site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: ボトル の検索結果  3 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

リハビリに目覚める職人

2011/10/19 (水)  カテゴリー: リハビリ
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日足を攣って大騒ぎだったアルツ君ですが、昨日のことなどもうすっかり忘れています。

まったく後遺症もない様子で早起きして朝から張り切っています。

今日はケアマネージャーが午後に月一の訪問でいらしてくれるというのでヤッチも自宅に居ます。

先日の水分摂取の話を説明して、ケアマネージャーさんからは先方(デイサービス)と連絡を取って様子を確かめるという返事をもらいました。

ケアマネージャーさんからはやはりもう少し運動をした方が良いと言われてしまいました。

アルツ君意外に素直です。

ケアマネージャーさんが帰った後にアルツ君がぼそりとつぶやきます。

「たまには水でも汲みに行くか~。」

「おっ!いよいよ自分の首を洗う準備だね!?」

「バカ言え!飲む水だぞ~。」

「だからお清めの水だろ?」

「み~ずっ!」

「珍しいね?自分から外に行くなんて言うのは…?」

「バカ言え!毎日歩いてるぞ!」

「夢の中でなあ~。」

「おい!ばあさん!定期出せ!水汲みに行くぞ。」

水というのはアルツ君が姉と毎週ボタモチを買いに行くスーパーに設置している飲料水の事。

『定期』と言っているのはその機械にカードを読み取らせないと水をもらえません。

でも定期の存在をおぼえていた事の方が驚きです。

「定期?定期なんてないわよ???」

真面目なキノコさんは見当がつかないようです。

「鹿児島に行って来るんだから定期がいるだろ?」

「鹿児島!!??」

「そうだよ。鹿児島に水汲みに行くんだよ!」

「なんでそんなに遠くに行かなくちゃならないの?」

「お前たちが俺に運動しろって言うからリハビリで鹿児島!!」

「そんなに遠くまでいけるわけないじゃないの~。」

「いや。そんなに遠くないぞ。いつもボタモチ買ってんだから。」

「鹿児島じゃないでしょ!?い・な・げ・やでしょ?」

「あそっか?江の島かあ~。」

「江の島じゃないわよ。い・な・げ・やっ!」

「何だっていいや。そのエノモトに行くんだから定期出せ!」

「だからイ・ナ・ゲ。ヤ!!それに定期じゃないでしょ!カード!」

「何だっていいや。キップを早く出せ!!」

「だから…。」

諦めたのかキノコさんもこれ以上は問答はやめて自分の財布からカードを出します。

カードだけ持って出かけようとするアルツ君をキノコさんが呼び止めます。

「なんでえっ?カードだけ持って行ってもしようがないでしょ?」

「どうして~。」

「どうしてって入れ物を持って行かないとお水持って帰れないでしょ!?」

「入れ歯ならしてるぞ!?」

「入れ歯じゃなくイレモノ!ボトル!!」

「あそっか!」

「それにガラガラ持って行きなさいよ!!」

ガラガラというのは車輪のついたショッピングカートのことです。

あの引きずって歩くやつです。

元気なころはアルツ君もトートバックに入れて水を汲みに行っていましたが、最近は4Lの水を手提げで持って帰るのはつらいようです。

トートバックに空のボトルを入れ、さらにトートバックをガラガラに入れます。

キノコさんがそこまではお膳立てしてあげます。

「ガラガラヘビか~。」

わけのわからない言葉を発してアルツ君一人でスーパーに水をもらいに出かけて行きました。


………………


しばらくしてアルツ君スーパーから水を持って帰ってきました。

ガラガラというくらいですから引きずって帰ってくれば、帰ってくる気配を感じるはずなのに気配を感じませんでした。

「あー。重たい…。死んじゃった…。」

キノコさんがびっくりして玄関に出て行きます。

すでにヘロヘロのアルツ君は下駄箱の前に座り込んでいます。

キノコさんがガラガラが無いのに気づきます。

「あら?ガラガラは?」

「ガラガラ?」

「そう。ガラガラ。」

「なんだガラガラって?」

「あらやだ!ガラガラ忘れてきちゃったの?」

「あーーー。あの引っ張るやつかっ?」

「忘れてきたんでしょう…???」

「うーん。忘れて来たんじゃなくて置いてきた。」

「あらっ!!」

「そんなにいじめるなよ~。」

「もう一回取りに行ってきなさい。」

「ふ~ん…。その前にお茶一杯飲ませろよ!」

「じゃあ。お茶飲んだら忘れてきたガラガラ取りに行きなさいよ!」

「わかったよ!置いてきたやつなっ!?」

お茶を飲みながらアルツ君がぼそりとつぶやきます。

「あーあぁ。とんでもないリハビリになっちゃったなぁ…。これじゃあ拷問だよ。拷問…。」

お茶を飲み終えたアルツ君もう一度スーパーへ向かいます。

しばらくして少し帰りが遅いアルツ君が心配になったのかキノコさんがヤッチを呼びます。

「おじいちゃんなかなか帰って来ないからちょっと見てきてよ。それとあんたの朝のパン買ってないから買ってきて。」

「なかなかうまい便乗商法だね~。」

仕方なくアルツ君を迎えに行くことに…。

角を曲がるともうそこまでアルツ君が帰って来ていました。

もうヨレヨレです…。

アルツ君のところまで行くともう息を切らしちゃってます。
。・゚・(ノД`)・゚・。

「大丈夫かあ?」

「あー。あとちょっとだから自分で帰るよ。お前はどこに行くんだ?」

「い・な・げ・や。」

「また水汲みに行くのか?」

「行かないよ。パン!」

二言三言言葉を交わしてアルツ君とすれ違い、ヤッチはスーパーに向かいます。

ヤッチが買い物を終えて帰って来ると待ち構えるかのようにキノコさんがヤッチに話しかけます。

「ちょっとあんたホント?」

「何が?」

「いや。今おじいちゃんとから聞いたんだけど…あんたおじいちゃんが大変な思いをして帰って来てるのにそっぽ向いていなくなったって?」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


【追伸】
わからないので教えて下さい…

暴風雨と掛けて1円と説きます。

その心は?



ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : ケアマネージャー  スーパー 鹿児島 ボトル ガラガラ ショッピングカート トートバック リハビリ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-138.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/10/19 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

リベンジする職人

2011/10/27 (木)  カテゴリー: 畑仕事
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日は水を汲みに行ったのはいいが肝心のお水を持って帰って来なかったアルツ君。

今朝は昨日なぜ水を汲んでこなかったのかヤッチが問いただします。

「昨日は何で水を汲みに行っておいて、水を汲んで帰って来なかったの?」

「水?」

「うん。水。」

「水がどうかしたのか?」

「昨日水を汲みに行っただろ?」

「誰が?ばあさんか?」

どうやら水を汲みに行ったことをおぼえていないようです。

水を汲みに行ったことをおぼえていないのだから、どうして汲んでこなかったかを聞いても無駄なようです。

(・・;)

「昨日旦那さんは水を汲みに行ったんだけどボトルに水が入ってなかったんだよ…。」

「そうか〜。どうしてだろっ?途中でみんな飲んじゃったのかなぁ〜?」

「さすがに4Lは一気するのは無理でしょ?」

「そうだなあ…。俺がもう五年若ければなあ…。」

「五年若くても途中で飲んじゃダメでしょ。」

「じゃあ十年か?」

「いやいや。十年でも飲まずに帰って来ないと…。」

「干からびちゃうぞ。」

会話が噛みあわないのは今日に始まったことではないので朝はこの辺で会話をするのはやめました。

夕方になり今日もキノコさんがアルツ君に水を汲みに行くように命じているようです。

ヤッチも家に居たのでアルツ君に行ってもらわなくても良いのですが、キノコさんはアルツ君の運動不足が気になるようです。

「今日はちゃんと水をボトルに入れてガラガラも持って帰って来るのよ。」

幼稚園児におつかいに行かせる母の姿です。

「はいはい。わかりましたよ〜。」

「靴が反対!」

「あそっか!」

キノコさんはアルツ君に何かを書いた紙切れを渡しています。

「なんだ?これは…。」

「水を汲みに行く順番を書いてあげたから。」

「子供じゃあるまいし、大丈夫ですよ!」

「あんたが『大丈夫』と言うのが一番危ないんだから…。」

「ふん!子供じゃあるまいし…。」

「ついでに畑にでもよって野菜に水を撒いてきてあげなさいよ。」

「はい。はい。わかりましたよ〜。えばってやんだからなあ…。」

「えばってなんかいませんよ。畑にはジョウロはいらないの?」

「畑の隅っこに倉庫があってそこにはなんでも入ってるから、持って行かなくても平気だぞ。」

「へー。そういうことは良く覚えているのね。じゃあボトルとガラガラだけ持って行けばいいわね。」

「ボルトだかネジだか知んないけど汲んでくりゃあいいんだろ?」

「そう。そう。お願いしますね。」

こうしてアルツ君のリベンジがスタートしました。

本人にしてみれば覚えていないわけですからリベンジではないのでしょうが…。

このごろは外に出るのも面倒臭がるのに連続して外へ出かけているので脳ミソ以外は調子がいいのでしょう。

けれど一つのこともまともにこなせないのに二つも用事を言いつけて大丈夫なのでしょうか?

………

やはり帰りが遅いようです…。

「やっぱり畑に行かすのはちょっと可愛そうだったかしら…。ちょっと見てきくれない?」

「ちょっとハードルが高かったかもな!?じゃあ見てくるよ。」

自転車に跨りスーパーに向かいます。

自転車ならほんのわずかな距離です。

一応のんびりこいでアルツ君とすれ違わないか注意して進みます。

どうやらすれ違わないようだし、スーパーにもいないようです。

畑かな?

今度はまた同じ道を引き返しアルツ畑に向かいます。

畑にはジョウロを持った職人の姿があります。

畑の外の道路にはガラガラも置いてあります。

⊂(^ω^)⊃ セーフ

「おーおー。こんなに動いたのは久しぶりなんじゃないのか〜?」

ヤッチが声をかけるとアルツ君少しビックリしたように振り返ります。

「いまちっとだけ水をやっておいたぞ。」

「水も汲んできたのか?」

「ああ。汲んできたよ。お前ここへどうせ来たんだったら水撒いてくれよ〜。ジョウロ持って歩くのは重くてダメだ。」

確かに足元があまり良くないところを水の入ったジョウロを持って歩くのは年寄りには重労働です。

「それでも少し撒いたのか?」

「ああ。ちょっとだけジョウロに水を入れてな。」

もう畑と言ってもアルツ君があまり手入れができないので大したものは植わっていません。

植わっている物が少ない分水を撒く面積も少なくて済みます。

「そこの辺りを撒いたのかな?土の色が変わってるけど…。」

「ああそうだよ。あそこだけしかまだやっていないぞ。」

アルツ君が水の入っていない空のジョウロを差し出します。

ふと気がつくと畑の中の通路にあのスーパーで汲んできた飲料水のボトルが入ったトートバックが地べたに置いてあります。

ガラガラから取り出して畑の中に持ち込んだようです。

「なんであんなとこに水のバック置いてあるんだ?盗まれると思ったのか?」

「いや。別に…。」

「忘れるといけないから?」

「いや。別に…。」

「じゃあ。何で〜??」

「あんまり重かったからさあ〜。」

「ん?どいうこと?」

バックの中身を見に行くと確かにトートバックの中には水の入ったボトルがちゃんと入っています。

しかーし!!

満タンに入っているはずのボトルの水が少し減っています…。

もう一度アルツ君に問いただします。

「どいうこと?」

さっきより口調はきつめです。

「いや…。だから…。持って帰るのに重かったからさ…。」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 :  ボトル ガラガラ リベンジ スーパー アルツ畑 ジョウロ トートバック 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-146.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/10/27 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

思わぬ落とし穴

2011/12/15 (木)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

このところヘビーな記事ばかり書いているのでちょっと軽めに…。

(^^ゞ

今日の朝は便秘薬を飲ませなかったのでたぶん大丈夫。

(^^)v

ヤッチが夕方明日の朝食のパンを近所のスーパーに買いに行った帰りの事です。

どっかで見かけた老人が向こうからエッチラオッチラ歩いてくるなぁと思ったらアルツ君じゃないですか!?

「なに?どうしたの?」

「ばあさんが水汲んで来いってうるせんだよ〜。」

見ればアルツ君ガラガラを引きづっています。

「もっと明るいうちに行けばよかったのに…。」

「そうだよなあ!!でもうるせんだよ〜。」

「俺が行こうか?」

「いやいいよ。ここまで出てきたんだから俺が行って来るよ。」

なんか久々に素直なのでこっちが拍子抜けです。

┏(゚ェ゚) アレ?

「じゃあ。気をつけて行ってきなよ。」

「あー。お前もな!!」

アルツ君とすれ違う感じでヤッチは家に戻り、アルツ君は近所のスーパーへ。

家に帰ってキノコさんにたずねます。

「旦那さんと今すれ違ったけど、なんでまたこんなに暗くなってから水なんて汲みに行かせたの?」

「そうじゃないのよ。午前中から『行ってきなさい』って言っているのになんだかんだと言って行かなくてようやく今出かけたのよ。」

「な〜んだそうだったのかあ…。随分鬼コーチぶりだな!?と思っちゃったよ。」

「『水なんて風呂の水を飲んでればいい』とか『あと10分したら行く』とか…なかなか重い腰を持ち上げなくて…。」

「だって午前中からだろ?」

「そうよ〜。やっと今頃よ〜。」

「で今日は旦那さんの体調はどうなの?」

「今日は大丈夫みたいね。おしっこも漏らしてないし…。」

「あとはガラガラをスーパーに置き忘れてこないのを願うばかりだな。」

「何回も言い聞かせたから今日はさすがに忘れてこないでしょ!?」

「いや。わからないぞ!?言い聞かせたこと自体を置き忘れてくるんだから…。」

そんな会話をしているうちに玄関の戸が開く音が…。

アルツ君です。

「おっ!!今日はすんなり帰ってきたね?」

ヤッチがアルツ君を冷やかします。

「そうじゃないんだよ…。おーい!!ばあさん!!水汲みに行けないぞ〜!!」

キノコさんが慌てて玄関に出てきます。

「あら?水汲めないってスーパーの機械故障か何かしてたの?」

「いや。故障はしてなかった。この目で見てきたんだから。」

「あら。スーパーには行ったんだ?」

「行きましたよ。」

「でなんで水汲んでこなかったの?」

「汲めるわけないじゃないかよ!!」

何だかアルツ君怒りんぼです。

(`・ω・´)

「あら!?随分怒りんぼね…。」

「当り前さよ〜。」

何だか自分に腹を立てているようにも見えます。

「トイレでも行きたくなって帰って来ちゃったの?」

「違うよ!!」

「じゃあなんで〜?」

「ボトルを持って行ってないんだから汲めるわけないだろっ!!」

入れ物(容器)を持って行かなくては持って帰ることはできません…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


結局アルツ君に代わってヤッチが水を汲みに行く羽目に…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

疲れたよ〜



ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 便秘薬 スーパー ガラガラ ボトル 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-195.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/15 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP