site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: バナナ の検索結果  4 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

アリセプトが眠気の原因!?

2011/08/31 (水)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

一昨日の主治医との話し合いの結果アリセプト(認知症の薬)を飲まなくなったアルツ君。

すこぶる快調です。

\(^o^)/

もちろんアルツ君自身は自分がどんな薬を処方され、どんな薬を飲まされているのかなんて全く知りません。

アリセプトの服用を休止したことだってぜ~んぜ~ん知りません。

でもなぜか薬が切り替わったり、薬を休止してすぐのアルツ君はいつもと様子が違うんですよね~。
(;-ω-)ゞ

また明日になると事態は急変なんてことはあり得ますからあまりあてにしない方がよさそうな…???

こんなに早く薬をやめた効果出てしまったら何年も治験をかけて薬を開発した製薬会社の方にも申しわけないですし…。

そんなアルツ君は昨日の夕食後にメマリー(認知症の薬)5mgとバイアスピリン(血管内で血液が固まるのを防ぐ薬)100mgを飲んでいつもよりは少し遅めの就寝。

そしてここ最近は日中もほとんど目つぶっているか、寝ているかでほとんど動こうとしませんでした。

でも今日は珍しく早起きをして、率先して散歩に出かける有様…。

ヤッチがお願いします。

「頼むから自らすすんで散歩に行くのやめてくんないかなあ~。台風上陸しちゃうじゃないか~。」

「バカを言え。俺は毎日散歩してるぞ。毎日角を曲がったところの柿が早く赤くならないか見てんだから…。」

もちろん散歩に出るのは毎日なんかじゃありません。

記憶障害は改善されていませんが体調そのものは良いようです。
(*^_^*)

「でも珍しいじゃないか?自分から散歩に行くなんて…?」

「だから毎日出かけてるって言っただろっ。」

「はいはい。失礼しました!」

「でもあそこにあるのは甘柿だな~?早く赤くならないかな…。」

「なんで甘柿だってわかるの?」

「だいたい実がつぶれてるのは扁平柿っていって甘い柿が多いんだ。お前そんなことも知らないのか?」

さすが元植木職人。こういうことは良く知っています。

というより自分の息子の名前が思い出せないのに、こういうことをおぼえていることの方が驚かされます。

ヤッチは柿より格下?

まあそんなことよりもアルツ君が元気を取戻し散歩に出かけてくれたのは何より。
(*^_^*)

早寝早起きがアルツ君のご自慢だったのに最近ではのんびり朝起きてくることも多くなっていました。

ところが今日は朝からヤッチに対してかなり上目線。

「お前は寝坊助だなあ~。そんなにモタモタしてたら日が暮れちまうぞっ!」

「いいんだよ。また昇るんだから!」

「ちぇっ。屁理屈言ってやがる!誰に似たんだろうな?」

「多分思い当たるのは一人しかいませんが…。」

「ああ。ばあさんか!?ばあさんじゃしようがないな。」

玄関先で二人で話込んでいたので近くにいたキノコさんは何か言いたげです…。
ヽ(`Д´)ノ

「そんなに朝早くから近所迷惑だから早くうちの中に入りなさい!」

キノコさんのせめてもの抵抗です。

確かに朝の6時半。

アルツ君がこんなに早く起きたのは10年ぶりです(笑)

いつもだと買ってきたつぶあん&マーガリンを半分くらい残すのに今日は完食。

「なんか腹減っちゃったな…。ばあさん!なんかないのか?」

(@_@;)

キノコさんとヤッチは顔を見合わせます…。

決して愛が芽生えたわけでではないので心配ご無用!

キノコさんが買い置きしてあったバナナを差し出すと力いっぱい先端側からむいています…。
(-"-)

普通ヘタの方からポキッと折ってむけば簡単なのにこういう動作にアルツハイマーの症状が出てしまいます。

「あらあら。こっちの方から剥けば力使わなくても済むじゃない…。ほ~ら!」

キノコさんがドヤ顔でバナナの皮をむきます…。

「いいんだよ。こっちから剥くのが俺は好きなんだからっ!それにこっちから剥いた方が甘いんだぞ。知らないのか?」

多分先端から剥こうがお尻から剥こうが味は変わらないと思います…。
(´;ω;`)

おまけに付け加えさせてもらえば、やっぱりヤッチはこの人の遺伝子を引き継いでいるようです。
・゚・(゚うェ´゚)・゚・

ヤッチも一緒にジャム&マーガリン(最近こっちに切り替えてみました)を食べながらテレビをつけます。

横目でアルツ君をチラリ。
(;一_一)

「そんなに朝からいっぱい食べてるのをみるとやっぱり台風は上陸確定か!?」

「それはお前失礼っていうもんだぞ。俺が台風吹き返してやる!フッー!!」

ちょうどテレビの画面に映った天気図に思いっきり息を吹きかけています。
アチャー(´・ω・`)

「やっぱり今度の台風はでかいのかな!?ばあさん!!まだパン食べてないぞっ!!栄養つけないと飛ばされちまうぞっ!!」

えっ~!!

今食べたばかりじゃない…!!!

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


追伸
キノコさんの話によると散歩から帰った後は疲れて横になってしまうことが多いのですが、今日は横になることもなく…。

日中自分できちんと立ち上がり、トイレに行き、紙パンツを汚すこともなく…。

そして何より気になっていた強い眠気もアルツ君を襲うことはなく…。

昼寝をせずによくしゃべるしゃべるの連続だったそうな…。

キノコさんが「もう!うるさい!!」と言ったらしいのでおそらく想像はつくのかな!?

な・が・れ・い・し・・・

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント




ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 3 件
ツイートする

キーワード検索 : アリセプト 眠気 認知症の薬 メマリー バイアスピリン 台風 アルツハイマー バナナ 紙パンツ 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-89.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/08/31 | コメント (3) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

平穏な一日

2011/10/10 (月)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日は何事もなく、平穏に一日が終わりました。

イベントといえば、姉が休みを利用してアルツ君の様子伺いに来て、いつも通り拉致され、ボタモチを買いに行ったことぐらいでしょうか…。

相変わらずボタモチを小脇に抱え、帰って来るなりパクついて…。

今日のアルツ君の夕飯はボタモチとマグロのお刺身です。

白飯代わりにボタモチを召し上がり、醤油のついたお刺身もほおばるという荒業です。

デザートはバナナで締めくくり、早目の就寝です。

少し気になったのはお箸ですし飯大に切り分けたボタモチの上にマグロの刺身を載せてうれしそうな顔をしてパクリと…。

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 :  ボタモチ バナナ 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-129.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/10/10 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

昼寝する職人

2011/12/05 (月)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日の東京は比較的暖かく午前中はとても良い天気。

天気とは裏腹にアルツ君の紙パンツの中は曇天です…。

(つд⊂)エーン

しっかり子猫ちゃんを朝から出産です。

まあ出ないのも困るので何とか脱走子猫ちゃんが居なかったので良しとしましょう。

そんな中突然キノコさんがアルツ君の布団を干そうと言い出し、アルツ君に手伝わせます。

まったく余談ですがこの『言い出し』をパソコンで入力しようと思って『いいだし』と打ったらなかなか候補が出ないこと…。

^_^;

『いい出汁』、『いい山車』、『飯田市』…。

えっー!!!

まったく関係ないことなんですがあまりにもたった四文字が変換できなかったものですから…。

m(__)m

話を元に戻して…。

ヨッコイショット!!

そう。

キノコさんの力では布団を自分で持ち上げられないんです。

アルツ君の寝室のサッシの戸を開ければすぐベランダが有るのでそんなに長い距離布団を運ばなくてはならないということは有りません。

「ちょっとおじいちゃん!あんたの布団を干すからベランダまで運んで!」

「布団なんて干さなくたっていいよ~。」

「なんで?干したら気持ちいいじゃない。」

「干さなくたって気持ちよく寝てるぞ。」

「干したらもっと気持ちいいじゃない!?」

「そんなに気持ちよくなったらあの世へ行っちゃうぞ。」

「まあ!!どうしてそんなことばかり言うの?」

「どうしてって聞かれたって俺の口がそう言うんだから仕方ないじゃないか…。」

「まあまあ。屁理屈はいいから布団を運んでちょうだい。」

ヤッチも現場で見ていたのですが、ここはアルツ君のためにもアルツ君自身にやってもらいます。

「干したらここまで持ってきてまた敷かなきゃならないぞ!?」

「そうよ。干し終わったらまた自分でここに敷きなさい。」

「いいからここまで運んで!!」

「めんどくさいなっ!!よっこらしょっとっ!!」

アルツ君敷布団から掛布団まで全部一緒に持ち上げようとしています。

「そんないっぺんに持ち上げられるわけないじゃない。一枚ずつにしたら?」

「へへんだっ!わかりましたよ~だ。」

何とか自力で運ぶことが出来ました。

ちょっと布団を運んだだけでフーフー言っちゃってます。

(・・;)

「おい。布団運んだらくたびれちゃったよ…。」

「寝ようと思っても布団は無いわよ。」

「そっか…。」

アルツ君仕方なく畳にへたり込みます。

「なんだか腹減っちゃったな…。」

「あら。さっき朝ごはん食べたばっかりよ。」

「そうか~?食べてないような気がするけどな~???」

「ちゃんと食べましたよ。自分のパンが無くなってるから見てきてごらんなさい。」

「ほんと~か~???お前ウソついてんじゃないのか~?」

疑り深いアルツ君二階から階段を降りて下の茶の間まで確認に行きます。

「ほんとだ…。食べたんだ…。」

「ねっ!?ないでしょ?」

少し遅れて下に降りてきたキノコさんがアルツ君にドヤ顔です。

「まあ。お前が俺の分を食べちまったんだろうが、ここにバナナがあるからバナナに免じて許してやるよ。」

今度はアルツ君がドヤ顔です。

早速バナナの皮をむきはじめます。

以前にも書きましたがアルツ君なぜかヘタのあるところをポキッと折ってむけば早いのに逆からむいて手こずります。

「チクショ~。」

「どれ。貸してごらんなさい。こっちからむけば簡単なのよ。」

またしてもキノコさんが形勢逆転のドヤ顔です。

好きなバナナを食べてアルツ君もご満悦…。

(*^_^*)

今日は二人のドヤ顔合戦です。

お昼もまわり、そろそろ布団もいい具合に干しあがっているころ…。

「そろそろ布団をしまった方がいいんじゃない?」

キノコさんが切り出します。

「布団?布団がどうした?」

「あら?布団干したじゃない?そろそろしまわないと冷たくなっちゃうわよ。」

「そっか~。布団なんて干したっけ?まあいいや…。」

「自分一人でしまえる?」

「そんなね!子供じゃないんだからそのくらいできますよ!」

「じゃあ。自分でちゃんと敷いてセットするのよ。」

「わかりましたよ!!ついでに眠くなっちゃったから昼寝でもしよっと!!」

アルツ君に布団をしまうのを任せてキノコさんは台所で片づけ物です。

しばらくたってキノコさんがぼそりとつぶやきます。

「ちゃんとしまえたのかしら…???」

「静かなところを見るとちゃんと布団を敷いて昼寝してるんじゃない!?」

心配性のキノコさんにヤッチが一言…。

「まあいいわ。洗濯物も取り込まなくちゃならないから様子を見てくるわ。」

そう言ってキノコさんも二階に登ります。

しばらく立ってキノコさんが二階から降りてきます。

「ねっ。ちょっと!!」

キノコさんヤッチを手招きします。

「なに?」

「いいからちょっと二階のおじいちゃんの部屋に行ってみて。」

キノコさんに言われるままヤッチも二階に登ります。

???

アルツ君の寝室には布団もアルツ君の姿もありません…。

???

ベランダに通じるサッシを開けます…。

???

\(◎o◎)/!




アルツ君…

ベランダに布団を敷いてお昼寝中…。

ZZZZzzzzz

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 紙パンツ 子猫ちゃん 布団 バナナ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-185.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/05 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

貸しを作る職人

2012/10/07 (日)  カテゴリー: お風呂
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日の午後、アルツ君は施設の車で内科に行き、そこで採血をして帰って来ました。

帯状疱疹かもしれないということで、血液検査をすることになっていて、結果は今度の火曜日に出ます。

病院からアルツ君が帰って来て、しばらくすると、キノコさんが雨が降るかもしれないからと言い出し、帰り支度をはじめます。

アルツ君:「何、ガサゴソやってるんだ?」

キノコさん:「えー、雨が降りそうだから早めに帰ろうと思って…。」

アルツ君:「もう少しいたらいいじゃないか!?でも、まあ、お前の家は山奥だからな。」

キノコさん:「なんでー??私の家は山奥なんかじゃありませんよ。私の足だとここから30分はかかるけど、絶対山奥なんかじゃないんだから。」

アルツ君:「あー、すまん、すまん。」

距離にしたら2km弱でしょうか。

最低でも週に2回はアルツ君のところに徒歩で面会に来ているのですから、頭が下がります。

(^^ゞ

それに比べ、アルツ君といったら、何度キノコさんのアパートが山奥じゃないと言っても学習しないし、こうしてこの日にキノコさんが面会に来ていることも次の日になると忘れてしまいます。

m(__)m

ヤッチ:「それじゃあ、旦那さん(アルツ君)の歩行訓練を兼ねて、ここ(施設)の駐車場を通って道路に面したところまで奥さん(キノコさん)をお見送りするか?」

そんなに長い距離ではありませんが、足腰が弱って来ているアルツ君にはちょうど良い距離かもしれません。

アルツ君:「今日は行かないよん。」

ヤッチ:「『今日は』じゃなくて『いつも』だろ?そんなこと言って立てないんじゃないのか~??」

アルツ君:「バカ言え!!まだそんなに弱っちゃいないぞ!!」

ヤッチ:「そう言いつつも口だけで、ホントは歩けないんじゃないのか~??」

アルツ君:「バカ言え!!まだそんなに老いぼれちゃいないぞっ!!」

負けず嫌いのアルツ君、ヤッチの『歩けないんじゃないのか?』にむきになって反応します。

まるでパブロフの犬状態…。

腰かけていたベッドからスクッと立ち上がりました。

ヤッチ:「じゃあ、下(1階)まで行こうか?」

キノコさんがカートを押しながら先頭を行きます。

ヤッチはアルツ君の腕を軽く支えながら、キノコさんの後に続きます。

アルツ君:「あのばあさん、俺のこと置いて、さっこらさっこら行っちまうぞ!?」

ヤッチ:「それだけ、旦那さんの足が弱ってるってことだよ。」

アルツ君:「バカ言え!!きっと俺の靴が良くないんだな…。」

どうにかこうにか屋外まで出て、施設の駐車場を抜け、道路まで出ます。

キノコさん:「じゃあ、私は帰るわよ。」

アルツ君:「おっ!!バイバイ!!またみてねー!!」

miokuri.jpg

同じ順路をたどり、アルツ君の居室に戻ります。

ヤッチも昨日は早目に施設を後にしました。

(^.^)/~~~

そして今日の午後になって、キノコさんから電話が入ります。

キノコさん:「もしもし、うちの娘(姉のこと)から電話有った?さっき電話をくれたんだけど、かけ直そうと思ったら、出ないのよ…。」

どうしてうちの家族は当事者じゃないヤッチに電話をかけて来るんですかねぇ~。

ヤッチ:「朝から今日は電話も鳴らないし、静かだよ。」

キノコさん:「そうなの?何だかあの娘、またおじいちゃん(アルツ君)を家に連れて来るって言っているのよ。」

ヤッチ:「またー???だって帯状疱疹かもしれないって言われてるんだろ?」

キノコさん:「まあ、そうだけど…。でも検査結果は火曜日だから大丈夫よ。」

検査結果が火曜日だから大丈夫じゃないと思うんですけど…。

(-_-;)

アルツ君が『帯状疱疹』ではないかと言われて、ヤッチが少しナーバスになってるのにキノコさんと姉にはあまりわかっていないご様子…。

(-_-;)

結局、キノコさんがなぜ故姉に連絡を取りたいかは、わからないまま電話を切られてしまいました。

電話を切るとすぐに、今度はヤッチの部屋のインターホンが鳴ります。

なんとなく、状況は読めていたので、インターホンの受話器を上げることなくドアを開けます。

やはりアルツ君と姉です…。

アルツ君:「おい!!遊びに来てやったからな!!」

そう言い残し、二人はキノコさんの部屋の方に歩いて行ってしまいました。

仕方なく、ヤッチも自分の部屋の鍵をかけ、二人の後に続きます。

キノコさんがヘアのドアを開けると、アルツ君が同じセリフを吐きます。

アルツ君:「おい、ばあさん!!遊びに来てやったからな!!」

キノコさん:「はいはい、そう思って美味しいものを買って有りますよ。」

アルツ君が部屋に入ると、すぐさまテーブルの上に置かれたバナナに目をやります。

アルツ君:「おっ!!美味いもんってこれのことか?かっー!!お前これだけ食べて生活してるのか?」

キノコさん:「なんでー??これはあんたのために買って置いたんじゃない。毎日これだけ食べて生活なんてしてないわよ。」

アルツ君:「ならいいや。どれどれそれではいただいてみましょうか?」

いつも不思議に思うのはアルツ君のバナナの剥き方…。

魚の腹ワタを出すように横から剥いています。

アルツ君:「これはまだ青いよー。甘くないぞ?」

キノコさん:「あら、そうだった!?ごめん。98円のバナナなんだわ。」

姉:「パパね、ママの家に行くって言ったら、はしゃいじゃって仕方なかったんだよ。『何時に行く?何時に行く?』ってうるさかったんだから!!」

アルツ君:「それほどでもないよ。普通だよ、普通…。」

姉:「パパね、昨日は病院に行っちゃって、施設でお風呂に入っていないから、臭いんだ!!このまま入らないと1週間入っていないことになるんだよ。」

アルツ君:「お前、そんなことみんなの前でバラさなくたっていいじゃないかよ!!」

姉:「だってホントのことじゃない!!」

なんとなくヤバそうな雰囲気が…。

(゚∀゚ ;)タラー

姉:「だいたい普段もよく洗ってないから臭いったらありゃしないわよ。」

姉の視線がチラリとヤッチの方に向けられたような気がしました…。

(゚∀゚ ;)タラー

キノコさん:「お風呂洗ってあるから、入って行けば?」

(´゚д゚`)アチャー

キノコさん、禁断のセリフを…。

(゚∀゚ ;)タラー

アルツ君がヤッチの方に顔を向けます。

アルツ君:「おい!!だってよ!!俺は風呂に入るぞ!!」

ヤッチが重い口を開きます。

「だって帯状疱疹かもしれないんだろ!?」

姉&キノコさん:「大丈夫よ!!多分、打ち身よ!!」

ヤッチ:「じゃあ、わき腹は洗わないで、ケツと頭だけ洗うか?」

キノコさん:「大丈夫だと思うけど、万が一ってことがあるから、そうしてもらえば?」

アルツ君:「そうだなぁ…。そうするか~。」

ヤッチ:「じゃあ、今日は湯船には入らないで、シャワーだけにするか?」

アルツ君:「そうだな。それでいいぞ。」

やっぱり、予想通りの予想したくない展開です。

(-_-;)

アルツ君に服を脱いでもらい、ヤッチはシャワーのお湯を出します。

先にお尻を洗い、シャンプーに取り掛かります。

シャンプーがわき腹に流れ落ちないように注意しながら、何とか頭を洗います。

アルツ君:「お前、床屋みたいだな!?」

ヤッチ:「じゃあ、ついでに残ってる髪の毛全部刈るか?」

アルツ君:「嫌だっ!!」

湯船には入れなかったものの、髪の毛を洗ったのでサッパリしたご様子…。

姉:「お風呂で温まってないし、外も涼しくなってきたから、パパ、今日は早目に帰ろ?」

姉がアルツ君とキノコさんのツーショット写真なんぞを撮って、アルツ君と姉はぼとぼち帰り支度です。

アルツ君:「おい、ばあさん!!お前には一つ貸しができたからな?」

キノコさん:「貸しー?何で私があんたに借りを作らなくちゃならないの?」

アルツ君:「お前が俺のところにちっとも顔を見せないから、俺から顔を出してやったってことだよっ。」

昨日も会ってるんですけどね~。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 5 件
ツイートする

キーワード検索 : 帯状疱疹 バナナ 風呂 シャワー 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-346.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/10/07 | コメント (5) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP