site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: オイニー の検索結果  1 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

イベント続きの続きです…

2012/01/08 (日)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

最近下ネタばかりなので、嫌悪感を覚える方はスルーして下さいね。

今日も下ネタです。

(^^ゞ

今日は午後から姉がアルツ君の様子伺いに来てくれました。

姉=ボタモチのようなものですから、当然行き先は近所のスーパー。

「はい。出かけるから着替えて!!」

部屋着のままのアルツ君に暖かい服装になるように姉がせかします。

着替えを手伝うのはヤッチなんですけどね…。

「そんなに慌てさせるなよ~。」

アルツ君寒いせいか重い腰がなかなか持ち上がりません。

「はい!!はやく!!1,2,3…。」

姉のカウントダウンにおのずと反応してしまい、アルツ君サッと立ち上がりました。

ヤッチはアルツ君のズボンや股引を脱がし、紙パンツを交換して再び股引とズボンを履かせます。

「はい。じゃあ今度は上着を着て!!トイレは?」

「そんなにイッパイいろんな事できないよ~。ちょっと待ってろよ~。」

どうしても姉のペースにアルツ君ついていけない様子。

「帽子は?手袋は?」

もうアルツ君てんやわんやです。

「ママも一緒に行こう!!」

「あら!?私はいいわよ。」

「いいからママも行こう!!」

「そーう!?じゃあ、私も着替えないと…。」

今度はキノコさんのお着替えタイムを待つことに…。

(-_-;)

ちょっと近所のスーパーに行くだけなのにどうしてこうも時間がかかるものかと…。

(-_-;)

キノコさんの支度が出来たところで三人そろって出かけることに…。

ヤッチはお留守番。

ちょっと息抜きタイムといったところでしょうか…。

「パパはホントにトイレ大丈夫なの?」

姉がもう一度確認です。

「大丈夫だよ。3年前から俺はトイレに行ってないんだから。」

ヤッチは玄関先で三人を送り出します。

10メートルも歩かないうちにアルツ君が戻って来てしまいました。

「パパトイレなんだって!!」

道端から姉の大声が聞こえてきます。

だからあれだけ『トイレは?』と聞いたのに…。

慌ててアルツ君靴を脱ぎ、トイレに駆け込みます。

ヤッチとすれ違う瞬間にちょっと怪しげなオイニー(臭い)が…。

(〟-_・)ン?

どう考えても『やっちまった臭』です。

アルツ君に隠される前に、そして被害が拡大する前にトイレの戸を開ける必要が有ります。

━( p`д´)q━!!ー

「ちょっと待った!!」

トイレでズボンに手をかけていたアルツ君をフリーズさせます。

「なんだよ?」

「ちょっと待った。俺が脱がすから。」

「そんなに俺のケツが見たいのかよ~?」

アルツ君にさっき履かせたばかりのズボンと股引をおろし、交換したばかりの紙パンツをゆっくり引き下げます。

(・。・;

やはり…。

大きなボタモチを真新しい紙パンツに産み落としちゃってます。

(-_-;)

また献上品の入った紙パンツをゆっくり脱がし、アルツ君のお尻を拭き、風呂場に誘導です。

お尻を洗い流したところで、アルツ君の下半身を拭き、また新しい紙パンツに交換して、やっと振り出しに戻ることが出来ました。

┐(´-д-`)┌

もう一度アルツ君に靴を履いてもらい、送り出します。

誰もいなくなった我が家のトイレでアルツ君の産み落として行ったブツを一人で始末するのは何ともわびしい感じです…。

(ノД`)シクシク

誰もいなくなった茶の間を少し片づけしたり、洗い物をしているとそろそろ御一行が帰って来る時間です。

いつもならにぎやかな感じで帰って来るのに、なぜか姉だけが荷物を持って先に帰って来ます。

「旦那さんは?」

「またスーパーで倒れちゃって…。」

後で姉から聞いたのですが、ショッピングカートを押そうとして転倒したそうな…。

でもこれが前のめりに倒れたのではなく、フラフラと後ろにひっくり返ったのだとか…。

なんとも理解不能な転倒です。

( ̄-  ̄ ) ンー

「で?」

「いま、そこの角を曲がったところで休ませてるから、迎えに行って来るわ。」

「奥さんは?」

「ママも一緒にいるよ。だって一人に出来ないでしょ。」

しばらくして三人揃ってご帰還です。

「大丈夫なのか?」

「何が?」

「何がって、倒れたんだろ?」

「倒れてないよん!!」

記憶がやはり飛んでいるようです。

(-_-;)

アルツ君の足取りは重いようですが、舌の回転は良いようです。

そしてまたしても『やっちまった臭』が…。

(〟-_・)ン?

何回紙パンツを交換すれば良いのやら…。

(;´д`)トホホ

トイレでアルツ君の紙パンツをおろしながら、ヤッチはつぶやきます。

「ああーあ。ボタモチこんなところに入れて帰ってきたのか?」

「バカ言え!!買ってきたボタモチは明日食うんだからね!!」

倒れたことは忘れても、ボタモチだけは覚えてるんですね~。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 :  ボタモチ スーパー 紙パンツ トイレ やっちまった臭 オイニー 転倒 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-217.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/01/08 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP