。」

「そろそろ歯医者さんに行った方がいいかもね?」

姉はそう言いながらヤッチの方に顔を向けます。

確かにメンテナンスにそろそろ行かないと…。

(-_-;)

「俺は歯医者には行かないぞ!」

アルツ君が割って入ります。

「なんで?」

「なんでってめんどくさいっ!!」

「めんどくさくても行かないとダメだよ!!」

「やだ!!」

「やだじゃなく行きなさい!!おい。」

姉の手のひらがアルツ君のおでこにヒットです。

「ふ~ん…。行くんだったらばあさんが一人で行ってくればいいんだよ…。ふ~ん…。」

「え~!!なんでママが行かなくちゃならないの~?」

「だってばあさんが一人で俺の入れ歯を歯医者に持って行けばいい…。」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 台風姉さん  ボタモチ スエット ヨットパーカー イチロー スーパー 入れ歯 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-176.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/11/26 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

イチロー気取りの職人

2011/11/27 (日)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日アルツ君は姉にヨットパーカーをもらい、着ている姿を『イチロー選手みたいだ』と言われて以来、そのヨットパーカーを脱ごうとしません。

とうとう寝巻を着るのを嫌がり、ヨットパーカーを着て寝るくらいの気に入りようです。

着たきり雀と言いますが今日も日中その姿で過ごしました。

(^_^;)

ヤッチがアルツ君に聞きます。

「だいたい『イチロー』って誰だかわかってるのか?」

「お前バカにしちゃいけないよ~。野球選手だろ!?今アメリカにいるぞ。」

どうやらこの辺の記憶はちゃんとあるようです。

そんなアルツ君今日はお誕生日会です。

と言っても地区の老人会の主催のもので半年に一度いっぺんに該当者を集めてお誕生日を祝ってくれるものです。

アルツ君は2月生まれなのでこの半年に一度の誕生日会は今頃祝って下さるのですからアルツ君(満83歳)の83歳のお祝いなのか84歳のお祝いなのか正直よくわかりません。

どこぞの区民館か敬老館で誕生日会が開かれたようですが、何日か前に主席するかどうかの電話をもらった時にはあいにくアルツ君風邪の真っ最中…。

当然丁重にお断りしました。

(つд⊂)エーン

でも夕方にどなたなのかはわかりませんが、アルツ君のお誕生日会のお土産を持ってきてくれました。

携帯の写メなので解像度があまりよくありませんが…

お誕生日会のお土産01
[拡大する]


お誕生日会のお土産02
[拡大する]


お誕生日会のお土産03
[拡大する]

お土産リスト
  • お赤飯
  • 幕の内弁当
  • お刺身の盛り合わせ
  • ミカン
  • スナック菓子
  • 和菓子
  • 柿はキノコさんがむいた物


これで一応一人分です。

\(^o^)/

キノコさんも夕飯の支度をする手間も省けてしまいました。

\(^o^)/

多分家族も出席可だったようですから出席していたらもっと豪華だったかもしれませんね~。

「わー!すごい!!ずいぶん豪華ね~。」

最初に声をあげたのはキノコさんです。

わずかばかりの年会費でこれだけの物が出るなら確かに十分過ぎるくらいです。

「おっ!刺身もあるぞ!?美味そうだな~。」

アルツ君食べる気満々です。

(*´゚艸゚`*)まぃぅ~♪

早速刺身を一口召し上がります。

「おっ!ばあさん!お前も食ってみろ。肉の味がするぞ!」

「肉の味?だってこれお魚よ?」

「だから魚の肉だって言うんだよ!!」

確かに刺身は魚の肉です…。

(-_-;)

「こんなに食べ切れるかしら?」

「食べられなきゃ明日また食えばいいさ。」

自分の誕生日用にいただいた物なのでアルツ君ちょっと上目線です。

「このお赤飯少し食べてもいい?」

「どうぞ。どうぞ。なんなら全部食べてもいいぞ。」

アルツ君もお赤飯が大好きですがこんなにあっさり譲るとは…。

(;´・ω・)

アルツ君一通り箸をつけますがどうも落ち着きがありません。

それに気づいたキノコさんがアルツ君に聞きます。

「な~に?せっかくいただいたのに食欲無いの?」

「いや…。そんなことないぞ。食べるよん!」

そう言いながらも箸があまり動きません…。

動くのはアルツ君の目です…。

必死に視線の先を伺わせないようにしているのがバレバレです…。

(;一_一)

そうアルツ君の視線の先は…。










…です。

この後アルツ君に自分の年齢を聞いてみました。

「今何歳?」

「51歳!!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : ヨットパーカー イチロー 刺身 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-177.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/11/27 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP