site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (キーワード: おしっこ の検索結果  6 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。
2   次のページ »

疲れたときはしじみ汁

2011/08/13 (土)  カテゴリー: 食事
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

メマリー(認知症の薬)の服用を休止してから第4日目のアルツ君。

今日はデイサービスに行って来ました。
(*^_^*)

そしてアルツ君の帰って来るころには姉も我が家に到着です。

相変わらずの台風姉さんぶりでアルツ君が帰って来ると有無も言わさず近所のスーパーに連れて行きます。

(姉のことについては⇒こちらをご覧ください)

姉はスーパーから帰って来るなりヤッチを呼びつけます。

「〇〇ちゃん(アルツ君)がおしっこ漏らしちゃったからズボン取り替えてやって!」

玄関先で大声でヤッチを呼びます。

さすがのアルツ君も

「そんなに大声で叫んだら俺が小便漏らしたの近所に言いふらしてるようなもんだぞ!もっと小さな声で呼べよ!」

と大声で玄関先で叫んでいます。

ヤッチからすれば似たもの親子です…。
(ー_ー)!!

ヤッチがアルツ君のズボンを脱がしている間アルツ君はなんだか落ち着かない様子。

「なに?落ち着けよ!ズボンをうまく履かせられないだろっ!」

「そんなこと言ったって俺のボタモチ誰かに食われやしないかと思って…。」

「だれも食べたりしないわよ。パパのもん取ったりしないから!」

姉が割って入ります。

「わかるもんか!!あそこにいるばあさんが俺のボタモチ食っちまうかもしれないからな!危ないもんだっ!」

認知症特有の症状なのでしょうか?

冗談めいて聞こえるかもしれませんがアルツ君はマジです…。

「私はそんなことしませんよ。失礼ね!」

キノコさん特有の症状なのでしょうか?

キノコさんもマジです…。

「無くなったら無くなったでまた買ってくればいいんだから!パパ早くズボン履きなさい!」

姉特有の症状なのでしょか?

このアバウトな性格…。

でも姉のひとことにはアルツ君は従順です。

決して飼い主には逆らわない飼い犬状態です。

ズボンを履かせ終わるとさっそくボタモチに飛びつきます。

「待て!」と言われて「よし!」と言われた犬を想像してください。

「あら。あら。そんなに慌てて食べたら喉につかえるわよ〜。」

キノコさんは姉がゴミにしたコンビニ袋をそれとなくほどきながらアルツ君につぶやきます。

「雨が降りそうだから私は帰るわね。じゃーね!あっそうだ!?しじみを買ってきたからパパに飲ませてあげて!じゃーね!」

一方的に言い放って姉は帰っていきました。

「あー!しじみだって!?ばあさんそんなもんどこに隠してたんだ?」

「隠しなんかしませんよ。御嬢さんとあんたが今買いに行ってきたんでしょう。」

最近のアルツ君はなぜかキノコさんに風当たりが強いような気がします。

真面目な性格だらちょっとかわいそうなときもあります。

「わかるもんか!いつも俺に材木ばっかり食わしてんだから…!」

「まあまあ。毒をもられないだけマシなんだから…。」

今度はヤッチが割って入り夫婦の仲を取り持ちます。

気が付くとアルツ君はボタモチを2つ完食しています。

「あらまあ〜。そんな2つも食べたらもう夜ごはん食べられないでしょう?」

「お前がいつも美味いもの食わしてくれないから先に食っちゃったんだよ〜。」

認知症の特有の症状に「とりつくろう」というのが有ると聞いたことがありますが、今のアルツ君がまさにその通りです。

あー言えばこー言う…。


結局大きなボタモチを2つも食べてしまったアルツ君。

今日の夕飯は姉が買ってくれた刺身をちょっととしじみの味噌汁です。

【化学調味料無添加】島根県宍道湖 赤だし しじみ汁 15.5g×10袋セット (5袋入×2個)【フリーズドライ 味噌汁】
写メを取り忘れたので
借り物の画像です
m(__)m


「やっぱり疲れたときはしじみ汁に限るるるね〜。」

アルツ君。江戸っ子じゃあないのに巻き舌です。

「そんなに疲れるほど動いてきたの?」

すかさずキノコさんのチェックが入ります。

「そりゃあ俺だって疲れる時ぐらいあるさ。」

「いつも寝てばかりなのに?」

「お前も失礼だね〜。は〜は〜。それで俺にこんなしじみ汁飲ませてんだな!?」

「なに?どういうことなの?」

「あっさり死んじまえっていうこと!」

【翻訳】
あっさり⇒アサリ
死んじまえ⇒シジミ

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 台風姉さん スーパー おしっこ ボタモチ しじみ汁 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-71.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/08/13 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

メマリーリターン!

2011/08/16 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はメマリー(認知症の薬)の服用を休止して7日目のアルツ君。

1週間たったので主治医のクリニックに再診です。

キノコさんがアルツ君をクリニックに連れて行きました。

その結果は…

やはりメマリーを再び服用です。

最低量の5mgを夕食後に飲むように言われて帰ってきたみたいです。

アルツ君が眠気を訴えることも主治医に相談したようですが、やはり薬のせいではないと言われたそうな…。

高血圧の薬を飲まなくても血圧は安定しているのでもう一度メマリーを再開してみようという話になったようです。

結局

【朝食後】
アリセプト10mg(認知症の薬)
バイアスピリン錠100mg (血管内で血液が固まるのを防ぐ薬)

【夕食後】
メマリー5mg(認知症の薬)

の服用です。

そして薬嫌いの職人も復活です。

キノコさんが夕食後に薬をアルツ君に飲むように言いますが、嫌がります。

「どこも悪くないのにみんなして俺を病人扱いしやがって…。」

確かに本人に自覚症状が無いんですからおっしゃる通りです。

キノコさんが

「これは長生きする薬だから飲んでちょうだい。」

「そんなもんがあるならみんな死ななくなって大変だ。」

確かにこれもおっしゃる通り。
(ー_ー)!!

「どうしたら飲んでくれる?」

「ボタモチ食わしてくれるなら考えてやってもいいぞ!」

「そんなこと言っても今ボタモチ無いもの…。」

「じゃあノーサンキューですね…。」

「そんなこと言わずに飲んでちょうだい!」

キノコさんが無理やり口に放り込みます。

「んん…。まずいっ…。」

あわててアルツ君は水を飲み干します。

アルツ君がぼそりとつぶやきます…。

「ああ〜あ。おしっこ漏らしちゃった!」

???

「なに?また漏らしちゃったの?」

「ち・が・う・!押し込まれちゃった!」

???


【翻訳】
おしっこ漏らしちゃった=押し込まれちゃった
=薬を押し込まれちゃった

キノコさんの聞き違いです…。

キノコさん

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント




ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー クリニック アリセプト バイアスピリン おしっこ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-74.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/08/16 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

おしっこの軌道と飛び散り~vol.02

2012/02/16 (木)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日書かせてもらった記事はことのほか反響が大きく、熱いコメントも多数いただき、感謝感謝でございます。

引き続き、アンケートも継続してやっていますので、ぜひぜひご協力お願い申し上げます。
【これまでのアンケート一覧】

さて、今日は年初に書かせていただいた記事の続きです。
(記事はこちら→おしっこの軌道と飛び散り)

これもなかなか反響の大きかった記事なのですが、またまた新たな発見が有ったので記事にしようかなと…。

記事のコンセプトは?

いえいえ。そんなものは求めちゃいけません。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

だいだいそんなものを考えて書いた記事ではないのですから…。

前回はなぜ故おしっこが飛び散るのかを書いたわけですが、今回はそれより一歩踏み込んで、いかにしたら飛び散りを最小限にとどめることができるかを書いていきたいと思います。

ただし、モデルは高齢者であって、若い成人男性に焦点をあてているのではないことをあらかじめ申し上げておきます。

また、『座ってすればいいのよっ!!』は今回も禁句とさせていただきます。

これを解禁してしまうと、この先の記事は書くことができません。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

アルツ君にも甘い和菓子をエサに『座りショウベン』をマスターさせようと試みましたが、現在もマスターするには至っておりません。

人たちが監視の目を光らせているときは、座ってやったりするところまではどうにかこぎつけたのですが、監視の目が離れると、やはり立ってやってしまうというイタチごっこ状態…。

何回かに一回は便器の枠から外れ、とんでもない結末を迎えてしまいます。

でこの枠から外れる時のポイントですが、前回も書かせていただきましたが、たいていは便器の手前で、若い人なら少しの量ならこのポイントに撒くことは有っても、大量にまき散らすことはないポイントです。

むしろ若ければ若いほど、自分の立ち位置より遠い場所にまき散らすという方程式も成り立つくらいです。

で、なぜゆえ前にこぼすのか?

これ、おしっこの勢いや、飛距離にも関係しますが、最近の研究の結果、立ち位置が大きく関係していることがわかってきました。

通常洋式トイレの場合、立ち位置は便器の手前。

足はだいたい肩幅くらいに広げます。

便器の汚れ具合にもよりますが、便器の淵がわずかな光源で水滴で光っていると察知した場合は、自分のズボンに汚れが付くのを防ぐため、もう少し大股になる場合もありますが、通常は肩幅くらいが一般的と思われます。

パンツからホースを取り出す時は、やや前傾気味に取り出し、推定されるおしっこの軌道に着衣(上着の裾など)がかかっていないかを必ず確認をします。

冬場はダウンなど厚手のものを着ると、これらの着衣が視線をさえぎり、ホースの取出しが若干難しくなるため、取出しから放水完了までの平均時間は夏場のそれよりもやや長いものとなります。

取り出し後、放水が始まり軌道が安定すると、前傾姿勢を離れ、少し腰を突き出すような横柄な姿勢も可能となります。

この時が最も放水量も多く、出してる感が強い至福の時でもあります。

ちょっと横にまき散らせてしまいましたが、失礼、横道にそれましたが、年齢とともにおしっこに勢いが無くなってきますから、この立ち位置が悪いと便器の手前にこぼしてしまう確率も高くなってきます。

特に夏場と冬場とでは通常時でもホースの長さが冬場の方が微妙に短いことが多く、長さが短い分、飛距離も短くなる傾向が有ります。

ではどうするか??

聞いてしまえば、『なんだー』という実に簡単なことなのですが、意外に盲点でもあります。

便器手前にこぼすということは、当たり前の話ですが、もっと便器近くに近づくかそれよりも前に出てやれば、手前にこぼすことは少なくなります。

しかし、アルツ君には学習能力が有りません。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

そこで、アルツ君のために場ミリをトイレの床に貼りつけてみました。

アルツ君の利用頻度が高い二階の寝室そばのトイレなので、奥行きもなく、狭いトイレなので少し見づらいですが…。


ちなみに便器手前に設置している吸水シートは、就寝時の失禁に備え、ベッドや布団に敷く吸水シートです。

市販のマットなども有りますが、あまりにアルツ君がやらかしてしまうため、洗濯をするキノコさんが悲鳴を上げ、使い捨てに出来るものを使用しています。

今回はペット用の吸水シートです。

床に直接布粘着テープで貼りつけてしまうと、布粘着テープはのりがきついので、床を傷めてしまったり、のり跡が残ってしまいます。

そこで、あらかじめ床に粘着力の弱いマスキングテープを貼り、その上に布粘着テープを貼っています。

こうすることで、粘着力を損なわず、吸水シートもずれにくくなります。

これは引越し屋さんなどが荷物を運ぶときに、床や壁を傷つけないためにやる養生の原理を応用したものです。



またまた横漏れしてしまいましたが、この場ミリをやるようになったら、ずいぶんアルツ君のおしっこの失敗が少なくなりました。

1日に平均7回おしっこをするとして、これを立ったまま、おしっこをすると、おおよそ2,000滴の飛び散りが有るという統計もあるくらいですから、かなり我が家の飛び散り度は減ったと思われます。

しかし、なぜか飛び散りはゼロにはならず、時として便器前の吸水ポリマーは膨張してしまいます。

(-_-;)

そう…。

紙パンツの形状にも問題が有ったんです…。

紙パンツは、ご存知のように前開きになってはおらず、ホースの取り出し口はフロント部分には存在しません。

しかも、漏れを防ぐために、股上も深い構造になっています。

当然、ホースを取り出す時は、股上の部分を押し下げるか、めくってホースを露出しないとなりません。

しかし、のりしろが多いということは、この動作をするにも、股上の浅いものに比べると、どうしても手間がかかります。

パンツをずり降ろしてするにしても、大きく手を回り込ませて、ずり降ろさないとなりません。

ヤッチも履く実験をしているので、わかりますが、意外に脱ぎ履きは面倒だという感想です。

で、最近発見してしまいました。

アルツ君のホースの取出し現場です。

腰ゴム付近をめくったり、パンツを下ろしてやっていないんです。

(-_-;)

横からめくってホースを取り出していました。

ある意味、合理的とも思えますが、ご存知のように紙パンツは、漏れを防ぐために横から出すにしても、ぴったりとした形状です。



当然、ホースは紙パンツによって締め付けられたような状態で取り出されます。

しかも基本注水姿勢を完了したとしても、ホースは前方向ではなく、横方向になります。

横方向に向いているホースを前方向にコント―ロールするということは、制御不能の危険率もそれだけ高まるわけですから、失敗も多くなってしまいます。

結局我が家の場合、場ミリをセットするまでは良かったのですが、アルツ君のホースの取り出し方という大きな課題を残してしまいました。

今後、また新たな研究をはじめないとなりません。

良いアイデア等がございましたら、どしどしコメントなんぞをいただけるとありがたいです。

今後、新たな研究成果は時期は未定ですが、vol.03として発表させていただきたいと思います。

(^^ゞ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 12 件
ツイートする

キーワード検索 : おしっこ 座りショウベン トイレ 養生 場ミリ 紙パンツ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-250.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/02/16 | コメント (12) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

座り小便の失敗

2012/03/09 (金)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

身体が前傾し、トイレで用を足すときも、立ってやると便器の前に大半をぶちまけてしまうアルツ君。

最近、ようやくトイレで小をするときに、座ってやってくれるようになってきました。

しかし、「座ってしてね。」とか声を掛けて念を押さないと、隙あらば立ってしようとするので、まだ完ぺきな座り小便の調教はできていません。

でも、病気が進んでいるのか、また老齢で筋力が落ちているのか、座ってやってもらってもあまり意味が無い時が有ります。

座ってやっているのにかかわらず、便器の前がビッショリ&アルツ君のズボンがビッショリの日が有ります。

どうもおかしいので、アルツ君のトイレ介助を最初から最後までお付き合いしようと決めた時のこと…。

アルツ君:「お前、俺のアソコがそんなに見たいのか?いやな趣味だなぁ~。」

ヤッチ:「趣味とは失礼だな。研究だよ。研究。後で論文発表するんだから。」

アルツ君:「論文だか、作文だか知らんけど、トイレで小便するときまで、俺のあとを追っかけてくるのか?」

ヤッチ:「そうだよ。ジジイの追っかけ&出待ちだよ。」

アルツ君:「何のことだかよくわからんけど、勝手にしろいっ!!」

いつもは、アルツ君が自分でできる範囲のことはなるべく手伝わないようにしているので、アルツ君が用を足している最中もトイレの外で待つようにしています。

でも、今回は一部始終観察です。

でも、でも、その必要も無くなってしまいました。

なぜなら、アルツ君が後ろを向いて紙パンツを下ろし、便座に腰かけようとしたとき、研究材料である聖水はアルツ君の息子さんから放水をはじめています。

ヤッチ:「おい、おい出ちゃってるよっ!!」

ヤッチがアルツ君に慌てて声をかけます。

アルツ君:「なにがよっ!?」

ヤッチ:「なにがって、おしっこだよっ!!出ちゃってるよ。ほらほら!!わかんないのかっ?」

アルツ君:「あー。ほんとだ。出てやがる…。」

こういう時って、咄嗟に紙パンツを引き上げることは思いつきません。

二人で、放たれる聖水の軌道をただただ見ているだけ…。

(-_-;)

そうなんです…。

アルツ君はトイレの入り口付近にいるヤッチに身体を向け、ひざ上くらいまで紙パンツを下ろしたままで、仁王立ち…。

アルツ君のホースから放たれるおしっこは若干は紙パンツのパッドに吸収されていくものの、大半は、便器とアルツ君のひざ裏部分の間をすり抜け、トイレの床の消火に充てられます。

ボヤも起こしていないトイレの床はみるみる水たまり状態…。

ヤッチ:「なんだよ。なんだよ。出てるの全然わからないのかぁ…。」

アルツ君:「わかれば、こんな事しないさ…。」

ヤッチ:「まあ、いいや。そこに座って!!」

アルツ君:「座ってどうするんだ?」

ヤッチ:「どうするもこうするもないよ。まだ余ってるショウベンが有れば、半額セール実施しちゃえよ。」

アルツ君:「もう出ないぞ。」

ヤッチ:「儲けそこなったな!?じゃあ、しばらくそこにじっとしていて。」

ヤッチはトイレットペーパーを巻き取り、それで水たまりの床を拭き拭きします。

アルツ君:「ずいぶんでたなぁ~。」

ヤッチ:「感心してる場合かよ!!子供ならお母さんにお尻ペンペンだぞ!!」

アルツ君:「子供じゃないぞ…。」

出ているのがわからないなら、これ以上責めても無駄なようです…。

(-_-;)

尿意は感じているからトイレに向かうのに、間に合わず出してしまっているときの排尿感が無いというのは魔訶不思議な現象ですが、本人がそう言うのなら、やはり本当なのでしょう。

トイレの床を汚して掃除をさせられるくらいなら、いっそ紙パンツで全部出しきってくれと言いたいところですが、思うようにいかないものです。

ならばと思い、アルツ君のホースに巻きつけるタイプのパッドも買って実験してみました。

pad002.jpg

こやつ、アルツ君のブツが貧相なのか、装着方法が下手くそなのか、紙パンツの中で脱落してしまいます。

どちらかというと、あまり動かない寝たきりの人向けなのかもしれません…。

ヤッチ含め、今さら、ホースを鍛え上げ、立派なものに増強することは望めないので、ちょっと無駄な買い物になってしまったようです。

(つд⊂)エーン

アルツ君に頻尿が有るのは、このブログの中でも何度もお話ししているので、ご存知の方も多いと思いますが、さらに、最近パワーアップしているような気がします。

(-_-;)

アルツ君にはアリセプトを1.5mg服用してもらっていますが、これでもまだ量が多いのかもしれませんね~。

薬のせいにするのも少々飽きてきましたが、夜中のトイレ掃除はわびしいものが有るので、また少し少なくして様子を見てみますか~。

フー…

トイレでアルツ君に新しい紙パンツを履いてもらっている間に、ヤッチはつぶやきます…。

ヤッチ:「どうやったら、的(便器)に収まるようにできるかね…。」

アルツ君:「そんなの簡単さあ~。」

ヤッチ:「はあ!?」

アルツ君:「俺のアソコを結んどけばいいんだ。」

ヤッチ:「結ぶって言ったって結ぶだけの長さが無いだろがっ!!」

アルツ君:「そんなことはやってみないとわからないぞ。」

ヤッチ:「じゃあ、やってみるか!?」

アルツ君:「ああ、いいさ。でも片結びはダメだぞ。ほどけなくなるから…。」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 8 件
ツイートする

キーワード検索 : トイレ 座り小便 紙パンツ おしっこ 聖水 パッド アリセプト 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-260.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/03/09 | コメント (8) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

七夕に何を願う?

2012/07/03 (火)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

このところ、連チャンでアルツ君のいる施設へ面会に行っています。

というのも、姉の自宅がアルツ君の施設に近いということもあって、姉が会社帰りに毎日のようにアルツ君に面会に行っていたのですが、体調が悪いらしく、アルツ君のところへは行っておらず、会社も休んでしまっているようなのです。

アルツ君にこのことを教えると、心配して情緒不安定になってしまうかもしれないので、アルツ君にはこのことは内緒でヤッチがピンチヒッターで面会に行っているというわけです。

もちろん、キノコさんもアルツ君のところへちょこちょこ顔を出しています。

先日もお話しした通り、アルツ君、キノコさんのことが気になって気になって仕方ありません。

ですからキノコさんが顔を出さないわけには行きません。

そして、相変わらずのことですが、アルツ君は施設に入所しても、おしっこを上手くできません。

(ー_ー)!!

施設では、洗濯を専門にやっておられる職員さんもいらっしゃるのですが、施設の方から連絡が入り、アルツ君の着替えのズボンが不足しているので、ストックが有れば、持参してくれとの事…。

相当な枚数を持って行っているはずなのに、すさまじい消費量です。

施設では、紙パンツにパッドもつけているので、仮にお漏らしをしてもそんなにズボンが足りなくなるはずがありません。

紙パンツを履いていても、やはり自分でトイレに行き、そこで自分のムスコさんを出し、その時に失敗して、自分のズボンにおしっこを噴射しているとしか考えられません。

アルツ君のズボンは冬物以外はすべて持参しているので、ストックは有りません。

仕方ないので、安売りのズボンを買って施設に向かうことに…。

最近アルツ君に履いてもらっているのは、ジャージのようなハーフパンツばかり。

施設に入所してしまっているので、ほとんど外出することも無いので、ベルトループの付いたようなものは皆無です。

しかも、濡らすことが前提になっているので、速乾性の素材のものばかりです。

1枚くらいはまともなを持って行ってやろうと前閉じのジッパーの付いた物も購入しました。

『らくらくゆったりパンツ』というタグが付いていたので、迷わず、Lサイズをチョイスしました。

一時は太っていて、LLサイズじゃないと胴回りが入らない時がありましたが、最近ではたいていLサイズでOKです。

『ゆったり』なんてタグが付いているくらいですから、LLサイズを買って丈が長すぎるというリスクは回避できます。

会計を済ませてアルツ君の居る施設に向かいます。

施設に到着し、入館手続きを済ませて、3階に上がると、アルツ君、廊下に設置されているテーブルの前で椅子に腰かけ、お茶なんぞをすすっています。

施設は廊下にいくつかのテーブルを置き、そこをロビーのようにして利用しています。

介護士さんが事務をするナースステーションのような所から目の届く範囲なので、この方がもしかするとお世話をしやすいのかもしれません。

ヤッチの姿に気がついたアルツ君が声を掛けてきます。

アルツ君:「なんだ?もうお前学校終わったのか?」

アルツ君の中では時が止まってしまっているようで、アルツ君の頭の中ではまだヤッチは大学に通っていることになってしまっています。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

もう、20年以上も前なのに…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ:「学校!?ああ、もう終わったよ。」

否定もせずに適当に流します。

アルツ君:「それはそうと、どうしてもお前に聞いて置きたいことが有るんだけどさ…。」

ヤッチ:「なに!?かしこまって。」

アルツ君:「いや、ここじゃなんだから、俺の部屋に来いや。」

何だか、アルツ君の顔は真剣そのものです。

???

ヤッチ:「まあ、いいからそこに座れよ。」

部屋に入るとベッドの前に有る椅子を指さし、ヤッチはそこに腰かけます。

ヤッチ:「何?なんか有ったのか?」

アルツ君:「いや、そうじゃないんだよ…。」

ヤッチ:「何?」

アルツ君:「いや、どうしてもわからないんだよ…。」

ヤッチ:「何だっていうの?」

アルツ君:「いや、ばあさん(キノコさん)のことだけど、ばあさんはいったいどこに居るんだ?」

ヤッチ:「はあぁ?」

アルツ君:「ばあさんだよ。俺のところにちっとも顔を見せないぞ。」

ヤッチ:「はあぁ?」

アルツ君:「もう、俺に愛想つかしてどっかにいなくなったんだろ?」

ヤッチ:「はあぁ。ばあさん!?ばあさんなら昨日もここへ来たはずだぞ!?」

アルツ君:「ウソをつけ。来てなんかいやしないぞ。」

ヤッチ:「いやいや。昨日も来ているよ。ばあさんから旦那さん(アルツ君)のところへ行ってきたっていう話も聞いてるもん。」

アルツ君:「じゃあ、ばあさんのやつ、うそをついてるんだな!?昨日は誰も来てないぞ!?」

ヤッチ:「いや、それは旦那さんの勘違いだと思うよ。お宅の奥さんは『毎日でもここに来たいけど、遠いから…。』って言ってたぞ。」

アルツ君:「そんなに遠くに住んでるのか?」

ヤッチ:「そうじゃなくて、ばあさんの足で歩いてくると、ここが遠いっていう意味だよ。」

アルツ君:「いったい、どこに住んでるんだ?」

ヤッチはここに来るたびにメモ用紙にキノコさんの住むアパートの住所を書いて帰って来ています。

時には地図を書いて説明もしたりしています。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ:「ほんとに来てないのか?」

アルツ君:「来てないと思うなぁ…。」

ヤッチ:「多分、と言うより絶対来てると思うよ。思い出せないかい?」

アルツ君:「無理だなぁ…。」

ヤッチ:「だったら来たか来ないかだってわからないじゃないか?明日あたりまたここへ来るんじゃないのか!?」

アルツ君:「どっから?北海道か?」

ヤッチ:「なんで北海道なわけ?」

アルツ君:「じゃあ、九州か?」

ヤッチ:「東京に居るし、歩いてもそう遠くない距離だよ。」

アルツ君:「ははあぁ!?じゃあ、サイパン島だな?」

ヤッチ:「何でさらに遠くなるんだよ。すぐそばだよ!!」

たぶん、アルツ君、キノコさんがサイパン島育ちということをどこかで記憶していたのでしょう…。

アルツ君:「すぐそばなら何で来ないんだ?」

ヤッチ:「俺からすればすぐそばの距離だけど、ばあさんは歳とって歩くのが大変になって来ているっていう意味だよ。」

アルツ君:「どっか身体でも悪いのか?いよいよボケたか?」

ヤッチ:「そうじゃなくて、どこも悪い所はないよ。」

問答がエンドレスになりそうだったのですが、ちょうどアルツ君をお世話して下さっている介護士さんが、部屋に入ってきました。

介護士さん:「○○さん、もうすぐ七夕だから、これに何かお願い事を書いて置いて!?」

そうおっしゃってアルツ君に短冊を1枚手渡し、すぐに部屋から出ていってしまいました。

アルツ君:「七夕かぁ…。」

ヤッチ:「そこにボールペンかマジックが有るから、何かお願い事でも書いてみたら…。」

アルツ君:「願い事かぁ…。」

アルツ君は、キャラ的にはこういったものを書く人間ではないのですが、なにやら真面目な顔つきで何かを考えています。

アルツ君が何やら、書きはじめました。

書いたのがこちらです↓

tanabata01.jpg


ヤッチ:「なんじゃ。こりゃああぁ!?」

ヤッチが笑いながら言葉を発します。

アルツ君:「何だって、お前知らないのか?これは短冊だよ。」

ヤッチ:「そうじゃないよ。その文字だよ。日本語じゃないよ。宇宙語か?」

アルツ君:「ははーん。ちょっと間違えただけだよ。」

なんとなく、書きたいことはわかるような気がします。

(*^_^*)

『がんばる』と『元気になる』が頭の中でドッキングしたようです。

ヤッチ:「よかったなぁ。短冊だから裏にも書けるよ。裏にもう一度ちゃんと書いてみれば!?」

書いたのがこちらです↓

tanabata02.jpg


またもや同じ文字を書いてしまい、訂正してやっと仕上がりです。

ただ、アルツ君のこの『元気になる』ですが、少々複雑な思いが有ります。

実はアルツ君…。

現在入所している施設(特別養護老人ホーム)を病院かなにかと勘違いしているようなのです。

もちろん、アルツ君に認知症などという認識は有りません。

ましてや進行性核上性麻痺の疑いなどということも…。

どこが悪いのかは本人にもわからないことのようですが、認知症以外の別の病気が有ってこれが完治すれば、退院すなわち施設から出られると思っているようなのです。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

アルツ君:「早いとこ、治さないとなぁ…。」

アルツ君、ぼそりとつぶやきます。

ヤッチ:「そうだねえ…。」

ヤッチも言葉が有りません。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

アルツ君、腰かけていた自分のひざを叩いてスクッと立ち上がり、少し高めの声をあげます。

アルツ君:「おいっ。七夕までには家に帰るからな!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 10 件
ツイートする

キーワード検索 : おしっこ 紙パンツ 速乾性 介護士 認知症 進行性核上性麻痺 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-299.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/07/03 | コメント (10) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

2 頁  次のページ »


▲TOP