site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: つぶあん&マーガリン の検索結果  7 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。
2   次のページ »

物覚えの良い職人

2011/08/08 (月)  カテゴリー: 畑仕事
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日は朝早く起きてアルツ畑に行ってきました。

野菜類も一通り収穫を終えて、一時ほどの収穫量はなくなってしまいました。

やはり夏の暑さで野菜の苗も株を消耗するようです…。

残すはアルツ君がどうしても植えたいと言っていた小玉スイカの収穫のみ…。

朝早いうちの方が糖度が多くなると、どっかで聞いていたのでそれを忠実に守って早目に出かけてきました。

2株植えただけなので、3つほどしか実っていません。

そのうちのひとつがそろそろ食べられそうなのでこやつを収穫することに…。

スイカって収穫のタイミングがわからないものです…。

キュウリやナスは大きさで判断できますが、スイカは大きくなっても中がきちんと熟しているのかがわかりません。
。・゚・(ノД`)・゚・。

結局カンに頼るしかないのですが今日はそれに頼ってバッサリやる覚悟です。

アルツ君が畑の手入れをほとんど放棄しているので、畑も少し雑草が多くなってしまいました。
(-_-)

少しはアルツ君に仕事を取っておかなくてはと都合のいい理由づけで今日は収穫のみです。


パッチン!!


結構小さい割に切ってみるとズシリと重い感じです…。

ちゃんと中身赤くなってるかな…?

切ったら真っ白なんてことないよなあ〜。

やっぱりスイカは冷やして食べた方がうまいよなあ…。

冷蔵庫でキンキンに冷やしておけば、夜にはおいしくなるかな!?

でもそんなにデカくないからなあ…!?

三人分にするとちょっとづつしか食えないよなあ…。

夜中にひとりでこっそり食っちゃおうかな…。

でもやっぱりみんなで食った方がうまいよなあ…。

一つのスイカにいろんな想像を浮かべ家に持ち帰りました。

アルツ君には収穫してきたことは内緒です…。

といっても果たしてスイカの存在自体を覚えていないかもしれません。

持ち帰ったスイカをとりあえず冷蔵庫にしまいます…。

suica.jpg

やっぱ一人占めしちゃおうかな…。


夜になり、アルツ君の今日一日の行動をキノコさんに聞くと運動不足になってはいけないとアルツ君を畑まで散歩させたそうです。

昼間はかなり暑かったので朝少し早目に散歩行くように言ったらしいのです。

ヤッチとすれ違いくらいだったのかな!?

アルツ君にこのことを聞きます。

「畑に何時ごろ行った?」

「畑?何時だったかなあ〜。覚えてない〜。」

まあ畑に行ったことを覚えていたのでかなりの高得点と言えるでしょう…。

「もう畑も一休みだな。ナスも上の方まで実がなったから、今日は枝を切ってきたよ。」

「当たり前だ!夏にいつまでも伸ばしとくバカいないぞ!」

この辺はまだ植木職人の培ってきた感覚が残っているようです。

「それにしてもおかしんだよな〜???」

アルツ君がぼそりとつぶやきます…。

「何がおかしいの?」

「たしかスイカ3つ成ってたはずなんだが…。スイカ泥棒がいるのかな〜。」

\(◎o◎)/!

こういうことはちゃんと覚えているんですね〜。

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


【追記】

今日帰りがけに明日の朝食べるパンを買ってきたんですが、今まで何十年も小倉&マーガリンだと思っていたものがつぶあん&マーガリンだったことにビックリ!!
(@_@;)

pan.jpg 

tubuan.jpg


たしかヤッチの記憶では小倉&マーガリンだった気がするんだけどなあ〜。
(ー_ー)!!

名前変えたのかな…。

ひょっとしてヤッチもアルツ君!?…


また今日も一つしか残っていませんでした…。
ビェ─・゚・(。>д<。)・゚・─ン!!

獲ってきたスイカは今日は食べずに冷蔵庫に入れたままです…。


※アルツ畑
アルツ君が年会費を払い借りている地区住民のお年寄り専用に貸し出されている農園。借りた当初は手入れもきちんとしていましたが、最近はアルツハイマーが進み、すっかり手入れをしなくなってしまいました。現在アルツ農園にはキュウリ、トマト、ナスなどの野菜類が植わっています。アルツ君が畑を放置している以上その手入れはもっぱらヤッチがやっています。
今年はアルツ君の希望で小玉スイカも植えています(記事に戻る)


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : アルツ畑 小玉スイカ つぶあん&マーガリン 小倉&マーガリン 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-65.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/08/08 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アルツ君の朝ごはん

2011/08/15 (月)  カテゴリー: 食事
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

メマリー(認知症の薬)の服用を休止してから第6日目のアルツ君。

なんか薬がどうのとヤッチは勝手に書いていますが、薬以前に果たして本当にこの人アルツハイマーなのという疑いまで出てきました。
^_^;

体の衰えは確実にありますが、口の動きだけは絶好調です。
(*^_^*)

今日はアルツ君とても早起きです。

4時半ごろに目が覚めたらしく、キノコさんは相変わらずのアルツ君の「背中かいて!」攻撃を受けていたようです。

今日の朝はいつものつぶあん&マーガリンではなくホットケーキ。

昨日買うのを忘れました…。
+゚(pωq)゚+。エーン

ホットケーキと言っても電子レンジで温めれば出来上がりの簡単なものです。

そっくりサンプル携帯ストラップ(ホットケーキ/ストロベリー)
借り物画像ですが
これ携帯ストラップ!?


ヤッチがアルツ君に2枚先に渡すとものめずらしそうな顔をして

「何だこれは?食い物か?」

ヤッチが丁寧にアルツ君に説明してあげます。

「そうだよ。材木の粉を練ったもんですごくおいしいよ。」

「え〜!これは材木の粉じゃあないな!材木の粉ならもっとガサガサしてるはずだ。」

「匠のなせるわざで丁寧に丁寧にキメ細かく練りこんであるんだよ。」

「そうかっ!じゃあ美味いかもしんないな!?俺はまたお前がばあさん(キノコさん)のケツッペタを焼いてきたもんだとばっかり思ったぞ。」

「奥さんのケツはもう肉が付いてないから美味くないよ。」

横で聞いていたキノコさんは呆れ顔です。
(´・д・`)バーカ

その奥様はホットケーキではなく、レーズンの入った一口サイズのコッペパンを食べています。

それを見たアルツ君またしてもキノコさんにチョッカイを出します。

「ははあ〜。お前のがほんとの材木の粉が入ってるやつだな?どうだ美味いか?」

「もう…やめてちょうだいっ!」

「お前。変なナイフみたいの持ってるけど、倉庫に俺のカンナがあるから貸してやろか?」

「イ・ラ・ナ・イ・ッ!」

キノコさんがおしゃれにバターナイフを片手にマーガリンを塗りながら食べていたのですが、バターナイフを皿の上に置き、ため息をついています。
┐(´〜`;)┌

「なんだ?具合でも悪いのか?背中かいてやろうか?」

「あんたがいろんなこと言うから嫌になってるのっ!いいから自分のホットケーキを速く食べちゃいなさいよ。あんたが最近一番食べるの遅いんだから!」

「うるさい女だな〜!俺のことはほっとけーき!」

あまりにも古典的すぎるっ…。
(・。・;

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

でもここまでの会話を聞いた人はとてもアルツ君がアルツハイマーだとは思わないですよねえ?


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー アルツハイマー つぶあん&マーガリン ホットケーキ 材木 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-73.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/08/15 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

デイサービスに行った日はお疲れ!?

2011/09/01 (木)  カテゴリー: デイサービス
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

毎週木曜日と土曜日はアルツ君がデイサービスに行く日です。

木曜日は土曜日より約1時間早くお迎えの車が車が来ます。

今日は普通の食欲でつぶあん&マーガリンを半分だけ食べてお出かけです。
(*^_^*)

車でお迎えが来るのだから別に帽子もかぶらなくていいのになぜか帽子をかぶってお出かけ。

しかも数ある帽子の中でお気に入りのがあるらしくそればかりをかぶって出かけます。

でもアルツ君のお気に入りの帽子…???。

実はキノコさんが100円ショップで購入したもの。
ウソ━Σ(-`Д´-;)━ン!!

そうとは知らないアルツ君今日もキノコさんに上目線。

「おい。俺の帽子どこ隠した?早く出せ!」

お迎えが来るのはまだ30分くらい先です。
(´-∀-`;)

「あら!?まだお迎えが来るにはちょっと早いわよ。まだこっちで座っていたら?」

「いいんだよ。俺はここが好きなんだから。」

すでに靴を履き、玄関で腰かけています。

「なにのんびりしてやがるんだ。おそいな~。」

「あんたが早いのよ~。」

「そっか。まあいいや。」

そんな会話をしているうちにお迎えが来ました。

職員と思しき女性の声が聞こえてきます。

「おはようございます。今日も〇〇さん素敵なお帽子だこと!」

「それほどでもないよ。よろしく頼むね。」

こうなるともうあの帽子の購入先を暴露することはできない感じ…。
(゚∀゚ ;)タラー



夕方になりアルツ君がデイサービスから帰ってきました。

「あー。腹減った~。おい!ばあさん。なんか食わして。」

「あら。あっちでいっぱい食べてきたんじゃないの?今食べたらまた夜ごはん食べられなくなっちゃうじゃない~。」

「そん時はそん時でまた考えればいいだろっ。なんか食わしてくれよ~。」

「今日はかりんとうくらいしかないわよ。でも固いから食べられるかしら!?」

「何だって口に入っちゃえば同じだ。それ食わせろ!」

「まあ!?怪獣みたいね。あんまりいっぱい食べないでね。」

キノコさんアルツ君に袋ごと渡すのは危険すぎます…。
アチャー(´・ω・`)

案の定3分の2くらい袋に残っていたかりんとうは行方不明に…。
(-_-;)

食べ終わったアルツ君に睡魔がやってきます。
(´-ω-`)コックリコックリ

キノコさんの視線がヤッチに刺さります…。

「もうデイサービスに行ってお疲れのようだから、早めにお風呂に入れて寝かしちゃえば?」

最高指揮官のキノコさんにそう言われてしまえば、従わないわけにはいきません。

いつもより早めに風呂の準備をして早目にお風呂に入れます。

お風呂に入って少しパワーを取り戻したアルツ君。

キノコさんが早めに準備した夕飯の食卓に着きます。

「たぶんかりんとういっぱい食べっちゃったから、そんなに食べられないと思うけど…。」

「そんなことないよっ!食べますよ!」

そうは頑張ってみるもののやはり食べられません。

食卓に出されていた鯖を口に入れてまた不適切発言です。

「なんだこれ?まずいなっ~。うえっ。お前俺にナマズ食わせる気だろ!?」

「今日は国産の美味しい鯖よ!ほかのもん食べなくていいからこれだけ食べなさい。」

ヤッチは外国産ならどこの国のが美味しいの?とキノコさんに聞きたかったがアルツ君がまたしても不適切発言。

「お前これは鯖なんかじゃないよ。あいつが作ったキュウリの味がする。」

『あいつ』とはまさしく次期総理大臣候補のヤッチのことです。

アルツ君は続けます…。

「そんなことより朝食ったパンが半分残ってただろっ?それ食わせろよ!」


えっ~!!


朝の事おぼえてるんですかっ~!!!


えっ~!!


しかもまだたべれるんですか~!!!


恐るべし!つぶあん&マーガリン!!!


『つぶあん&マーガリンアルツハイマーに効果的!?』なんていう記事が新聞の記事になるのも近いかも!?

この後残っていた半分のつぶあん&マーガリンを完食し、ヤクルトまで飲み干していました…。

アルツ君

お子ちゃまです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 5 件
ツイートする

キーワード検索 : つぶあん&マーガリン デイサービス 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-90.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/09/01 | コメント (5) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アルツ君の夕食

2011/09/04 (日)  カテゴリー: 姉
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はアルツ君の待ちに待った姉がアルツ家に来てくれることになりました。

ヤッチの姉は毎週土曜日か日曜日仕事が休みのときにアルツ君の様子を伺いに来てくれます。

そう遠くない距離に住んでいるのでいつも自転車でやってきます。

今日も台風の影響で雨が降ったりやんだりして嫌な天気。

蒸し暑さも加わり不快指数も結構高い感じです。

こんな日はいくら近くても自転車で出かけるのは嫌なもの…。

でも「台風姉さん」と異名を取るだけのことはあります。

夕方になり、姉がいつも来てくれる時刻になるとザーッと降っていた雨がピタッとやみました。

「〇〇ちゃん(アルツ君のこと)いる~?」

玄関先から大きな声が聞こえてきます。

「そんな大きな声出さんでもちゃんといますよ。」

アルツ君が「大きな声」というくらいだから相当大きな声です。
(・。・;

いつもは家に来ると茶の間を片づけ、ゴミをまとめ、それからアルツ君と連れ立って近所のスーパーに買い物に行き、アルツ君は大好物のボタモチを買ってもらいます。

アルツ家に戻って来ると、まとめてあったゴミを自転車に載せ、そそくさと帰っていきます。

「今日は雨が降りそうだから、先にボタモチ買いに行くよ。ほら立って!」

「もう行くのか~?ちょっと待ってくれよ~。」

「ほら。そんなモタモタしてたら日が暮れちゃうよ。早くポロシャツ着て!」

姉のペースには誰も着いていけません…。
(・・;)

キノコさんが上半身下着姿のままのアルツ君にポロシャツを渡します。

「そんなのサッと着ちゃいなさいよ。ほら。」

そう言ってアルツ君のポロシャツを頭に被せます。

アルツ君は背中が出たまま姉に手をひかれにスーパーに…。

キノコさんは姉がいなくなった間に部屋の荷物のチェック。

そう。姉がキノコさんが必要だと思っているものもゴミにしてしまうので今から防護です…。
(・・;)


…20分経過…


外で大きな声が聞こえてきました。

親子のご帰還です。

「うなぎを買ってきたから夜のおかずにしたら…?〇〇ちゃんがどうしても食べたいんだって。」

今日はアルツ君が食べたいと言ったものをみんな買ってきてくれたようでにぎやかな食卓になりそうです。

姉は買ってきたものをレジ袋から無造作にテーブルに次から次へと取り出していきます。

ボタモチ、生さんまのお刺身、しじみ、ポテトサラダ、つぶあん&マーガリン、バナナ、ナシ、トマト、うなぎ…etc。

「〇〇ちゃんはナシなんか好きなの?」

「いや~。別に好きでもないし嫌いでもないよ。」

(だったら買ってくるな…。)

すでにアルツ君はボタモチに食らいついて姉の言ってることは耳に入っていない様子です。

キノコさんがぼそりと…。

「こんなに買ってもらってありがたいけど、食べ切れるかしら…??」

「食べれるでしょ!〇〇ちゃんはみんな食べれるって言ってたわよ!ねっ?」

「う~ん…食べれるだろ…。」

アルツ君はボタモチを食べるのに忙しくてそれどころではないようです。

「あっ。また落とした!ちゃんと拾いなさい!掃除大変なんだから!」

姉はアルツ君がボタモチを少し床に落としたのを見逃しません。

なんともにぎやかな茶の間です…。
(´゚∀゚`;)

「おい!お茶くれよ!」

アルツ君はキノコさんにお茶を催促します。

「ちょっと待ってよ~。」

キノコさんは姉が広げた食材の整理でそれどころではありません。

姉が割って入ります。

「『お茶くれよ!』じゃないでしょ!『お茶を入れて下さい』でしょ。」

アルツ君のほっぺをつねります。

「あたたたたた!たっ!入れて…くだはい…。」

アルツ君に勝ち目はないようです。

「さっき夜ごはんに何が食べたいって言った?」

姉がアルツ君に質問します。

「そんなもん。忘れちゃった。」

「忘れちゃったじゃなくてちゃんと思い出してごらん!」

姉が取調室の女捜査官に見えます。
(;゚;д;゚;)

しばらく姉とアルツ君の会話が続きます…。

「そんなの事言ったって思い出せないもんは思い出せない。ボタモチか?」

「ボタモチは今食べたでしょ?ボタモチじゃなくて?」

「ボタモチじゃなくて…ジャガイモだ!」

「ブブー。ジャガイモは買ってきていません。ヒントはお魚…」

「お魚?ああ刺身のことか?」

「おお。お刺身買ったのよく覚えていたね!?でもそれじゃあないでしょう?」

「刺身のほかはなんか買ったかあ…??」

「ヒント。頭に『う』がつきます。」

「お前。そんな難しい問題出すなよ~。」

アルツ君すでに姉を前にして半ベソ状態…。

「じゃあ。お尻に『ぎ』がつきます。頭に『う』がついて…。」

「そんなん事言ったって無理だよ~。」

「じゃあ。三文字!う〇ぎ!」



アルツ君の目が光りました!!

「わかった!!」



「わかった!!うさぎだっ!!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 :  台風姉さん ボタモチ スーパー つぶあん&マーガリン 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-93.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/09/04 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

繕う職人

2011/11/20 (日)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日は風邪のために早目に寝てしまったアルツ君。

明け方に目を覚まします。

明け方といっても2時半ですから真夜中かな!?

まだ真っ暗です。

階段を大きな音を立てて降りるので当然ヤッチも目を覚まします。

二階の寝室で寝ているわけですからトイレなら二階のトイレで済ませばよいはず。

なのに一階に降りていく…???

またお漏らしでもして挙動不審になっているのかとこっちも気が気でない状態です。

仕方なく眠い目をこすりながら様子を伺いに行くことに…。

茶の間の電気はすでに点いています。

茶の間の戸を開けるとちょうどアルツ君インスタントコーヒーにお湯を注いでいるところ…。

最近アルツ君が勝手にインスタントコーヒーを飲むのでキノコさんが隠していたはずなのにしっかり注いでいるマグカップには色が付いています。

(~_~;)

おまけにヤッチの朝ごはんのつぶあん&マーガリンまでテーブルの上に出してあります。

つぶあん&マーガリン


アルツ君あんこが大好物なのになぜか朝のパンに関してはつぶあん&マーガリンを食べずに最近はジャム&マーガリンを食べます。

「何やってるの?まだ夜中だぞ?」

「うん、ん~。お前たちがあんまり起きてこないもんだから自分で朝飯食べようと思ってな…。」

「起きてくるわけないだろ。まだ朝じゃないんだぞ。」

「おう。そっか。まだ朝じゃないのか!?でも腹減っちゃった。」

「今食べたらホントの朝飯が無くなっちゃうぞ。それにそのパン俺のだし…。」

「そんな固いこと言わずに食わしてくれよ…。」

「じゃあコッペパンの小さいのが残ってるからそれを食べな。」

朝用にジャム&マーガリンは取っておいて残っていたコッペパンを差し出します。

「おう!これか!?美味そうだな~。」

深夜だというのになんという食欲。

「風邪ひいてるんだろ!?寒いんだからそれ食べ終わったらもう一回寝ろよ!」

「風邪?誰が?お前か?」

自分が風邪をひいていることも忘れているようです。

(-_-;)

「じゃあ暖房つけてやるから寝るときに消してな?」

そう言ってヤッチはエアコンのスイッチを入れます。

「消し方わからないぞ。」

「ここの赤いボタンを押すだけだよ。」

何だか変なところを押されてしまう気配。

とりあえず食べ終わるのを待つことにします。

短時間で軽く1個平らげてしまいました。

インスタントコーヒーも大きなマグカップですが一気飲み状態。

「ああ~あ。何だかボタモチ食いたくなっちゃったな~。」

「まだ食うのかいっ!!」

エアコンのスイッチを切り、強制的にアルツ君を二階に連れて行き寝かしつけます。

ヤッチも相武紗季(モバイルはこちら)ちゃんとのデートの約束があるので待ち合わせ場所へと急ぎます。

ZZZzzz…

すっかり相武紗季ちゃんとのデートを満喫したヤッチは少し遅い朝を迎えます。

(*´д`)y-゚゚゚

茶の間に降りていくとアルツ君はすでに起きています。

キノコさんは何やら捜し物をしているみたいで忙しそう…。

「なんか捜し物かい?」

「そうなのよ…。おじいちゃんの履いてたパンツがなくて…。」

「パンツって紙パンツ?寝巻のパンツ?」

「寝巻のパンツは放り投げて有って紙パンツの方が無いのよ…。」

「なんで紙パンツがないんだ?俺が夜中に紙パンツは交換したはずだぞ。」

「そうなのよ…。朝起きたら下は何にも履かないで布団にもぐっていたのよ…。」

「じゃあまたやらかしたってこと?」

「多分…。寝巻のパンツが汚れてるから多分大の方…。」

「どっかに隠したのかなあ…。」

朝起きるなり大捜索の開始です。

アルツ君が紙パンツを隠しそうなところを探して回ります。

トイレ、風呂場、洗面所、押し入れ、ベランダ…。

見つかりません…。

。+゚(pωq)゚+。エーン

かなり嗅覚をたよりに探したのですが家の中からは発見できません。

。+゚(pωq)゚+。エーン

デカワンコを要請する必要があるかもしれません。

捜索隊にも焦りの色が…。

オロオロ((;ω;))オロオロ

多分本人に聞いても『知らない』と言うはずですがダメもとで聞いてみることに…。

「今日の朝は何をしていた?」

「朝?朝はどこにも行っていないと思うけどな…。」

やはり無駄だったのでしょうか…。

「よーく思い出してみな?無理?」

「うん…。」

見つからないと我が家はとんでもないことになりそうです…。

(-_-;)

「何でもいいから思い出したことをしゃべってみな!」

「うん…。」

アルツ君の記憶を手掛かりにするのはやはり無理なのでしょうか…。

「あっ!そうだ!どっかの奥さんに挨拶されたぞ!」

アルツ君何かを思い出したようです。

┬|´ω`*)。oO(ヤッタ♪)

「いつ?」

「夢だったのかなぁ…???」

「で?」

「ゴミをあそこまで出しに行った…。」

ヤッチも閃きました!!

┬|´ω`*)。oO(ヤッタ♪)

急いでゴミ集積所に行ってみます。



やはり有りました…。

新聞紙にくるまれた紙パンツ…。

しかも収集日じゃないのに…。

新聞紙にくるまれた紙パンツを家に持ち帰り、一応アルツ君にお伺いを立てます。

「自分でわざわざあそこまで持って行ったのか?」

「…。」

「どっちか思い出せないかい?」

「うん~。そういえば子犬が来て咥えて行ったぞ。」

恐るべしアルツハイマー…。

恐るべし認知症…。

『繕う』とはこの事!!

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 風邪 インスタントコーヒー つぶあん&マーガリン ジャム&マーガリン 紙パンツ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-170.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/11/20 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

2 頁  次のページ »


▲TOP