site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: イチゴ の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

成年後見人さんの面会

2013/04/02 (火)  カテゴリー: ボタモチ
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日アルツ君のところに面会に行ってきました。

この日はアルツ君、『定位置』ではなく、居室のベッドのところに腰かけ、漢字のお勉強中です。

面会のたびにヤッチが持って行っている『読めそうで読めない漢字』です。

アルツ君、漢字に興味があるというより、自分が読めた漢字を他の入所者さんに自慢することに生きがいを燃やしているようです。

でも、不思議とキノコさんやヤッチの存在は忘れてしまうのに、漢字に関しては、ある程度までは、おぼえているのですから、大したもんです。

過去にアップしたものを含めて、読めそうで読めない漢字を再度アップしておきましょうかね!?

過去にアップしたものはファイル名を変えてありますが、中身は同じです。

ご自身でも是非やってみてくださいね。

読めそうで読めない漢字(問題)

読めそうで読めない漢字(答え)


ヤッチ:「おっ?お勉強中かい?」

アルツ君:「まあね!!」

ヤッチ:「ずいぶんと熱心にやってるから、頭の中は漢字だらけでしょ?」

アルツ君:「そうでもないぞ!?今日は頭の中に浮かんでくるのは、食い物ばかりだ。」

ヤッチ:「『今日は』じゃなくて、いつもだろ?」

アルツ君:「うるさい!!失礼な。」

ヤッチ:「どうせ、そんなこったろうと思って、今日はいいもの、持って来たよ。」

アルツ君:「んっ?ボタモチか?」

ヤッチ:「どうしても、そこからは縁が切れないんだね?脳ミソはあんこで、できてるんじゃないのか?」

アルツ君:「かもな!?そのかわり、つぶあんだぞ!?」

ヤッチ:「つぶあんとこしあんだったら、どっちが頭がいいのかね?」

アルツ君:「そりゃあ、つぶあんに決まってるだろう~。」

ヤッチ:「その根拠たるをきかせて欲しいものだねぇ…???」

アルツ君:「つぶあんの方が美味い!!」

ヤッチ:「全然、理屈が合わないじゃないかよ!!まあ、いいや。今日はボタモチじゃないよ。イチゴだよ。」

近所のスーパーマーケットでイチゴを安くゲットしたので、アルツ君にもお裾分けです。

イチゴ

アルツ君:「かー!!イチゴ!?お前の畑で獲れたのか?」

ヤッチ:「あの~、畑を持つほど、お金持ちじゃないんですけど…。」

アルツ君:「まあ、いいや。それにしても美味そうだな~。こんなちょっとじゃなく、畑ごと持ってくればよかったのに。」

ヤッチ:「だから、畑は持ってないって!!」

アルツ君:「盗んできたのか?」

ヤッチ:「盗みもしないって!!」

アルツ君:「どらどら、食ってやろう!!おーい!!そこの赤いの!!今、俺の口に放り込んでやるからな!!」

アルツ君がイチゴを一粒手に取って、口の中に放り込みます。

ヤッチ:「どう?」

アルツ君:「甘い!!」

ヤッチ:「辛かったら、怖いもんな?」

アルツ君がもう一粒口の中に放り込んだところで、居室のドアをノックする音が聴こえます。

特養の生活相談員さんとアルツ君の成年後見人である司法書士さんです。

成年後見人さんは、毎月、月の中ごろと月末に定期的にアルツ君の面会にいらしています。

生活相談員さん:「すいません。○○先生(成年後見人さんのこと)がいらしたので、お連れしました。」

ヤッチ:「どうも、いつもお世話になっています。どうぞお掛け下さい。」

そう言って、ヤッチは居室に有った椅子を差し出します。

生活相談員さんは、すぐに事務所に戻って行ってしまいました。

後見人さん:「あっ、すいません。お食事中か何かではなかったのですか?」

ヤッチ:「いえいえ、ちょっと家からイチゴを持って来たので、父に食べてもらっていたところです。」

後見人さん:「すいません、月末にお伺いしようと思ったのですが、野暮用が入って伺えなかったものですから…。お父様、お元気にしてらっしゃいましたか?」

アルツ君:「元気元気!!元気すぎて困ってるよ~。どっこも悪くないんだから、困っちゃうよ~。」

たしか、元気な人は特養には入れなかったような…。

(-_-;)

後見人さん:「それはそれは、何よりです。顔色も良さそうですね?」

アルツ君:「まあね!!この間もあんまり俺が元気なのをみて、ここの人が『おじさん、いくつなの?』って言うから、考えたら、俺、もう83なんだよね~。」

ウソウソ!!85だろがっ!!

後見人さん:「そうですよね。失礼ですが、年齢の割にお若く見えますものね?」

アルツ君:「まあ、それほどでもないよ!!」

木に登るのは結構だが、後で降りられなくなるタイプ…。

(-_-;)

後見人さん:「じゃあ、食事も美味しく召し上がるんですね?お父様は、好き嫌いとかは無いんですか?」

アルツ君:「そうだね~。たいていの物は食っちゃうね~。ゴキブリ以外なら何でも食っちゃうよ!!」

後見人さん、ちょっと苦笑…。

後見人さん:「それはすごい!!特に甘い物が好きとか、辛いものが好きとかは?」

アルツ君:「まあ、どちらかというと甘い物だね。」

どちらかというより、甘い物オンリーだろがっ!!

後見人さん:「イチゴを食べていらっしゃったようですが、イチゴが好物だとか?」

アルツ君:「いえいえ、これはコイツ(ヤッチのこと)がたまたま持って来たから食ってやってたんです。」

後見人さん:「そうでしたか…。実は僕も甘い物が大好きなんですよ。」

アルツ君:「私と一緒だね~。」

後見人さん:「特に甘い物だと、お父様はどんなものがお好きなんですか?」

アルツ君:「甘い物なら、何だっていいけど、強いて言うなら、『ボタモチ』かね~。」

出た出た!!!強いてあげなくても、ボタモチだと思われます。

(-_-;)

後見人さん:「そうですか、いえ、実は僕もボタモチとかお萩が大好きなんですよ!!」

アルツ君:「へえ、こりゃまた、奇遇だねえ~。」

後見人さん:「特に、こしあんより、ちょっとゴツゴツしたつぶあん…。」

アルツ君:「へえ、じゃあ、俺と一緒だ!!」

後見人さん:「あ、お父様もそうなんですか?どうも人間が古いせいか…、失礼。どうも昔ながらのものが好きなんですよ~。」

アルツ君:「うん、うん、わかりますよ。だいたい私くらいの年代は、ボタモチと言ったらつぶあんだよ~。」

後見人さんはアルツ君よりはるかにお若いと思われるが…。

(-_-;)

後見人さん:「じゃあ、大判焼きとか今川焼といった類のものは?」

アルツ君:「あーあ、あれも嫌いじゃないね!!」

後見人さん:「最近じゃ、よくあれにチーズが入っていたり、カスタードが入っていたりするじゃないですか!?僕はやっぱり、つぶあんが王道の気がするんですよ。」

アルツ君:「まあ、そうだね。つぶあん以外は邪道だね。」

他のものは食ったことが無いだろがっ!!

後見人さん:「あ、やっぱり、お父様もそうですか?でも何と言ってもつぶあんのボタモチは美味しいですよね?」

アルツ君、すでに口元からダレヨが垂れかかっています。

まぃぅ―( ´)艸(` )―♪

アルツ君:「そうだね、ボタモチさえありゃ、私なんか他の物はいらないね~。」

後見人さん:「そうでしたか~。そうしたら、今度はお父様に、ボタモチをお持ちしますよ。」

アルツ君:「それはそれは…。待ってます!!」

ちっとは遠慮しろいっ!!

後見人さん:「ところでここ(特養)はそう言った和菓子を持ち込むのは大丈夫なんですか?」

後見人さんはヤッチの方に向き直ります。

ヤッチ:「はい、ナマモノの場合、残した時は持ち帰るように言われていますが、特に父の場合、食事制限があるわけではないので、ほどほどの量なら構わないと思いますよ。」

アルツ君:「お前ね、俺がボタモチ持って来られて、残すと思うか?」

ヤッチ:「思いませんっ!!」

後見人さん:「そうですか?僕はまた、こういったところは、外部から飲食物を持ち込むのは禁止なのかと思っていました。知らないこととはいえ、失礼しました。」

ヤッチ:「いえいえ、あまりお気づかいなさらず、手ぶらでいらしてください。」

アルツ君、不満そう…。

(-_-;)

後見人さん:「いえいえ、今度お伺いするときは、たくさんは無理なご様子ですが、美味しいボタモチをお持ちしますよ。」

アルツ君、後見人さんを見据えてうなずいています。

フムム(゚ω(゚ω`(゚ω`,,)フムム

後見人さん:「それでは、私はこのくらいで…。また月の中ほどで、こちらにお伺いしますよ。お父さん、その時は…。」

アルツ君:「よろしく、たのんますね!!」

後見人さんは、そうおっしゃってアルツ君の居室を後にされました。

居室に居るのはアルツ君とヤッチの二人だけ…。

しばらくアルツ君、後見人さんが出て行った居室のドアの方を見つめていましたが、ふと我に返ってヤッチに話しかけてきます。

アルツ君:「ずいぶんと、いい人だな!?誰なんだ?」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 漢字 漢字テスト 読めそうで読めない漢字 ボタモチ イチゴ 成年後見人 後見人 司法書士 特養 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-399.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/04/02 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

食欲不振の職人

2013/05/08 (水)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

アルツ君、連休中、ずっと風邪をひいて寝込んでいました。

熱はなく、のどの痛み、咳、鼻水といった典型的な風邪の症状です。

昨日も面会に行ってきましたが、かなり調子は戻って来ていますが、鼻声のままです。

引きはじめはずいぶん辛そうな様子でした。

先週の金曜日ごろでしょうか、ヤッチが特養に面会に行くと、居室近くのカウンター越しに、女性職員さんから呼び止められます。

ヤバい…。

いよいよ告られるのか…。

…と一方的な妄想をいだきつつ…。

女性職員さん:「あの…、○○さん(アルツ君のこと)なんですけど、朝から体調が悪いご様子で…。お昼ご飯も食欲が無いらしく、残されてしまいました。普段は残されるようなことはないんですけどね…。」

よその施設のことは良く知りませんが、ここの施設の職員さんは入所者さんの名前を下の名前で呼びます。

普通なら『お父様』とか『お父さん』と呼びそうな感じですが、なぜか姓名の名の方を口にします。

ヤッチ:「そうだったんですか…。で?」

女性職員さん:「今は居室でお休みになられています。」

ヤッチ:「熱が有るのかな?」

女性職員さん:「いえ、こちらで測らせていただきましたが、平熱でした。今日は医師の巡回も有る日なので、先生に診てもらったところ、『風邪だろう』ということでした。」

ヤッチ:「ありがとうございます。お世話をかけます。じゃあ、部屋で寝てるのかな?」

女性職員さん:「はい、多分…。」

ヤッチ:「じゃあ、ちょっと様子をみさせてもらいますわ。」

女性職員さん:「ありがとうございます。よろしくお願いいたします。」

ヤッチは居室に向かいます。

アルツ君の居室は閉まった状態…。

ヤッチは、いつもなら開け放たれたままの居室の扉をノックします。

アルツ君:「おう!!」

居室の中からアルツ君の声が聴こえてきます。

ヤッチは居室の扉を開けます。

居室の中では、パンツ一丁のままベッドに腰かけて、スエットのズボンをモゾモゾしているアルツ君の姿が…。

床には、何枚もの、履き古したと思われるスエットのズボンがきれいに拡げられています。

どうやら小失禁を繰り返して、ズボンを濡らしてしまい、それを地べた(床)に干しているのでしょう…。

(-_-;)

ヤッチ:「何だかずいぶんと、お店を拡げてるけど、フリーマーケットでもやるのか?」

アルツ君:「そうじゃないんだよ…。雨が降ったらしく、ズボンが濡れたから干してやってるんだよ…。」

ヤッチ:「ずいぶん、鼻声だなぁ?声もガラガラしてるようだな?」

アルツ君:「大丈夫だ。声変わりだ。」

ヤッチ:「早いとこ、ズボンを履かないと寒いぞ?」

アルツ君:「そうなんだけど、履こうと思ったら、こいつも濡れているんだよな…。」

アルツ君、股間のところだけ色の変わったズボンを手に持っています。

ヤッチ:「股のところだけ濡れてるところをみると、集中豪雨かぁ…。それをまた履いちゃうとますます雨がひどくなるから、新しいのに履き換えようよ?」

アルツ君:「新しいのなんて有るのか?」

クローゼットにはたくさんスエットのズボンがしまわれています。

ヤッチ:「ここにイッパイ入ってるよ。」

ヤッチはクローゼットを開け、クローゼットの中を見せます。

床に何枚ものスエットのズボンが散乱しているということは、自分でもクローゼットを開けているはずなんですけどね…。

(-_-;)

アルツ君:「あらっ。本当だ…。」

ヤッチ:「早いとこ、ズボンを履こうぜ。」

ヤッチはクローゼットの中から、一枚を取り出し、アルツ君の手に持っているものと交換します。

アルツ君:「これ…、どうするんだ?」

ヤッチ:「どうするって、履くんでしょ。パンツ一丁じゃないかよ。」

アルツ君:「アレ?本当だ…。誰が持って行ったんだ?」

ヤッチ:「持って行く人間は、きっと秋葉原にもいないと思うよ。寒いから早いとこ履いちゃおう!!」

この日の朝晩は冷え込んでいましたが、日中は暖かい日でした。

おそらく、この寒暖差で季節外れの風邪をひいたのだと思います。

熱は無いとはいえ、どうもアルツ君、だるいのか動きが緩慢…。

ヤッチがズボンを履かしにかかります。

アルツ君はベッドに腰を下ろしたままです。

紙パンツはなんとか自力で履き換えた様子です。

ヤッチ:「左足、持ち上げられるか?」

アルツ君:「ああ…。」

ヤッチ:「そっちは右足だよ。オカワリ!!」

何だか、足を上げるにもダルそう…。

(-_-;)

もう片方も足を通し、スエットのズボンをスルスルとアルツ君の太もも付近までたくしあげます。

ヤッチ:「ケツを持ち上げられるか?」

アルツ君:「俺のケツは重いぞ。」

ヤッチ:「そこにベッドの手すりが有るから、そこにつかまってゆっくり腰を持ち上げてみな?立てそうなら立ってもいいよ。そのかわり転ぶなよ。」

この日は腰を浮かすのもやっと…。

立ち上がったのは良いものの、ズボンを引き上げようとするヤッチの肩にアルツ君の上半身がのしかかって来ます。

ヤッチ:「熱でも有るんじゃないか?ずいぶん辛そうだな?」

アルツ君:「大丈夫だ…。まだ沸騰してないから…。」

ヤッチは相撲で言えば、もろ差しの状況…。

しかもアルツ君をかなり抱え込んでいる状況なので、そのまま、胸を合わせるようにして、アルツ君のズボンをへそ上くらいまで思いっきり引き上げてやりました。

アルツ君:「おいおい、無茶するなよ~。ケツが引きちぎれるぞ。」

ヤッチ:「足が長くなっていいじゃん。」

アルツ君:「まったく無茶しやがるな~。」

ヤッチ:「それより、今日は外に散歩と思ってたけど、無理そうだな…。」

アルツ君:「そうだな。天気悪いしな?」

ヤッチ:「いやいや、外は晴れてるよ。天気悪いのは旦那さんだよ。」

アルツ君:「そっか?俺かぁ…。」

ヤッチ:「食欲もないらしいじゃないか?昼ご飯も残したらしいぞ?」

アルツ君:「誰~?俺が~?俺は食欲なら有るぞ?」

ヤッチ:「でも、ここの職員さんが(昼食を)残したって言ってたぞ?」

アルツ君:「そんなはずはないだろう??俺は食欲はあるぞ、きっと俺に食わしたくなかったんだろう。」

ヤッチ:「そっちの『はず』のほうがないだろう?じゃあ、食欲はあるのかぁ?」

アルツ君:「あるさよ~。だから力が入らないんだ。」

ヤッチ:「おかしいなぁ…。職員さんも食欲が無いから、心配してたんだけどな…。イチゴを持って来たけど食うか?」

アルツ君:「イチゴなら大歓迎ですねぇ~。」

風邪をひいていると聞いていなかったので、ボタモチのチョイスも有りましたが、この日はイチゴで大正解だったようです。

もちろん、施設の職員さんには、食べさせて良いかの許可も取っています。

ヤッチ:「じゃあ、食べるか?」

アルツ君:「食う!!食う!!」

いつものようにジップロックに入れたイチゴをアルツ君に容器ごと渡します。

アルツ君:「かー!!美味いね~。これは北海道産か?」

ヤッチ:「なんで?」

アルツ君:「冷たいから…。」

ヤッチ:「何でも冷たきゃ北海道だって決めるのは北海道の人に失礼だぞ。冷蔵庫に入れてたんだよ。」

アルツ君:「冷蔵庫か…。」

ヤッチ:「冷蔵庫に入れると、甘くなくなっちゃうから、あまり入れたくなかったんだけどな。もう、イチゴも時期が終わりみたいで、痛むのが早いよ…。」

アルツ君:「腹の中に入っちゃえば、みんな、同じだ。」

ヤッチ:「まあ、多少腐ってようが、カビが生えていようが、俺が食うものじゃないからな。」

アルツ君:「バカっ!!」

ヤッチ:「それを食い終わったら、ベッドで横になりな?安静にしてないと治るもんも治らんから…。」

アルツ君:「眠くはないんだけどな!?」

アルツ君がイチゴを食べ終わったところでベッドで横になってもらいます。

ヤッチ:「今日は散歩にも出かけないし、夜飯まで、まだたっぷり時間が有るから、ゆっくりしてな。」

アルツ君:「そうかぁ…、たっぷりかぁ…。」

ヤッチ:「俺は帰るけど、布団を掛けて、目をつぶってな!?」

やはり、体調がすぐれないのでしょう…。

すんなりと、アルツ君、ベッドに横たわります…。

ヤッチ:「目をつぶったか?」

アルツ君:「ああ、つぶったよ…。」

ヤッチ:「何が見える?三途の川は見えてないかい?」

アルツ君:「見えない…。かつ丼が見える…。」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 風邪 スエット ズボン 食欲 イチゴ 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-406.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/05/08 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP