site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: アルブミン の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

老人健診

2011/10/31 (月)  カテゴリー: 診察
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はアルツ君と主治医のクリニックに診察に行ってきました。

アルツ君の認知症の定期的な診察もあったのですが、先日受けた老人健診の結果を聞きに行く日でもあります。

今日のクリニックはインフルエンザの予防接種を受ける人が多くあわただしく人が出入りしていました。

少し待合室で待たされましたが、先生直々にアルツ君の名前を呼び、診察室に通されました。

「どうですか~?お元気ですかあ?」

明るくアルツ君に問いかける先生。

「どうもこうもないよ。この通りピンピンしてるよ!」

「いいですね~。」

アルツ君に聞いても無駄なことはわかっているのに毎回必ずアルツ君に声かけして下さいます。

認知症についてはこれまでと変化はないので、老人健診の結果へと進みます。

先生がレントゲンフィルムを取り出し、蛍光灯をつけます。

「うーん…。胸部大動脈が蛇行していますね~。」

(「えっ!マジッ!?」←ヤッチの心の叫び)

こんな言葉を聞くとすぐにでもアルツ君の胸を切り開いて三枚におろさないといけないような気がしてきます。

「手術」、「入院」、「緊急」、「脱走」という言葉が頭をかすめます。

ガガガ━(ll゚д゚ll)━ン!!

「うーん…。でもこれはご高齢のせいもあるでしょう。大丈夫ですよ。」

なんでこう医療用語って難しい漢字のものが多いのでしょう?

「胸部大動脈」と聞いただけで脈拍がテンポアップします…。

┣¨キ(*゚益゚*)┣¨キ

先生の所見は続きます。

「糖尿も大丈夫だな…。尿酸値もOk…。あっ。そうだ…。」

ヤッチの健診結果ではないのに唇が渇いているような気がします。

どこかに柳沢慎吾がいないかキョロキョロしたくなります…。

「あっ。そうだ…。アルブミン値が少し低いかな…。」

『アルブミン』だか『ナイブミン』だか知らないが聞きなれぬ言葉です…。

「でも極端に低いわけじゃなくてほんの少し低いくらいだからそんなに心配することもないでしょう。少し最近偏食が多いのかな?」

「たしか偏食が多いと思います。」

ヤッチが少しかたい面持ちで答えます。

「最近はこんなに豊かになっているのにお年寄りにこの値が低い人が多いんですよ…。」

『なるほど…』と思っているとアルツ君が口を挟みます。

「先生。俺はまだ若いよ。」

「それはそれは失礼しました。お父様にはいつもやられちゃうな~。少し好き嫌いをしないで栄養をつけて下さいね。」

アルツ君自分に言われているのに傍らにいるヤッチの方に向かって話しかけてきます。

「おい!お前よく聞いとけよ!栄養だって。栄養つけろって!」

「わかったから…。」

真面目に聞くようにアルツ君を促します。

「あとですね…。少し貧血気味なんですよ~。これはちょっと調べておいた方がよさそうだな…。」

せっかく今までクリアしてきたのに予期せぬ『貧血』という言葉にヤッチはまたまたドッキリです。

(。・´_`・。)エ-

「検便をしてみましょうか?」

これまた『検便』の一言にビックリです。

「胃や腸から出血して貧血になることも考えられますから検便をして調べてみましょう。」

「あっ…。はい…。」

「そうしたら検便を2回やってほしんですよお?」

「2回もですかあ?」

御存じの通りアルツ君便秘気味…。

気味というより日本便秘愛好会認知症支部の名誉支部長です。

先生もそれは知っているはず…。

しかも『うん』が悪いことにヤッチが昨晩またアルツ君に例のお茶を飲ませ、今日スッキリさせっちゃったばかりです。

おまけにアルツ君トイレではなく、パンツに産み落としっちゃったばかりです。

恐るべしお茶の効果です。

ヤッチは先生にこのことを白状します。

「実は先生ご存知のように父は便秘がひどく、なかなか出ないのですが、今朝パンツにドッチャリ出しちゃったばかりなんですよ…。ですから今度いつ出るか…。」

「ああ。それならそれで結構ですよ。出た時にこちらに持ってきてもらえば良い事ですから…。」

一瞬『パンツごと!?』と思ったのですが踏みとどまり…

「でも2回目の時までそうとうインターバルが開きそうですけど…。」

「それはそれで仕方がないですよ。気長に行きましょう。」

こうしてアルツ君の老人健診の結果は『検便』ということでいったん幕を閉じたわけですが、いつ出ることやら…。

┐(´-д-`)┌

当の本人はそんなことを聞いてわかっているのか、わかっていないのか相変わらずノー天気。

\(^o^)/

いつもは調剤薬局などには自分は寄らずに先に帰ってしまうのですが、今日はどういうわけか一緒についてきます。

調剤薬局で薬をもらい帰路につきます。

アルツ君は家に着き、茶の間に入るなり

「おい!ばあさん喉が渇いたぞ。お茶出せ!」

出迎えたキノコさんもびっくりです。

「まあ。まるで強盗ね。それより健診の結果はどうだったの?健診の?」

「ああ。あれか!?あれなら栄養失調だって!栄養失調!ばあさん!もっと美味いもの食わせないとダメだぞ!」

先生は一言も『栄養失調』なんて言っていないのに…

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【はみだし】

今日主治医のクリニックに行ったとき、少し待合室で待つ時間が有ったので待合室に置いてあった本をお借りして読んでいました。


知っていると楽になる高齢者の介護30

医療と介護の最前線で活躍する専門家が、各分野の最新の技術と知識を紹介。
いま現場で切実に求められている、口腔ケア、誤嚥・床ずれ予防、排せつ、転倒予防・フットケア、思わぬ事故への対処法、古武術を応用した介助等を、イラストと写真を多用してわかりやすく、介護される当事者も楽で、身近な素材を用いた、誰でも対応できる画期的なノウハウを紹介。

図解や写真、イラストなどがふんだんに使われていて素人のヤッチでもとてもわかりやすかったのですが、本の内容もさることながら、興味をおぼえたのは排泄に関してのページ。

ここに『長時間尿動態データレコーダ』というものが紹介されていました。

機器の名称は『ゆりりん』。

簡単に言ってしまうと人の膀胱内の尿量を超音波で測定・記録する機器です。

しかも排泄後の膀胱内の蓄尿量を数値で表す残尿測定機能が付いているようです。

尿失禁を繰り返す人の膀胱内の尿量をチェックできる機器ですからかなり介護をする人間には役に立つような気がします。

本で見る限り手のひらに収まってしまいそうなサイズですが、残念ながら値段が出ていませんでした。

そこで家に帰ってネットで調べてみました。

ゆりりん


あえて値段を掲載しなかったので値段をご自身で調べてみて下さい。

(。・´_`・。)エ-ケチ!

ちょっとびっくりです。

\(◎o◎)/!

でもこんなのが医療施設や介護施設でもっともっとたくさん利用されるようになると良いですよね。

もちろん一家に一台あれば言うことなしですが…。

この『ゆりりん』のホームページもあったので興味のある方は覗いてみて下さい。

⇒ゆりりんホームページ
(携帯では見れないかも!?)


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 8 件
ツイートする

キーワード検索 : 診察 老人健診 アルブミン 貧血 検便 便秘 栄養失調 ゆりりん 長時間尿動態データレコーダ 知っていると楽になる高齢者の介護30 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-150.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/10/31 | コメント (8) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アルツ君の退院日が決まりました。

2015/05/16 (土)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
アルツ君の手の甲

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

アルツ君の退院日が決まりました。

来週5月12日火曜日の午前中です。

アルツ君の入所している特別養護老人ホームの職員さんが病院に自動車で迎えに来てくれることになっています。

ヤッチも立ちあいます。

前回の記事で、アルツ君が出された食事を完食した記事を書かせていただきましたが、全体的に見れば、完食する日は少なく、平均すれば、4割~5割くらいの食事摂取量というのが、実際のところではないでしょうか。

現在入院中のOG病院では常時点滴で、脱水状態になる心配はさほどありませんが、特養に戻れば、点滴を受けることはできません。

果たして上手く水分摂取ができるか、気がかりなところです。

また、退院といっても、依然アルツ君の身体は低栄養状態のままです。

アルブミン値も低いし、その他の栄養素も正常値の範囲を下回ったままです。

植物でいえば、肥料切れを起こしている状態ともいえます。

今までとれていたコミュニケーションも少しずつ取れない場面も増えてきました。

独り言を言っていることが多く、ヤッチでも中々何をアルツ君が言っているのかわからないことが増えてきました。

特養に戻って、水分摂取や食事摂取が上手くできなければ、また入院なんていうことにもなりかねないかもしれませんね~。

今回の入院に際しての病院側からの病状説明の時に、主治医から『胃ろう(いろう~手術で腹壁を切開し、胃内に管を通し、食物や水分等を送り込む)』の話もちらほら出ていましたので、再度入院ということになれば、『胃ろう』を勧められるかもしれません。

これまでヤッチも『胃ろう』の造設には反対意見を唱えていましたが、積極的考えなくてはいけない日が来るかもしれません。

と、ここまで書いて、矛盾する話になりますが、昨日(5月15日金曜日)、アルツ君のところに面会に行ったときのこと…。

アルツ君に食べてもらおうと、水ようかんを病室にある冷蔵庫に入れて保管しているのですが、これを確認したところ、ストックがゼロです…。

確か5月13日水曜日の時点では4つほど冷蔵庫に入っていたのですが…。

13日、14日、15日の3日間で4つ消費したことになります。

一日に一つも食べられれば、アルツ君にしては上出来くらいに考えていたのですが、一日一つ以上のペースで無くなっていることになります。

ん…。

在庫切れになってはかわいそうなので、セブンイレブンに自転車を走らせ、水ようかんを購入し、再び冷蔵庫に入れておきましたよ…。

食欲が戻っているのなら良いのですが、もしかして看護師さんが…???

それともアルツ君が夜な夜なひとりで立ち上がって冷蔵庫まで…???

(; ̄ー ̄川 アセアセ

3つで大丈夫かな…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 特別養護老人ホーム 食事摂取 水分摂取 点滴 アルブミン 胃ろう 水ようかん 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-523.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2015/05/16 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP