site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: クリームシチュー の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

クリームシチュー

2011/10/25 (火)  カテゴリー: 食事
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです

先日からたくさんのコメントをいただき、いろいろなことを勉強させていただきました。

この場を借りてお礼を申し上げます。

m(__)m

さて今日はアルツ君はデイサービスです。

デイサービスが変わってから帰って来るとたいがいヘロヘロです。

よっぽどデイサービスでの金鉱採掘の労働がきついのでしょうか…。

はたまたお城の石垣造りがハードなのか…。

おそらくリハビリが新しくメニューに加わったのでその分きついのだと思いますが、今日もやはりヘロヘロです。

帰って来るなり倒れ込むようにソファに沈没です。

送迎の車の中で揺られてくるせいもあるのでしょうか、ほとんど寝ぼけ眼です。

「あそこの柿は甘いんだよな…。」

何やら横たわりながらもぶつくさ言っています…。

滑舌が悪いのでほとんど何を言っているかわかりませんが、そのうちぶつくさが寝息に変わります…。

zzzz…

1時間くらい寝たところでようやく起き出します。

「あれ!?もう朝か?ばあさん!今何時だ?」

キノコさんは夕飯作りの最中。

「何時って朝じゃあないわよ。これから夕ご飯。」

「そうか…。俺はいつから寝てたんだ?」

「デイサービスから帰って来てからずーっと寝てたわよ。」

「デイサービス?うそをつけ!俺はそんなところ行ってないぞ!」

「なんでよ?今日は火曜日で朝お迎えの車が来たでしょ?」

「そうだったけ?まあいいや。で朝飯は何を食わせてくれるんだ?」

「だから朝じゃないって言ったでしょ。ヨ・ル・メ・シ。」

「あそうか…。で俺はいつから寝てたんだ?」

「だから…。」

キノコさんもプロドライバーではないので鈴鹿の耐久レースにはエントリーしていません。

最近はキノコさんもアルツ君の堂々巡りの旅には付き添わなくなりました。

そうこうしているうちに夕飯の出来上がりです。

今日はクリームシチューがメインです。

「ほーら。今日は温かいクリームシチューよ。飲んでごらんなさい。」

キノコさんがアルツ君の前にシチューを置きます。

「へー。これがクリームシチューっていうの?美味いのか?」

「あら!?何べんも飲んだことあるじゃない?覚えてないの?」

「俺はこんなの見たのは初めてだぞ。」

「やーね。まあいいから食べてごらんなさい。」

「そーかー?何だかゴミみたいのがいっぱい入っているぞ!」

「失礼ね。ゴミなんか入ってないわよ。おかずがいっぱい入ってるんだから~。」

今日は角切りの肉ではなく、キノコさんベーコンを使ったみたいです。

どうやらそのベーコンがクチャクチャになっているのでアルツ君がゴミと言っているようです。

たしかに何かをはじめて食べる時って用心深く素材を確かめながら食べたりしますよね。

アルツ君にとってはクリームシチューはどうやら初めて食べるものになってしまったようです。

恐る恐るシチューの具をスプーンの先で撫でまわしています。

「おい!ばあさん!この『何とか』って言うやつにはカビも入ってるのか?」

「カビ!?いや~ね~!そんなもの入ってるわけないでしょ!?どれ~?」

キノコさんがアルツ君のシチューの皿をのぞき込みます。

「やだっ~。これのことでしょ?これはシメジよ。びっくりさせないでよ~。」

アルツ君が言っていたのは白いシチューの中で見え隠れしていたシメジのことだったようです。

┐(´ー)┌ フッ

「だってこの『何とか』っていうのに黒いもんが入ってたからさ~。」

アルツ君シチューという言葉がどうもいい感じに頭に絡まってくれないようです。

「何だかいろんなもんが入ってるな~。おい。ばあさん。今日はゴミ屋来たのか?」

アルツ君がゴミ屋と言っているのは自治体で回ってくるゴミ清掃車のことです。

「はっ?なんで?」

「まあ。いいや…。」

もの申したい気持ちはわからんではないですが…。

せっかくの馳走が台無しです。

「そこに入ってるのはブナシメジ。美味しいでしょ?」

ヤッチは美味しいと思ってすでに二杯目ですがアルツ君はこのブナシメジとやらを避けて通るつもりです。

ヤッチもキノコ類はあまり詳しくありません。

ときどきエノキとエリンギとシメジとナメコとナマコが喧嘩をします…。

なんだかんだと文句を言っていたアルツ君ですがどうやらシメジ以外は全部食べてしまいそうです。

やっぱり食欲の秋ですね~。

何を食べても美味しいです。

「それにしてもこの『何とか』って言うやつにはいろんなもんが入ってるんだな~。」

「そうよ。栄養満点よ。」

出たっ!懐かしい響きっ。

「でなんて言うんだったけ?この『何とか』っていうやつ?」

「なんのこと?」

「この白いツユだよ!」

「ああ。シチューのことね!?シチューです。」

「はぁ?」

「シチューです。」

「これに?」

何だか二人の会話はときどき噛みあわない時があります。

「そうよ。シチューですよ!」

「これにそんなもんは入らないだろう!?うっそ~ん???」

「シ・チ・ュ・ーで・す・よ。なんども食べたことあるじゃない!」

「俺はそんなもん食わないぞ~???飛行機に乗ってる女だろう?」

……

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ




ソレハスチュワーデス…


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス クリームシチュー ベーコン シメジ ブナシメジ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-144.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/10/25 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

カックン病

2011/12/04 (日)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

最近のアルツ君は小失禁がほとんどありません。

夜中の失禁が無いかわりに時たま起き出しては朝ご飯を食べてしまうという奇行は見られますが、寒い時期に夜中の失禁が無いというのはうれしい限りです。

とはいえ世話する方はしてようがしていまいが一度は起きて確認しないとならないのでたまにはゆっくり爆睡してみたいものです…。

(^^ゞ

かつて見られた『立ち上がり』が上手くできないというのもないし、『材木病』といわれた足の浮腫みもいまはほとんどありません。

『物忘れ』については現状維持で仕方ない感じですが、ひどくなってる感じもないのでまあ良しとしましょうか。

ちょっと厄介なのは便秘が続いていること!?

それともう一つ気になるのが、食事をしている最中に眠くなってしまう事…。

最近ヤッチはこれを『カックン病』と命名したのですが、とにかく食事を元気に食べ始めてしばらくすると急に動きが止まって首を垂れてしまいます。

知らない人が見たら気を失ったのかと思うくらいに豹変します。

(-_-;)

今日もこの『カックン病』の症状が夕飯時に出てしまいました。

アルツ君朝から特段やることも考えることもないので考えることといえば食べることだけです。

「おい。今日は何を食わせてくれるんだ?ボタモチか?」

「夜ご飯にボタモチっていうことはないでしょう。」

真面目なキノコさんは真面目な答えを返します。

「じゃあ。何食わせてくれるんだ?」

「今日はクリームシチューよ。あんたの好きな…。」

「俺が好きなのはクリームスープだぞ。」

ヤッチにはスープとシチューの区別がわかりません。

(^^ゞ

「まあ!?シチューとスープの違いがわかるの?」

「わかるさよ~。『字』が違うだろう!?」

「確かにそうだけど私にはどっちも同じよ。」

「いや。違う!絶対『字』が違う!」

「じゃあ。今日はクリームスープ!」

「俺が好きなのはシチューだぞ!?」

わかってないじゃん!!

変なやり取りの後例のクリームシチュー(スープ?)が食卓に出てきました。

アルツ君がこやつだとよく食べてくれるので我が家ではヘビーローテション気味にメニューリストに加わります。

「ああ。これはシチューだな!?」

アルツ君がわかったような顔をしてつぶやきます。

「へー。違うってわかるの?どこが違うの?」

キノコさんもここぞとばかりに口をとがらせます。

「教えないよーだ!!それより美味そうだな。なんだっけサツマイモも入ってるじゃないか!?」

「サツマイモ~???サツマイモなんて入ってないわよ。ジャガイモでしょ?」

「どっちだっていいや。食っちまえば一緒だ!!」

そう言いながらジャガイモを口に放り込んでいます。

「美味しいでしょ?」

「美味いね~。このサツマイモはなんていうサツマイモだ?」

「だからジ・ャ・ガ・イ・モ!!メークイン!!」

「へー。そんな俳優だか競馬の馬みたいな珍しいのが入ってるのか?」

メジロマックイーンを思い出せる方がある意味珍しいと思うのですが…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

「馬なんて入ってないわよ~???」

真面目なキノコさんには意味が分からないようです。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

アルツ君はたくさん具の入ったシチューを最初はテンポよく口へ運んでいます。

三分の一くらいシチューを食べたあたりでしょうか!?

急にスプーンを持つ手がスローダウン…。

首がカックンと垂れてしまいます…。

「ちょっと!まだ食べてないでしょ!起きなさい!」

キノコさんも『カックン病』を知っているので隣りに座ってアルツ君の肩を叩きます。

「ふ~ん…。眠くなっちゃった…。」

「食べてる最中に寝ちゃダメじゃない。ほら頑張って食べなさいよ。」

「後で食べるよ…。」

「今食べないと冷めちゃうわよ。ほら頑張って!!」

ウトウトしているアルツ君の口元にスプーンでジャガイモを放り込みます。

食べないのかと思うとウトウトしながらも口を開けてジャガイモを受け入れます。

結局キノコさんの食事介助です…。

(-_-;)

最終的にはキノコさんがほとんどアルツ君の口におかずやご飯を放り込み自分では箸やスプーンを使わずじまいです…。

(-_-;)

認知症の薬やらを飲む頃になってようやく本来のアルツ君に戻りまた元気になります。

薬は一日のうち夕食後の一回だけですから眠くなるのは薬が影響しているとは考えにくいところもあります。

発想を変えれば薬が切れてくるから眠くなるとも考えられますが…。

じゃあ認知症の薬は覚せい剤!?

えっ~!!

キノコさんが睡眠薬でも入れてるんですかねえ~。

(。・´_`・。)エ-

ともあれ今後この症状がひどくなるようなことがあれば主治医に相談してみるしかないところでもあります。

「こんなにイッパイ薬を飲むのか?死んじゃうぞ!?」

いつもの毒舌が戻ってきます。

「これ飲んじゃえば、風呂に入って寝るだけだろ!?」

ようやくヤッチの登場です。

ヨッ!!a(a`ε・´o)

「まあそうだけど飲まなきゃもっと手っ取り早いぞ。」

いつものああいえばこういう攻撃です。

何とか薬を飲ませてお風呂に入れます。

身体を洗っているときは元気ですが、湯船に浸かるとまた眠くなっちゃいます。

ZZZzzz…。

湯舟から出て身体を拭くころにはまた元気。

\(^o^)/

寝巻に着替え茶の間に入る時はテンションアゲアゲです

(´∀`∩)↑age↑

「おい!ばあさん!!今日は何を食わしてくれるんだ?」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : カックン病 立ち上がり 材木病 ボタモチ クリームシチュー スープ メークイン メジロマックイーン 認知症の薬 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-184.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/12/04 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP