site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: ためしてガッテン の検索結果  3 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

アルツハイマー型認知症以外のもの忘れの病気

2012/01/18 (水)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日NHKの『ためしてガッテン』というテレビ番組をご覧になられたでしょうか?

新聞のテレビ欄に『もの忘れに効く薬』の文字が有ったのでちょっと面白そうということで早速観てみることに…。

番組の内容はというと、もの忘れの病気にアルツハイマー型認知症が有るが、最近60歳代からの方に認知症とは違う、別の原因でもの忘れの病気になる方がいらっしゃるとか…。

この番組、毎度のことだが、番組の後半にならないと答えを教えてくれない。

気の短いヤッチにはちょっとイラッと来るところだが、何とか最後まで我慢して観ることが出来ました。

ヤッチのように不愉快な想いをしなくて済むように、ご覧になっていなかった方のために先に答えを申し上げちゃいますね。

答えは『てんかん』

脳の神経細胞が過剰に興奮することで、いろいろな発作を起こしますが、代表的なものに失神やけいれんがあげられます。
「てんかんとは、種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見がともなう。」
(WHO(世界保健機関)編:てんかん辞典より)

大脳の神経細胞(ニューロン)は規則正しいリズムでお互いに調和を保ちながら電気的に活動しています。
この穏やかなリズムを持った活動が突然崩れて、激しい電気的な乱れ(ニューロンの過剰発射)が生じることによって起きるのが、てんかん発作です。
このため、てんかん発作はよく「脳の電気的嵐」に例えられます。
また、てんかん発作は繰り返しおこることが特徴です。そのため、1回だけの発作では、ふつうはてんかんという診断はつけられません。

【原因】
てんかんの原因は人によって様々ですが、大きくは症候性てんかんと特発性てんかんに分けれます。
<症候性てんかん>
脳に何らかの障害や傷があることによって起こるてんかん
例)生まれたときの仮死状態や低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷
<特発性てんかん>
様々な検査をしても異常が見つからない原因不明のてんかん

【発症年齢】
乳幼期から高齢期まで幅広く発病しますが、3歳以下の発病が最もおおく、80%は18歳以前に発病すると言われています。
しかし近年、人口の高齢化に伴い、高齢者の脳血管障害などによる発病が増えてきています。

【遺伝】
てんかんのほとんどは遺伝しません。
一部のてんかんには発病に遺伝子が関係していたり、発作の起こりやすさを受け継ぐことが明らかになっていますが、そうしたてんかんの多くは良性であり、治癒しやすいようです。

【てんかんという病名について】
「てんかん(癲癇)」という名称は、欧米諸国で使われている「エピレプシー」よりも起源の古い、古代中国医学に由来する言葉です。


  • 「癲」:紀元前200年、秦の始皇帝の時代に、倒れる・ひっくり返る病という意味で用いられ、「癲」1文字で、てんかんという意味で表された
  • 「癇」:7世紀初頭、隋の煬帝の時代、特に小児のてんかんという意味で用いられる

この、「癲」「癇」という言葉をあわせて、現在の「てんかん(癲癇)」として使われたのが、10世紀の初頭、唐の時代のことです。
つまり、「てんかん」という病名の由来は、てんかん発作の代表とも言うべき大発作である「倒れる病」という意味です。

【分類】
発作は大きく分けると、全般発作と部分発作に分けられます
<全般発作>
発作のはじめから、脳全体が「電気の嵐」に巻き込まれるもので、意識が最初からなくなるという特徴がある
<部分発作>
脳のある部分から始まる発作

引用:社団法人 日本てんかん協会ホームページより

なんでも子供のころになるてんかんとは違い、60歳辺りから後天的に発症するてんかんだとか…。

医学的なことはよくわかりませんが、脳の電気信号には興奮系のものと抑制系のものがあり、両者のバランスが保たれています。

小児期に起こるてんかんの多くはこの興奮系の神経細胞が過剰な興奮を起こして、痙攣したり、失神したりするのが主らしい。

小児期のてんかんは成人になるころまでには、消失するものも多いらしいが、高齢者のてんかんは同じてんかんでも抑制系の神経細胞が働かくなって起こるものらしい。

相対的に抑制系の細胞の働きが弱るために、興奮系の細胞に歯止めが効かなくなってしまう…。

脳全体がショートしたような状態ではなく、興奮は部分的にしか起きないのもポイントのようです。

小児期に起こるてんかんは体質などで起きることが多いのですが、高齢者場合は脳梗塞などの脳血管障害が主な原因ということです。

アルツハイマー型認知症と総じて同じような症状のため、誤診されることも多いそうですが、当然別の病気のため、認知症の薬を飲んでも症状が改善されることはありません。

アルツハイマー=もの忘れ、もの忘れ=認知症みたいなNHKの解説の仕方にちょっと疑問を感じましたが、主な症状はというと?

  • 60歳代からの発症
  • 突然のもの忘れ
  • 記憶がまだら状に抜け落ちる
    (去年の旅行の記憶は抜けているが、一昨年の旅行の記憶はちゃんと憶えているなど)

  • 短時間ボーっとする(意識が途切れる)ことがある
  • 衣服をまさぐるなどの無意識の動作・反復
  • 睡眠中の痙攣

などがあげられるようです。

てんかん治療は薬で改善されるケースが多いので、もの忘れが『てんかん』によるものであるとわかれば、抗てんかん薬を服用することで劇的に症状が改善されるというのが番組の答えでした。

でもこの報道の仕方どんなもんなんでしょうか?

てんかんによる発作の型はたくさん有るし、抗てんかん薬の種類だってたくさんあります。

てんかんを発症し、自分の発作の型に合った抗てんかん薬がすぐに見つかれば良いのですが、なかなか発作の型に合った薬が見つかるまで、発作を繰り返してしまう方も多いと聞きます。

薬さえ飲めば、もの忘れは治るみたいな報道にちょっと?マークです。

知っていることで早期治療につながるのは確かなことですが…。

(-_-;)


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : ためしてガッテン もの忘れ アルツハイマー型認知症 てんかん 痙攣 失神 脳梗塞 認知症 抗てんかん薬 脳血管障害 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-226.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/01/18 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

治るタイプの認知症~特発性正常圧水頭症と慢性硬膜下血腫

2012/02/22 (水)  カテゴリー: 認知症の症状
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

きょうも観てしまいました。

NHKの「ためしてガッテン」…。

毎回のことながら、コマーシャルが無いのにもかかわらず、中々先へ進まないストレスの増す番組です。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

新聞のテレビ欄には、「笑顔が戻った! 認知症 治るタイプ大発見SP」と銘打って特集をやっていました。

二部構成で、治るタイプの認知症の答えはズバリ「特発性正常圧水頭症(とくはつせいせいじょうあつすいとうしょう)」と「慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)」でした。

NHKの解説では、認知症の患者数が208万人。

このうち、アルツハイマー型認知症の患者数が約半分。

残る30万人がこの「特発性正常圧水頭症」で、患者さんの脳のMRIでは、脳室が正常な人にくらべて大きく膨らんでいるのが特徴。

年間1,200人しか治療を受けていないのが現状だそうな…。

特発性正常圧水頭症は脳脊髄液の増加が原因で起きる病気で、手術によって、余計になった脳脊髄液を抜き取ることで、症状が大きく改善されるそうです。

実際の手術では身体の中にチューブを通して、脳脊髄液を腹腔に吸収させるものらしいですが、聞いただけでも、ヤッチとしては、握力が少し弱くなってくる気がします。

(-_-;)

また「特発性」とは、「原因がわからないという意味らしく、「突発性」というのは間違い(?)らしいです。

その主な症状は、
  • 歩行障害(歩く速度が遅いなど)
  • 認知障害
  • 尿失禁

番組では、患者さんの背中から注射針のようなもので、脳脊髄液を抜き取り、手術可能かどうかを確かめるシーンを映していましたが、抜き取るのをちょっとやっただけで、歩行障害が改善され、翌日には検査前の2倍の速度で患者さんが歩いていました。

この番組、いつもは早寝のアルツ君がたまたま起きていて、キノコさんと一緒に観ていました。

当然アルツ君に認知症の自覚はありません。

(^^ゞ

最初はまったく他人事の面持ちでこれを観ていたのですが、どうも症状がアルツ君の症状に当てはまってしまいます…。

多少は、自覚が有るのか、だんだんと真剣な顔つきに…。

(●`w´●)ニァ・・

アルツ君がぼそりとつぶやきます。

「おい!!ばあさん!!うちにストローは有るか?」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

本日はこれだけにとどまりません。

次にやっていた「慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)」。

カモイに軽く頭をぶつけたり、タクシーから降りるときに、ドア周りに頭をぶつけたりと、ホントに軽く頭をぶつけただけで、頭蓋骨の内側に血液と脳脊髄液のかたまりができてしまうというもの。

特発性正常圧水頭症は脳室が膨らんだりしていましたが、慢性硬膜下血腫の場合は脳室が小さくなるなどの変形が見られるようになります。

脳が圧迫を受け、最初は、自宅のトイレの場所がわからない程度の物忘れだったものが、やがては周囲の呼びかけにも反応できないほどの症状が出たりします。

なんでも、高齢になると脳が委縮するため、外側にある硬膜とくも膜がゆるゆるになってくるので、軽い刺激が食わっただけで、血腫ができてしまうようです。

これも手術で血液と脳脊髄液のかたまりを除去すれば治るというものでした。

厄介なのは認知症と判別がつきにくいことと、ぶつけてすぐには、CTなどの画像診断では異常が見つからないこと。

そして、ぶつけたことを覚えていないことが有るので発見が遅れるようです。

1ヶ月とか2ヶ月経って急に症状が悪化するので、早目に診察しましょうと番組では呼びかけていました。

こやつの主な症状は、

  • 頭痛
  • 認知障害
  • 手足の麻痺
  • 吐き気

があり、症状には個人差があるようです。

アルツ君、度重なる転倒でしょっちゅう頭をすりむいています。

さすがに、転倒したときのことやその前後の記憶は有りませんが、転倒したことについては自覚はあるようです。

(●`w´●)ニァ・・

それに…。

姉がアルツ君のところへ様子伺いに来てくれる時は、あいさつ代わりによくおでこを軽くピシャリとやられています…。

(●`w´●)ニァ・・

ヤッチがアルツ君にぼそりとつぶやきます。

(●`w´●)ニァ・・

「この間、転んでおでこをすりむいてたよなぁ…。それによく、御嬢さん(姉のこと)が来た時に、『〇〇ちゃ~ん(アルツ君のこと)!!元気っ?』って頭を叩かれてるよな!?」

(●`w´●)ニァ・・

「おい!!ばあさん!!あいつに『今度の休みの日はボタモチいらない』って電話しとけっ!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

意外に洒落にならないかも…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

[関連記事]:アルツハイマー型認知症以外のもの忘れの病気


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : NHK ためしてガッテン 治るタイプの認知症 特発性正常圧水頭症 慢性硬膜下血腫 脳脊髄液 脳室 ボタモチ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-253.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/02/22 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アルツハイマー型認知症の原因と予防法

2012/09/28 (金)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

久々の更新です。

(^^ゞ

一昨日、NHKの『ためしてガッテン』でアルツハイマー型認知症の予防についてやっていましたね。

ご覧になられたでしょうか?

脳の神経細胞の異常が原因で起こる「変性性認知症」には、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがありますが、今回はアルツハイマー型認知症だけに焦点をあて、これがなぜ起こるのかとか、予防や改善の方法はないのかという番組編成でした。

ご覧になられた方には、これから書くことは、番組でやっていたことと同じなのでつまらいかもしれませんが、ご覧になられていない方のために、ヤッチの復習もかねて書かせていただきます。

(上記のためしてガッテンのリンクをクリックすれば、この記事を読む必要もありませんが…。)

現在、65歳以上の高齢者のうち、十人に一人がアルツハイマー型認知症への道をたどると言われているそうです。

(´-ω-`)

この道はまさに一方通行で元に戻ることはできないと考えられていました。

アルツハイマー型認知症を引き起こす原因はアミロイドβというたんぱく質。

脳内で作られ、脳内でこのアミロイドβという老廃物が蓄積することで、脳細胞が破壊され、アルツハイマー型認知症になってしまうんだとか…。

キャハ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!

最近では脳内のアミロイドβがどれくらい脳の中に蓄積されているかを見る機械がすでに登場しているそうです。

アミロイドPETというものを用いて、実際に見ることができるのだとか…。

まだ、研究段階みたいなので、この検査を医療機関でやってくれと言っても無理みたいですが、近い将来保険診療でこの検査を受けられるかもしれませんね。

(こちらに実際に脳内を移した画像が有ります→アミロイドPETのpdfファイル)

ちょっと寒い話になりますが、PETといっても犬や猫の類ではないことは確かで、脳の中にあるアミロイドβを見る方法や技術くらいに考え、掘り下げない方が無難なようです。

(どうしてもブラジルの人を呼びたい方用→PETとは?)

アミロイドPETで映し出された画像はちょうどテレビなんかでやっているサーモグラフィーと同じような画像です。

黄色や赤色が多いほどアミロイドβが蓄積されていることになります。

健常者の脳内は緑色の部分が多く、アルツハイマー型認知症を発症した人は黄色や赤色の部分が増え、まるで脳内が発熱しているのかという画像になります。

このアミロイドβはいきなり増殖するわけではなく、若い頃から作られ、何十年もかけて脳内に蓄積されるのだそうです。

早い人では40代で蓄積が始まってるんらしいですよ。

ということはヤッチにもかなりの量が貯まり始めているかもしれませんねぇ~。

脳内にお金が貯まるならいいんですけど、貯まるのは老廃物ですから、あまりというか、おおいにありがたくないですねぇ~。

で、このアミロイドβが蓄積しなければ、逆にアルツハイマー型認知症にはなりにくいことになります。

NHKでは、話題にはなっていませんでしたが、多分アルツハイマー型認知症になる原因は他にもいくつかあるはずで、アミロイドβの蓄積はおそらくそのうちの一つだと思います。

それを言ってしまうと、話がややこしくなってしまいますから、それは置いといて…。

アミロイドβが増えるばかりでは、どんな人でも認知症になってしまうわけですから、これを分解し、退治してくれる物質が当然あるわけです。

NHKではこれを『チョキチョキくん』と言って、かなり長いこと番組を引っ張っていましたが、これを分解してくれるのがインスリン分解酵素

kouso.gif
[拡大する]

インスリン分解酵素が
脳内のアミロイドβを
分解してくれる

インスリン分解酵素が正常に機能していれば、脳内の老廃物であるアミロイドβはこの分解酵素によって次々に分解され、アミロイドβは脳内に多量に蓄積することはありません。

でもある物質が体内で増えてしまうとその働きが弱くなってしまいます。

ある物質とは、インスリンです。

御存知のようにインスリンには血液中のブドウ糖(血糖)の濃度を調節する働きがあります。

しかし、体内でインスリンがいつまでも働いてしまうと、今度は血糖値が下がってしまいます。

そこで、インスリン分解酵素がインスリンを分解することで、体内の血糖値を正常に保とうとするわけです。

ここからが問題です。

インスリン分解酵素がインスリンを分解するのに多く使われると、今度は脳内のアミロイドβの分解がおろそかになってしまいます。

アミロイドβの増殖はアルツハイマー型認知症発症の元凶になります。

insurin.gif
[拡大する]

インスリンが
多くなりすぎると
アミロイドβが分解されなく
なってしまう

インスリン分解酵素の本業は字のごとく、インスリンの分解ですから、インスリンが増えれば、インスリン分解酵素はインスリンの分解に多く使われ、いわば副業であるインスリン分解酵素によるアミロイドβの分解はおろそかになってしまいます。

そこで慢性的にインスリンを増やさないような食習慣に気をつけることが大事だと試してガッテンでは結論づけていました。

慢性的にインスリンが多い人には、2型糖尿病の人と糖尿病予備軍の人が代表的なものにあげられると番組では言っていました。

糖尿病の人は、インスリンが不足して、インスリン注射を打つということをよく聞きますが、糖尿病の初期では、逆にインスリンが多いというのは初耳でした。

また糖尿病の人はアルツハイマー型認知症になる確率が通常の人の2倍なんだそうです。

これは血糖によるものではなく、インスリンの量によることがうかがえると思います。

あと、肥満(メタボ)もアウトらしいです。

血糖値を下げるのに多量のインスリンが必要になるため、結果としてインスリンが多量に分泌されてしまうというのがその理由…。

要は炭水化物ばかりをバクバク食べないようにして、生活習慣病にならない食生活をすることが、アルツハイマー型認知症の予防法ということになるんでしょうか…。

まあ、当たり前といえば当たり前の話ですが、インスリンがアルツハイマー型認知症のカギを握るということは覚えておいて損はないようです。

アルツハイマー型認知症になってしまえば、おそらく覚えていられないと思いますが…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

番組ではこの後、認知症の予防法を放送していました。

『軽度認知障害』と呼ばれる人たちの取り組みです。

『軽度認知障害』というのは記憶力などの低下が有って、健康ではないが、認知症でもないという、ちょうど健常者と認知症の人の中間くらいのレベルです。

人口にして300万~500万人ほどいて、5年以内で半数以上が発症するのだそうです。

でも、大分県のとある町で、ある取り組みをしたら、この軽度認知障害が『正常』レベルまで回復したというのです。

18人中16人が正常に戻ったという驚くべき結果です。

何をしたか?

  • 料理
    食材の選定から手順まで、いろいろ頭を使うことが多いから
  • 運動
    有酸素運動は脳を活性化
  • 昼寝
    グッスリ寝ないで30分程度の浅い眠り

です。

これだけのことをしただけで、3年後には正常といえるまで回復したのだそうです。

でも、これどうなんでしょう…???

料理は無理としても、デイサービスなどでは昼寝もするし、軽い運動もしたりしますよね?

料理に代わるものとして、さまざまなレクリエーションもカリキュラムに組まれていたりします。

この3つをやれば、軽度の記憶障害が改善するというのにはちょっと疑問が残ります。

(-_-;)

映像を見ていて思ったのは、取り組みに参加していたお年寄りたちの表情が実ににこやかだったことです。

上記の三つの他に『自発的に行う』とか、『楽しみながらやる』という要素が加わってはじめて、回復の道が開かれると思ったのはヤッチだけでしょうか…???

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : ためしてガッテン アルツハイマー型認知症 予防 アミロイドβ インスリン分解酵素 インスリン 2型糖尿病 軽度認知障害 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-341.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/09/28 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。



▲TOP