site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: ウインドアンサブル の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

ウインドアンサブル

2013/10/30 (水)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

この間の日曜日に、アルツ君の施設で秋祭りがありました。

夏祭りのように、ヤグラが立って、盆踊りを踊るという派手なお祭りではありませんでしたが、タコ焼きや焼きそばなどの露店も並び、地元住民にも解放してのお祭りです。

この日の秋祭りに、キノコさんにも施設に行ってもらおうと、姉が自転車でキノコさんの部屋に訪れ、姉がキノコさんを施設までタクシーで連れて行くという計画です。

姉の自転車は、ヤッチが施設まで乗って行き、帰りは施設からヤッチとキノコさんと一緒に帰って来ることになっています。

姉がキノコさんのところに現れたのが、午前11時30分頃でしょうか。

姉はキノコさんのところに行く前にヤッチの部屋を訪れます。

姉:「はい、これ、自転車のカギ。お昼ごろに、○○(姉の旦那さん)が施設にお寿司を買って持って行くって。あんたの分も買ってると思うから。」

ヤッチ:「じゃあ、俺は、おたくの自転車で施設まで行けばいい?」

姉:「うん、悪いけどそうしてくれる。」

ヤッチ:「旦那さん(アルツ君)のお昼は、どうなってるの?」

姉:「施設から出るパパのお昼ご飯は私が前もって断っておいたから、施設でみんなで一緒にお昼ご飯を食べようって話よ。」

ヤッチ:「了解…。」

姉はキノコさんを迎えに行ったようです。

キノコさんを引き連れて姉が再びヤッチの部屋の呼び鈴を押します。

ヤッチ:「あれ!?出かけたんじゃないの?タクシーは?」

姉:「今、電話で呼んだから、もう来ると思うよ。でさ…。」

ヤッチ:「ん?」

姉:「今施設から電話が掛かって来て、パパが怒ってるらしいのよ。」

ヤッチ:「なんでかね?」

姉:「さっき言ったように、私がパパのお昼ご飯を断ったじゃない…。」

ヤッチ:「うん…。」

姉:「それで、他の利用者さんのお昼ご飯は用意されていくのに、パパのお昼ご飯だけ出て来ないから、パパが『俺にメシを食わせない気かっーー!!』って怒ってるらしいのよ。」

ヤッチ:「で?」

姉:「仕方がないから、『(施設に)余分があるなら、食べさせて下さい。』って言っちゃったわよ。」

ヤッチ:「施設の方で準備できたのかね?」

姉:「それは、大丈夫だったみたい。パパには昨日、『秋祭りがあるから、みんなでお昼ご飯を食べよう。』、『お昼ご飯は断っておくからね。』って言ってあったんだけどね…。」

ヤッチ:「いやいや、前もって覚えていられるなら、施設に入所する必要はないでしょ。」

姉:「そっか!?もう、タクシー来るから、先に行くね。また、あっちで!!」

姉とキノコさんはタクシーに乗り込み、アルツ君の居る施設に向かったようです。

アルツ君は、姉の旦那さんが買ってくるというお寿司の前に、施設で出された昼食を先に食しているようです。

ヤッチも少し遅れて、姉の自転車で施設に向かいます。

施設に着くと、アルツ君を囲むようにして、廊下にあるテーブールで家族そろってお寿司を食べています。

アルツ君はキノコさんのとなりに腰かけ、不機嫌そうにしています。

姉がヤッチに話し掛けます。

姉:「パパねえ、やっぱりお昼ご飯先に食べちゃったんだって。」

ヤッチが答える前にアルツ君が口をはさみます。

アルツ君:「当たり前さよ~。俺に断りもなしにメシを出さない奴があるかよっ。」

アルツ君、涙ぐんじゃってます。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

姉:「私、パパに言ったんだけどな~。」

アルツ君:「ウソをつけっ!!俺の耳に入ってれば、ちゃんと食わずに待ってるわいっ!!」

姉:「そっか、そっか…。それは申し訳ない…。そんなに泣くなよ~。」

アルツ君:「泣いてなんか、いないわいっ!!」

ヤッチ:「わさびが効きすぎたか?」

姉:「お寿司食べてないもん!!」

ヤッチ:「わさびだけ食ったのか?そいつは大したもんだ~。ちゃんと旦那さんに断りを入れなかった奴が悪いな!?後で俺が言わなかった奴の目にわさびを注入しておくよ。で、旦那さん、お寿司は食わないのかい?」

キノコさん:「もう、ここで出してくれたものを食べちゃったから、お腹イッパイみたい…。」

キノコさん、わき目も振らず、自分の目の前のお寿司に没頭中…。

アルツ君:「そんなこともないぞ!?俺は食いしん坊だからな!?なんぼだって食うぞ。」

ようやく、いつも通りのアルツ君に戻ったようです。

アルツ君、最近では、短期記憶障害も相当進行している様子で、次から次へと物事を忘れてしまうようです。

(-_-;)

ヤッチとの会話でも、意味不明の内容が増え、かなり劣化が見られます。

(-_-;)

アルツ君の頭の中の映像は、映るそばから、消し去られているという印象でしょうか…。

(-_-;)

ヤッチ:「あんまり食い過ぎると、後で動けなくなるぞ。」

アルツ君:「大丈夫ですよ。お前とは胃袋の鍛え方が違うんだから。」

ヤッチ:「今日は『秋祭り』って言うけど、なんか催し物があるの?」

アルツ君:「俺は知らんぞ!?」

姉:「午後からウインドアンサブルがあるみたいだよ。あんたの出た中学校の生徒達の…。」

ヤッチ:「ウインドアンサブル?何それ?」

アルツ君:「あー、あれはうまいぞ。」

ヤッチ:「旦那さん、ウインドアンサブルなんていうものを知ってるのか?」

アルツ君:「当たり前さよ~。甘くて美味いぞ~。」

ヤッチ:「それ、ただ『アン』っていう言葉の響きだけだろっ?」

姉:「吹奏楽部の演奏だよ。」

アルツ君:「吹奏楽かぁ…。」

ヤッチ:「やっぱり、旦那さん、知らなかったみたいだな!?でも、音楽ならいいじゃん!!旦那さん、音楽好きだもんな?」

アルツ君:「ああー。あれはいいね~。3回くらいここで聴いたことがあるけど、あれはいいぞ~。」

まだ、施設に入所してから、1年ちょいですから、3回も聴いているわけはないんですけどね。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ:「そのウインド何たらは何時から?」

姉:「私も良く知らないけど、1時半くらいじゃない?ここにパンフレットがあるよ。」

ヤッチ:「まったく、親子そろってアバウトな性格だなぁ…。」

パンフレットを見ると、2時から演奏開始と書いてあります。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチもお寿司を御馳走になり、しばし休憩タイムです。

ウインドアンサブルは1階のフロアを利用して行われるようです。

ヤッチ:「お茶も飲んだことだし、下に行ってみるかい?」

キノコさん;「そうね~。早目に降りた方が混まなくていいかもね…。」

ここは特養(3階)なので車椅子の利用者さんが大勢いらっしゃいます。

時間になると、エレベーターが大変混雑します。

ヤッチ:「よっしゃー!!そうと決まったら、旦那さん、部屋(居室)でタキシードに着替えようぜ?」

アルツ君:「俺は、そんなもん持ってないぞ。」

ヤッチ:「無きゃ無いでいいさ~。1階はドレスコードがあるから、パンツだけでも履き換えようぜ!!」

アルツ君:「なんだ?ドレス何とかって…??」

ヤッチ:「何でもいいさ!!パンツを新しいのに履き換えればいいだけのことよ!!」

アルツ君:「そうなのか?」

キノコさん達には廊下で待っていてもらい、ヤッチはアルツ君と二人で居室に戻ります。

ヤッチはクローゼットを開け、新しい紙パンツを取り出します。

ヤッチ:「1階から、もう音が聴こえて来てるな?練習でもしているのかな?旦那さんも聴こえるでしょ?」

アルツ君:「ああ、聴こえてますよ。」

階下ではウインドアンサブルのために生徒さんが音合わせでもしているのでしょうか、様々な音が漏れてきます。

ヤッチ:「旦那さん、ショウベンは?」

アルツ君:「俺は10年くらいしたことないぞ。」

ヤッチ:「今時のアイドルだって、そんなセリフ吐かないぜ。じゃあ、トイレには行かなくても大丈夫?」

アルツ君:「そこにあるトイレはお前にくれてやるから、持って帰れ。」

ヤッチ:「いらないよっ!!」

ヤッチはベッドサイドでアルツ君のズボンと紙パンツを下ろします。

アルツ君、立ったままの半ケツ状態…。

ヤッチ:「パンツも綺麗みたいだな?換えなくても良さそうだな…。」

紙パンツは汚れていなかったので、交換しなくても良さそう…。

アルツ君:「ね…、だから言ったでしょ!? あっっっ!!ちょっと、待ったっっっっっっっっ!!

アルツ君の紙パンツを元に戻そうとした瞬間、アルツ君が慌てふためきます。

ヤッチ:「なんだ?なんだ?大か?」

ヤッチもあわてて紙パンツを引き上げます。

紙パンツを完全には上げきってはいませんでしたが、アルツ君は歩ける状態…。

アルツ君、トイレに向かって一目散…。

わずか1~2メートルの距離ですが、アルツ君、途中で力つきます。

アルツ君:「あーあ…。」

アルツ君の声と同時に下半身から重低音がこだまします。

ヤッチ:「トランペットの音とは違うようだな?」

アルツ君:「あ…。もっと低い音だ…。」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : ウインドアンサブル 短期記憶障害 紙パンツ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-430.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/10/30 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

犬を飼う職人の妻

2014/10/16 (木)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
Chihuahua

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

お久しぶりでごぜ~ます。

あまり更新をさぼっていると、捜索願が出されそうな気配なので…。

時折いただくコメントに返事を書いていたので、生存の確認はできたと思いますが、そろそろ重い腰を持ち上げ、記事を書きたいと思います。

と申しましても、ご覧の皆さんのお役に立てるような話題が見つからないままの見切り発車です。

さて、アルツ君ですが、最近はやや感情に起伏はあるものの、まあ穏やかに特養で過ごしていると言えるのではないでしょうか。

『感情に起伏』というのは、アルツ君が今まで穏やかだったと思うと、急に機嫌が悪くなり、豹変したように、人を大声で怒鳴り飛ばしたりすることです。

機嫌が悪くなると言っても、一日中ずーっと機嫌が悪いというわけではなく、せいぜい1時間もすれば、機嫌が悪かったことをまったく覚えていないまでに、コロッと穏やかな状態に戻ります。

朝、幼稚園のバスを待つ子供が、仲良しの真奈美ちゃんと会話し、大はしゃぎしていたのに、いざ幼稚園のバスがお迎えに来ると、急に泣き出し、機嫌を損ね、バスに乗りたがらなくなるあんな光景を想像していただければ良いかと思います。

先日の連休の日曜日に特養で『秋まつり』があり、キノコさん、姉、ヤッチの三人が面会に訪れました。

個別にアルツ君のところにはちょこちょこ面会に行ってはいますが、アルツ君を含め、家族四人がそろうことは、施設で何か行事でもない限り、滅多に有りません。

出かけたのはお昼頃で、施設で用意してくれたテーブルを囲み、みんなで昼食を摂りました。

アルツ君は施設で出された普段通りの昼食を食べ、キノコさんがそのとなりに腰かけ、階下で出店していた露店で購入した焼きそばを食べます。

キノコさんの顔を見たアルツ君は、うれしいのかしゃべりっ放しです。

アルツ君:「お前、そんなミミズみたいなものを食ってるのか?俺のやろか?」

キノコさん:「いいわよ、いいわよ。あんたは自分で自分の物を食べなさい。」

アルツ君:「そうかぁ~。じゃあ、これはどうだ?食うか?」

キノコさん:「それは、あんたに出されたもんでしょ。あんたが食べなさいよ。」

アルツ君ですが、好きな子にチョッカイを出す小学生の目です。

キノコさんは至ってクール…。

アルツ君のマシンガントークが鳴りやまぬまま、食事を終え、しばし居室で休憩です。

居室でもアルツ君は休むことなくしゃべり通しです。

施設の職員さんから、階下で地元の中学生によるウインドアンサブル(吹奏楽)があることを聞かされ、みんなで見に行くことに…。

ヤッチ:「旦那さん、下で楽器の演奏が有るんだって。みんなで聴きに行こうよ?」

アルツ君:「なに?」

ヤッチ:「音楽だよ。」

アルツ君:「俺はいいよ。お前たちで行ってきなさい。」

ヤッチ:「そう言わずに行こうよ。」

キノコさん:「そうよ、一緒に行きましょうよ。」

アルツ君:「やだ!」

姉:「どうして?」

アルツ君:「俺はそんな話は聞いてない!」

今まで穏やかだったアルツ君の表情が一変しました。

ヤッチ:「俺だって、今聞いたんだよ。」

アルツ君:「ウソをつけ!○×△☆♯♭●□▲★※!!」

アルツ君が意味不明の言葉を発します。

ウインドアンサブルは一階で行われるのですが、アルツ君がたぶん、言いたかったことは、誰かが自分(アルツ君)をだまして、階下に連れて行こうとしてるということ…。

そして、階下に連れて行かれたら最後、何をされるかわかったもんじゃないということ…。

施設に入所して以来、どこか人間不信に陥っているきらいがあります。

あくまでもヤッチの推測ですが、他に機嫌が急に悪くなったのは、リハパンが汚れているのではないかということです。

その証拠になかなかリハパンの交換をさせてくれませんでした。

普段、ヤッチと二人だけの時は、なんの抵抗もなく、換えさせてくれるのですが、この日はキノコさんがそばに居たせいもあるのかもしれませんね。

結局、アルツ君が大声で怒鳴りまわって、興奮がなかなかおさまらなかったので、この日は階下に行くことを断念…。

姉を残して、キノコさんとヤッチは帰ることしました。

翌々日の火曜日に、アルツ君の様子が少し気になったので、ヤッチは一人で面会に行ってきました。

この日は台風一過でしたが、まだ風が強く、外に散歩に行くというわけにはいきません。

散歩ですが、今までは、アルツ君に車椅子に乗ってもらい、施設近くの公園や遊歩道を一周することがほとんどでしたが、最近は少し離れた場所まで、足を運んでいます。

アルツ君が特養に入所する以前に家族で住んでいた場所があり、その付近の景色をなんとなくアルツ君が覚えているようなので、アルツ君が覚えていそうなところを選んで車椅子を押して、少し長い距離を散歩しています。

そこは、昔、アルツ君が仕事でお世話になったSさんのご自宅も有ります。

Sさんは大きな畑を持つ農家の方ですが、アルツ君がまだ庭木の剪定などをバリバリやっている頃に知り合った方です。

おそらく、50代半ばくらいだと思うのですが、アルツ君はSさんのお父様とも付き合いが有ります。

Sさんのお父様は残念ながら、お亡くなりになられていますが、お母様はご高齢ながらも、いまだ畑仕事をお元気にされているようです。

当初、Sさんの畑では、庭木に使うような花木も栽培していて、アルツ君がお得意様から庭木の注文を受けると、Sさんのところから、これらの花木を直接購入し、お得意様のお庭に植えるということがよく有りました。

大きな木になると、アルツ君一人では手に負えないので、Sさんがユニック付きの車(クレーンを装備したトラック)を出してくれて、一緒に仕事をするということも、しばしばありました。

そう、最近はこのSさんの畑を一周して、施設に戻ることが多いんです。

実はこのコース、Sさんの奥さんが犬を散歩させるコースでもあり、アルツ君とこの辺を散歩するようになってから、何度かお会いしています。

たぶん、Sさんとお付き合いが無くなって、10年以上は経つというのに、アルツ君がSさんの奥さんを覚えていたのは驚きでした。

Sさんとご対面ならまだわかりますが、あまり面識のない奥さんのほうですからねぇ…。

しかも、アルツ君のほうから気づいて、犬を散歩中のその奥さんに声を掛けたのですから、車椅子を押していたヤッチは、その時ビックリです。

アルツ君:「あ、あれSさんの奥さんだよ。間違いない。Sさんだよね?俺のこと覚えてる?」

Sさんの奥さん:「あら?先日、遠くにお姿が見えた時に、もしかしたらそうかなとは思っていましたが、やはり○○さんでしたかぁ…。ご無沙汰しております。その時は、もし、違っていたら失礼かなと思って声を掛けなかったんですよ…。」

久々の再会はこんな感じでした。

そして、アルツ君、キノコさんが面会に来た事を忘れてしまうのに、Sさんの奥さんに会ったことは施設に帰ってしばらく経っても覚えています。

前置きが長くなりましたが、そんな経緯が有る事を踏まえて読み進めて下さいね。

話はヤッチが特養へ一人で面会に行った時に戻ります。

秋まつりのときの険しい表情とは一変して穏やかな表情です。

ヤッチ:「どう?昨日はよく眠れた?台風の風がうるさくて眠れなかったんじゃないの?」

アルツ君:「俺には台風も痛風も関係ありませんね。」

ヤッチ:「グッスリだったっていうこと?」

アルツ君:「だろ!?」

ヤッチ:「なんでグッスリだったってわかるんだ?」

アルツ君:「今、眠くないからさよ~。」

ヤッチ:「さすがだね。」

アルツ君:「で?」

ヤッチ:「『で?』って何よ?」

アルツ君:「ばあさんはここに来たのか?」

ヤッチ:「今、俺がここに来たばかりなのに、わかるわけないだろ?俺がそのセリフを言うならわかるけど…。」

アルツ君:「で、ばあさんはここに来るのか?」

ヤッチ:「いや…。今はいい天気だけど、風がまだ強いからな。こんなに日にばあさんが外に出たら、吹っ飛ばされちゃうよ。電線に引っかかってピラピラしちゃうんじゃないのか!?」

アルツ君:「よく乾いていいじゃん。で?ばあさんのやつ、何してる?」

ヤッチ:「これ以上、乾かさなくてもいいんじゃないのか?今日は家にいると思うよ。」

アルツ君:「ばあさん、どこに住んでるんだ?」

ヤッチ:「ばあさんの住んでるアパートの大家さんの家を覚えてるか?大きな門が有っただろ?」

アルツ君:「なんか有ったような気もするな…。」

ヤッチ:「その先の駐車場のところを曲がると、藤棚が有っただろ?」

アルツ君:「そんなの有ったっけ?」

ヤッチ:「駐車場の中に入ると、途中に俺の部屋のベランダが有っただろ?」

アルツ君:「…。」

ヤッチ:「そのベランダで何か作ってただろ?」

アルツ君:「何かぁ…?」

ヤッチ:「ト・マ…?」

アルツ君:「ああーあ!あの金にならないトマトかっ!!ああ、思い出した、思い出した!あの腐ったトマトだろ?」

毎度のことながら、不敵な笑みを浮かべての発言です…。

ヤッチ:「うるせーよ!あのさ、毎回言うけど、そこは思い出さなくていいところだろっ!」

アルツ君:「しようがないよ。思い出すんだから…。まずそうだったな…。」

ヤッチ:「うるせーよ!で、その先に狭い通路が有っただろ?押し車(シルバーカー)が置いて有って…?」

アルツ君:「そんなところ、有ったっけ?」

ヤッチ:「その押し車が置いて有るところがばあさんの部屋。」

アルツ君:「へー?ばあさんのやつ、そんなところに住んでるのかぁ…。腐ったトマトが植わってるそばに…。」

ヤッチ:「うるせーよ!腐ったトマトだったら、植わってないで、落ちてるだろがっ!」

アルツ君:「たぶん、根性の曲がったトマトなんだろうなぁ…。」

ヤッチ:「うるせーよ!どうして、変なところだけインプットされちゃうんだろうな?」

アルツ君:「お前ね、『変なところ』は言い過ぎだろ。腐ったトマトは元通りにならんぞ!?」

ヤッチ:「まあいいや。ところでばあさんの顔は思い出せるのか?」

アルツ君:「思い出せないな…。もう何十年も会ってないから、腐りきってるだろ?」

ヤッチ:「この間、秋まつりが有ったよな?」

アルツ君:「ああ、なんかやってな!?」

ヤッチ:「昼飯の時、誰かとなりに座ってたよな?」

アルツ君:「となり?となりに誰か座ってたっけ?俺のとなりにはいつも誰も居ないぞ!?」

ヤッチ:「その時に限って、誰か座っていて、チョッカイ出してたよな?」

アルツ君:「ふふ、お前、ばか言っちゃいけないよ。なんぼなんでも、俺は幽霊にチョッカイ出さないぞ?」

ヤッチ:「重度の記憶喪失だな?もう少し若けりゃドラマのオファーが来るかもしれないけどな…。」

アルツ君:「『記憶喪失』だってよ。俺は腐ったトマトを忘れてませんからね!」

ヤッチ:「うるせーよ!じゃあ、この間、Sさんの奥さんに会ったよな?」

アルツ君:「ああ、会ったよ。犬と散歩してたよな?」

ヤッチ:「ああ、その犬、何色だった?」

アルツ君:「茶色だよ。」

ヤッチ:「茶色と白だけど、間違っちゃいないな。Sさんの奥さんの顔は思い出せる?」

アルツ君:「思い出せるさよ~。だいたい身体もガッチリしてるしな!?」

ヤッチ:「あのさ、ここだけの話だからいいけど、女の人に『ガッチリ』なんて、言っちゃあ失礼だぞ。それを言うなら、『スラッとしている』だろ?」

Sさんの奥さんですが、細身でスラッとしたモデル体型…。

たぶん、ヤッチの姉より背は高く、170cm以上は有るのではないでしょうか…。

アルツ君:「まあ、お前の言う通り、太っているというより、痩せてるなぁ…。」

ヤッチ:「Sさんの奥さんがスラッとしているから、旦那さんの印象に残るのかね?」

アルツ君:「わからんな…。」

ヤッチ:「今、旦那さんの頭の中にある映像はカラー?白黒?」

アルツ君:「そんなのいちいち考えるやつあるかよ!」

ヤッチ:「確か、Sさんの奥さん。帽子をかぶっていたよな?何色だった?」

アルツ君:「確か、黒っぽかったような気がするな…。」

失敗しました…。

『黒』では白黒でもカラーでも、答えは一緒です。

ヤッチ:「ん…。Sさんの奥さんが犬を連れていたから、記憶に残ってるのかねぇ…?今、映ってる映像では、Sさんの奥さんは犬を連れているかい?」

アルツ君:「当たり前さよ。(リードを)放したら、犬のやつ、どっかに行っちゃうぞ?」

ヤッチ:「もし、その犬だけが、旦那さんのところに、今逃げてきたら、Sさんのところで飼っている犬だってわかるか?」

アルツ君:「どうかな?わかると思うけど、今どきの流行りでどこにでもいそうな犬だからな…。」

ん…。

謎です…。

頻繁に顔を合わせているキノコさんの顔は、振り返った瞬間に忘れてしまうのに、たまにしか会わないSさんの奥さんの記憶がこれだけアルツ君の脳に深く刻み込まれるのか…?

秋まつりが有ったことは覚えているのに、秋まつりに登場した人物は覚えていないのも不思議ですね…。

この日は強風のために外に出られなかったので、別棟の廊下でテレビをアルツ君と一緒に観て、面会は終了です。

久しぶりにテレビを観て目が疲れたのか、アルツ君は居室に戻って、お昼寝です。

アルツ君がベッドに横たわったまま、ヤッチに言葉を発します。

アルツ君:「今寝たら、夜飯、食いっぱぐっちゃうかな?」

ヤッチ:「大丈夫だよ。誰か必ず起こしてくれるから…。」

アルツ君:「そうか、ならいいんだけどよ…。で?お前は?」

ヤッチ:「『お前は?』って、添い寝しろとでも言うの?サービス料、高いよ?」

アルツ君:「帰るのか?」

ヤッチ:「ああ、帰るよ。」

アルツ君:「ばあさんのところに行くのか?」

ヤッチ:「ばあさんのところには行かないけど、部屋は近くだからな。」

アルツ君:「そうかぁ…。じゃあ、ばあさんに会ったら、『犬を連れて歩くように』言っておけ。」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 特養 ウインドアンサブル リハパン 台風 トマト 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-482.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2014/10/16 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP