site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: トイレ の検索結果  29 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。
6   次のページ »

早起きの職人

2011/06/14 (火)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです

(^_^)/~

アルツ君今日はキノコさんにしっかり入れ歯のチェックを受け、少し早目の就寝。

(-_-)zzZZ オヤスミ

早目と言っても夜の7時前だから、最近の幼稚園児だってまだ寝てないような時刻。

アルツ君が寝静まった後は、キノコさんがやっとのんびりできる時間。

キノコさんは食卓の片づけを済ませ、お風呂に入り、テレビを観ながらくつろぎます。

ただ昼間の疲れかなのか9時くらいになると、決まってテレビを観ながら座ったままの姿勢でコックリコックリ。

Zzz (´〜`) ムニャムニャ

アルツ君も二階の寝室ですでに熟睡だし、茶の間には会話はなく、テレビの音だけが響いて時を刻みます。

ヤッチ自身もキノコさんが寝ているのをいいことにキノコさんの手元にあったチャンネル権(リモコン)をそ〜っと自分の方に引き寄せます。

時間はちょうど10時を回ったところでしょうか…!?

何やらあわてて階段を降りててくる音が…。

アルツ君トイレか〜?

二階にもトイレは有るのでわざわざ降りてくる必要はありません。

そう思っているうちにパッと茶の間の扉が勢いよく開きました。

「おいっ!もう朝だろっ!」

キノコさんがうなだれていた首をすくっと正位置にもどし、

「なんでっ!?まだ夜よっ〜!」

「あそっかっ!?な〜んだ〜しようがないっ…またひと眠りしてくるか〜」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 入れ歯 トイレ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-20.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/06/14 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

認知症のすごさ

2011/07/21 (木)  カテゴリー: お風呂
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

いつものように今日はアルツ君のデイサービスの日。

送迎の車で家の前で降ろしてもらい、玄関に入って来るなり

「あー!おしっこ漏っちゃう…!」

慌ててトイレに駆け込みます。

今日の東京は涼しいくらいの陽気。

それで今日はトイレが近いのかな?

トイレから出てきたアルツ君の股間はなぜかビッショリ。
(ー_ー)!!

それに気づいたキノコさんが

「あーあ!また失敗!もうズボン脱いじゃいなさい!」

まるで幼稚園児です…。

「失敗なんかしてないぞ!ちゃんとしましたよ!」

「それじゃあなんでズボンが濡れてるの?」

「ズボンも悲しい時ぐらい有るわな!」

「もういいから、ズボン脱いでお風呂入っちゃいなさい!」

デイサービスから帰ってきた職人は紙パンツのままお風呂がいっぱいになるのを待ちます。

上は上着を着て下は紙パンツに靴下という大人の姿は笑えます。

お風呂のお湯の水栓をひねったのはヤッチです。

「お風呂のお湯入れてるけど自分で止めて入れる?」

「お前ね。子供じゃないんだから水くらい止められるわい!」

「そんな格好の人間に言われたくないんですけど…。」

「心配せんでも自分で止めて入るからっ…。」

そこまで言うならと
ヤッチは二階の自分の部屋に戻ります。

お風呂のお湯が貯まるのにはだいたい20分弱くらいでしょうか。

二階に居てもお風呂のお湯が入る音はかすかに響きます。

自分のやらなきゃいけない用事に没頭して20分は経過したでしょうか…。

??

どうもまだお湯の出ている音が……。

あわてて下に降りていくと…。

やっぱりやられました…。
(-_-)

お風呂が大洪水です。
\(◎o◎)/!

「お風呂っ!自分で止めるって言ってたじゃん!」

「ふーん!お風呂に誰が入るんだっ?お前かっ?」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス トイレ 風呂 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-47.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/21 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

ネタ多き職人

2011/07/25 (月)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日は何事もなく平穏に一日が終わったのですが今日はガラリと一変。
\(◎o◎)/!

何から話していいのかわからないほどいろいろアルツ君はしでかしてくれました。

あまりにもイベント盛りだくさんなのでいくつかをピックアップしてお話しします。

まずは午前中。

ヤッチは出かけていなかったので、キノコさんとアルツ君とのやり取り。

キノコさんから聞いた話をそのまま書きますね。

日頃から膝が痛いとこぼしていたアルツ君。

しょっちゅう寝る間際になるとヤッチを呼びつけマッサージをさせていました。

あんまり膝が痛い痛い言うので今日は整形外科に連れて行くことになりました。

もちろん引率は学級委員長のキノコさん。

旅のしおりや引率の旗は持って出なかった様子。

整形外科のあるところはバス停で2〜3つ目くらい。

うちの方はバス停の間隔が狭いので歩いて行っても20分もあれば着く距離だと思います。

出かける前にキノコさんが「用を足したの?」と聞くと

「そんなの当り前だっ!」と返ってきたのでそのまま家をあとにすることに…。

乗らなきゃいけないバス停に着くまでにアルツ君はバテてしまい、へたり込んでしまう始末。
(まだおやつを食べるには早すぎます!)

それでも何とかキノコさんが手を引き1時間近くもかけて整形外科に行ったそうです。

整形外科に着くやいなやトイレ(大)に行きたいと言いだし、トイレに駆け込んだそうです。

実際には走れるパワーは無いので急ぎ足程度でしょうか!?

トイレに入ったアルツ君。

なかなか出てきません…。

キノコさんが診察の受付を済ませてしばらく経ってアルツ君の番になり、受付の女の子がアルツ君の名前を呼んでもまだ出てきません。

心配になったキノコさんがトイレの戸をノックします。

返事はするものの待てど暮らせど出てこない様子。

仕方なくアルツ君にキノコさんがトイレのカギを開けるように言います。

少し間が開いてカギが開いたそうな…。

キノコさんがトイレの戸を開けるとそこには身動きの取れないアルツ君が…。
\(◎o◎)/!

便座にハマっていたわけでもないのに立ち上がれないのだそうです。

多分整形外科に行くまでに疲れ切ってしまったのでしょう???

そこにはトイレットペーパーにも手が届かない職人が居たそうな…。
(汚い話でm(__)m)

一時は病院中大騒ぎとなったそうですが、あまりの悪臭にキノコさんの方が恥ずかしくなり、お尻の持ちあがらないアルツ君のお世話です。
(ー_ー)!!

もっとグロい話なのですが端折らせてもらってようやく診察室で先生にご対面です。

先生に「大変でしたね〜?」と言われたアルツ君は

「それほどでもないよっ!」とケロッとした返事。

その時キノコさんは本当に首を絞めてやろうかと思ったそうです。

先生にの診察を受ける段になると

「どの辺が痛いんですか?」

「あっちもこっちも痛いんだな〜。」

「ここはどうですか?」

「そこは痛くないよ。」

「じゃあここは?」

「そこも痛くないよ。」

「じゃあどこが痛いんですか?」

「どっこも痛くない。」

会話にならなかったそうです…。
(-_-)

結局診察結果はちょっと幻覚症状みたいなものが出始めているとか。

痛くもない箇所を本人が痛いと思い込んで痛いといってるのではないかという診断です。

そう言われるとそうかもしれないけどそうとも言えないような…。

これについてはもう少し様子を見ることにします。

最終的には「あんなに元気だった人が認知症になるとあんな風に変わっちゃうんだ…」と先生を凹ませてきたらしいです。

行きと同じ道のりを同じくらいの時間をかけて帰ってきたアルツ君。

疲労困ぱいです。

それにもましてキノコさんがゲッソリ。

さぞかし疲れているのだろうと本日はお風呂掃除の当番はヤッチがやることに…。

せっかく掃除したのにシャワーでいいというので、今日はシャワーで済ますことに…。

でもアルツ君どうも最近シャワーのお湯の出し方を忘れてしまっているみたいです。

カランをひねればいいだけなのですが、どうもそれができないみたい。

仕方がないのでヤッチが思い切ってカランのあるタイルの壁に油性のマジックでお湯の出し方を書いてしまいました。

2011072520160000.jpg
ちょっと
ピンぼけしてますが↓
2011072520180000.jpg


油性マジックで書いた上でさらに実際にお湯を出してアルツ君に説明します。

「こんな簡単なのになにもここにこんなもん書く必要ないだろっ!」

アルツ君に怒られてしまいました。

(ちとやりすぎたかな!?)

最近めんどくさがって髪の毛を洗わないのでオイニーがかなりツイキーになっています。

「今日こそ頭洗えよっ!」

「うるさいなっ!分かったよ!」

ここぞとばかりに追い打ちをかけます。

今日は頭を洗ってくれるだろう…。

そう思ったのも束の間。

お風呂からアルツ君が人を呼ぶ声が聞こえます。

また立てなくなったのかとあわててヤッチが風呂場に向かいます。

「どうかした?」

「おい!このシャワー壊れてるのか?」

「壊れてないだろ!?さっきお湯出して見せたんだから〜。」

「でも出ないぞ!ちょっと見てくれ!」

仕方がないので裸のアルツ君のいる風呂場に入ります。

「いっくらここ回してもお湯が出てこないぞ!」

そういうアルツ君の指先をみると一生懸命ヤッチが書いた油性マジックの部分『シャワー↓出る』を手でこすっていました。

…もう少し下の方に書けばよかった…

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : トイレ 幻覚症状 シャワー 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-51.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/25 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

腰抜けの職人

2011/07/31 (日)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

(以前に書いた記事とかぶってしまうのですが、どうしても気にかかることなので再び…)

一昨日意識を失ったアルツ君。

そんなことはまったく覚えておらず、昨日、今日といつもと変わらない様子です。

いつもと変わらないとはいえ、やはりどうしても尻もちをついた格好から立ち上がるのが不得意。

スッと布団から抜け出しトイレに立つこともあるのですが、時々立ち上がり方を忘れてしまうような時があります。

もちろん体力の低下が一番の原因なのでしょうが、それ以外に立ち上がり方そのものがわからなくなってしまうようです。

皆さんも自分が布団ないしベッドから抜け出てトイレに行くまでの行動を思い起こしてみて下さい。

たいていの方はそんなことまったく意識して立ち上がっていないですよね。

ヤッチはどうやって立ち上がっているか…?

ヤッチもアルツ君と同じくベッドではなく、布団で寝ています。

寝ているときの姿勢は仰向けでは寝られないので大概横向きです。

横向きの姿勢ならどっちでも寝られるのですが一応心臓を下にして寝ていたと仮定しましょう。

まず、当たり前ですが目を覚まします。

バンビちゃんのようなつぶらな目を開けます。

暗ければまだ起きる時間じゃないななどとぼーっとしながらですが考えます…。

それから尿意のあることに気づきます。

「どうしようかな…。面倒くさいから朝まで寝ちゃおうかな…。」

なんて少し考えるシーンも時々あったりします。

「でもやっぱり行っとこう!!」

と考えムクッと立ち上がります。

この「ムクッ」とのときに果たしてどうやって立ち上がっているか…?

まずこんなことを考える奴はいないと思います。
m(__)m

人それぞれだとは思いますがヤッチの場合は横向きの丸まった体のまま右ひざを曲げ、左足の前に持って行きます。

投げ出すような感じと言えばニュアンスが伝わりやすいかな!?

天井からCCDカメラで撮影すればこの姿は布団を背景にして一歩足を前に踏み出した状態にも見えます。(かなりやる気のない感じです)

手、腕については伸びたままの時もあれば、体の下に回っていてしびれてる時もあります。

時には携帯の電源を入れたまま携帯を握って寝落ちしてしまい、メールのバイブにビックリなんていう時もあります。
\(◎o◎)/!

この寝落ちの現象はGREEをやっているときが多く、特にハコニワのねじまき機能には睡眠薬が入っていると思われます。

余談になりましたが、今度は右手を自分の枕のあたりについて同時に体をひねってうつ伏せになるような姿勢を取ります。

この時にうまく左肩を抜かないと脱臼します。

同時に左手も布団の上につきます。

次に女豹のポーズに近い形をとり今度は自分の両ひざを布団の上で枕に近い方に持って行きます。

このまま片ひざをついて起きてしまう人もいますが、ヤッチの場合は両腕で上体を起こして赤ちゃんがハイハイするような態勢になることが多いかな!?

たまにハイハイの状態からさらに上体を起こして正座するときもあります。

この時に口の脇に冷たさを感じる時は間違いなくヨダレなのでぬぐってあげないといけません。

たいていはハイハイもしくは『お代官様!許して下せ―!』状態ですが、さらに片ひざを立てます。

ちょうどクラウチングスタートの姿勢です。

幸い相手はいないのでフライイングの危険性は回避できます。

ヤッチは片ひざをつくとき右足が多いです。

片ひざをついたらよーいスタートでお尻を持ち上げ一気に立ち上がります。

寝ぼけているときはときどき部屋の扉がなぜか勝手に移動し、ドア枠におでこを痛打したり、小指に激痛が走る時もあります。

こうしてトイレにたどりつき、なぜかトイレの天井を見上げて「フー」とため息をつくこともしばしばです。

用を済ませば、同じ事を逆再生で行い、ようやくお布団様と愛し合うことができます。

夜中にトイレに立った日は損した気持ちになるのはなぜなんでしょう?

立ち上がるという動作だけでかなりの長文になってしまいましたが、これだけのことを人間はおそらく無意識にやっているわけです。

この立ち上がるという動作はいくつかの個々の行動の集合体で、これを算数的に脳が計算を行い、組み合わせをして立ち上がる動作を形成させているものと思われます。

アルツハイマーになるとこういう一見単純とも思えることが難しくなってくるようです。

事実アルツ君にナスを5本とキュウリを5本手渡し、ナス1本とキュウリ1本のペアを5組作るように言うと考え込んでしまいます。

まだどうにか作ることはできますがかなり時間がかかることは事実です。
(ー_ー)!!

何が言いたいかというと体力の低下を差っ引いたとしてもアルツ君だけではなく、認知症、アルツハイマーの人の病気が進むとだんだんと立ち上がるという行動がイメージできなくなってくるのではないかということです。

体が弱ってきているからだと早急に決めつけるのは早いのではないか…。

(同じことの繰り返しですいません)

ひざを曲げながら手をついて上体を起こすという動作はほとんどの人は同時にやってしまいますが、アルツ君には同時にやるということがイメージしにくくなっているような…。

アルツ君にまだ麻痺というものは無いようです。

一つ一つの動作を一つ一つ教えて時間をかけてゆっくりやればできるのですから…。

でもゆっくり時間をかけてやっていると今度はおしっこの方が間に合いません。
(-"-)

紙パンツをしていても出るものは出てしまいます…。

今日も時間をかけて立ち上がるということやっている最中間に合わず、アルツ君の尻もちをついていた布団はハートマークだらけです。


こういう人間の最も基本となる動作が時折抜け落ちてしまうのに、

「ベッドに変えよう」と言っても

「絶対にヤダっ!!俺を下からあぶって焼き鳥にするのかっ!!」と言って

頑固さだけは抜け落ちてくれません。
(=_=)

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

たぶんこれを読んだ方は寝る前に布団の上かベッドの上で一度は立ち上がります…。
(^。^)y-.。o○


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : トイレ 認知症 アルツハイマー 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-57.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/31 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

立てこもる職人

2011/08/01 (月)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

どういうわけかわかりませんが、登場人物がどうもよくわからないというお叱りを時々受けます。
(下手くそなのかなあ〜?)

そんな人のためにしつこいようですがこのブログの登場人物について説明させていただきます。

もうそんなのわかってるよという方は飛ばして読んでくださいね。

まず主人公はアルツ君。

このブログの作者であるヤッチの父親で数年前にアルツハイマー型認知症の診断を受け、現在は要介護3の元植木職人です。

最近は週2回デイサービスに通うようになり、本人は口では「あんなところもう行きたくない。」と言いますが、けっこうお気に入りで、デイサービスに行く日はけっこう落ち着かない様子です。

そんなアルツ君の愛妻がキノコさんでアルツ君のお世話係。

根が真面目なのか冗談が通じないところがあり、それはそれでなかなかプリティーなところがあります。

以上が登場人物でたまにヤッチの姉が登場するくらいかな!?

まあ作者のヤッチは内田康夫さんの推理小説に出てくる浅見光彦あたりを想像してもらえば間違いないと思います。
(えっ〜!)

そんな我が家ですが、最近キノコさんの仕事が一つ増えてしまいました。

アルツ君はお風呂から上がると、入れ歯をちゃんと外しているかどうかをキノコさんの前で口を開けてチェックを受けなくてはなりません。

時々下の入れ歯をアカンべーをして隠すのでキノコさんからイエローカードをもらいます。

入れ歯のチェックが済むと今度はアルツ君は認知症の薬を飲まされます。

本来は自発的に飲まなくてはならないのですが、大のくすり嫌い。

放っておくとすぐに逃げようとし、キノコさんに首根っこをつかまれ、引きずり返されます。

で最近加わったキノコさんのチェック項目がアルツ君が風呂上りにちゃんと紙パンツを履いているかどうかです。

黙っていると、その日履いていた紙パンツをまた履いてしまいます。

普通に考えると真新しいパンツの方が気持ちいいと思うのですが、どうしてもアルツ君は面倒なのか、わけが分からなくなるのか、古い方のパンツをチョイスしがちです。
(ー_ー)!!

キノコさんが風呂の脱衣所にちゃんと「ここにあるからね。これを履くのよ。」と言って替えのパンツを用意してもそのまんまということがよく有ります。

そんなことを前提に今日もちょっとしたエピソードが…。

あっ!そうそう!忘れてました!

アルツ君が風呂に入る前は必ずトイレにも行ってもらいます。

ヤッチも今日は現場にいたんですが、すっかり二人ともそれを忘れてしまいました。
(^_^;)

最近ではひざの関節が固くなってきているのか履いているズボンを脱がすのも一苦労で、そっちに気を取られ風呂の前のトイレがすっかり抜けていました。

しかもその前に明日お医者さんに行くのでひげを剃っておこうということになり、またしても学級員のキノコさんに任務を命ぜられました。
(ー_ー)!!

絶対キノコさんは子供のころ掃除とかをサボったことのないタイプです。

ヤッチは隣のクラスの給食を昼前の休み時間に食べてしまい、先生に大目玉をくらったことのある人間です。

まったく関係ない話しなので話を元に戻すことにして…

よいしょっとっ!!

医者に行くんだから逆にひげなんか剃らないでもいい気がするんですが、どうしてものお願いだったので剃ることに…。

T字のカミソリを人にあてたことはないので電気シェーバーで…。

ジョリジョリ…。

ところどころロン毛のひげがあって、それを指先でひん抜くと…

「痛いっっっ!!」

歓喜の悲鳴を上げてました。
(*^_^*)

多少剃り残しは有るものの、自分の顔じゃないからまあいいかっ!

今度はようやくお風呂です。

普段たぶんいい加減に身体を洗っているのだろうと思ったので今日はヤッチがスペシャルサービス。

アルツ君の背中を流してやりました。
(けっこういい加減に)

さらなるサービスでお風呂から上がったアルツ君に紙パンツまで履かせてやりキノコさんにバトンタッチです。

(この日ヤッチはアルツ君のアフターはやんわり断りました。)

キノコさんが入れ歯のチェックを行い、相変わらずアカンべーをするアルツ君は舌をつままれ、

またしてもアルツ君の悲鳴が…。

「あたたたたたっっっtttt!」

けっしてケンシローではありません。

今度は認知症の薬です。

今日はスペシャルサービスにうんざりなのか観念した様子で文句を言わずすんなり薬を飲みました。
\(^o^)/

そこでキノコさんに締めの言葉を言われます。

「はい。よくできました。さあ寝ましょっ。」

ここは幼稚園でも保育園でもないことは事実です…。

ところがアルツ君がまだトイレに行っていないことにキノコさんが気づき、

「そうだわ。おじいちゃん(アルツ君)トイレに入ってないでしょ!?トイレに入ってから寝ましょっ。」

いつもならぶつくさ返って来るところですかヤッチのひげそりサービスがよっぽど気持ち良かったのかあっさりトイレに入ります。

キノコさんにまたお節介なことを言われます。

「座ってしなさい。その方が楽だから…。」

「楽」という言葉は多分キノコさんの掃除が「楽」だからと置き換えられます…。

これにもあっさりアルツ君従います。

ヤバい!いつものアルツ君のキャラじゃない…
(-_-;)

アルツ君がトイレに入っている間キノコさんとヤッチはトイレに先に行かせなかった反省会を開きます。

くだらない反省会で盛り上がってけっこう時間が経過しています…。

アルツ君はトイレからまだ出てきません…。

ひょっとして大????

ヤッチはお風呂の後に大はすごく損した気持ちになります…。
m(__)m

しばし待ちますが出てきません。

この間みたいなことがあると大変なのでヤッチが声をかけます。

「まだ〜?」

………

返事がありません???

幸いカギはかかっていません…。

ヤッチは思い切って開けてみることにしました…。



もうお分かりですよね〜。




アルツ君


便座で熟睡中zzzzzz



さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 入れ歯 認知症の薬 トイレ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-58.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/08/01 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

6 頁  次のページ »


▲TOP